体に優しいマクロビオテイックレストラン健康食工房たかのphytochmical cooking takano

金沢にある自然食無添加料理のマクロビオティックレストラン 野菜と穀物 自然食穀菜食堂 健康食工房たかの

調理のこだわり 

無添加自然食:動物性アレルギーの方にも食べて頂けるお料理をお出ししています!

健康志向が嬉しいヘルシーナチュラルフード:ビーガン・ベジタリアンの方でも安心頂けるやさしいお料理です!

おせち料理のご予約受付を開始致しました!

おせちのページ


最初のページたかのって?調理のこだわり料理のこだわり水のこだわり料理のメニューテイクアウト料理・店画像営業日店までの地図野菜のケーキおせち料理浄活水器クーポンEnglish筒体中文繁體中文HOME

お野菜いつぱいの料理やオードブルお弁当など、小さなお子様や赤ちゃんをお連れの方でもお気軽に安心してご利用いただいているほんわかとしたお店です。 

 

無添加自然食:動物性アレルギーの方にも食べて頂けるお料理をお出ししています!

ヘルシーナチュラルフード:ビーガン・ベジタリアンの方でも安心頂けるやさしいお料理です!

 

【 お野菜いっぱいの穀菜食をお客様に提供する時に、注意していること 】

自然食をお好みの方でビーガンの方までを対象とした場合、動物性(肉・魚・鳥・卵・乳製品など一切の動物性素材)
や、科学的に不自然に合成された食材・調味料等が、混入しないように努力しなければいけない。

主食は、粉食(パンなど)ではなく、玄米や雑穀、あるいは、ご飯に雑穀を混ぜた物など粒食でなければいけない。

より自然に栄養を吸収しやすいように、玄米は発芽させてから、使う。
(当店では、玄米そのままでは、消化されにくいため発芽させています。)

調味料が安全な物であること。

調味料は天然醸造のものを使う事が基本で、味噌・しょうゆは、二夏熟成した物で、
自然海塩を使用し、素材も厳選された安全なものでなくてはいけない。

洋風にアレンジした料理であっても、我々日本人のやさしい調理には、日本の伝統調味料、味噌しょうゆ等を、使うこと。

科学的な調味料や砂糖(単糖類:白砂糖・黒糖・・・・・)などは、一切使わないこと。

まだまだ挙げるときりがありません・・・・・・・

自然食料理をお好みの方全てを対象とする場合はMENUに、肉料理・卵料理・乳製品の料理などはお出し出来ません。
ビーガンの方までを対象とする場合、混入を避けるのは非常に難しいからです。
なぜなら、どんなに注意していても、混入しないとは言い切れないからです。
そして、それらのメニューがある場合、全て調理器具等をその都度、変えなければいけないのです。

また、マクロビオティックも対象とした場合の調理食材は、一般の食材と違い極めて安全な物を使います。
つまり、コスト:原価がかなり上がるのです。

調味料などは、一般のレストランの物より倍近く、価格的に違ってきます。
無論、米や雑穀などの食材も一般の物よりも高額です。

ごく一般的なMENUがある場合、その使い分けがスムーズに出来なければいけません。
ちょっと、しょうゆや味噌が足らないからと言って、一般の物を使うのはNOとなります。
米が底をついたと言って、一般の米を使うのもNOです。

又、一般の食材・調味料等が手元にあると無意識のうちに使う場合も考えられます。
それを、使ってしまったら、もはやその料理は穀菜食(マクロビオティック)の料理ではなくなっています。
鍋に、調理器具に混入すれば、穀菜食(マクロビオティック)ではないのです。

一般の安い油(色々なケミカルが入っている物)に間違って入れてしまってもNOです。

上記にも明記しましたが、動物性の物を扱うのであるならば、
まな板や、鍋、調理器具をそのつど、一切変えなければいけません。
そして、常識ですが、同じ油に入れることは、絶対に避けなければいけないのが基本です。

レストランで、一般の調味料等がある場合、お客様の信用問題も生じてきます。
マクロビオティック料理・マクロビオティック食材以外の物のMENUや動物性食材のメニューが、
通常通しで、店にある場合、
お客様の殆どは、声には出さないまでも多くの場合、店を信用してくれません。

私の店には、動物性の料理(牛・豚・鳥・魚・卵・乳製品等、全般)のMENUは、ありません。
砂糖などの単糖類も、安いケミカルの入った油も、一般のケミカルが沢山入った安い調味料も、
農薬の入った米もおいてありません。

純粋なメープルシロップやてんさい糖でも、、穀物から出来た糖より単糖が多く入っているため
使用する場合は、とり過ぎないように注意が必要です。
マクロビオティックのレストランやマクロビオティックのレシピ本の中には、
一般の人にも甘みをわかって頂くために、
やや単糖の多い、純正メープルシロップや純正甜菜糖を使っている場合もあります。
からだにやさしい穀物から出来た穀物甘味料を主にすることが、もっとも理想です。

お客様の中には、とても敏感な方がいます。
そして、穀菜食をされている方でも、色々な考え方を持った人達がいます。
そのお客様全てを対象と考えた時、
それほど注意しないと、穀菜食の料理をお客様には提供出来ません。

また、お客様が穀菜食を求めて食事されてくる以上、厳格に上記の事、
を守らなければいけないのです。

でなければ、お客様が穀菜食の料理を求めて食べに来る必要はなくなります。

それほど注意が必要な調理法なのです。

また、水が良くなければ、全てのお料理がだめになってしまいます。
水道水をそのまま使っていたのでは、NOです。
自然に近い水を使わなければ、天然名水に近い水を食材の下ごしらえから使わなければ
穀菜食(マクロビオティック)の料理は、出来ない物と思っております。

 

【 わたしの店の特徴・・作り手のわたし 】

わたしの店の屋号は「健康食工房たかの」

大きなカテゴリーでは「 自然食レストラン 」

食養生系のスタイルの中のマクロビオティック系料理の店として誕生し、
20年近く金沢の住宅地の真ん中で営んでいる隠れ家的な気の張らない店です。

近年、日本人の食卓の主役であった野菜が消え、添え物程度に、お肉やお魚などの動物性が主役へと変わり、
野菜を食べない人が急激に増えて行き、食生活もジャンクフード中心の生活へとシフトしています。

医学が進歩し寿命は伸びたものの、肝心の健康寿命が伸び悩んでおり、健康寿命が尽きて介護が必要となり、
寿命尽きるまでの期間は十数年もあり、その期間が狭まるどころか広がっているようにも思います。

長寿社会、健康寿命と寿命の差が少ないことが理想とされています。

しかし、健康寿命が尽きてからがとても長いのです。

自らの不摂生により健康寿命が尽きる、もしかしたら、そうなる前に予防できたかもしれないのです。

お弁当の中身は、殆ど動物性のものだけで出来ていませんか?
食卓のおかずは、殆ど動物性のものだけで出来ていませんか?

「医食同源」食が乱れれば、若いうちは、まだ開きはありませんが、熟年世代ともなると「老け方に大きく開きが出てきます」
50歳代ともなると、同じ年齢の人でも見た目10歳くらいの差が出てくるのです。

植物性の食が極めて少なくなった現代に必要とされる食を提供しようと、今の店を始めました。

そんな店なので肉や魚や玉子やミルクは使いません!

その代わりに、普段不足がちな、お野菜や穀物や海草やスーパーフードを食べれるだけ身体に入れて欲しいと願っています。

只、お野菜は生系野菜では、殆どが水分で構成されているため、酵素は身体にある程度入りますが、
肝心の栄養は牛や馬が食べるように大量の野菜を奥歯でペースト状まですりつぶして食べなければ、
殆ど吸収されないまま胃腸を通過していきます。

馬や牛のように大量の生の野菜をすりつぶして食べれないのであれば、加熱することで嵩が減り、
野菜の細胞膜を崩し中に守られた栄養を頂けるようにと手を加えなければいけないのです。

ですので、私の店では「完全菜食主義者であるヴィーガンvegan」の方や
「 食養生系であるマクロビオティックMacrobiotic」の方や「菜食主義であるベジタリアンVegetarians」の方でも
垣根なく安心頂いてお食事が可能です。

しかし、作り手の私は、ヴィーガンveganではなく、普段肉でも魚でも何でも食べる人です。

只、食材には極めてこだわり、自らの身体に必要とされるものを鑑みて日々調整して生活はしています。

ですので、完全菜食主義を頑なに推奨する側ではありません!

その人にとって健康を維持するのに必要であれば食べれば良い!

先祖伝来その環境で生き抜くために自らの身体を順応させてきた気の遠くなるような時の流れの中で私たちの身体は作られてきました。

ある民族には、健康に良くてもある民族には消化が難しく負担がかかったりするのも、その長い時の流れでの変化の表れにすぎません。

そして、体質、消化能力・・DNAも近い家族であっても、クローンのようにまったく同じ人は存在しない中、
日々すこやかに生きて行くために必要とされる食べ方とは?

各々百人百様であると考えています。

 

 

マクロビ・ヘルシーブック

自然食やマクロビ関係の書籍を購入出来るAmazonの本屋さんのリンクです。
本の作家の考え方も人夫々、微妙に或いはまったく内容が異なる場合もございます。


お水は全ての基本となり、日頃から使うお水はとてもたいせつなもの 浄活水器は、浄水能力に優れることは勿論のこと、
水本来の活水能力をプラスして生み出されています。

ナチュラライザーきらめき 浄勝水器

お水を換えて見ませんか?

 浄活水器ナチュラライザー


高野保之手作り限定自然食おせち料理

マクロビオティック ベジタリアン ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

2020おせち無添加自然食おせち

おせちのページ


手作りの自然食 お料理・オードブル・お弁当

マクロビオティック ベジタリアン ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

自然食無添加お弁当画像

お料理のページ

自然食のマクロビオティックのお料理のページ


ご来店頂いた時に、パンフレットや画像をお忘れの方のために、画像と説明文をご用意しました。
お気軽にご利用頂ければ幸いです。

たかの 紹介文1 たかの 紹介文2

「たかの」のブログ更新中!

「たかの」のブログ


健康食工房 たかの  Homepage: https://kirameki-takano.com

〒920-0944 石川県金沢市三口新町3-11-22 TEL・FAX:076-263-7730 

None of our dishes contain any white sugar,animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives. 
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.
Vegan    Macrobiotic Vegetarians Restaurant TAKANO

SHOP HOUR : AM11:00〜PM8:00(Can be extended. 〜PM 10:00)  SHOP HOLIDAY : SUNDAY 
(Subject to change according to month. See sign at store front or visit our web page.)
PARKING : FOR 2 CARS   SEATS : 14 OR LESS 
(You can reserve seats by making reservation.)   

KENKOUSYOKUKOUBOU TAKANO 
TEL :  076−263−7730 (Japanese only.)
ADDRESS: 3−11−22 MITUKUCHISHINMACHI, KANAZAWA, ISHIKAWA   

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。
自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。
(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

最初のページたかのって?調理のこだわり料理のこだわり水のこだわり料理のメニューテイクアウト料理・店画像営業日店までの地図野菜のケーキおせち料理浄活水器クーポンEnglish筒体中文繁體中文HOME

HOMEFacebookGoogle+ blogtripadvisor携帯サイトスマホサイトぐるなび食べログエキテンyoutube

野菜大好き!健康食工房たかの マクロビオティック(自然食レストラン) Takano(Macrobiotic)Vegan Restaurant(Vegetarian)