日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去の日記 9 

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

2008年 第2回
セミナー開催のおしらせ
マクロビオティック食事付き)

当店では、講師の先生を招いてのマクロビオティック関連、
代替医療関連のセミナーは、オープン以来お休みにしていましたが、
お店のお客様で、金沢在住で、アメリカのクシ・インスティテュートと
マクロビオティックの世界的指導者・久司道夫氏宅に長期間
滞在し、氏から直接、健康指導者として知識を学び、
広い視野で各国のマクロビオティック以外の健康関連、
代替医療関係の知識も学ぶべく定期的に日本以外の国にも行かれている学者であり、
同時通訳もこなされる方で、ピアニストであり、金沢大学の講師もされていた
先生をお招きしてのセミナーを前回、2007年12月2日(日)に開催致しました。

とても好評で、ぜひ近いうちに開催をとの希望が多く、
先生と予定をあわせていた所、2008年の2月に開催する事に決まりました。

この手のセミナーは、スポンサーが企業や自然食品店など
ビジネスを生業にしている場合
ビジネス的な要素・思惑が感じられ、
講師の意に反した内容・開催になりがちですが、
一切のビジネス的要素・思惑がありませんので、
真に片寄る事無く落ち着いた雰囲気でのセミナーが実現できています。

当店のパンフレットを配る事や当店扱いの商品の宣伝は一切致しません。

私からの提案で、ビジネス的な要素が一切入らないように、
講師の先生との共同企画の段階で確認しており、
セミナーの内容に関しても、講師の先生に全てをお任せしています。

セミナーも講師の目の届く範囲、少人数セミナーを主とし、20人を定員とし、
それを大幅に超える場合は、別に日を設けてその方達のために場を設けるように
先生と計画しております。

講師の先生も、癖のあるカリスマ的な近寄り辛い方ではなく、
明るくほんわかとした気の張らない方ですので、緊張することなく
楽しくセミナーを受けられます。

第二回セミナーの開催時期が決まりました。
予約受付を開始いたしました。

前回受講していない方でもお気軽にご参加頂けます。


セミナー紹介ページ

 

あけましておめでとうございます。

本年もご愛顧のほどよろしくお願いたします。

私はといいますと、おせち料理の仕込みで、28日から数時間の仮眠しかとっていなく、
29日と30日は、徹夜に近い仕事とと言う事もあって、
横になるといけませんね・・・転寝をして・・・寝正月・・・と言うところです。

初参りには、例年なら、家の神棚と仏壇にご挨拶をしてから、
近所の神社に参拝したのち、
地元の初参りで有名な、白山の白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)に行くのですが、
・・・・白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)におまつりされている神様は?
菊理姫(白山比盗_)です。

それと、ここのホームページに、
2008年度のおせちの写真をアップ致しましたので、
お暇な方は、覗いてやってくださいませ・・今年のおせちは、
前の年の倍近くの方にお買い上げいただきました。

さてさて・・・来年のおせちはどうなりますでしょうか??

2008年たかのオリジナルおせち料理

 

ホームページを更新

ここの日記を久しぶりに更新しています。

ホームページも迷路のようになっているので、
少しづつまとめて見やすいようにしようと思っています。

まず、浄水器の説明ページを書き換えました。

浄水器のページも迷路のようだと前から指摘されていたのですが、
ようやく、前よりも見やすく出来たように思います。

次に取り掛かるのは、お店の説明ページでしょうか?

結構長いので、いくつかに区切って数ページにまとめようかと思います。

少しづつですが、少しでも見やすいものにと書き換えていこうと思います。

 

金沢も温暖化?

今の時期は、
ここ金沢は雪が積もっていて普通なのですが、
先日、少しは降りましたが直ぐに解けて、
今日はとても天気の良いこれで冬?と勘違いしそうな晴天に恵まれています。

雪が無い事は、とてもすごしやすく・・・
雪かきという重労働からも開放されますのでとてもうれしいのですが、
その気候の変化がどのような弊害をもたらすのか心配でもあります。

やはり、朝晩はかなり冷え込むのですが、
日中は、小春日和・・・・
世界的な温暖化もここ金沢で感じられる今日この頃です。

地球温暖化の心配とは裏腹に、
うれしい事に、畑でまだ野菜が採れることはとても助かってもいます。

今の時期は、通常なら畑は雪に埋もれて、何も採れない状態なのです。

でも、場合によっては・・・何か種まいても出来そうなそんな感じでもあります。

寒の水は、清らかで腐りにくく美味しいと、
仕込み水として古くから使われるのですが・・・
味噌つくりとか・・・・・
でもこれだけ暖かいと、やはり腐りやすく美味しくないのでは?

私のところでは、普段から浄水(浄活水)したものしか使いませんが、
毎年、水道水をそのまま使って、仕込みされる方は、
温暖化の今年は一度、浄水してから使った方が良いのかも知れません。

温暖化は、見えないところで、弊害をももたらしているのです。

 

嬉しい飛び入り予約!(1月15日)

今日のお昼に、私のおせち料理をご注文頂いたお客様から
お電話が入ってきました。

「初めて、おせちを貰ったんだけど・・・とても美味しくて、
普段食べてくれない、若い人達も喜んで食べてくれていた・・・
マクロの料理で、こんなに喜んでもらったのは初めてで、たかのさんのおせちを
注文して本当に良かった・・・・有難う・・・・」

「急だけれど、午後から集まりがあるのだけれど、
お弁当を作ってもらえませんか?無理だったらいいので・・・・」

とのお電話でした。

私のおせちを美味しく食べていただいた・・・・
それも、普段ジャンクな食べ物を食べている若い人達にも喜んで頂いたとの
お話をお聞きして・・・とても嬉しく思い、いいですよ・・・おつくり致しますよとの
返事を返しました。

只、後から聞いて大変・・・大量のお弁当・・・どうしょう?

まず、ご飯はあるのか?

計算すると・・・発芽玄米と七分つきご飯を組み合わせると、
かろうじて作る事は可能、その旨お客様にお伝えしたところ、
全てお任せするとのことでした。

これだけ作るとなると、仕込んでおいていた料理も殆ど無くなってしまう
と言う事で、お昼の時間が終わって、3時から臨時休業することにしました。

配達に行き、帰ってくれば5時頃になってしまうので、
それから仕込みに入っても間に合わないので、本日はお店は終了にしました。

でも、一番嬉しいのは、普段からジャンクな食べ物を食べている
若者に食べていただいたという事です。

今回食べていただく方は、ご年配の女性の方ですが、
喜んで食べていただけると嬉しいです。

少しづつですが、マクロビオティックを求める方がここ金沢でも
増えてきているようです。

 

手作り味噌の仕込みの時期到来!

味噌つくりの時期になりました。

私の店にも、自然海塩のご予約が今週に入ってから
数多く入ってきます。

皆さん塩にもこだわっているのです。

私のところで推奨している塩は、
地元で活躍されているマクロビオティックの先生に紹介頂いた珠洲の塩です。

製造元から直接仕入れているので、気軽に使えるのです。

その塩がまた・・・甘い美味いと最高なのです。

私も店で使う味噌を仕込む時には、この塩を使うのですよ!

毎年、人が入れるほどの大樽?4樽ほど仕込みます。

二夏、寝かしますので、多めに作っているのです。

今店で使っている味噌は、3年前に仕込んだ熟成味噌です。

これだけ寝かすとアミノ酸が増えて味噌自体に旨味が出てくるようです。

また、有効な乳酸菌も年を重ねるごとに増えてゆきます。

味の決め手は、やはり豆でしょうか?

毎年、特別にお願いして、知り合いの方から分けてもらっているのです。

それと、やはり仕込水が一番肝心ですね。

水が良くないと基本的にだめだと思うからです。

ここの日記の下で紹介している浄活水器の水で豆を洗ってふやかす時から
ナチュラルな水で仕込んでいます。

とても美味しく良い味噌になるのですよ!

えっ・・・・手作り味噌の販売はしないの?

申し訳ございません
店で使う分しか出来ないのです。

仕込水気になる方
店に来てください好きなだけ飲めますよ!

味噌を食べてみたい方
食事されればあたたかい味噌汁が付いてきますよ!

ナチュラルな水で仕込みたい方
下の浄水器の説明を見てくださいね・・・・・私の所での仕込水です。

 

脳内汚染

皆さんは「脳内汚染」と言う書籍を読んだ事があるだろうか?

著者は、岡田尊司(おかだたかし)氏
発行所は、株式会社文藝春秋
定価は、1600円と税

著者のプロフィール 書籍「脳内汚染」から、

岡田尊司氏は、1960年香川県生まれ、精神科医、医学博士。

東京大学哲学科中退、京都大学医学部卒業。

同大学院の高次脳科学講座神経生物学教室、
脳病態生理学講座精神医学教室にて研究に従事する。

京都医療少年院に勤務。

精神臨床の最前線で、
若者の精神的な危機と向かい合っているドクターである。

この書籍は、、
今、全ての人を襲う危機「脳内汚染」をわかりやすく解説し、
警笛を鳴らしている。

日常便利な様々なメディアを利用して私たちは生活しているが、
使い方を間違えると、メディア依存となり、取り返しの付かない「脳内汚染」
の引き金を引いてしまう・・・・

書籍の中で、氏は、

[イギリスの研究者らは、テレビゲームをプレイしたときの、
脳内のドーパーミン放出を調べ、それが顕著に増加すると報告した。

たとえば、コカインや覚醒剤の投与はドーパーミン・レベルの上昇を引き起こす。

若者たちが寝る間も惜しんで、何時間もゲームに夢中になる理由が、
これで明らかになった。

毎日長時間にわたってゲームをすることは、麻薬や覚醒剤などへの依存と
変わらない依存を生むのである。]

と指摘している。

それは、テレビゲームに限ったことではなく、
インターネットやビデオやメールなど様々なメディアでも同様に、
依存を生むと懸念される。

不登校・引きこもり・家庭内暴力・ニートの増加・犯罪や暴力の増加、
学級崩壊・発達障害・境界性人格障害・自傷・自殺・キレやすく冷酷な脳へ・
など今、社会問題となっていることも関係しているのではと指摘している。

そういえば、
この前、ラジオだったか?
一日中、パソコンでの仕事をしている人にうつ病の方が多いのだとか・・・
そのような事を思い出す。

その解決方法としては、時間をくぎって休憩すること。
日向ぼっこをしながらのウォーキングなどが予防になるとのことであった。

つまり、長時間、メディアに浸かってはいけないという事であろう?

しかし、それは仕事上、仕方無しにメディアに接しているのであって、
今の若者のように、ネット依存やメール依存やゲーム依存のように、
好んでそれをしているのではないので、少し意味が違ってくるのだと思うが、

好んでメディアに依存している人達は、
脳内のドーパーミン放出が増大し、快楽となりそれから抜け出すすべを
無くしているのではないだろうか?

携帯電話の著しい普及、プログ・ネット・掲示板・チャット・ゲーム・ビデオなど
多種多様なメディア的なバーチャル(仮想空間)でのコミュニティーの多様化、
バーチャルコミュニティーでのみ人間関係を構築しようとしたり、
精神的なはけ口として利用するなど・・・・
バーチャルコミュニティー以外で精神的な満足感が得られない場合など、
メディア依存に移行して、
「脳内汚染」の引き金を引く手前まで行ってしまっている人達が多いように思う。

メディア依存に限らず、特定の一つのコミュニティーだけに固ってしまい、
周りに壁を築いている場合も、ある意味依存している事になるのではないだろうか?

一つのコミュニティーに依存するより、広い視野で様々なコミュニティーと
接していく事が、望ましいのかも知れない。

これからの時代、食事も大切だが、「脳内汚染」を引き起こさない日常生活も
大切であろう?

「脳内汚染」は、読んで損はしない書籍の一つであると思う。

 

2月3日のセミナー

2月3日(日)に企画しているセミナーの受講者が
もうすぐ定員になります。

興味のある方は、お早めに予約いただいた方が良いかもしれません。

予約受付は、講師の先生「菅波」さんと私の両方で、
受け付けていますので、急に定員が埋まってしまう可能性もあるからです。

セミナーの中休みに、私のマクロビオティックのお料理をお召し上がりいただきます。

今回は、油物を入れずに、あっさりとしたものにしようかと思っています。

前回のかぶらまんじゅうの銀あんかけは、好評でした。

メインの料理は、また少し変わったものをお出ししようと思います。

 

普段の食事

私の店では、完全に動物性のものは使っていません。

それでよく聞かれることなのですが・・・・
高野さん家族は、普段からこのような食生活をされているのですか?

と聞かれることがあります。

食材などは、店での延長ですので、
不自然なものは食していませんが、だからといって完全菜食主義者ではありません。

店で出しているものだけを食べ続けていたら、
私はどんなにスマートになっている事でしょう?

店にいる間、まかないは私が作りますので、
マクロビオティックの食事を食べていますし、
一年を通して、主食は原則として発芽玄米ご飯を食べ続けています。

只、晩御飯は家内が作りますので、マクロビオティックの食事ではなく
ごく普通の手作り料理を食べているのです。

これでもダイエットにはなるのですが、私は、一日中店にいて運動不足。

マクロビオティックは、
食事だけの事と思っている方は多くいるのですが、
食に対してはごく一部でして、ウオーキングをするとか健康的な生活に繋がる
全ての要素が含まれているのです。

軽い運動も健康的な生活習慣もとても大切な要素で、
それがかけていたら、マクロビオティックな生活とは言えないのです。

ですから、高野さんは普段からマクロビオティックをしているのですか?
といわれますと、厳密にはしていませんと答えなければいけないのです。

とくに、私なんか味見や試食や試作とかで、常におなかは休まる暇は無い?
職業病といいますか・・・それに付け運動不足・・・
小太り?となっています。

ガリガリよりも、ちょい太りの方が、免疫力があり、
がんなどにかかりにくいとのことも最近言われてきていますが、

食べ過ぎや運動不足では、絶対にスマートにはならないのです。

マクロビオティックと言いましても、健康的な全ての要素をクリアして初めて、
マクロビオティックをされている、スーパーモデルや・・マドンナやトムクルーズ
や元大統領夫人の・・・さんのような体系や健康を保つ事が出来るのです。

それと、本当の健康な身体とは、
女性は女性らしく、男性は男性らしくといった本来の姿が一番健康的な
身体と言えると思います。

皮下脂肪や筋肉がまったく無くがりがりであれば、健康体とはいえません。

忠実に完全菜食をやれば、確実にやせます。

しかし、極端にやせるのではなく、残すところは残し、筋肉も必要です。

私と言いますと、運動不足と食べすぎを改善するべきですね。

でも、職業柄難しいのですが・・・・

 

テレビ取材

1月30日(水)は、テレビの取材がありますので、
店を5時で閉店いたします。

 

今日、1月31日(木)「たかの」がテレビに!

昨日、MRO(地元で有名な放送局)の方が、取材にこられました。

そして、今日(1月31日木)の午後6時18分からの
ニュースランナーと言う番組の中の「こちらMRO診療所」と言う
コーナーで紹介されます。

私の店で定期的に、セミナーをして頂いている
菅波先生も出演されます。

撮影していただいたのは、サービスランチの「ヘルシーセット」1050円
雑穀を主体としてマクロビオティックの基本食を盛り込んだ料理を
紹介いたしました。

それと・・・・ミルクと卵など動物性のものを一切使ってないデザートも
写していただきました。

昨日は、6時半から8時過ぎまで取材にこられて、
翌日の今日、オンエアですので、取材が終わってから、
放送局に帰ってからの編集作業など・・・とても感謝しています。

その取材の中で、アナウンサーの方が
「このような食生活をするとなると大変だと思うのですが・・・」と
わたしは、
完璧に全てをしなければいけないと言うのではなく、
無理をしないで出来る事からすることが、食生活の改善になっていきますから
まず、調味料を天然醸造の物に変えてみるとか、雑穀や玄米と言った
穀物を料理に入れてみるとか、動物性の食の割合を少なくして、
野菜など割合多く食べるとかの出来る範囲での食の改善から
始めていかれた方が無理なくストレス無く出来ると思います。
と答えておきました。

まさしく今の時代は、
既製品時代・・・・手作りの料理が食卓に上がらないとも言われています。

一品でも良いから、手作りの料理を食卓に出していただきたい。

まず、その基本的な段階から改善をしていかなければいけないと思います。

 

先祖伝来、何千年の時の流れの中で

私たちは、先祖伝来、長い時の流れをその環境下の水と食に
適応する事により生き長らえてきた。

自らの身体や体質を変化させてまで、
生物共通の基本的目的、子孫を残すために適応させてきた。

その土地の気候・風土・環境に自らの身体を
気の遠くなる時間をかけて作り変えてきたのだ。

人にとって、最も理想的な水や食は、
先祖伝来、何千年の時の流れの中で育まれてきたのだ。

沖縄の人に適した食、北陸の人に適した食、
北欧の人に適した食・・・・・・
先祖伝来、住まいする環境により食のあり方は、全て異なる。

そして、
春夏秋冬とその季節の作物の恵みに適応すべき、
身体をも変化させても行った。

我々温帯の住まいする環境では、
冬には、身体を暖めてくれる作物が多く、
夏には、身体を暑さから守ってくれる作物が多い、
それは、作物が我々にあわせてくれているのではなく、
我々が生きながらえるために、子孫を絶やさぬために、
我々が、その作物・環境に自ら適応したのだと思う。

まさに、人に優しい食とは、身土不二である。

水もまさしく例外ではない、
我々日本人は先祖伝来、軟水で弱アルカリ性の水と共に生活してきている。

それにより、我々の食は、
軟水で弱アルカリ性の水に適応した食文化となった。

硬水の文化圏での食習慣とはまったく違う。

硬水の文化では、
硬水のままでは、料理に使えないので、
少しでも軟水の構造にするために一旦ブイヨンに作り変えなければいけなかった。

素材の味だけでの調理は、難しかった。

しかし、我々軟水の文化圏では、
ブイヨンに作り変えなくてもそのままの水で調理が可能だった。

そのため、精細な食材一つ一つの味を強調して料理を作る事が可能だった。

世界に誇る、健康食、和食の誕生である。

人にとって、健康的な食と水とは?

それは難しくない・・・・・

先祖伝来、何千年の時の流れを考えればその答えは、
簡単に解き明かされる。

身土不二

一物全体

先祖が我々に与えてくれたこの命のリレーを考えれば
おのずと導き出される。

そして、現代の我々も、子孫に命のリレーを伝えなければいけないのだ。

 

2008年 第3回
セミナー開催のおしらせマクロビオティック食事付き)

当店では、講師の先生を招いてのマクロビオティック関連、
代替医療関連のセミナーは、オープン以来お休みにしていましたが、
お店のお客様で、金沢在住で、アメリカのクシ・インスティテュートと
マクロビオティックの世界的指導者・久司道夫氏宅に長期間
滞在し、氏から直接、健康指導者として知識を学び、
広い視野で各国のマクロビオティック以外の健康関連、
代替医療関係の知識も学ぶべく定期的に日本以外の国にも行かれている学者であり、
同時通訳もこなされる方で、ピアニストであり、金沢大学の講師もされていた
先生をお招きしてのセミナーを前回、2008年2月3日(日)に開催致しました。

とても好評で、ぜひ近いうちに開催をとの希望が多く、
先生と予定をあわせていた所、2008年の3月に開催する事に決まりました。

この手のセミナーは、スポンサーが企業や自然食品店など
ビジネスを生業にしている場合
ビジネス的な要素・思惑が感じられ、
講師の意に反した内容・開催になりがちですが、
一切のビジネス的要素・思惑がありませんので、
真に片寄る事無く落ち着いた雰囲気でのセミナーが実現できています。

当店のパンフレットを配る事や当店扱いの商品の宣伝は一切致しません。

私からの提案で、ビジネス的な要素が一切入らないように、
講師の先生との共同企画の段階で確認しており、
セミナーの内容に関しても、講師の先生に全てをお任せしています。

セミナーも講師の目の届く範囲、少人数セミナーを主とし、20人を定員とし、
それを大幅に超える場合は、別に日を設けてその方達のために場を設けるように
先生と計画しております。

講師の先生も、癖のあるカリスマ的な近寄り辛い方ではなく、
明るくほんわかとした気の張らない方ですので、緊張することなく
楽しくセミナーを受けられます。


予約受付中でございます。

前回、受講していない方でもお気軽にご参加頂けます。

セミナー紹介ページ  ←クリック

 

第2回セミナーも無事に終了!

先日の日曜日、マクロビオティックも含む健康セミナーを
私の店の2階の大広間で開催いたしました。

講師の先生は、私の店の常連様、「菅波先生」です。

依然お話をお聞きして、菅波先生は、アメリカに長期滞在していた時に、
このままアメリカで生活しても良いとも思っていた時期があったそうです。

日本に帰ってきた本当の目的は、
マクロビオティックのカウンセラーとして、人々を救いたいと思っていたから
だそうです。

その勉強もされていたのでした。

しかし、日本に帰ってきてみると、
菅波先生の思っていた方向性と違う事にきずきました。

健康に導くはずのマクロビオティックが、マクロビオティックビジネスと
なっている。

表向きは、ホワイトカラーだけれど、
裏返してみると、お金儲けで一生懸命になっている。

人々を健康に導いてあげるのが最大の方向性、
ビジネスによってそれが左右されてはいけない。

自分が目的としていたライフワーク、方向性が違うのがわかったときに、
日本での活動を休止したのでした。

しかし、最近色々な面で、
私たちは、傷つき・・・・近年は病んだ社会へと進んでいるようです。

その苦しんでいる人達、環境を少しでも
正常な状態にしてあげたいし、それを共に考え学んでも行きたい。

このまま黙って見ているべきではない・・・・重い腰を上げられたのでした。

私のセミナーでは、ビジネス的要素を出来る限り除いています。

世間一般では、この手のセミナーは、スポンサーが企業や自然食品店など
ビジネスを生業にしている場合
ビジネス的な要素・思惑が感じられ、
講師の意に反した内容・開催になりがちですが、
一切のビジネス的要素・思惑がありませんので、
真に片寄る事無く落ち着いた雰囲気でのセミナーが実現できています。

当店のパンフレットを配る事や当店扱いの商品の宣伝は一切致しません。

私からの提案で、ビジネス的な要素が一切入らないように、
講師の先生との共同企画の段階で確認しており、
セミナーの内容に関しても、講師の先生に全てをお任せしています。

セミナーも講師の目の届く範囲、少人数セミナーを主とし、20人を定員とし、
それを大幅に超える場合は、別に日を設けてその方達のために場を設けるように
先生と計画しているのです。

健康指導者の周りには、
表向きとは裏腹に、例えばサプリメントを売り込みたいとか、
化粧品を売り込みたいとか
浄水器を売り込みたいとか
食材を売り込みたいとか・・・・
ビジネスの広告塔になってもらおうと、様々なビジネス的な思惑を持った
人々が集まってきます。

その方たちは、先生先生とよいしょして、
中には、それに知らず知らずのうちに、巻き込まれて、
崇高な志が汚れてしまう指導者も出てくるのです。

また、健康指導者みずからが、ビジネスマンである場合もあります。

そして、その下で学んでいる人達も
師のその姿を見て、それが正しいと思ってしまい・・・
次第に、それに染まって行き・・・
ビジネスに一生懸命な指導者や先生が増えていくのです。

指導者も人間です・・・・お金儲けしたい・・・・名声を浴びたい
贅沢がしたい・・・・裕福な生活をしたい・・・・
宗教指導者のようにカリスマ的な存在でいたい・・・・

しかし、その人間の欲望に負けてしまったときに、
真の方向性は閉ざされてしまうものです。

指導者とは、純粋で清らかで、崇高な目的のための
存在でなければいけないのです。

私たちのように、時として欲におぼれ、
汚れて行く存在であってはいけないのです。

菅波先生は、それを感じさせない先生であります。

 

専門店にしか無かった食材がスーパーに!

金沢では、最近まで、こだわった食材を購入するには
一般の方は、自然食品店やインターネットなどを利用するしかありませんでした。

しかし、最近では、「あれこんなところに」と思うところに
食材があったりして、一般の方も気軽に利用できるようになってきました。

特にスーパーマーケットの自然食関係のコーナーは日に日に
品数の方も増えていっています。

お値段もとても手ごろのお値段で、定価を上回っての販売はしていません。

私の店では、マクロビオティックの問屋さんで有名な
株式会社オーサワジャパンさんと株式会社ムソーさんの食材を
販売もしていますが、最近ではスーパーマーケットでも
その問屋さんで扱っている食材を良く見る事があります。

より身近に、こだわった良い食材を手にとる事が出来、
とても良い事だと思います。

それに野菜のコーナーも年々グレードが上がっています。

最近では、普通のスーパーマーケットでも、こだわった農家の方
の野菜を頻繁に見るのです。

それも、信じられないくらい安く販売もされている事があります。

儲け無しで、販売されているのでしょう?

私が仕入れる時より、同額か、それよりも安い場合もあります。

大量に品数をそろえて、多くの方に販売している
スーパーマーケットのような大規模小売業の強みですね。

他で儲けているから、こだわったものは少しでも安く、
消費者の手の届きやすい価格でとの事だと思います。

私は時々、スーパーマーケットを回って、
地元の以前から知っているこだわり有機野菜だけを作っている農家の方の野菜が
売られているときに、買い占めてもくるのです。

自然野菜のコーナーに置いてあっても、スーパーマーケットなので、
一般の方は、その野菜がさほどこだわってないものと思い込んでいるのでしょう?

あまり売れていないのです。

しかし、私なんかは農家の方のお名前などをある程度知っていますから、
「あれこんなところに!」と売られていましたら、殆ど全て買い込みます。

勿論、はずれはありません。

今や、自然食に力を入れているスーパーマーケットでは、
こだわった長期熟成の味噌や醤油や自然海塩などは、購入可能です。

有機玄米なども売られている場合もあります。

最近驚いた事は、
普通のスーパーマーケットに、有機の小麦や雑穀など
私が仕入れているものが販売されていた事です。

これだけ普通の売り場に食材を見る事が多いと言う事は、
消費者が増えてきているということだと思います。

お隣の中国の問題もあり、良いものを選ぶと言う方も増えてきているのです。

デリバリーや加工食品などは、
コストがかかったり、技術力が必要ですので
マクロビオティック人口が極めて少ない、ここ金沢では
消費や利益率が少なくマーケット的には不可能な分野ですが、
食材関係のマーケットはこの先、もっと広がりを見る事でしょう?

昔、クシ先生がセミナーで言っていましたが、
「将来的に、住まいする近くのスーパーマーケットで気軽に、
こだわった食材を購入できることになれば良いですね。」と
それが今着々とではありますが、実現に向けて進行しているようにも思います。

 

3月2日のマクロビオティックセミナー

このホームページを読まれている方は、
もうすでに知っていると思いますが、私のお店では、
菅波先生と共同でマクロビオティックを含む健康セミナーを定期的に
開催しています。

菅波先生の素晴らしいところは、
まずお人柄が素晴らしい・・・・
この手のセミナーの先生は、カリスマ的な少しこだわったような、
癖のある近寄りがたい方が多いのですが、先生は
とても暖かく気の張らない優しい方ですので、
気軽におちついて受講できるのです。

毎回、セミナーが終わって
にこやかに、受講された方がお帰りになるのを目にして
よかったなーと思っています。

それと、
とかくマクロビオティックでは、陰陽で全てを説明しようとする
傾向があります。

しかし、それでは溶け込めない方も多いのです。

先生は、科学的なデーターを示しながら
マクロビオティックの解説を盛り込んでいます。

マクロビオティックに関心の低かったご主人や、
ご家族の方をお連れになった受講者の方から
先生の科学的な説明で、やっと少しですが理解してもらいましたとの
感想も多く、
お連れの方からもやっと理解できましたとのお声も聞くことが出来ています。

マクロビオティックや健康食をされている方は、
ご家族やパートナーに理解されないなどのお悩みを持っている方も
多いのですが、このセミナーを受けられた多くの方から
ご理解を得ています。

前回のセミナーでは、短い時間に
内容を詰め込みすぎて、ゆっくりと勉強できなかったのを
今回は、わかりやすくゆっくりと進められるようです。

先生のこれまでの実戦経験や外国などにお勉強に行っていた
お話や、クシ先生や様々な先生との思い出などを盛り込みながら
楽しいセミナーを企画されていると言う事です。

今回のセミナーで、一応一区切り、
次のセミナーは、2ヵ月後位に予定しています。

3月2日(日)のセミナーは、
只今、受講受付中です!

セミナー紹介ページ

 

受験

私の店の常連のお客様は、
今年受験のお子様をお持ちの方が多いのです。

中学受験、高校受験、大学受験、

今の時期は、金沢は、私立の受験はもう終わり、
あとは、公立の受験を残すのみで、もう受験まで僅かな時間しかありません。

普段は、お食事にご来店の常連様ですが、
今の時期、お弁当やおかずなどをご要望の方が多く、
昨日の土曜日も、お弁当とおかずのデリバリーが多い日でした。

子供さんが、「たかの」のおかずをお求めになられるようでして、
私のおかずには、砂糖や不自然なケミカルの多い食材は使いませんので、
それが良いのかもしれません。

それと、発芽玄米のおにぎりをご注文の方も多いです。

おにぎりは、夜食として出される方もいます。

そういえば、
店をする前に、健康セミナーで講師の先生が言っていたのを思い出しました。

「皆さんもう直ぐ受験を控えているお子様をお持ちの方も多いと思います。
さて、お子様に・・勉強の差し入れに甘ーいお菓子や飲みものを出していませんか?
糖分が脳の栄養になると、砂糖一杯のものを差し入れしていませんか?
甘いものを身体に入れた場合急激に糖分が頭にあがり、
一時は、さえるかも知れませんが、長く持続はしません・・・・
急激に眠くなったりするものです。
頭の栄養は、直接砂糖を食べなくても、例えばうどんやご飯など、
炭水化物の多い食べ物は、
体の中でブドウ糖に変えて頭に送る事だって出来るのです。
その方が自然的で、持続的に集中力を維持できるって知っていましたか?」
と、お話されていたのを思い出します。

ふむふむ・・・・そう言えば最近、高速道路を走るときの
サービスエリアの販売機のドリンク類には、
砂糖抜きの物がとても多い・・・・
眠気覚ましのガムなんかもどれも砂糖は入っていないような・・・・

その先生は、こうも言っていたのであった・・・
「高速道路で長時間のドライブ、砂糖一杯の甘いものは
一時は良いかもしれませんが、いきなり睡魔に襲われるかも知れません
眠気覚ましには・・・そうですね・・・せんべいなど良く噛んで食べるもの
が良いかもしれません。良く噛む事で脳が活性しますから・・・
メジャーリーグの選手が良くガムを噛んでいますね・・・
それって、脳に刺激を与えて活性化しているんですよ・・
冷たい真水も良いかもしれません飲んでよし・・・顔を拭いても良いし、
色々なケミカルも入っていませんから身体に素直になじむものです。」

と言う事は、良く噛んで食べなければいけない「玄米」って言うのは、
受験勉強やドライブにとても良い物かもしれません。

玄米は、白米に比べて、ゆっくりとブドウ糖に変化しますので、
それに満足できない受験生の方には、
うどんや雑穀を混ぜたご飯なども良いかもしれません。

食って不思議なものですね!

もっと詳しく知りたいですか?

そうですね・・・3月2日の日曜日に楽しいセミナーを企画しています。

上記の甘いもののお話をして頂いた先生ではありませんが、
2日の講師の菅並先生は、とてもわかりやすく食について
お話される方です。

日々の生活の知恵として・・・どうです・・・受講しませんか?

予約も日々埋まってきていますので、興味のある方はお早めに
菅波先生か私、高野まで連絡を下さい。

セミナー紹介ページ

 

ベジタリアン料理と
マクロビオティック料理と
自然食料理と精進料理と・・・・

世間一般の人は、上記の料理は全て同じか・・・
洋食か和食位の違いだろうと思い込んでしまっている場合が多いのだそうです。

しかし、まるっきり違う事を知っている人は少ないのです。

まず、自然食ですが自然的なもの、
すなわち自然で育った鶏や豚や牛やいのししや天然物の動物性食材や
自然で育った牛の乳や魚介類や卵を使っても自然食と言う事が出来ますし、
地元で取れる市場の新鮮な野菜を使えばそれで良いという風潮があり、
調味料も白糖なども使うところもあります。

ベジタリアンの料理の場合は、動物性のものが入っていなければ
それで良いという考えが中心で、野菜が中心の料理となり、
不自然な添加物や食材などにはまだこだわっていないところがあります。

事実、ベジタリアン用の食材関係では、
あまり添加物に関してはこだわっていないようなのです。

精進料理とは宗教的な修行の一部として出来てきたもので、
なまぐさ(肉・魚・卵など動物性の食品一切)と
五葷 と呼ばれる5種類に分類される食べてはならない食材があります。
それを守っていない物は精進料理とは呼ばれないとされているようです。

五葷とは、くさいものくせのあるもの、
それを食べることにより興奮したり感情や体調の起伏を激しくさせ、
修行の妨げになるとされている食材で、
一、大蒜(にんにく)など
二、韮(にら)・革葱(かくそう)など
三、薤(らっきょう)・茖葱(ぎょうじゃにんにく)など
四、葱(ねぎ)など
五、薑(しょうが)・浅葱(あさつき)など

精進料理では、
玉ねぎや葱など健康に良いとされているものであっても使ってはいけません。

では、マクロビオティックの料理は、
まず、生まれ育ったその気候風土で産する作物を頂き、
砂糖などの暖かい国で産する甘味料などは使いません。
調味料も伝統的な天然醸造の調味料を使うのが基本であり、
塩も自然な海でとれる自然海塩が基本となります。
勿論、動物性のものは一切使わないのが基本となります。
ベジタリアン食との最大の違いは、
マクロビオティックでは、野菜中心でなく、穀物中心である事です。
マクロビオティックにおいては、食における野菜の全体の割合は、
20%から30%位で、海草類と豆類が5%から10%で、
50%から60%は雑穀や玄米などの粒食で、穀物が中心なのです。
ですので、最近流行っているの野菜中心で、穀物の少ない料理は、
マクロビオティックの料理ではなく、たとえそれがマクロビオティックという
見出しであってもベジタリアンの料理【菜食主義】の料理なのです。

また、バナナやパイナップルなど暖かい国で産する果物などを
使った料理やデザートも我々日本人が食べるマクロビオティックの料理
ではないと言われています。

我々温帯で住まいする日本人にとっては
動物性を使わなくてもそれを使った場合は、マクロビオティックの料理ではなく、
ベジタリアンの料理になります。

バナナやパイナップルの産する所に先祖伝来住まいする方々が
それを使い調理し食べているのならその土地の人にとっては、
マクロビオティックの料理ともいえますが、温帯の気候風土で先祖伝来生きてきた
我々にとっては、マクロビオティックの料理・デザートでは無いのです。

我々の身体は、何千年何百年と先祖伝来そこに産する作物や気候風土に
生かされ、自らの身体の構造や性質まで変えて順応してきました。

マクロビオティックでは、我々の体に最も優しいものは、
先祖伝来住まいするその気候・自然環境・風土・水・土・・・・
・・・・・に沿った作物(身土不二)と考えているのです。

そして、一物全体食。

違いをあげるときりがありませんが
ベジタリアン料理とマクロビオティック料理と自然食料理と精進料理とは、
似ているようで違うのです。

 

3月2日(日)店でセミナー開催

日曜日、当店でマクロビオティックを含む勉強会を企画しています。

マクロビオティックと言いますと多くが料理教室のようなものが
殆どですが、私のお店でのセミナーは、料理教室ではありません。

色々な健康的な情報や実践方法や科学的なデーターを示しながら
わかりやすく、マクロビオティックなどの健康的な物に関心の低かった方や
あるいは、健康的な食生活改善に理解を示して頂けなかったご家族の方
にも納得していただけるようなわかりやすい内容で、
講師の先生が講義されています。

例えば、今まで何気なく健康に良いということだけを聞いていて
やってみてはいたもののこれで正しいのだろうか?と
半信半疑の方でも科学的なデーターに元ずく説明で安心してお帰りになられ、
ご家族に理解が得られず「こんなので栄養が十分なの?」
「絶対に食べないからな!」と敬遠されて悩まれていた方が、
ご家族をお連れになり、帰り際にはご家族の方から「健康的な食事だったんだね」
「すこし、食事について考えてみようと思いますと」前向きな感想も頂き、
やっとすこしだけ理解してもらえましたと喜んでいただいたりもしています。

マクロビオティックの講師の方の中には、陰陽論や易学なんかを
中心として話される方も多く、神秘的な印象が強く
一般的に敬遠されがちですが・・・・

当店での講師の菅波先生は、科学的なデーターを元に
解説していきますので、万人に信頼性が良く好評で理解もされやすいのです。

今回のセミナーもはじめて参加される方も多く、
喜ばれる事でしょう。


セミナー紹介ページ

 

昨日は、セミナー

昨日、3月2日(日)は、マクロビオティックを含む様々な健康法から
学ぶセミナーの第3回目「
たんぱく質と脂肪のヘルシーランキング
を当店の二階大広間で、開催致しました。

今回のセミナーの参加者は、11名の方で、座席の配列を円卓にする事が
可能でした。

講師の菅波さんと開催後お話をしたのですが、
「今日の人数ぐらいでちょうど良いですね。
円卓はリラックスして、和気藹々とした雰囲気でセミナーをする事が出来
ます。次回のセミナーは、人数が増えてもなんとか円卓で、座席をセッティング
しましょう」と言う事になりました。

やはり講師の先生の目の届く範囲と言いますと
せいぜいで15人位で、30人40人となりますと目が届かないのですね。

それを考えると、学校での教室の人数は、多いですね。

教師の方が目が届かないのも納得できます。

最近では学校では、補助の先生を数人入れて補っているところもありますが、
大人数では、それでも難しいものです。

過疎化の進んでいる地域の少人数の生徒を抱える学校の方が、
人間的で和気藹々とした学びの輪があるように思います。

少人数の授業の場合、教師の目が行き届き、
進学校なみの濃い内容での授業もある意味可能だと思います。

勿論、教師の目が行き届いているのならば、
進学塾に通わせる必要もなくなります。

学校で習う事意外は受験では出題されないのですから。

と・・・・・かなり話が飛んでしまいました。

前に戻して

今回のセミナーで一区切り、
次回は、5月頃を予定しています。

セミナー終了後、近日の開催を望んでいた方も多くいましたが、
これから春先にかけて、転勤、進学、就職と皆が気忙しい時を過ごされる
時期ですし、菅波先生も春先はとても忙しく、セミナーをされる時間が取れない
のです。

それに私はと言いますと、3月の末から4月の頭にかけて
勉強ため旅にでますので、4月の頭でのセミナー開催は難しいと
言う事で、菅波先生と相談した結果、5月頃に開催しましょうと言う事になりました。

次回の開催が決まりましたら、一月前位に
またホームページ等でお知らせいたします。

 

黄砂 襲来

この季節、ここ金沢にも日本海をまたぎ、黄砂が舞い降りてくる。

まだ、県外で報道されているような深刻な状況ではないけれど、
次第に襲来してくるだろう。

この黄色い砂には、毒性が無いのだろうか?

黄砂により気管支にダメージを受けたり、
花粉症をより重くしたりとこの砂には、良い事は何も無い。

目が痒くなり、花粉症にも似た症状になる人もいるようだ。

と言う事は、黄砂には毒性がないとは言い切れないだろう。

どのような成分で構成されているのかはわからないけれど、
砂に混じり、重金属や色々なケミカルが風に流されて飛んできていないのだろうか?

しかし、連日、報道されている黄砂のピークは、4月なのだとか?

降り止むのはまだ先の話のようだ。

うーん・・・しかし、ここ金沢は、日本海に面しているのだけれど、
毎年、他県で報道されているような深刻なことは無い。

なぜだろう?

「弁当忘れても傘忘れるな」という金沢人なら誰でも知っていることわざ・・・
雨が多い金沢、湿度が多い金沢、その影響なのだろうか?

連日報道されている・・・砂漠の砂嵐のような事は、
ここ金沢では今まで無いように思う。

しかし、この時期、僅かでも黄砂は、飛散してくる。

花粉の飛散との相乗効果で花粉アレルギーの方のみではなく
気管支や、目などを守るためにも、マスクや場合により目を守るための
ゴーグルなども必要であろう。

私はと言うと・・・・3月の終わりから6日間、勉強のために旅に出るので、
黄砂対策として、マスクは持参するつもりでいる。

特に空気が乾燥している地域では、深刻なようだ。

 

最近の近況

ここのラクガキ日記帳も書き続けてかなりの情報量になりました。

今、新たにブログを製作中で、近いうちに?移動しようかと思います。

商用的な要素も少し入りますので、
商用可能なブログスペースを借りて、カスタマイズ中です。

ホームページを作るよりは簡単に出来るとの事でしたが、
ある程度の制限がありますので、そこの中でのカスタマイズに難航もしていますが、
次第に見れるものになりつつもあります。

雛形が出来たところで、今までのラクガキを整理して
新規ブログに全て移動させます。

ページ数にして数百ページにわたる情報量なので、
それをまとめるのに少し時間がかかりそうです。

今日は2008年3月17日(月)、
黄砂の飛来が多いとの事でここ金沢では、洗濯物を外に乾すのは
控えた方が良いみたいです。

私はと言いますと、昨日の日曜日に洗車したばかり、
砂嵐のせいでそれが無駄になりそうです。

外回りの仕事の方は、マスクやゴーグルをされた方が良いのかもしれません。

黄砂は、花粉症を悪くする働きがあるとの話を最近多く耳にしますし、
今花粉症で無い人も、黄砂の影響により、突然なる恐れもあるかと思います。

何にもまして、防御が一番だと思います。

それと、
今の時期にスギ花粉エキス配合のサプリメントを求める方がいるようですが、
即効性は難しいものです。

効果が期待できるのは、かなり後の事です。

一年後二年後に、効果が期待できるぐらいに思われた方が良いと思います。

気を長くして、長く続けてやっと期待できるかな?と言う所です。

ですから、今花粉症で辛くて、それを飲めば一気に楽になると言う事を
考えての購入は???ですので、ドクターと相談されて利用して頂ければ
良いのではと思います。

でも、継続して行くとなるとその手のサプリメントは高いのですね。

マスクやゴーグルなどの防御が一番の得策だと思います。

 

2008年 第4回 セミナー6月に開催決定!

お待たせ致しました。

「マクロビオティックと様々な健康法から学ぶ勉強会」
を6月に開催する運びとなりました。

詳細決まり次第、このホームページでお知らせいたします。

 

観光のお客様のために

私の店には、県外からのお客様も数多くご来店頂いています。

私の店には、動物性のものは一切置いてございませんし、
油もマクロビオティック食材専門の問屋からの良いものしか使いません。

砂糖も使わず、甘みは、野菜や穀物からの甘みと水飴のみ。

自家栽培の野菜を中心に、
お米もこだわった有機のお米、エコファーム・オクノさんの
イセヒカリをナチュラル化活性水(天然名水品質)で発芽させて使っています。

つまり、完全菜食・玄米菜食・穀物菜食・ビーガン・マクロビオティック
・ベジタリアン・・・・・・などオールインワンに対応しているのです。

お肉(牛・豚・とり・爬虫類・両生類・昆虫類等、一切の肉)・魚介類・
乳製品(発酵食材も含む)・卵等、動物性のもの一切を使いません。

そこまでこだわった店は、北陸では珍しく、
多くの旅行者にご利用いただいているのだと思います。

外国からの旅行者の方も多く、芸能人の方もお忍びでご来店いただく
事もあります。

取材に来られた放送局のアナウンサーの方の色紙は、
店内に飾ってありますが、それのみで、
芸能人の方に関しましてはごく一般の方に
接するように、ゆっくりとお召し上がり頂いていますし、
「○○さんですか?」なんて一切お聞きしません。
そして特別なサービスなどは一切行ないません。

一般の方のように、落ち着いてお食事いただけたらと思っているのです。

旅行で来られた方は、事前にお調べして来られている方も多いのですが、
観光情報など地元の情報に興味のある方も多く、
良く聞かれるのですが、灯台下暗しと言うのですか、
旅行者の方の方が詳しい場合もあります。

ここのホームページでも北陸の観光についての
ページを今後、設けて行きたいと思っています。

案外、観光の方は北陸の奥座敷「湯涌温泉」の事を知らないのですね。

 

第4回 食事セミナー 予約受付中!

2008年6月1日(日)午前11時開催決定!

(セミナー開催地:当店二階)

マクロビオティックと様々な健康法から学ぶ 

炭水化物のヘルシーランキング」

お待たせいたしました。
セミナーの開催と内容が決まりました。

詳細は下のリンクをお開きください。

セミナーのページ

 

コレステロールと長寿?

このところ非常に忙しく、
ここのラクガキ日記の書き込みも久しぶりに書き込むことが出来ました。

さて、4月からいよいよメタボ検診がスタートしました。

巷では、メタボ商戦が華々しく・・・・
メタボという言葉を聴かない日は無いほどの注目度!

ダイエットグッズも飛ぶように売れているとか?

しかし、最近そのコレステロールに関して
驚く研究結果が発表されたと言う。

なんと、コレステロール値が低すぎると、短命になる・・・・
コレステロールが多いと、長生きする。

浜崎智仁(富山大教授)、大櫛陽一(東海大教授)らの研究により
コレステロールの多い人ほど長生きするとの結果が出たそうなのだ。

膨大な数の人達のデーターから導き出されたその結果は、
信憑性があり、今後のメタボのありかたにも影響を与えるかも知れない
ビックニュースなのです。

興味のあります方は、
浜崎智仁(富山大教授)、大櫛陽一(東海大教授)と
検索しますと数多くのサイトが出てきます。

私は、個人的に思うのですが、
腹回りが太くても・・・・良い食べ物で腹回りが大きい人と
悪い食べ物で腹回りが大きい人では、違いがあると思うのですが?

ガリガリよりも、多少の皮下脂肪は、必要だと思うのです。

小太りの方の方が免疫力があり、長生きするなんてのも
良く聞きますし・・・・

何事も行き過ぎはいけない・・・バランスなのでしょうね。

興味のある方は、両教授の名前で検索してみてくださいね。

 

ゴールデンウィークのお休み

例年、ゴールデンウィークには長期のお休みを頂いているのですが、
今年のお休みは5月5日(月)と5月6日(火)の2日間のみと致しました。

通常の定休日は日曜日ですが、ゴールデンウィーク中の
5月6日(日)は休まずに営業いたします。

旅行者の方から営業日のお問い合わせを多く頂き、
それがゴールデンウィーク前半に多い事から、
お店を開けることにしたのです。

混む時は混みますので、
予定がある方はお早めにご予約をお願いいたします。

それと、今当店では、
自然系の浄水器「ナチュラライザー煌」のキャンペーン中です。

送料無料・代引き手数料も無料で、最短で発送いたしています。

勿論、キャンペーン価格での提供ですので、興味のあります方は、
このホームページ内の「ナチュラライザー煌」の問い合わせページから
ご連絡くださいませ。

当店も、もう直ぐ10周年・・・その感謝を込めてのキャンペーンです。

この機会をお見逃し無く!

 

コレステロールと長寿? 2

コレステロール値が低すぎると、短命になる・・・・
コレステロールが多いと、長生の方が多いとの研究結果が発表されたと言う。

しかし、よくよく考えてみると、
その膨大な人達のデーターから導き出された結果だけれども、
その対象となった人達は、一般ピープルであり、
マクロビオティックやバランスの良い食事を実践しているビーガンの方
(ビーガンの中には、バランスの悪い食事をしている人も少なくない)
がどれだけ含まれているのであろうと言う事です。

マクロビオティックやビーガンを完全に近く実践している人は、一握りの人達であり、
たとえ・・・万人を対象としてもそれに含まれる人達はおそらく数える位少ない
と思います。

となりますと、
「コレステロール値が低すぎると、短命になる・・・・
コレステロールが多いと、長生の方が多・・」
と言うのは、一般ピープルに対して有効なのかもしれないと言う事?

マクロビアンやピュアベジタリアンやビーガンの方でバランスよく食事を
している方に対して当てはめると、如何なものか?

先日、定期的に私のお店で勉強会をしていただいている
菅波先生と話しているときにその話題が出てきたのでした。

完全に植物食で生活している人には、コレステロールはつきにくいという点が
あること、ビーガンの方は、一般のかたより、コレステロールが低くても良いのでは
無いだろうかということです。

ともあれ、
完全にマクロビオティックやピュアベジタリアンやビーガンをバランスよく
実践されている方、何十万人を食事スタイル別に、何年にも渡って追跡調査して、
膨大な統計を出し、例えば、マクロビアンにはどのような病気の方が多いとか
平均寿命はどのくらいでとか言うデーターがあればとても助かるであろうと
話していたのでした。

先生も、そのようなデーターが信頼できる研究機関から出ていないか
どうか調べている途中だとか・・・・でもなかなかそのようなものはないとか。

日常の食事のスタイル別や人種や住まいする土地柄、男女別等・・・に
分けて研究をしている・・・・大学があれば、研究者が出てくれれば
良いのにとも思います。

しかしながら、
完全に実践している人は一握りの人達、
なんちゃってマクロビアンや一般ピープルには、
この前発表された「コレステロール値が低すぎると、短命になる・・・・
コレステロールが多いと、長生の方が多・・」は参考になるかもしれない。

私が思うに・・・・
一番肝心なのはやはり水ですね。

水の役割は非常に重要なものです。

体の隅々まで栄養素を運び、悪いものを外に出してくれるのも
水がないと出来ない事です。

なにしろ体の大部分は水で出来ているのですから、
良い水を使うことはとても基本的で素晴らしい事だと思います。

わたしは、かなり前から良い水を使うことを薦めてきました。

良い水を日常使うことが出来る事は素晴らしい事なのです。

 

 

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。

 


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文