日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去の日記 8

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

今日、9月23日(日)と24日(月)お休みを頂きました。

今日から、お店は二連休です。

このお休みを頂いて、お店を大掃除いたします。

残りの時間は、山にでも出かけようと思っています。

なぜ今の時期に連休するの?と思う人がいるかも知れません・・・
私のお店は、一月の内で一番空いている日が、
25日の数日前なのです。

ちょうど一般の連休と重なり、お休みに致しました。

本当は、空いた時間に、ゆっくりとアウトドアを楽しみたいのですが、たまりにたまった雑用で、
それもならず、山には、ハイキング?散歩に行こうと思っています。

この所、運動不足で身体もなまってきていますし・・・
ウオーキングがてらの山歩きも良いものだと思います。

一日中、調理場の中で過ごし、運動といえば手を動かすのみ、
絶えず、試作品の研究や味見などで、おなかが休まる暇がない・・・・
そのような状況の中で、次第におなかが出てくる。

動物性のものが一切無く、マクロビオティックの食事でも、
運動をせずに、絶えず食べ続けていれば、おなかが出てくるのです。

特に、中年の域に入ってくると、運動不足は、もろに結果が出てくる。

規則正しい時間での食事と腹八分目以下・・・規則正しい運動と・・・・規則正しい睡眠時間
それが大切なのはわかっていますが・・・職業柄難しいのです。

しかし・・・・それではいかん!

早朝、ウォーキングをまた始めなければ、いかん!

とりあえず、この二連休・・・ウオーキングからはじめよう・・・

 

おせちの予約 ありがとう!

こんな時期になったのですね・・・・早いものです。

お店にチラシと張り紙をしたところ、お客様からのお問い合わせも入ってきています。

まだ、時期的に早いので予約はありませんが、ぜひご注文したいとのご連絡も頂いています。

先日は、お正月に金沢にお里帰りされるご予定の方から、おせちのお問い合わせがありました。

そのお客様は、前々からこのホームページやお友達などから聞いて、
お正月にお里帰りのときに、当店を利用しようと思っていたそうですが、
当店は、お正月はお休みを頂いています。

それで、当店のおせち料理のご注文を考えていると言う事でした。

私のおせちは、一般の方にも喜んで頂いているので、
無駄にならないということで、特に喜ばれています。

普通マクロのおせちは、一般の方にはなじみが無く、
結局、残ってしまい・・・それを食べるのに大変と言うことにもなりかねないそうですが、
私のおせちは、毎年聞くのですが、一般の方にも好評で、すぐに無くなってしまうとの事です。

特に去年のおせちは、大好評でした。

私のおせちは、マクロやベジタリアンの方だけに人気があるのではなく、
一般の方にも人気があるので、ある意味救われています。

おせちの仕込み時期に入ると、
数日は徹夜仕事が続きますが、この時期が一番面白く充実しています。

あれこれと・・・3日位は眠らず仮眠程度で、仕事をするのですが、まったく疲れないのです。

12月31日は、お引渡し日で、それと平行して大掃除・・・・
おもちを部屋にお供えして・・・初参りに、近所の神社へ・・・・
眠ることなく、残りのおせちを重箱に詰めて、家内の実家(関西)へ長距離運転・・・
早朝の澄んだ空気は、晴れ晴れしく、一年の始まりを感謝して・・・・

ことしのおせち・・・何をつめようかな?

また試作の研究で・・・おなかが休まる時が無い (^_^;)

 

もったいない

今日は、9月24日(月)昨日と同じくお休みを頂いています。

めったにない二連休なのです。

しかし、もったいない・・・・・

連休前の22日(土)仕事が終わってから、
翌日の日曜日を有効に使おうと、大掃除を始めました・・・・深夜までかかり
その日は終了、翌日、23日(日)早朝からまた大掃除の続きを始めて、
数時間で終了しました。

あーーー疲れた--少し横になろう これが悪夢の始まりです。

目が覚めたのは、その日の夜になってから・・・・もう一日が終わってしまったのです。

なぜ起こさなかったの?と言うと・・・気持ちよさそうに寝ていたから起こさなかったと・・・・
寝やすいように部屋も暗くして、起こしたらいけないと、皆で出かけていたのと・・・・

起こしてくださいよ・・・・もったいない!

今日は残りの一日を有効に使おう!

今は、昨日バウンドケーキと浄水器の注文が入ってきたので、
小包を取りに来てくれる郵便局の方を待っています。

発送が完了したら・・・いよいよ山に出かけよう!

ウオーキングをするのだ!

 

お店の定食(セットメニュー)

私のお店には、お肉やお魚・・ミルク(ミルクからの加工材も含む)・・卵・・鰹節・・
など一切の動物性食材は置いてありません。

また、白砂糖・黒砂糖・黒糖・粗糖・果糖・・・などの単糖類や、
単糖がやや多い、てんさい糖・メープルシロップなども置いてございません。

甘味料として、穀物から出来た優しい甘味料である水飴(多糖類)は、置いてございますが、
それも、通常は野菜からの自然な甘みを利用して、デザートなど特別に
甘みが欲しい時などに使う程度に留めています。

もちろん、不自然な化学合成された食材や調味料は置いてありません。

天然醸造の調味料や自然海塩を使い、じか栽培の野菜をおもに使い、
穀物を中心としたお料理を作っています。

身体の調子に合わせて選択いただけるように、
お店では、発芽玄米ご飯と七分つきご飯を選べるようにしています。

なぜ玄米ではなく発芽玄米なのか?
それは、玄米そのままで炊いたりおかゆにしたりした場合でも、
一口ずつ、口の中でペースト状になるまで良く噛んで唾液と混ぜながら食べないと、
せっかくの玄米の外側部分が消化されずに、真ん中の白米の部分だけが多く消化されるという
ことと、胃や腸の弱い方や子供さんなどまだ、身体が完成されていない
未熟な消化器官ではあまりにも負担が大きいという点や、年齢を重ねると同時に、
身体で作られる酵素も少なくなり、消化吸収も難しくなる過程で、負担が多いという点や、
フイチン酸等の関係により、有害なミネラルを外に出す働きもあるが、
それと共に有効なミネラル等も出してしまうということも考えらるからです。

さまざまな状況を考えて、玄米そのままの場合は、
たとえ、圧力鍋で柔らかく炊いたとしても、おかゆなどにしたとしても、
植物性の発酵食品と共に、口の中でペースト状になるまで噛み唾液酵素
と絡めること、おかゆの場合も、そのまま飲み込むのではなく、
口の中でシャッフルして、よく噛み唾液酵素と混ぜ合わせ食べることが、
出来ない場合、小さなお子様やお年寄りやデリケートな方に対しては、
お勧め出来ないのです。

玄米そのままの場合、良く噛んで食べるのは、ある意味常識なのです。

植物性発酵食品と玄米をペースト状になるまで、よく噛んで食べることが出来ず、
身体で作られる酵素自体にも限界がある年齢である場合、
消化器官が未熟な小さい子供さんの場合やデリケートな女性の方や
ミネラル吸収の弊害から激やせし、顔が黒ずんでいる方は、
発芽玄米を食べること、ミネラルや酵素の補給の観点から、
身体を冷やし、陰性であるということから、生野菜や果物を敬遠されるのではなく、
それらのものを食事の前後に時間をおいて、食すのもある意味必要だと思います

その場合、酵素は熱により破壊されるので、暖めても常温か、
人肌ぐらいで食べることが必要です。

飲み込むのでは無く良く噛んで食べれば、身体を冷やすことが避けられます。

玄米は、発芽させることにより、上記の殆どの弊害を避けることが出来るということ、
食事に時間の取れない、良く噛んで食べることの出来ない現代人にとっても
美容目的で玄米をお召し上がりいただいている方やお年をお召しの方や、デリケートな方、
子供さんでも安心して食べれるという点から、当店では、玄米を発芽させて炊いています。

昔からのマクロビオティックでは、よく煮た物を食べ、
生野菜や果物などの生食は、一切、避ける方が多いのですが、
現在では、ある程度の生食は、
ミネラルや酵素を取り入れるのに必要であるということに、考え方が変わって来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お店の定食は、全て、発芽玄米ご飯か七分つきご飯を選べます。

おにぎりセット
味噌汁・漬物・おにぎり二個・ミニおかず・三年番茶
・・・・・750円
(とても軽いのでお子様用としても、大人の方は、軽食としても食べれます。)

お子様セット(お子様ランチ)
一つのお皿に、デザート・ジュース・ミニおにぎり・おかず
・・・・・840円
(小学生以下が対象で、今キャンペーン中で10%引き)

ヘルシーセット
味噌汁・漬物・ごはん・おかず色々・メインの料理・たんぽぽコーヒー
・・・・・1000円
(サービスセット)

綺麗になるセット
オリジナル料理を中心に色々な種類のお料理を少しずつ召し上がりいただけます。
味噌汁・漬物・ごはん・100%のアセロラエキス・たんんぽぽコーヒー・とお料理
・・・・・1580円
(お昼に、お友達同士で来られるお客様や旅行で来られる方、色々な料理をお試しに
なりたいお客様に好評です。

綺麗になるセットデザート付き
デザートが付いたお得なセットです。
・・・・・2000円

その他・・・・コース料理もございます。

/////////////////////////////////////

お弁当は、全て、発芽玄米ご飯か七分つきご飯を選べます。

マクロビオティックおにぎりミニ弁当・・・840円  (お子様弁当、軽いお昼としても)
マクロビオティックシンプル弁当・・・・・・1050円 (素食シンプル・・・)
マクロビオティックレギュラー弁当・・・・・1580円 (ゴージャス・・・)

オードブル 3000円位から10000円位まで

おせち料理 12000円

その他・・・・汁物以外お持ち帰りできます。 デザートも一部お持ち帰り可能です。

近郊、金額に応じて配達もしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セットメニューは、上記のように設定しています。

 

お客様は神様です・・・・

有名な言葉です・・・・
まさしくお客様は神様です。

私のお店には色々な方がいらっしゃいます。

ちょっと健康的なものをと軽い気持ちで気軽に来られる方やマクロビオティックのお客様・・
それと・・・式健康法とか・・・医学会とか・・・食とか・・・式とか・・・様々な食事法のお客様・・
ベジタリアンの方・・・ベーガンの方・・・看護士さん・・・栄養士さん・・・ドクター・・・
東洋医学の先生・・・学校の先生・・・お母様方・・・学生さん・・・カップル・・・ご家族で・・・
様々な方に来ていただいています。

別に・・・カチカチにこだわった方ばかりが来ているわけではなく、
そうですね・・・・ごく一般の普通の方のほうが沢山お見えになっています。

金沢は、マクロビオティックや健康法をしている方は、ほんの一握りの方ですので、
殆どが普通の食事をされている方なのです。

ごく一般のお客様にも喜んでいただいていることがとてもうれしく思っています。

素朴でも毎日、楽しく食べれる料理・・・食べるとほんわか・・と心が休まる料理・・・
誰にでも食べていただける料理・・・私の当初の目的なのです。

 

お店のデザート

タルトも飽きてきたので、今日は、豆腐のチーズケーキを作りました。

もちろん、乳製品は一切使っていません。

乳酸菌発酵の独特な酸味と味を出すために、数種類のビネガーを合わせ、
軽い香ばしさを出すために、色々な食材を組み合わせました。

出来上がりを家族で食べて、好評ということで、お店のデザートとして出すことに致しました。

昨日、お米を持ってきて頂いている農家の方から、有機栽培のかぼちゃを大量に仕入れました。

早速、バウンドケーキにして見て・・・これがまたうまい・・・

今の有機栽培のサツマイモが終わり次第・・・かぼちゃのバウンドケーキをお出しいたします。

私のバウンドケーキは、
私の好みですが・・・あまり素材をそのままの形で入れるというのは、嫌なのです。

例えば、かぼちゃならブロックに切ってそれをそのまま中に入れて焼きあげるとか、
豆をそのままの形でいれるとか・・・胡桃とかナッツとかをそのままザーッと入れるとか、
てのは好きではありません。

サツマイモもかぼちゃも・・・・目の細かい裏ごしてから入れています。

食感が滑らかでしっとり仕上がるので・・・・私の好みですが、そうしています。

アイスクリームは、寒くなってきたら、一先ず仕込むのはお休みにします。

たかののオリジナルアイスを食べたい方は、残暑が残るこの時期にご来店ください。

そうそう・・・この前作った、小豆のわらびもち風は、その日で完売しました。

数日前、発芽玄米ご飯が多量に残ったので、それで五平餅を作って、
串にさして、オリジナルの合わせ味噌をつけて焼き上げて、20本位出来ましたでしょうか?

ご来店頂いたお客様で、ご希望の方へサービスでお出しいたしました。

残りは、私たち家族のおやつに・・・・・食べてみるとまたおいしい・・・・

一人で、4本も食べてしまいました。

ご飯にしたら4杯分位になるでしょうか?(お餅のようについていますので)

それからが大変・・・腹持ちが良いのですね。

 

海外ドラマにマクロビオティックのお料理が・・・・

私は、海外ドラマが好きなんです。

日本のドラマと違うのは、やはりスケールでしょう?

一話にかける費用も考えられないぐらいで、まるで映画を見ているようです。

役者さんの層も非常に厚く、見ていても安心した演技をされています。

そこで、気になるのが食事のシーン・・・・
やはり肉中心の食事のシーンや朝食のパンケーキなどの恒例のシーンは多いのですが、
それに混ざって、時折、マクロビオティック?的な食事のシーンが出てくるのです。

海草の炊いたやつ・・・多分 あらめ? 玄米ご飯?見たいな物が・・

そして、日本食を食べているシーンも多いのです。

日本の若い人たちが嫌う、日本料理の家庭的な煮物などをレストランで食べていたり、
家で食べていたり、デリバリー的なものもそのようなものを食べているのです。

今の日本では、ブルジョア的なフアッション的な洋風マクロビオティックが、
人気があるようですが、彼らが劇中食べているのは、まさしく、
日本のおばあちゃんのつくる素朴な日本独特の家庭料理なんです。

やはり、つねづね思っていたのですが、
外国でまじめにされている方は、ファッション優先よりも、
日々継続して、健康維持や美容目的などに応用していけるマクロビオティックなり
日本食に価値を見出しているようにも思います。

劇中、お箸でぎこちなく食べているセレブたち(向うの役者さん)ですが、
彼らが食べていると、日本の家庭料理もおしゃれに見えるのが不思議です。

 

他の健康方法にも目を向ける

私の店には、色々な方がお見えになります。

色々な健康方法や食事のスタイルの方がいて、
お店で出しているのは、マクロビオティックに準じた料理ですが、
他の健康方法や食事スタイルにも、目を向けていかなければいけないと思っています。

例えばベジタリアンの方にも、色々な方がいるのです。

ミルクや卵を食べても良いという考え方の方がいると思えば、
魚を食べても良いという方もいるし、フルーツしか食べない方もいる・・・・
熱を通さないで生食しか食べない方もいます。

また、青汁を飲む・・・健康法の方や粒粒雑穀を沢山食べる・・・食の方もいます。

そして、マクロビオティックの方でも食べ方は様々で、一応・・・様々な食べ方があることを
理解しなければいけないと思っています。

マクロビオティックとどこか似ているゲルソン療法の方もいますし・・・・
様々なお客様に来て頂いているので、そのお客様の食事スタイルも
ある程度頭に入れておかないといけないのです。

お店で出す料理はマクロビオティックですが、
出来ないことは出来ないとはっきり言わなければいけませんし、
違いもわからなければいけません。

また、学ぶべき点も非常に多くあります。

一つのことに固まらないで、広い視野でマクロ的に考えることも必要だと感じています。

しかし、様々な健康方法や食事のスタイルがあるなかで、普遍的なものはあります。

それは、健康的な食材と健康的な水を使うということです。

それだけは皆が共通しています。

我々は水と食から出来ている・・・・これは古代永劫、普遍的な要素なのだと思います。

 

ライフスタイルのサポート

オープン当初からの私のお店の常連のお客様の中には、
すばらしい知識を持った方も多い、その中でも、お一人すばらしい方がいる。

その方は、ピアニストであり、同時通訳もこなせるほど語学力が堪能な方であって、
アメリカのクシ・ミチオ氏宅に長期間滞在し、クシ・インスティュートにて、
マクロビオティック・キャリア・トレーニング・レベル3を取得した方でもある。

海外の植物食で難病を克服した方や植物食で難病を治療しているドクターと直接会い、
勉強もされている。

マクロビオティックの陰日向をも熟知されている。

その方が、ここ金沢で、実践に必要な新しい栄養学の考え方を紹介し、
新しいライフスタイルの創造を援助されると言う。

しかも、現在無料で相談に乗っていただけるのです。

尚、相談者本人と逢っての相談であって、電話での相談等は、受け付けていません。

マクロビオティックを熟知された方ですが、
ライフスタイルの提案は、マクロビオティックの型にハマることなく、
長年研究されている事を踏まえて、広い視野で、提案されています。

店にもチラシを置き、張り紙も張ってあります。

このホームページでも、ぜひ紹介したいのですが、
ゆとりを持って、それが必要な方だけを対象に始められるというので、
詳しくはここでは語りません。

店にチラシを置いてありますので、興味のある方は取りに来てください。

 

オクラどんぶり

私のお店のオープン当初、無農薬の野菜を週に何回か持ってきて頂いている
野菜の農家の方がいまして、その方の野菜がものすごーく美味しくてとても助かっていました。

数年前、一軒一軒の配達は止めて、
スーパーマーケットなどにまとめて卸すことにしましたと連絡が入ってきました。

それ以来、スーパーマーケットを回り、その方の野菜が出ていると、
買い占めて店で使い・・・・自宅でも食べています。

私の店では、じか栽培の野菜を使っていますが、
じか栽培で作っていない野菜があればとても助かるのです。

上記の農家の方とは違いますが、
お米を持ってきて頂いている方の有機かぼちゃもとても助かっていますし、
お米の農家の方には、
お正月のおせち料理に使うサトイモなんかも今年の初めからお願いしているのです。

話は元に戻りますが、
スーパーに行きますと・・・・野菜の農家の方の栽培されたオクラが、
山のように積んでありました。

わぁーーやったーーーと思わず数袋を残し全て、買い占めてきました。

そしてまずして見た事・・・・・そう・・オクラどんぶり

軽く塩茹でしたオクラを包丁で粗めにたたき・・・生醤油をかけて
ご飯の上に・・・とろーり どばーーと

オクラどんぶり・・・これがうまいうまい

お店のメニューには出せませんが、美味しいオクラは、生醤油をかけただけでも
美味しいのです。

お店では、サラダとかに使おうと思っています。

 

気軽〜に・・のんびりと・・・・

ストレス社会・・・・まさに今、周りを見渡すと異常とも思えるストレスに囲われている。

異常とも思える食・・・・犯罪の低年齢化・・・・うつ病の蔓延・・・・
働きたくても働けない人達・・・・介護老人の増大・・・・あげるときりがない。

田舎暮らしや、癒し関係のコラムが人気があるのも、このストレス社会を象徴している。

肉親を傷つけるなんてことは、生物的に考えても異常事態・・・・

サイコ的な犯罪や猟奇的な犯罪なども、近年、異常なほど増え続けている。

公には報道もされていないが、若い世代に性感染症が増大している・・・・
数年前に話題になり、最近は注目が薄れているエイズも深刻で、
若者を苦しめ続けエイズ人口も留まる所ではない。

狂牛病も、流行り物のブームが終わったかのように注目が薄れているが、
深刻な問題であることは隠せない・・・・・潜伏期間が4年以上ということ、
症状がアルツハイマーに似ていることから、霧に隠れているに過ぎない。

生活習慣病というものに、働き盛りの世代が振り回されている。

過労死も増え続けている。 引きこもりも深刻な問題である。

非常にストレスが多い世の中といえる。

一昔、戦争が始まる前の大正時代や明治時代・・・・
今の長生き世代の青春時代には、このような異常事態は無かったのだろう。

心にも、ゆとりというものがあり、
食が、今ほど乱れていなかったし、本物が支流だっただろう。

大正ロマン・・・明治ロマン・・・と言うように、
とてもモダンな落ち着いた時代であったように、推測も出来る・・・
只、その時代に生を受けておらず、博物館や書籍などでしかその時代のことを知る由もない。

アメリカに追いつけ追い越せと・・・それをお手本に進んできた日本。

しかし、今、世界ではその古き良き日本、
今、我々が忘れてしまった、過去の清らかな空間をお手本に、しようとしている人達も多い。

温故知新と言う言葉もあるように、我々の過去に、
今のストレス社会を緩和するヒントが隠されているようにも思う。

どんなに健康に注意しても、様々な健康法がある中で、
生と死が、絶えずあるように、絶対に病に倒れないと言った保障は何もない・・・・
先祖永劫、人は病に犯される運命にあり、それを克服し、緩和し、挫折し、現在がある。

この世に不老長寿の薬はない。

ゆとり・・・・・心・身体の安らぎ・・・・・それを追い求めるために、
様々なスタイルが存在し、
そのおまけとして、時に、大難を小難に、大きな災いを小さな災いに、と言うような
恵みがもたらせることもあるのだろう。

気軽〜に・・のんびりと・・・・・・癒されて・・・・・

 

第一号! マクロビオティックでダイエット・・・

先日、今年初めてのおせち料理のご予約が、常連様からはいってきました。

心を込めておつくり致します。

お隣の富山県や福井県の方からも、問い合わせが入ってきています。

毎年、こんなに安くて大丈夫なのと、労いのお言葉を頂いておりますが、
おせち料理は、このお店が、また新年を迎えられると言う感謝の気持ちでおつくり致しています。

私一人で、全て手作りで作り上げますので、おつくりする品数にも限りがありますが、
出来る限り、多くの方に喜んで頂けるように努力いたします。

一人でも多く、わたしのおせちが気に入ってもらえれば嬉しいです。

マクロビオティックでダイエットは出来るか??

出来ます! 肌もつやつやになります!

しかし、運動不足と間食の食べすぎでは、効果が薄れます。

私のように、運動不足と試食で休むことなくおなかに入れている人は、
ぶくぶくに太らないまでも、やはりつくところにはついてしまうのです。

この私も、今はウオーキングを止めていますが、
再開して、腹も休めると・・・・すーと脂肪が無くなっていきます。

お肉を控えめにしている人は、肌もつやつや・・・・持って生まれたものもありますが、
お肌が綺麗な人はより綺麗に・・・・そうでない人は、それ以上に綺麗になります。

スポーツの秋・・・・わたしもそろそろウオーキングを始めましょうか?

 

おなかのお掃除

私の料理を食べて便通が良くなったとお聞きします。

食物繊維の多い穀物と野菜中心の料理ですので、
結果がすぐにもたらされるのだと思います。

お肉や不自然なものも使いませんので、
多少おなかが一杯になっても、身体に負担がかからず、
肥満の心配も薄いのが魅力の一つです。

便通が良くなると、色々な面で美しくなってきます。

それも、発芽玄米という、消化に優れた玄米を使っていますので、
からだに優しく・・・・ほんわかと癒される料理に仕上がってもいます。

 

お客様

私のお店には、以前ここでお話したように色々なお客様に恵まれてきました。

数年前のこと、オープン当初ご来店いただいて、ぱたりと来られなかったお客様が、
ここのお料理は優しくてすーと入っていきますねと・・ご来店頂いただいたことがあります。

オープンした時は、バイキングのお店でした・・・・
私はクシ・マクロビオティックで、初めてこの食事を始めましたので、
純粋なクシ・マクロのお料理をその当時お出ししていたのです。

今は、クシマクロ以外の方でも満足できるように、考えておつくり致しております。

その当時、お客様の中には、こんなの食べれない・・・・私の習ったマクロでないと
言われて、口をつけずに帰っていった方もいました。

今は、クシマクロが、有名になってきましたが、
その当時は、まだ金沢では、クシ先生の名前も知らない方が多かったのです。

その方は、大病を患い、今まで食べてきたものも身体が受け付けなくなってきたそうで、
私のお店を思い出して、食べに来られたのでした。

私のお店は、そのような方が多いのです。

身体の調子が悪い時に、毎日のように通われて、
調子が良くなると、ぱたっと来られなくなる・・・・そして、また体調が悪くなった時に
来られる。

私としては、身体の調子が良くなってからも来ていただきたいのが本音なのですが、
なぜか・・・皆さん私の料理を食べると「ほんわか」と身体が喜ぶのだそうです。

昨年、病院へも、どれだけ配達したことか・・・
もう、口に入れられるものは殆ど無く、身体が受け付けない・・・
しかし、たかのさんの料理だったらスーと入っていくように感じると度々ご注文いただいた
お客さまも沢山いました。

お料理をお持ちすると・・・拝むように受け取られる姿を見ていると・・・
少しでも楽になってくださいと心に思うものがこみ上げてきました。

何年も前に来られていた方で、ふと、最近ご来店頂いたお客様を拝見すると、
この方は、健やかでありますようにと願っている私がいます。

 

お客様・・

私のお店には、以前ここでお話したように色々なお客様に恵まれてきました。
と、この一つ前の出だしと同じフレーズ・・・・

長い間、店をしていると結構有名な方もご来店頂いたり、
お弁当を配達したりと言うこともあります。

私は、芸能界には疎いので、
あの方・・・・さんで無かったですか?と後々になって言われて
そんな有名な方だったんだ・・・と驚くことが多いのです。

そういえば、サングラスしていたり、うつむきかげんだったり・・・・・
着ている服も違っていたような感じで、
素人離れした綺麗な方だったり・・・・小顔でスタイルが良かったり・・・・
ミュージシャン?のようだったり、
私が知らないだけで、結構、今まで有名な方も来られていたのかも知れません。

特に、マクロビオティックを求めている方は、綺麗な方が多いのです。

私は、芸能界に疎いのですが、でも、それが良いのだと思います。

落ち着いて気兼ねなく食べて頂くことが出来て、それが良いのですね。

それと、セミナーか何かの間に食べに来られる先生もいるようなのです。

結構有名な先生で、周りがざわめいている?こともありました。

繁華街にあるのではなく、隠れ家的なお店ですので、
歩いていて、ファンに、追いかけられる事もありませんし、
主人も、普通のお客様に対応するように普段どおりです。

皆さんお食事の後は、笑顔で美味しかったです・・・って言ってくださいます。

で、なくても・・・・にこっとお笑いになってお帰りになられます。

やはり・・・芸能人は歯が命なのですね。

 

お店のデザート

上のデザートは、チーズを使わないとうふのチーズケーキと
りんごのブルーベリーケーキです。

私は、あまりデザート関係は、作りたくないのですが、
お客様からのご希望が多く、店には数種類作って置くようにしています。

なぜなら、デザート類は日持ちがしませんので、
残れば自己消費ということになります。

私はあまり甘いものは好きではないのです。

また、家族にも振舞うのですが、最初の数日間は、
とても喜ぶのですが、同じものが何日も続くと飽きてしまうこともあり、
結局は、私一人で食べなければいけないことにもなるからです。

では、日替わりで作ればと言うことですが、
今日は昨日のデザートないのですねと、
残念がられることも多く、少なくとも数日間は同じものを置かなければいけないのです。

その中でも人気のものは、継続して置くことになります。

つまり、私のおなかに納まる物が増えていくことになるのです。

以前、玄米から天然酵母を作って、パンを焼いて見たときも、
最初は良かったのですが、食べ飽きて・・・大変だったこともあります。

もともと、マクロビオティックでは、パン食は、嗜好品的に考えています。

それも、日本人のように農耕民族として、先祖伝来、粒食を食べてきた民族は、
身体の構造がそれに適した構造になっているので、日本人は、パン食には
むかないと言われています。

例え、天然酵母で、全粒小麦粉で、からだに優しい蒸し焼きにしたとしても、
主食にはならないということです。

もう、パン食には飽きてしまい・・・・それ以来何年も嗜好品的には食べることがありますが、
主食としては食べていません。

ということで、デザート食べに来てください・・・・・・大歓迎です!!

 

今月10月7日と8日は、連休を頂きました。

なぜ?・・・・
10月7日は、地域の町が集まっての社会体育大会のお世話が入っているのです。
そして、大会終了後、近くの公園で、町内焼肉大会のお世話があるのです。

焼肉大会??日頃から肉を食べない私たちには、焼肉?と思うのですが、
それは、町内の役割というものがありまして、その児童会のお世話に当たっている手前、
避けては通れないのです。

もちろん、私は焼肉のお世話は致しません・・・・家内がお手伝いにいくのです。

それで・・・その日は朝から夜まで町内会の仕事で手がふさがっています。

翌日の8日は、家内が息子の剣道大会の応援と付き添いで一日出かけております。

私は、農家の方から畑で使う籾殻を分けてもらいに、鳥越という、
山の奥へ行かなければ行けません。

その後は、店で使う、お弁当の容器とお皿や小鉢を買いに出かけます。

籾殻を大袋に入れるときに、籾殻の細かい粉が舞い上がり、のどを痛めますので
マスクをして完全武装で取り掛かります。

ゴミ袋の大袋の2まわり大き目のものに、8袋位もらってきます。

籾殻はとても重宝するのです。

ヤーコンを保存するのにも役に立ちます。

 

とうふマヨネーズ

先日、お店にアレルギーをお持ちのお母さまがご来店いただきました。

卵を使っていない豆腐のマヨネーズをお探しでしたので、安く簡単に作れる方法を
教えてあげました。

市販のものでも購入できますが、自分で作ると好みのものになりますので、
特に特定のものにアレルギーなどがある方にはとても良い事だと思います。

材料は、無調整の豆乳と酢(自然酢でも洋風ビネガーでも酢であれば良い)
自然海塩・粒マスタードか粒コショウ(無ければ粉末でも良いし、わさびでも良い)
好みで水飴(別に入れなくても良い)

さて、まず、フードカッターあるいはミキサーに、豆乳1カップと自然海塩小さじ1・5と
菜種油(オリーブオイル・ごま油などお好みの油でも良い)100cc
酢大さじ2杯と油とスパイスを少量・好みで水飴を小さじ1を全て入れて、10秒位回す。

豆乳のたんぱく質と油が、酸の影響で、クリーム状に固まり、豆腐マヨネーズになる。

出来上がりから、数日経てば味がまろやかになり、より硬めになる。

冷蔵庫に入れておけば、1週間は使えて重宝する。

中に入れる酢や豆乳や油やスパイスの違いにより、オリジナルのマヨネーズになります。

後はお好みで、酸味をきつくしてみたり、甘みをつけてみたりと微調整すれば、良いのです。

それと、油を使いたくない場合は、油無しでもある程度、マヨネーズのようなものになりますが、
よりマヨネーズに近づけるために、蒸し山芋を100cc油の代わりに入れて、
回すと、それらしきものにもなります。

蒸し山芋がいやな人は、その代わりにカシューナッツや胡麻のペーストなんかで代用すると
良いです。(その他の代用として、蒸しサツマイモや蒸し南京でも変わったものができます。)

使う方のアレルゲンの無いものに、素材を変えてみることで、
何百通りのマヨネーズが出来上がります。

それを利用して、タルタルソースなんかもお手軽に作れます。

 

もぐらー・・・・

私の借りている畑ですが・・・・・もぐらがいたずらをするんですよ。

もぐらがいる畑は、健康な自然的な畑だそうです。

なぜなら、モグラは、別に畑の作物を食べているのではなく、
畑にいるミミズを食べているのです。

つまり、ミミズの多い毒されていない畑によってくるのです。

わたしの畑には、農薬などまいておらず、虫なんかも喜んで来ています。

土も肥え、生命を宿すものには、オアシスのような土地だと思います。

モグラは、穴を掘り、ミミズを食べているのですが、その穴に便乗して、
二十日鼠や小うさぎなんかがもぐりこみ、根菜なんかを食べてしまうのです。

とくに、無農薬の野菜は甘く美味しく生命力が強い、彼らにとっては薬のような存在です。

それで、ヤーコンも半分近く食べられてしまいました。

数年前、イギリスの粘土アニメーションで、「ウォレスとグルミット」というのがありまして、
畑の野菜を食べてしまう「いたずらうさぎ」を捕まえるのが仕事の
ウォレスとグルミットと言う、犬と飼い主?で、それがコミカルに描かれていました。

まさしく、私の畑は、「ウォレスとグルミット」に近き物になりつつあるのです。

願うことは、「ウォレスとグルミット」のうさぎのように、野菜嫌いうさぎになって・・・・・

 

やはり・・良い水に出会うことは素晴らしい事!

水なんて、どれも同じと思っている人は多い、
しかし、水にパワーがある所に住んでいる人は、殆ど健康的と言っても良いほどだ。

長寿の町・・・村・・・・水が殆ど綺麗で力を持っている。

良い水に癒されて、生活しているのだ。

では、都会に住む人達は、あきらめるしかないのか?

いや違う、何もしないでいれば、
水そのものを改善することは出来ず、流れに任せるしかないだろうが、
一歩前に出て、関心を持てば、少なくともその流れに逆らうことは可能だ。

今の生活環境で、どうすれば健康的な水環境を得ることが出来るのか?

まず、関心を持ち考えることだ。

人に優しい水に出会うということはとても素晴らしい事であり、
身体自体もそれを求めているのだ。

命を支える水にもっと関心を持ちたいものだ。

 

都会の人と地方の人では、どちらが多く歩く?

地方に住む人は、都会の方と比べ、歩くことが少ないのだとか?

なぜか? ここ金沢では、自家用車を持っていないと、とても不便なのです。

一応、バスなどの交通手段がありますが、乗り換えに伴う時間を考えれば、
かなりの時間のロスがあります。

また、バスを乗り継いで、複数の目的地に行くことはとても難しく、
場合によっては、一箇所にいくだけで一日が終わってしまいます。

その都度、タクシーを利用するのなら回れるでしょうが、
そんなのことは、一般人には難しい・・・・

地方では、一人に一台と言うように、自家用車は、必需品なのです。

運転免許書が、取れる年齢なれば殆どの人が車を持つことになります。

一家族全員が車を持っていることも珍しくありません。

転勤で金沢に来られる方も多いですが、
まず、最初に奥様用にもう一台車を購入される方が多いのはそのためです。

都会では地下鉄などの整備が行き届いていて、
渋滞やパーキングに入れることを考えると、公的交通手段の方が、
早く便利だと思いますが、ここ金沢では、まったく逆なのです。

車は、我々にとって、まさしく身体の一部なのです。

そうなればどうなるか?

身体の一部なのですから、近くでも車で行ってしまうので、歩くことが少なくなります。

金沢には昔、香林坊(金沢の中心街・・デパートの近く)に映画館街があり、
小さいのも含め、かなりのスクリーンが集中していました。

しかし、映画を見に行くのは一日仕事、映画を見に行くだけで一日が終わってしまいました。

繁華街なので近くに駐車場もありますが、近くのところは、パーキングに入れるのに
渋滞・・・遠くでは歩いていくのに時間がかかると言うことで、
郊外に無料大規模駐車場完備の映画館複合施設が出来ると、
皆、郊外の方に行くようになって、客足が遠のき、香林坊の映画館は閉館したのでした。

また、繁華街にあるデパートや専門店なども客足が遠のいていきました。

私の子供のころは、買い物に行くとなると、デパートに良く行ったものです。

しかし、今では多くの方が、郊外のショッピングモールを利用しています。

デパートのグレードと郊外のショッピングモールのグレードがあまり変わらなくなった
のも理由の一つだと思います。

家族で、デパートから家族で、ショッピングモールへと時代の流れが変わってきました。

今では郊外に信じられないくらい大きなモールが沢山建てられています。

時代の流れで、行動範囲が非常に広くなったのです。

では繁華街はさびれて来たのか?

デパートでは、最高級ブランドを取り入れて、高級感をだして、特色をだしたり、
夜の繁華街は、酔客を対象に、様々な飲み屋が出来ています。

はしご酒をするのに車は、必要ありませんから、飲み屋が集中する繁華街は便利なのです。

金沢の香林坊、片町は、昼間とは対照的で、夜になると人口が何倍にも膨れ上がります。

と考えると、酔客が一番、歩いているのかも知れません・・・皆さん千鳥足ですが・・・

ちなみに、私はタバコもお酒もばくちも一切致しません。

都会の人は、朝の出勤などでかなり歩いているはずです。

知らず知らずのうちにウォーキングしているのです。

しかし、ここ金沢では、日常歩かないので、
意識的にウォーキングをしなければいけないのです。

 

毎日のマクロビオティックお弁当

ある朝のお弁当盛り付け風景です。

毎朝、予約のお客様のお昼のお弁当(配達・店頭引渡し)をおつくりしています。

毎日食べられるお客様には、前日のメインの内容がかさならない様に、
日替わりで内容を替えて、特注も含め様々なお弁当を盛り付けています。



ご飯は、発芽玄米ごはん 7分つきごはん から選んで頂いています。

お弁当のページ

 

身体が癒されるような・・・美味しいお水

お店のお水は、美味しいと評判です。

不思議と料理も美味しくなるし、玄米も美味しく炊き上がる良いお水です。

風邪なんかひいた時に、うがいするとよいお水って、良くわかるんですね。

優しいんです・・・・・。

あるお客様は、スーパーマーケットで、ただで貰えるお水を今まで使ってきたそうで、
しかし、ある時気がついたのです。

そう言えば、このお水、「たかの」で飲む水と違うのでは?
「たかの」の水の方が美味しいぞ・・・・

今、お客様は、「良い水って、いいものですね・・・」と言われます。

あるお客様は、「いつもお皿を洗うと手が荒れて痛いんです・・・」と、
でも、「たかの」で手を洗っても痛くない??

どうして??と・・・・・

今お客様は、「良いお水ってとても優しいのですね・・・」と

良いお水と言うのは、やはり・・・生活するうえで大切なものなんですね。

お水のページ

 

おせち

ついこの間まで、おせちの予約は、3家族の方のみでしたが、
10月に入ってから常連様からの予約が、少しずつ入ってくるようになりました。

毎年、11月中旬に一気に予約が増えて、
これ以上増えると作るのに限界と思いながらも、予約を取り続けて今があります。

12月の半ばに飛び入りでご注文の客様も断ったことはありません。

後は、段取りと手の早さで、勝負をかけます。

とは言うものの、時たま指の関節がこきこきと固まったりすることもあったりして、
その時は、指をマッサージしながら、仕事を進めていきます。

仕込みの最後の3日間は殆ど寝ずに、店の二畳の畳の小上がりで、少し休憩しながら、
仕事を進めていきます。

仕込みの最中は、暖房は一切つけません。

調理場は、冷蔵庫よりも低い温度になりますが、身体を動かしていると
そんなに寒いとは、気がつかないのです。(厚着はしていますが・・・)
って・・・言うか・・・間に合うかどうか必死なので、寒いなんて思う暇なんか無いのです。

なにせ、私一人で全て作るんですから、フル回転で仕事に望んでいます。

私の作るおせちは、マクロビオティック・・・動物性の食材は一切使いません。

だし汁も昆布やきのこから抽出した出汁しか使いませんので、
その植物性のだし汁を濃厚に引き出さなければいけないのです。

そこで、いつも助けられるのは、私が販売しているナチュラライザー浄活水器の水、
浸透率、溶解率が勝っていて、自然に近い水なので、濃厚でとても優しい癖の無い
だし汁が出来上がります。

出汁の加減で、ある程度、料理は左右されますので、この浄活水器は、
とても重要な役目を果たしてくれています。

それで、最後の盛り付け・・・これも私一人で盛り付けます。

一気に短時間で盛り込まなければいけないので、目にも留まらない速さで、
盛り付けていきます。

盛り付けのコツ?・・・・・一度盛り付けたら、盛り直さないということです。

一度盛り付けた物を盛りなおすと、より汚くなるのです。

大体の構図を頭で描いて、出たとこ勝負で盛り付けていくのです。

プロは、一度盛り付けたものを盛り直すことはしません。

そして、いよいよ最後のラッピング作業!
そこまで進むと・・・・やっと一息つけるのです。

 

私たちの体液

話によると、私たちの体内の水は日々かわっている・・・・・
大体、4日で血液と水分は入れ替わるのだそうです。

これってとても大変なことを身体の中で、無意識の内にやっているのですね。

4日で、体液が入れ替わる・・・・・水って言うものはとても神秘的で不思議なものです。

では、その入れ替わる水ですが、やはり自然に近くて人に優しい水の方が良いのは
誰でもわかっていることです。

身体の大部分は水なのですから、力の無い水や汚れた水・・・パワーの無い水・・・
自然界から見て異質な構造の水・・・それらにもし満たされていたとしたら、
ぞーとしますね。

今、全てをろ過して取り除いてしまったり、
電気を通して、自然界に無いような水が出てきていると聞いていますが、
それは、如何なものでしょうか?

やはり、自然界に存在している水が基本、
先祖伝来、生き長らえ私たちの命を繋いできた水、命のバトンタッチを
何百年何千年と休むことなく引き継いできた水の姿、
綺麗な水、パワーのある水、優しい水、自然に近い水、
そのような水で満たされたいものです。

からだに優しい水とは、天然名水に近い水、まさしく癒しの水です。

癒しの水に満たされて、すこやかな生活を送りたいものです。

 

ディカフェ

ディカフェとは、カフェインを抜いたカフェのことで、
カフェインレス、カフェインフリーとも言います。

主に、カフェインレスコーヒーやコーヒーのカフェインフリーの事を示しているのですが、
その製造過程、カフェインを抜く工程で、薬剤を使うものもあるようです。

健康に注意している人は、カフェイン抜きのコーヒー(ディカフェ)を好まれている方もいますが、
製造過程で、薬剤が使われていないものを選ぶのがポイントです。

コーヒー豆にこだわらないのならば、穀物から出来たコーヒーもどきのものがありますので、
それを利用するのもよいでしょう?

麦芽コーヒー たんぽぽコーヒー チコリーコーヒー 小豆コーヒー 玄米コーヒー
などがあります。

私は個人的に飲み比べて、チコリーコーヒーと麦芽コーヒーを3:1でブレンドしたものが
コーヒーに近いと感じますが?

店でデザートでチョコレートのような、もどき物を作る場合、
数種類の穀物コーヒーをブレンドして作ったりしています。

話は飛びますが、
以前ニューヨークに在住のマクロビオティックの先生で、
理学博士(クシ先生ではありませんよ)に、お店を始める前にお世話になっていたのですが、
オーガニックのディカフェを頂いた事があります。

そのディカフェは、バニラ味でバニラの香りが甘く感じられました。

私が思うに、砂糖系を入れなくても良い様に、バニラで甘さを表現しているのだなと
聞いてみると、ディカフェにはバニラ以外にも様々な味のものがあるようで、
さすが・・・コーヒーの好きな国だなっと感じたことがありました。

その当時、10年以上も前ですが、アメリカではすでに、殆どのカフェでは、
普通のカフェイン入りのコーヒーとディカフェを選べるようになっていたようです。

今、やっと日本でも選べるようになってきたように思います。

そこで、そこで・・・・上記にも書いたように薬剤使用でカフェインを抜いたディカフェか
どうかの選択が必要になるのです・・・・・どうです!
知らなかったら、健康に良いと、考えもしないでディカフェを選んでいたでしょう?
でも、良いディカフェもちゃんとあるのですから、見極めて選ぶ事が肝心です。

健康のためにカフェインレスを選ぶのでしたら・・・・・

私もたまに、気分転換にコーヒーを飲みます。
昨日も飲みました・・・・オーガニックのコーヒー(カフェインレスではありません)
そこで、つまみもの・・・コーヒーにあうものと言えば、スコーンだなっと・・・
全粒小麦粉で、中に小豆の粒粒を入れて焼き上げて食べてみました・・・
それが美味しい・・・お店がカフェなら出して見たくなるほどの完成されたスコーンの誕生です。

それに加え、やはりお水が美味しくないとコーヒーも美味しくない・・・・
私の所のお水はやはり優れもの、何でも美味しくしてくれるのに驚きます。

コーヒーには、ものすごい歴史があります。

古代、宗教的な要素も含まれていたコーヒーですが、
コーヒーをめぐり、宗教的な対立や政治的な争い、ヨーロッパでは、
昔、コーヒー禁止令なども出ていた時代もあるほど、重厚な物語が秘められています。

その神秘の飲み物が、今や気軽に飲めるようになっているのです。

え・・・・添加物で偽者コーヒーも作られているって??? こわいですね。

 

マクロビオティックお弁当 大盛況?

最近、店で出しているマクロビオティックお弁当シリーズの注文が好調です。

ひょっとすると、店に来るお客様より多いときもあります。

毎日のように配達に行く方も増えてきて、お弁当も何種類か増やす事を検討しています。

幼稚園や学校にも配達に行っています。

ダイエットや美容目的で、ご利用いただいている方も多いです。
この場合は会社のお友達と注文を集めて頂いてご注文いただいています。

入院中の方からも配達の依頼が入って来ていますが、
休み無く三度の食事を病院へ配達するのには限界があり、全ての食事を
私の料理でと言うのでなければ、配達しますとの条件で配達も行なっています。

私のお店は、住宅地の中ほどにあり、オフィス街からも離れていますので、
お弁当でのご注文は便利なのだそうです。

お弁当は、配達も致していますので、お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

出来ればお仲間とまとめてご注文頂ければうれしいです。

只、配達時に駐車禁止区域に路駐しなければいけない所には、配達は出来ません。
表まで取りに来ていただく事が出来れば配達可能です。

今日は、有名な歌手の方のコンサートがあり、コンサート会場へお弁当を配達いたしました。

お世話されている方が、数日前、お店に来られて、試食されてのご注文でした。

健康管理に気をつけておられるとの事で、減塩でのご注文で承り、
その歌手の方と身内の方の分合わせて3箱ご注文いただき、
会場の近くで、マネージャーの方にお渡しいたしました。

私たちにとっては、雲の上の人?・・・・テレビでしか見れない超有名な方!

その方が、私のお弁当を食べてくださる・・・・一昔なら考えられなかった事です。

芸能人の方は、今まで何人か、ご来店頂いたことはありますが、
コンサート会場には、初めての配達でした。

簡単なマクロビオティックの説明と、お品書きを入れておいたのですが・・・・
ご興味を持っていただけたでしょうか??

喜んで頂ければ・・・・とてもうれしく思います。

それと・・・・金沢はよく映画やドラマの撮影が来るんですね。

ロケ弁もよろしければ配達いたしますよ!近郊であれば!

 

美味しい水

私の店の水はとても美味しい、
とくに、子供さんはとても敏感で、ごくごくとお水を飲んでいます。

自然な水はからだに、すーと違和感無く入っていくんですね。

良い水は無意識のうちに身体が求めるんです。

とてもすばらしい水・・・・店で飲まれて自然で優しい水を自宅でも使いたいと、
注文される方や、ネットで調べられて、店頭の浄活水器を持ってお帰りになられる方も
珍しくありません。

とても優しい良いお水です。

金沢も涼しくなり、朝晩は、寒いくらいに冷え込み鍋が恋しくなる季節になりました。

鍋の王様と言えば、水炊きでしよう!

色々な具を入れてポン酢などのつけたれで、食べるのですが、
やはり、水が良くないと美味しくないのです。

良い水で煮炊ものをすると素材からの旨味が、より引き出せてとても美味しい料理になります。

シンプルであればシンプルであるほど、水で美味さが左右されます。

鍋の終わった残りだし汁は、濃厚な旨味を含み、醤油を少し足すだけで、
美味しい出汁になります。

その中へ、ご飯を入れて雑炊にするも良し、うどんを入れて見るのも良し、
おもちを入れて、雑煮風にしても良しと、美味しい水だからこそ出来る
贅沢な時間をすごせます。

良いお水は、素材のうまみを最大限に引き出す役目をしているのです。

飲んで良し、洗って良し、煮炊きものにしても良しと生活に欠かせないのが
良いお水なのです。

良いお水とは、単純でシンプルな調理や使い方で、その良し悪しが良くわかります。

只飲む・・・蒸して食す・・・うがいする・・・洗顔する・・・手洗い・・・出汁を作る・・・
野菜を水につけてしゃきしゃきにする・・・米を洗うつける焚く・・・お茶を飲む・・・
白湯を飲む・・・おかゆを作る・・・・・・・・・

その作業がシンプルなほど、水の良し悪しが左右されます。

からだに優しい水は・・・・・すべてに優しいのです。

良い水なくして充実した日常生活は送れないでしょう?

水は我々に必要で・・・・水が無ければ我々も存在できないからです。

良い水を使うこれは、とても単純でしかも重要な要素なのです。

わたしは、日常の生活からそれを実感しています。

だから・・・・このホームページでも、店でも良いお水の紹介とお勧めをしているのです。

沢山の方に、幸せになってもらいたいから・・・・とてもシンプルに見えて水は基本なのです。

 

クレジット

私の店では、クレジットカードには対応していません。

レストランも通信販売も全て現金で頂いています。

通信販売では、バウンドケーキと天然名水品質の浄活水器「ナチュラライザー煌」
を、ゆうパックの代引小包で、配達時に現金と引き換えにお渡ししています。

最近、ワイドショーなんかで、お金が手元に無くても、
カードローンなんかで手軽に商品を買う事が出来ると言う事で、
衝動買いやセールスパースンのたくみな話術で、良く考えてみたら、
支払う事が困難な人であっても信販会社のシステムを使って購入してしまい、
身の破滅を招いている人も多いと特集されていて、お金が無くても買う事が出来る
システムは、とても便利な反面、良く考えなければ身の破滅を招く弊害があることを
認識しなければいけないと警笛を鳴らしています。

買うのは購入者本人、支払いの責任も伴うことから借金を伴う買い物は、
強い意志で先々の事も考えての購入が必要なんです。

私のお店にも、カードで買えないですか?とかローンを組めないですか?
との問い合わせも多く入ってきます。

カードや信販会社のシステムで買えば、とても楽ですし、ボーナス払いもできるので、
お金に余裕のある方、将来において経済的安定のある方なら、とても便利なシステムです。

しかし、生活を切り詰めている一般大衆の我々のような者にとっては、
よくよく考えないと支払いに追われることにもなります。

それに、安く買ったとしても、ローンを利用した場合、
今後の手数料や利子の支払いを考えた時に、ものすごく割高に購入する事にもなるのです。

私は、お得に良心的に販売したいと言う事から、
カード払いや、ローンでのお買い上げは、してほしくないのです。

ですので、送料無料・代引手数料無料で出来るだけお得に、発送しているのです。

小包は、現金と引き換えなので、
お客様へ借金を負わせる事はありませんので・・・・良心的だと思うのです。

お店のお料理もカードには対応していません。

全て現金で頂いています。

複雑な世の中です。

便利な反面、色々なリスクと責任が伴う世の中で、
お客様には安心して健やかな生活を送っていただきたいと思います。

 

今週はいそがしかった〜

いやーやっとここの日記を更新できます。

セミナーを計画していて、やっと開催に漕ぎ着けました・・良かった良かった!

それに、おせち料理のポスターやお知らせなんかも作っていたり、
お弁当の大口の注文やオードブルの配達もあったりして、仕込みにも追われてもいたのです。

この間の歌手の方へのお弁当の配達以来・・・・いつにもなく気忙しい日々でありました。

まさに福の神!!感謝感謝であります。

あれから・・・歌手の方のお世話の方がご来店いただいて、
「ものすごく喜んでいましたと・・・」言われていてとても安堵いたしました。

またコンサートの時、注文いただけるかな??

とにもかくにも、喜んでいただいて嬉しいのです。

そうそう・・・セミナーのお知らせは、このホームページのトップ、下のリンク

セミナーのお知らせ で詳しく書いてあります。

発芽玄米がものすごく好評で、このホームページで玄米と発芽玄米の違いと
特質を書き込んでから、発芽玄米ファンが急増しています。

お水の問い合わせも、毎日のようにあるのですよ・・・・・
お水の大切さを、わかっていただいて、
多くの方がよき方向に向かいますように願ってやみません。

わたしは??・・・・忙しくてお店に缶詰状態の一週間でした。

とは言うものの・・・・あまり身体は動かしていないので、運動不足気味なのですが・・・

 

思い込みと行き過ぎ・・・

特に日本人は、特別な思い込みと行き過ぎに至る事が多い・・・・
と書き込むと・・・なんぞや?と思われるかもしれないが、
平均して頑張り過ぎる傾向も否定できない。

それだけ・・・・真面目な民族かもしれないのだが、
時としてそれがマイナス面に働く事が多い。

例えば、何々が身体に良いというと、それだけを沢山食べ続けたり・・・・
何々は、食べ過ぎるとだめだよと言うと、極端に食べなくなったり、
所謂、極端から極端・・・・に思考する人達も少なくないのだ。

昔からの風潮で、薬を沢山飲めばより効くだろうと少し多めに飲む人なんかもいて、
良く薬には、「この薬には劇薬に相当する成分も含まれていますので、
用量を守って規定量以上は飲まないでください。」と説明がされているのも、
うなずける。

マクロビオティックに至っても、そのような風潮があることは否定できない。

マクロビオティックをしている人の中には、
例えば、生野菜や生食は、身体を冷やしたり陰性寄りなので、
食べすぎないで、良く煮た野菜などを中心に食べましょうと言う事で、
殆ど全て火を通したものだけを食べ続けてしまう人も中にいるのだ。

では、野菜などの発酵食品漬物を食べているではないかと言う人もいるが、
からだに有効に働くほど沢山は食べてはいないし、全体的に塩分も多い。

それにプラス、玄米そのものを良く噛まないで食べてしまう人も中にいる。

中には、玄米と漬物と良く煮た野菜だけを食べていれば良いと思っている人もいるのだ。
そのような食べ方をしている人でも健康な方もいる事は事実だ。

しかし、身体が黒ずみ、がりがりにやせて、女性なら生理が止まったり不規則になったり、
不妊症になってしまったり、うつ病気味に至ったり、それ以外にもとても健康的だとは、
思えない症状に至っている人もいる事は否定できない。

なぜなら、
有効な酵素やミネラルやファイトケミカルなどがどうしても不足気味になるからだろう。

熱を加えすぎる事で栄養素を破壊してしまう事にもつながるからだ。

特に有効な酵素は、46度近くの熱程度で殆どが破壊されてしまう。

酵素は私たちの身体で大切な役割を果たしているのだ。

酵素は、自らの身体の中でも作られている・・いわば、補修材のようなもので、
一生の内で身体の中で作られる量には限りがあり、
それを使い切ってしまったり、何かのダメージから量が減ってしまうと、
とんでもないことにもなりかねない重要なものの一つと最近意識され始めている。

身体に与える過度のストレスやダメージから、早いうちに酵素を使ってしまう人も多い。

それを少しでも長く無駄なく上手に使って行きたいと言うことで、
身体の外部からも酵素を取り入れていく事が有効であるとも言われてもいる。

ミネラルは、良質な自然海塩からも得る事は出来るが、
塩分の取りすぎに至る事も考えられ、様々なものから少しづつ得るほうが良い事は、
皆が知っている事である。

ファイトケミカルは、微量な栄養素だが、我々の免疫を高めてくれたり、
色々な面で、日々の健康維持に欠かせない影の立役者であり、
自然界のドクターとも言われている。

それが、普段我々が捨てている、野菜の皮や根、一部のあくなどに多い事は、
サプリメント業界がそれを注目している事からも、うなずけるのである。

玄米は、唾液に含まれる酵素と発酵食品に含まれる酵素を上手に使い、
口の中でペースト状になるまで噛んで混ぜ合わせて食べることにより、
最大の恵みが期待できる食品である。

しかし、その有効な酵素を最大限に利用して食さないと、
身体にダメージを与えかねない悪いミネラルを排出してくれる半面、
身体に有効で、健康維持に必要なミネラルまで排出してしまう事にも繋がりかねないのだ。

つまり、玄米は、早食いには適さない食べ物である。

それは、おかゆにしてみたり圧力釜で、よりアルファー化されたものであっても、
玄米そのままの状態で調理されたものには、共通の特性である事は、
最近、誰でも知っている事である。

どのように柔らかく炊いたとしても、飲み込むのではなく、
唾液酵素を満遍なく絡めて少しずつ身体に取り入れる事が必要なのだ・・・・
昔から、玄米は噛めば噛むほうが良いと教えられるのは先人からの有効な知恵なのである。

とにかく食べ物は、玄米以外でも、
良く噛んで食べなければマイナス面に働く要素があると言う事である。

つまり、野菜など良く煮てしまい、極端に良く火を通したものしか食べないで、
ミネラルや酵素が壊れてしまう状態で、
玄米を唾液酵素や発酵食品の有効な酵素を利用して良く噛んで食べないと言う事は、
ある意味、自滅的行為であるとも言える。

玄米菜食をする場合は、食べ物の組み合わせを考える事もさることながら、
良く噛んで食べる事が絶対に避けられないことなのだ。

最近では、玄米を噛みすぎるほど噛んで食べる事が難しい人が多く、
食べ方を誤ると有効なミネラルも排出してしまうかもしれない要素から、
その影響が殆ど無く、玄米そのものには少ない有効な栄養素も多く取り入れる事が可能な
発芽玄米が推奨されてきている事もうなずける。

時代によりそれに適した食べ方も変わっていくのだ。

最近ではその事から、マクロビオティックでも、マクロビオティックサプリメントが、
色々な種類として提供されている。

食べあわせ方、食べ方により、不足がちな、ミネラルやファイトケミカルや酵素などを、
自然系のサプリメントで補おうとするものである。

先に書き込んだが、一つの思い込みと行き過ぎで食べ方が偏り、
身体が黒ずみ、がりがりにやせて、女性なら生理が止まったり不規則になったり、
不妊症になってしまったり、うつ病気味に至ったり、それ以外にもとても健康的だとは、
思えない症状に至っている人などは、ある意味上記の欠乏が考えられることもうなずける。

最近では、マクロビオティックでは、
生野菜などの生食も推奨されてきているし、時として生の野菜のエキスも勧められるのである。

生の果物も火を通して食べていた一時期もあるが、最近では生の果物の中の
有効なミネラルや酵素にも注目して、ある程度食べる事も推奨されて来ているのだ。

しかし、それも思い込みと行きすぎでそれだけを多く食べ過ぎてはいけない。

ある意味・・・隔たり無く片寄らず有効に食べ物を身体に取り入れていく、
先祖伝来の穀物菜食の食べ方を有効に考えてその時代に沿った内容で食べていくことが
必要なのかもしれない。

常に一定で固定的で、融通が利かない食事スタイルではなく、
我々が生きている環境によって、
日常健康的に生きてゆく要素を常に考えて行く食事スタイルなのだと思う。

思い込みと行き過ぎで行なう食事スタイルでは無く、
マクロ的に全体的な要素とバランスをつねに考えていく食事スタイルだともいえる。

では、どうすれば良いのか?

その時代時代でその場所で、広い知識をマクロ的に学んでいく姿勢が大切なのだと思う。

しかし、私も含めそのような学者のような事は難しい・・・・
凡人にはとても難しい事なのだ・・・・
では、その日々研究している学者の知識を頂こうではないか?

至るところでセミナーや・・・参考書が出てきている。

学ぼうとすれば学ぼうとする意思があれば、誰でも公平にその扉は開かれる。

微力ながら、その恵みを授かるために・・・・・・

 

暖かい飲み物

11月に入り、朝晩とても冷え込み温かい飲み物がほしくなる季節になってきました。

温かい飲み物は、冷えた身体を中から暖めてくれます。

一般に温かい飲み物とは何を連想されるでしょう?

コーヒー・ココア・・・・・お茶・・・・温かい味噌汁・・・スープ・・・・

身体を暖めてくれる飲み物とは?

私が考えるに、寒いところで身体を暖めてくれる飲み物とは、
寒い地方で飲まれている飲み物であり、
先祖伝来その民族が生活している生活圏内にある飲み物であると思うのです。

我々にとって、コーヒーやココアやミルクは、先祖伝来飲まれてこなかったものです。

コーヒーやココアは、暖かい国で、作られます。

そして、飲まれています。

暖かい国で、暖かいものを飲む?不思議ですね耐えられない暑さなのになぜでしょう?

一時は、飲むと暖かくも感じられますが、次第に身体に馴染んで来ると
冷ましてくれる飲み物なのではないでしょうか?

それに、その飲み物には、お砂糖を沢山入れて飲む事が殆どです。

このお砂糖も暖かいところで出来るものです。

不思議と我々日本人は、先祖伝来飲み物にお砂糖は入れる習慣がありません。

お茶に砂糖を入れて飲む人は珍しいのです。

おもてなしとして、お茶が出されますが、その横にお砂糖はついてきません。

和菓子などは心持程度つけていただく事はありますが、かわいくほんの少しだけ。

それも、昔の和菓子には、お砂糖は使われていなかったと思います。

素材の甘みで作られていたのです。

我々の日本人にとって、身体を暖めてくれる飲み物とは、
暖かい国で採れたものでは無く、甘い飲み物ではないと思います。

暖かい所で産して、飲まれている飲み物は、身体を冷ましてくれる飲み物だと思うのです。

一時は、暖かいのですが・・・
身体に馴染んで来ると身体を冷やしてくれるものだと思うからです。

では、ミルクは?

ミルクはヨーロッパなど寒いところで飲まれています。

でも考えてみれば、我々日本人がミルクを飲み始めたのはごく最近のことです。

何千年も飲まれてきた所に住む人は、身体が慣れていますが、
ごく最近飲み始めた民族にとってまだ、身体が慣れていないと思うのです。

それに加え、ドクターの中には、ミルクを健康食だと認めない方も多くいる事は事実です。

あのゴッドミルク(神様のミルク)と崇めているアメリカのドクターの中にも、ミルクは
健康食ではないと考えている医師が多く存在する事も事実です。

私が思うに、身体を暖めてくれる飲み物、その民族にとってからだに優しい飲み物とは、
先祖伝来その土地で、飲み続け、受け継がれてきた素朴な飲み物だと思います。

では、世界中の民族の違いや住まいする環境の違いや垣根を越えた
共通な優れものの飲み物とは何でしょうか?

それは、水です。

水は万国共通の飲み物です。

硬水や軟水の違いは多少ありますが、
硬水圏の人々は、ブイヨンにするとかハーブを入れて硬水を軟水に変えてから調理に使うように、
人にとってからだに優しい飲み物とは、弱アルカリ性の軟水の水であり、ミネラルを含み、
マイナスイオンを多く含み、水のクラスターが整い、表面張力が低く、溶解能力、浸透率が良く、
油を溶かす能力がある超自然水です。

では、万国共通の暖かい飲み物で、
民族や住まいする環境をも越えたリスクの少ない飲み物とは?

ただのお湯です。

では、反対に万国共通の冷たい飲み物で、
民族や住まいする環境をも越えたリスクの少ない飲み物とは?

ただの水です。

それも、人にとってからだに優しい飲み物とは、弱アルカリ性の軟水の水であり、
ミネラルを含み、マイナスイオンを多く含み、水のクラスターが整い、
表面張力が低く、溶解能力、浸透率が良く、油を溶かす能力がある
天然名水品質のお水なのです。

 

発芽玄米と水

先日、地元の新聞「北国新聞」に、「幼児に発芽玄米 脳へ好影響?」
という記事が載っていました。

えっなにかな?と読みましたところ、「発芽玄米を幼児期に食べると、
表現力や記憶力の向上を助けるなど幼児の脳に好影響をもたらす事が、富山短大の
教授・・・脳機能解析学 の研究でわかったと・・・・」
「特定の植物摂取が脳機能にもたらす因果関係を科学的に突き止めたもので、
全国的にも珍しい研究という」と言う記事が載っていたのです。

地元の方で、北国新聞をお読みの方は、数日前の新聞を読み起こしてみてください。

北国新聞は、地元の新聞なのですが、この前はマクロビオティックの事がシリーズで
特集されていたり、代替医療的な事柄もたまに見られるなど、健康関連の記事にも
力を入れられているので、私は好きな地元新聞なのです。

私は、10年以上前から、マクロビオティックでお世話になった先生から、
発芽玄米を薦められ、お店でも玄米そのままでは炊かないで発芽玄米にしてから
炊いています。

「脳にも好影響」それも科学的に突き止めたと言うのですから・・・
とても素晴らしいこと、発芽玄米にすると、消化がよくなる・フイチン酸等の影響から
身体によいミネラル分まで排出されるのを防ぐ事が出来る・玄米には少ない栄養素も
有効に取り入れる事が出来る・
玄米は、50回以上噛み唾液のエンザイムと絡めて食べないと
有効な恩恵を得る事は難しいが、発芽玄米では、そこまで噛まなくても恩恵に授かれるなど・・
等の事で、最近玄米よりも発芽玄米が、注目されてきているけれど、
それが脳にもよい影響が期待できるとなるとさらに、素晴らしい。

私が、最もうれしい事は、玄米主義の方の中には、
硬い玄米をそのまま幼児に食べさせている人もいて、良く噛んで食べれない幼児に
食べさせて・・・・上記のことも踏まえ、心配していたのですが、
このように、発芽玄米が幼児の脳に好影響が期待できると言う事がわかると、
玄米を食べさせていた方が発芽玄米に切り替える方も増えるだろうと言う事で、
とてもよい事だと思うのです。

発芽玄米は、圧倒的に消化が良いのです。

それに、ギャバなどの栄養素も豊富にあり、よく噛んで食べれないお年寄りやお子様、
食事に時間をかけれない人達にもとても有効なものなのです。

この気忙しい現代人にとって発芽玄米は救世主なのかもしれません?

それと、忘れていけないものは、玄米を発芽させる時の水です。

水は玄米に浸透して、一度浸透した水は外にはなかなか出てきません。

玄米を洗う段階で水が吸収されているのです。

また、自然で良い水は、玄米の発芽も助けます。

炊きあげるのも良い水なくして考えられません。

良い水とは、溶解率が良く・浸透率が低く・水のクラスターが整っているもの
・マイナスイオンを多く含むもの・弱アルカリ性で、軟水である事・・・・
ミネラルが含まれているもの・自然界の酸化還元電位に近い物・・・・
所謂、天然名水品質である事が重要です。

生物は、身体の大部分が水分で出来ています。

良い水は、とても重要な物であると思います。

 

金沢の人は、レンコンを食べるのが多い?

金沢の人は、全国から見てもレンコンの消費が多いのだとか?

加賀レンコンは有名で、今の時期どこに行ってもレンコンが出ている。

市場にいっても、レンコン専門店があるほど金沢人に好まれている根菜です。

レンコンは栄養も優れていて、
何にでもあう・・・・・・万能調理素材です。

炒めて良し、炊いて良し、煮て良し、蒸して良し・・・・酢の物にしても良し・・・

今の時期、蓮蒸しが美味しい・・・・

蓮蒸しは普通、卵白を繋ぎで入れるんだけど、マクロの場合卵は使わないから、
私は、山芋と葛と道明寺を入れて見たりする。

道明寺をいれるとモチーっとした食感になって美味しいのだ。

道明寺が無ければ、もち米をふかして、ブレンダーにかけて使ったりする。

ある意味つなぎなので、ごく少量に留めて、レンコンを90%ぐらいの割合で使う。

上から流すのは、銀アン・・・・葛でとろみをつけたアン(だし汁)
今の時期なら、なめこなどのきのこを入れてみたりする。

それにわさびを添えて、柚子皮を散らす。

食養の手当て法では、のどが痛くなったりせきが出たり、風邪などを引いて、
気管支系のダメージがあったときに重宝するのがレンコン。

レンコン湯・・・・・レンコンを摩り下ろして使うのだけれど、
これが、かなり効く・・・・かなり効くように思う?

私は、風邪を引きにくく、寝込んだ事はいまだないのだけれど・・・・
お・・っちょっとやばいかもと思う事は年に数回ある。

その時には・・・・このレンコンが威力を発揮する。

まさに・・・・レンコンは万能食材だ。

 

セミナー開催のおしらせマクロビオティック食事付き)

当店では、講師の先生を招いてのマクロビオティック関連、
代替医療関連のセミナーは、オープン以来お休みにしていましたが、
お店のお客様で、金沢在住で、アメリカのクシ・インスティテュートと
マクロビオティックの世界的指導者・久司道夫氏宅に長期間
滞在し、氏から直接、健康指導者として知識を学び、
広い視野で各国のマクロビオティック以外の健康関連、
代替医療関係の知識も学ぶべく定期的に日本以外の国にも行かれている学者であり、
同時通訳もこなされる方で、ピアニストであり、金沢大学の講師もされていた
先生をお招きしてのセミナーを年内に開催する方向での準備を進めてきましたが、
ようやくセミナーを開催する事と致しました。

今回企画した勉強会は、講師の先生「菅波」さんと私の共同企画です。

菅波先生は、セミナーを、私は、マクロビオティックのお料理をお出しいたします。

セミナーでお勉強して、実際にお料理も食べてとセットになっています。

初めて、玄米を食べる人もいるでしょうし、
お肉やミルクやお魚を使っていない料理を始めて食べる人もいる事でしょう?

ただ知識を頭の中に入れてみても、
実際に食べてみなければわかりませんし、完全でなくてもご自宅に帰って、
一品でも健康的なお料理を出すヒントにもなるかと思います。

クシ・マクロ系など・・・・アメリカからそのままの形で逆輸入されて入ってきたものは、
アメリカ人の住まいする環境と人にあわせて、殆ど味をつけません。

私も、当初は、極限まで味を抑えて素材の味だけで食べさす料理を出していました。
(味を極限まで薄くして、尚且つ素材の味を引き立てる
料理がマクロの料理と思っていた時期もありました。)

しかし、良く調べていくと、外国の先生の多くが、アメリカ人にとっては、
薄味が適しているが、日本人は、それよりも味を濃い目につけるべきだと言っている
のです。

日本人に適したものに料理も作り変えなければいけないと言う事なのでしょう?

外国で提供されているものをそのままの形で、
何も変えないでレシピ通りに作る事は避けなければいけないと言う事です。

今では、私は極限までの薄味を改めて、一般の料理よりは少し抑えたぐらいの味付けで
料理しています。

セミナーと食事が、同時に楽しめると言う事は、
受講される方にとっても、ある意味、理想的だとおもいます。

お勉強されて、生活に取り入れようと思っている方のヒントにもなるかと思います。

セミナー紹介ページ  

 

Photochemical Cooking TAKANO

いきなり、英文法めちゃくちゃな並びでの単語の並びで驚いた方もいるでしょう?

このホームページを良く見ている方は、気がついていると思いますが、
お店の紹介のページで、店名の下の部分に英文で書き込んでいるサブタイトル(サブ店名)
とでも言いましょうか・・・・上記の見出しのように表示しています。

なにやらわけのわからない単語を書き込んでいるぞと思われた方もいるのではないでしょうか?

これには経緯がありまして、
店をオープンする前、10年ほど前にお世話になっていたマクロビオティックの先生がいまして、
「君・・・植物にはビタミンやカルシウムと言った栄養素のほかに、微量だけれど
我々の身体にとても大切で免疫や身体にとって様々な良い働きをしてくれる栄養素があるのだよ」
「それは、ファイトケミカルと言うんだ・・・・普段捨てている皮や根やあくにも
ファイトケミカルや酵素やミネラルが含まれているんだ・・・マクロビオティックは、その栄養素
を大切に使っているのだよ」と教えていただきました。

ファイトケミカルをローマ字に置き換えるとPhotochemicalとなります。

「Photochemicalという言葉を覚えておきなさい、
今はまだ注目されていない言葉かもしれないけれど、
近いうちに至るところで使われる事になるよ」と・・・・・それで、当初店名を考えるときに
そんなに重要なものならば、店の名前の一部に入れようではないかと色々と思案いたしました。

でもなかなか、語呂合わせがうまくいきません。

それで・・・・・・健康な食事を出すんだから健康食工房でいいや!と言う事になり、
ひらがなで私の苗字を入れて「健康食工房たかの」にしたのでした。

そしてその店名の下に「Photochemical Cooking TAKANO」と入れたのです。

最初の看板には、Photochemical Cooking TAKANOと入れていました。

今思うと、店名と言うものは大切なものですね。

もっとおしゃれな名前にするべきだったと後悔もしています。

健康食とついているので、健康食品・サプリメントのお店だと勘違いされる事も多いのです。

至るところから、サプリメントのサンプルが送られてきますし、
お客さまから・・・・と言うサプリメントはありますか?との問い合わせも一日に数回あります。

早々、話は元に戻りますが、10年ほど前、店を始めるのに、
色々な自然系のお店に行ってアドバイスを求めたのですが、
Photochemicalと
言う言葉を知っている店主の方はいませんでした。

その単語を名前に入れようと思っているのだけどと言うと・・・・
chemicalは、だめでしょう??科学的という言葉だしマクロビオティックに反するのでは
とよく言われたものです。

でも今では、ファイトケミカルという言葉を知らない自然食に携わる方は、いないでしょう?

10年ほど前、先生が言っていた事は、今、現実となっているのです。

そして、将来的には、からだに優しい水も注目されてくるし、
浸透率・溶解率に優れ、表面張力が低く、ミネラルを含んで、しかも軟水であり、
弱アルカリ性でマイナスイオンを多く含み溶存酸素が含まれている水であり、
酸化還元電位が、自然界に近いものが、注目されてくるし、
求められる・・・と言うのも現実となってきています。

玄米そのものでなく発芽させた発芽玄米も注目されてくるよと言うのも・・・・・

私は、10年ほど前のオープン当初から、
店名にサブタイトル「
Photochemical Cooking TAKANO」とつけて、
玄米を発芽させて炊飯し、
上記の水の質を満たす「ナチュラライザー」と言う浄活水器も販売してきました。

先生は、アメリカでの本業が忙しく、店がオープンしてから直ぐに日本を離れて
お帰りになり、今は、先生との交流もありませんが、
その当時頂いたアドバイスは、年数を経た今・・・現実になっていることに驚いています。

 

病院への配達が増えて

最近、病院などへの配達が増えてきました。

多くの方が、私の料理をお召し上がりになられて、
なぜかほんわか心が休まるとか癒されるとか・・・・
なぜか懐かしい感じがしますとか・・・・身体の中から暖かくなってきましたとか・・・
よく言われます。

特に、毎日食べる方の多いサービスランチは、
素朴な家庭で食べているような雰囲気でと、心がけて作っていますので、
忘れかけていた懐かしさを思い起こされる方もいるのでしょう?

玄米も消化に良く負担の少ない発芽玄米にするため、ナチュラルな水を使い
玄米から発芽させて炊いていますので、普通の玄米ご飯よりも食べやすく
もたれないと好評なのは事実です。

それが、噂となり口から口へと繋がり、
病院に入院されている方や付き添いで看病されている方からの
ご注文が増えてきているのです。

日々全ての病人食を私のところでする事は、
時間と手が足りず出来ませんのでお断りはしていますが、
たまに違ったものをとご注文されてそれが好評を博しているのも事実です。

なぜか・・・・すーと入って行くんだねと言われるのに私自身も不思議に思う事もあります。

そういえば、体調を崩された時に毎回食べに来られる方もいます。

この前来ていたマクロビアンの外人さんも、ベリーグッド・・・・ナンバーワン・・・と
絶賛されていました。

お客様の中には、サービスランチを食べられて、素朴な家庭料理の延長と言われる方も
いますが・・・わたし自身、日々毎日継続してお召し上がり頂くマクロの料理は、
晴れの日の料理ではなく身体が喜ぶ素朴な料理だと思いそれを頭に入れながら、
飾りすぎず素材を調理する事を目標として作っています。

それが・・・・なぜか懐かしく・・・心がほんわか暖かくなる・・・
とよく言われるのかな?・・・とも思います。

 

水の話題

このところ、私が推奨している浄活水器の問い合わせも多く、
購入されるお客様も増えてきているように思う。

感想をメールで送ってくれるお客様も多く、皆さん良いお水に、
満足されているようでとても嬉しく思っています。

やはり、水は基本中の基本、水が悪ければ全てが悪くなり、
水が良ければ、無限の可能性が期待できる。

水無くして、生命は存在せず、物は形を作る事は出来ない。

生き物の大部分は水分で構成され、悪いものを排出したり、
解毒したり、身体の隅々にまで栄養を運んでいる。

水は生命の源・・・・健康も左右するとても大切なもの

たかが水されど水

とても簡単でシンプルで・・・しかしこれほど大切で重要なものは無い。

良い水に出会う事・・・使う事が出来る事は、
とても贅沢でとても大切な事であり・・・平穏な日常に欠かせない大切なもの。

生き物は良い水を追い求めて旅に出る・・・・
良い水の話題は尽きる事は無い。

 

自然食レストラン全て、マクロビオテイック?

健康食・自然食と言う幅の広い解釈としてマクロビオティックを見た場合、
思わぬ勘違いをする場合があります。

世間一般の健康食や自然食では、砂糖も使うでしょうし、
ミルクや卵や肉や不自然な調味料も使う場合がありますが、
マクロビオティックの場合、ここのホームページで説明してありますように、
厳格にこだわりを持って調理されています。

そのほかにもこのホームページに書き込んだ以上にこだわりはあり、
このわずかなスペースに収まりきれない内容を秘めています。

世間一般の自然食は、
マクロビオティックではない場合が多い事をまず頭に入れておかなければいけません。

自然食は、幅の広い意味があり、
マクロビオテティックの料理で無い事のほうが多いのです。

勘違いされて食されている方が最近多く、
思い込みで間違って食しているのならば、その方にとって
とても好ましくない状況であると思います。

 

明日、11月23日(金)はお休み

明日はお休みを頂くのです。

定休日以外に、一日くらいですがお休みを頂いています。

なぜ??

週に一回のお休みでは処理しきれない雑用があるのと、
身体を休めるため・・・・・

毎月25日前後は、お店が空いていますので、
お休みを考えています。

まあ、今回ほど中休みが救いと思った事は今までにありません。

今週の日曜日、お店が休みのときに、
バウンドケーキを何回にも分けて焼いていた時にその悲劇はやってきました。

私のお店のオーブンは、一回にバウンドケーキが4本焼ける小さなスペースです。

それを、5回に分けて焼いていました。

バウンドケーキの重さは、約一本 700グラムですので、
合計2.8キログラムそれと焼き台の重さは約2キロ・・・・蒸し焼きなのでお湯が入り
合計8キロ位の重たさがあります。

それを、立ったり座ったりと繰り返し、5回に分けて焼き上げていました。

一回の焼き時間は、50分ぐらいで、全て焼き上げるには、250分以上かかるのですが、
最後に不自然な体制で持ち上げて腰をひねった時に、
違和感が腰に感じました・・・・・
「あ・・・・きたかな?」と思った瞬間・・「ギク・・ビクビク・・」
痛くて腰が回らなくなったのです。

ぎっくり腰までは行きませんが、相当なダメージがあり、
特に、座ったり立ったりするごとに、電流がギクっと流れるような痛みが走ります。

私は市販のシップが嫌いなので、自然治癒力にまかせて治すのですが、
今は、治りかけて痛くは無いのですが前日までは痛みをこらえての
仕事だったのです。

その激痛が走る期間、以前から計画していた中休みが偶然明日あり、
もう少し頑張れば、23日休みだからと・・・・身体を騙しながら持ちこたえてきたのでした。

でも不思議と、腰を痛めてから4日位立ちますが、シップをしなくても、
自然と治るものですね。

人が持っている自然治癒力の素晴らしさに感動しております。

これまでの数日間、私がやった事と言えば、
暖かいお風呂に少し長めに入った事ぐらいでした。

マクロビオティックでは、手当て法というものがありまして・・・・
自家製の自然系シップ「・・・・パスタ」なるものが数種類あり、それらで治療するのですが・・
わたしは、あまりそんなのを張って仕事はしたくありませんし、違和感があり
仕事の妨げになるので一切していなかったのです。

風邪のひきがけにも、梅しょう番茶にレンコンや葛を入れたものを、
民間療法として・・・・マクロビオティックでは飲むのですが、
私は、舌の感覚が微妙に違ってくるので、仕事中は一切飲みません。

殆ど自然治癒力で克服するのです。

只、今回入っていた自宅のお風呂には、浄活水器をつけていますので、
塩素が無く、浸透率がよく、水が柔らかくて、とても身体が温かくなるお湯なので、
より早く自然治癒を助けたのかもしれません?

そう言えば・・・風邪のひき始めは、浄活水器のお水での水分補給とうがいを
頻繁に行なっているのでした。

定かではありませんが、今まで殆ど自然治癒力で克服できている事から・・・・
やはり・・・良い水に助けられているのだな・・・・水は生命の源といわれているし
昔から世界各国で奇跡の水伝説が語り継がれているのも・・・・納得できるような・・・
そんなこんなで、良い水に助けられております。

明日、金曜日はお休み・・・・腰も治ったし・・・以前から計画していた
お皿や湯のみを探しに行きましょうか???

そうそう・・・・重いものは注意して持ち上げましょう!

 

セミナー(お勉強会)

私は、ここのホームページで募集しているとおり、
来月の2日(2007年12月2日日曜日)にお店の大広間でマクロビオティックを含む
健康セミナーを講師の先生と共同企画して、シーリーズ化していくことになりました。

その一回目が、もう少しで開催されます。

最初のセミナーなので、先生とあまり人数が集まらないと思っていましたら、
定員20名の内、現在半分を少し過ぎるぐらい、徐々に参加者が集まりだしてきました。

今回のセミナーは、幼児をお連れ出来ませんので、
日曜日に旦那様や知人の方にその時間子守していただけるかどうかで、
調整されている希望者の方も多く、週明けに一気に予約が、増えてくるだろうと思います。

参加される方が、予想通り増えてきた事は、
とてもうれしく、先日、先生とも良かったと話してもいました。

私の店でセミナーを開催することは、
先生からの希望でして、
通常一般のセミナーは、少なからずともビジネスが絡んでくるもので、
例えば、自然食品店が主催者であれば、取り扱いの品物を紹介して売り込みたいとか?
化粧品関係なら、その化粧品のサンプルを配って顧客開拓の目的としてされるとか?
高額なサプリメントを売り込みたいとか?
マクロビオティック関係のビジネスにつなげたいとかと言う?
お勉強会とは違う目的での主催者の考えと言うものが色濃く、
時折、真面目にお勉強しようとしている方にも不信感が出る場合がありますし、
セミナーの内容もビジネスに繋がるような内容の方向でとなっているようにも思います。

しかし、先生はこのようにビジネスに繋がるようなセミナー、
ビジネスに利用されるセミナーは開きたくないと考えてきたのでした。

純粋にお勉強したい方に、より良い情報なり、アドバイスなりを背後の思惑に
左右されることなく、参加される方を主役としてしたい・・・・・

少しでも健康的な生活へのヒントになってほしい・・・・
それにはビジネス的な思惑が入っていたのでは出来ないと思われていたのです。

そこで、欲のない私の店での開催になったのでした。

お食事はマクロビオティックに近いものを実際に食べてもらい、
そして先生がセミナーをする。

実際の食も大事だし、机の上でのお勉強も大事と言う事で、
先生との共同企画が決まったのでした。

セミナーの費用も完全に分けていまして、
費用の3000円の内訳は、マクロビのお食事が1000円で、
先生は、2000円、合計一人の参加費用は3000円です。

マクロビのお食事つきのセミナーで、3000円は、とても安く、
驚かれる方もいますが、欲のない私と先生だから出来るということもあります。

私は、職人気質が抜けず、いまだ商売人にはなりきれ無い所もあります。

先生が私と組まれたのも、
そう言うビジネス色が薄い私だからと言う事だと思うのです。

セミナー以外でビジネスのお話は一切出てきませんし、
それを臭わすような物は一切ありません。

純粋にセミナー一色・・・・・・・
今回のセミナー私も楽しみにしているのです。

私は料理を作らなければいけないので全部は受講出来ませんが、
少しでも多くの方の健康に役立てて頂ければと願っています。

 

インフルエンザ

インフルエンザが早くも流行りだしてきているのだそうです。

年々、インフルエンザの猛威が深刻で、それにより生命の危険にさらされた人も、
少なくないようです。

特に今年の初旬はタミフルの副作用が社会問題となり、
早い時期から、予防注射を受ける方も多くなってきたようです。

特に、お年寄りや子供さん、受験生など・・・・・
インフルエンザの予防注射を受けられた方も多いのでは?

でも、そのインフルエンザの予防注射も、
何千人に一人?だったかの確立で、亡くなる方もいるようで、
受けるか受けないかで悩む方もいるようです。

まず大切なのは、うがいと手洗いを十分する言う事と、
人の多いところには行かないということと、
密封された空間を避けること・・・・
エレベータを使わず階段やエスカレーターを使ったり、
細菌を通さないマスクに、塩水を湿らせて、
防御するとか、風邪を引いている人も、治るまで外出は控える事。

免疫を高める食事を心がけて、夜更かしやはしご酒やジャンな飲食は避ける事。

暴飲暴食は、避ける事。

電磁波にも注意する事・・・・・

など、予防策をしっかりとする事も大切な防御になるそうです。

特に、手洗いとうがいは、大切!

私の場合は、
塩素の影響がない柔らかいお水で、うがいをしたほうが良いみたいです。

塩素のお水は、のどにしみこむような、刺さるような違和感があり、
うがいしにくいのです。

浸透率や表面張力の問題や溶解率などの問題も考えた時に、
ナチュラルな水での手洗いやうがいは、私にとってとても有効に働いてくれます。

 

今日、12月2日(日)は、第一回食事セミナー

が、私の店の二階大広間で開催されます。

当初は、気忙しい12月の初旬の日曜日に、受講者は、あまり集まらないだろうな?
初めて企画するのだから、初回はゆっくりと初めていきましょうと先生と話していたところ、
かなりの数の受講者の方が集まりました。

インフルエンザ等に、かかりキャンセルをされた方もいましたが、
15名近くの方が受講いただけます。

ご都合でキャンセルされた方も含めましたら、今回定員20名に近い18名の方が、
受講されていた事になります。

金沢は、急に寒くなり、インフルエンザや風邪をひかれるかたも、
少しずつ出てまいりました。

今回、体調を崩されて参加できなかった方、
また、このセミナーを受けようと思っていた方、
今、セミナーのことを知り受講希望をお考えの方、
第一回セミナーの受講予約受付は終了いたしましたが、
このセミナーは、先生との共同企画で、シリーズ化していきますので、
次回、来年2008年にも開催いたします。

開催日時が決まりましたら、このホームページでご紹介いたしますので、
健やかな日常生活のヒントとなりますように、
ご参加頂けましたら幸いでございます。

では、お部屋のお掃除とセミナーの昼食の準備がありますので、
ここで一先ず筆をおきます。

 

セミナー大好評!!

先日のセミナーは、無事に成功いたしました。

参加されたお客様も満足されていた様子で、開催を企画した
先生と私も、来年も早い時期に致しましょうと言うことで、
話がまとまりました。

やはり、ビジネス的な下心が見えないセミナーは、純粋に柔らかく、
参加された方も、安心して受講できたものと思います。

それと、この手のセミナーでは、
殆ど講師の先生は、何か癖のありそうな個性の持ち主であり、
(カリスマ的な近寄りがたい雰囲気・・・)
の方が多いのですが、先生はとても柔らかい雰囲気の方ですので、
それも好評だったものと思われます。

次回セミナーもご期待ください。

セミナー開催のひと月前に、ここのホームページで募集いたします。

さあ・・・セミナーも無事に終了できましたし、
残りのイベントは、おせち料理を残すのみ・・・おせちのメニューや段取りを
再確認して、皆さんに喜んで頂けるものを考えなければいけません。

今月の半ばまでには、おせちの予約が一斉に入ってきます。

もうすでに、前回の注文数の半分の数の予約が入っています。

私一人で、家内の手伝い無く全て手作りで作り上げますので・・・
作る数には限界がありますが、後は体力と段取りで勝負!

健やかな新年を迎えて、初めてお召し上がりいただくお料理を
心を込めておつくり致します。

 

今年も残りわずか・・・師走

気忙しい時の流れに置いて行かれない様に・・・

 

野菜

マクロビオティックで、欠かせない重要な食材の一つは、野菜です。

主食である玄米(私の店では発芽玄米にしている)が最も重要と言えますが、
野菜も重要なのです。

それも薬を使っていない無添加のもののほうが良いのです。

私のお店では、畑を借りて自家栽培しています。

でもそれだけでは足りませんので、有機栽培の農家の方や、
こだわって薬を使わないで栽培されている方の野菜も取り入れて献立を考えています。

自家栽培で農薬など一切使用せずに作っているのですが、
それを作ってくれているのは私の父です。

暑いさなかも寒い最中も畑に行き、野菜を育ててくれています。

父にはとても感謝しています。

そして、常連様の中には、ご家庭で食べる野菜を無農薬で、作っている方もいまして、
沢山収穫できたのでお店で使ってくださいと、頂く事も多く、
とても助かっています。

無農薬の野菜を作っている農家の方は、、
「たかの」のような健康的な食事を出しているお店を助けてあげたいからと、
とても安く仕入れさせて下さっている方も多いのです。

沢山の方に支えられて、このお店はあります。

たかのを支えてくださっている・・・・ありがとうございます。

 

おせち料理

今週に入ってから、県外からのおせち料理の問い合わせが多いのです。

私のおせちの内容で、12,000円は信じられないくらい安いのです。

自然食関係のおせちは、ほんの少しの嵩で、数万円と高額です。

都会に住んでいる方や以前に私のおせちをお召し上がりのお客様で、
県外に転勤になられたお客様は、その違いが良くわかるのです。

ですので、問い合わせも多くなるんだと思います。

しかし、このおせちは、宅配業者を使っての発送は一切行なっていません。

当日、31日に取りに来ていただける方や
店の近郊で配達可能な方のみの予約受付とさせていただいているのです。

私一人で全て作りますので、作り上げる数にも限界があり、
防腐剤など一切入れませんので、不安定な発送は衛生上避けているのです。

もうすでに、前回の半数以上の方から予約を頂いています。

毎年の常連様をそれに加えますと、優に前回のおせちの注文数を超えることになります。

今まで、お断りした事はありませんが、
ご予定のあります方は、お早めに予約頂ければ助かります。

おせちの説明ページ

 

新年を迎えるにあたって

もう数えるほどで、新年を迎える・・・まるで砂時計の砂が早く流れるように、
あっという間の今年、2007年多くのお客様とのご縁があり、
新しい年を迎える・・・

お店の常連のお客様  お水にご縁があったお客様  お弁当をご利用のお客様
食材を購入頂いたお客様 コンサート会場までお弁当を運んだ事
セミナーに参加して頂いた方 県外・外国からのお客様
学校・幼稚園のお弁当の配達

今年一年を振り返ると、沢山のお客様に恵まれました。

特に今年は、
私の推薦するお水にご縁のお客様がとても多かった年です。

やはり、お水は無くてはならないもの、
良いお水は我々の身体に必要で、無意識のうちでもそれを追い求めているものなのです。

食と水に少しでも関心を持っていただいたこと、
たかが水だけれどとても基本で・・・・大切な事である事を、
このホームページにも書き続けてきました・・・・

これからも・・・沢山の方とのご縁がありますように・・・・

と書き込んでいますが・・・まだ来年までには、しなければいけないことが沢山!

 

砂糖?

サトウキビやテンサイ(ビート)から、化学的に精製される、
砂糖には、ミネラルやビタミンがありません。

マクロビオティックの考え方の中で科学的に作られた薬品とみなし、
一物全体から見て不自然な糖であり、極端な酸性食品とされ、
最も体を冷やす陰性食品とも言われています。

マクロビオティックを
実践されている方にとっては最も避ける食材です。

砂糖に多く含まれるショ糖は、化学的に安定した糖で、
二炭糖:二糖類炭水化物とも呼ばれています。

ショ糖は、身体の中で分解されて2つの糖に分かれます。
その別れる糖とはブドウ糖と果糖で、身体の中で分解されにくく、急激に血中に吸収されます。

その性質によって、嗜好品的に僅かに摂取するのではなく過剰に摂取する事により、
身体にかなりのダメージを与え、様々な弊害に繋がるとも言われています。

では、最近、マクロビオティックでも一部の方達が使い始めている
黒糖やテンサイ糖や粗糖は、安心できるのでしょうか?

一物全体食の考え方から一部の方たちが使い始めている
ビタミンやミネラルが含まれている黒砂糖やテンサイ糖や粗糖も元をたどれば、
砂糖を精製するサトウキビや砂糖大根(テンサイ)から成り立っています。

その主成分は、ショ糖であり含有量も白砂糖とほぼ同じ性質を持っています。

マクロビオティックでは、科学的に精製された白い食品と言われ
避ける砂糖ですが、黒糖やテンサイ糖や粗糖にも、ショ糖が多く含まれ
ミネラルやビタミンなども含まれますが、砂糖とあまり変わりありません。

白砂糖ではありませんが、ある意味砂糖なのです。

こだわりを持ったマクロビオティック実践者は、使わない食材ともいえます。

簡単に言えば、糖に制限のある方にとって、
避けるべき糖は、マクロビオティックでは使わない事が望ましいという事だと思います。

では、果物のジュース(果糖)は、大丈夫なのでしょうか?

果糖は、砂糖の倍近い甘みがあり、摂取量を抑える事が可能であり、
砂糖よりは、良いとされ、使っている方も多いのですが、
果糖も体内でブドウ糖に変換され
糖に制限のある方に良いという事にはならないようです。

厳格なマクロビオティックでは、
砂糖・黒糖・テンサイ糖・果糖・粗糖・・等が使われません。

しかし、マクロビオティック実践者の間やマクロビオティックレストランなどでも
デザートなど嗜好品的な考え方の調理食品の場合、
果糖の多い甘い南方系の果物のコンポートや
果汁100%のくだものジュースなどは使われていることもあります。

果物には、ミネラルやビタミンやエンザイムが多く含まれていて、
濃縮したり、科学的に抽出したり、加熱したりするのではなく、
新鮮なものを形あるままで生食する事は、リスクが少なくとても有効な事だと思います。

我々温帯系に住まいする日本人は、南方系の甘い果物は嗜好品的に考え、
食べるのなら身近に産する新鮮な果物を生食するほうが良いようです。

私の店でも、唯一、バウンドケーキだけに、100%りんごジュースを使っています。

しかし、厳格に言えば、糖に制限のある方にとっては、好ましくありませんので、
嗜好品的に考え、添加するのであるならば摂取の量をコントロールする事が必要であり、
その注意書きも新たにホームページに付け加えたところです。

健康に良いデザートとは、
身近に産する果物を、手をかけることなく、そのまま生食で食べることが、
望ましいのです。  

りんご・なし・みかん・ぶどう・イチゴ・・・・・すいか・・・・もも・・かき・・・身近な果物。

 

おせち料理が大盛況!

おせち料理の予約が、前年を大きく上回って、
これ以上増えると、限界までになって来ています。

私一人で全て手作りで作りますので、作る数にも限界があるのです。

前年度は、とても好評で、それが口コミで増えてきている関係もあります。

残り数盛増えた時点で、予約を締め切りたいと思っています。

来週の週末からおせちの仕込みに入ります。

数日は徹夜が続きますが、体調を整え万全の体制で臨みたいと思っています。

あーーーそれと、クリスマスに近づいたからか?
パウンドケーキのご注文が県外から増えてきました。

バウンドケーキもおせちの仕込みに伴い、クリスマス以降から新年度まで
予約受付は休止致しますので、今が予約のピークになっています。

金沢からの発送になりますので、近いところでは翌日、
遠いところでは、2日から3日かかる場合があります。

でも、ゆうパックの良いところは、遠い所は、飛行機で飛ばしますので、
案外早くつくのです。

天候には左右されますが・・・・・

さあ・・・今年も残り僅か・・・気合を入れて一年を締めくくらなければ・・・

 

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える おすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。

 


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文