日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去の日記 2

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

最近多いお問い合わせから抜粋して

Q、 駐車スペースはありますか?
普通車なら3台止められます。

Q、 テイクアウトは出来ますか?
店内のメニューで、汁物以外なら全てお持ち帰りいただけます。
マクロビオティックお弁当は、1050円から2000円まで、マクロビオティックオードブルは、
3000円からございます。(予約も出来ます。)
近郊には、配達も行っています。(ご家庭・幼稚園・小学校・高校・大学・会社・・・等)

Q、 食材は、販売していますか?
当店のメインは、お食事なので、店内には食材等はあまり置いてございません。
しかし、毎月、月末締めで注文を承り、まとめて仕入れて全て10%引きでお渡ししております。
店頭に取りに来て頂ける方のみ対象ですが、興味のある方はご利用ください。

Q、 野菜は、販売していますか?
自家栽培の野菜は、多く採れた場合のみ店頭で販売しております。

Q、 赤ちゃんも連れて行って良いですか?
どうぞ、お連れください、赤ちゃんをお連れのお客様も沢山います。気の張らない家庭的な店です。

Q、 お肉やお魚のメニューも、ありますか?
当店が、マクロビオティクと初めて出会ったのは、クシ・マクロビオティックが初めての出会いです。
クシ・マクロビオティックでは、マクロビオティックの移行期においては、週に1回から2回位は、
白身の魚を少量なら食べても良いでしょうと講義されます。 
オープン当初は、白身の魚等も、西京漬けや、から揚げ、南蛮漬け、
ムニエル、蒸し物・煮物・・・など等、出していた時期もありました。
しかし、それでは、他のマクロビオティックの方や、色々な食養の方等が食べに来れないため、
なるべく厳格にマクロビオティックのお料理をお出しする方向に軌道修正いたしました。
動物性の物は、一切お出ししておりません。
そのためか、講演会等で来県のマクロビオティックの先生方や、
海外からのマクロビアンも、お見えになることもあります。

Q、 予約は必要ですか?
この前の記事に書きましたが、お時間が限られているお客様や団体のお客様、
コース料理をご要望のお客様は、ご予約いただけると幸いです。

Q、 日常、自分で作るのは困難です、簡単に出来る何か良い物はありますか?
最近、マクロビオティックの各、問屋さんから、レトルトパックなどが出ています。
自分で作るよりは、割高ですが、利用している人が最近増えてきています。
例を挙げるなら、オーサワジャパン株式会社の
一週間分のレトルトが入っている「マクロビオティック一週間体験セット」13,902円や、
野菜を買うだけでマクロビオティックの食事を作ることが出来る「入門食材セット」9,550円があります。
マクロビオティックカロリーコントロール食(一食:主菜・副菜・スープ合わせて240キロカロリー)の単体の
セットで、1,100円、全7食セットで、7,000の物があります。
全国の自然食品店で販売されていますし、
当店に取に来て頂ける方には、10%引きで販売させていただいております。
(但し、毎月末にまとめて発注(お取り寄せ)致しますので、それまでにご注文ください)

Q、 室内は禁煙ですか?
禁煙でございます。

Q、 除去食は作っていただけますか?
対応出来る場合と出来ない場合があります。事前にご相談ください。

Q野菜やお料理の内容は、季節や月により変わるのですか?
当店は、マクロビオティックに準じてお作りするよう、まだまだ努力は足りませんが精進しております。
マクロビオティックで、敬遠される(茄子科の野菜>茄子・ピーマン・トマト・・・・)や同じく、
シュウ酸の多い野菜、ほうれん草などは、使うとすれば旬の時期以外使いませんし、使うなら
飾りや嗜好品的な感覚で使います。
春、夏、秋、冬とその季節に取れる野菜などを季節に準じて使っていますので、野菜の内容は、
それに基づき変わります。
それと、南方系の果物は使いません。
マクロビオティックは、別名、穀菜食と言います。
雑穀など穀物を中心とした料理なので、野菜と雑穀を合わせて作る料理が主流となります。

Q、 健康相談は、していただけますか?
健康相談については、一切しておりません。
きちんと医師免許を持って、マクロビオティックを診療に取り入れているドクターを
お探しになって下さい。
当店では、医師の紹介なども一切行いません。
ご自分の責任において、お探しください。

Q、 食材等はどのようなものを使っていますか?
このホームページ「レストランの紹介」ページで詳しく説明しております。

Q、 お休みは、何曜日ですか?年末年始の営業は?
お休みは、通常日曜日でございます。しかし、その月によりお休みが変わる場合もありますので、
このホームページでご確認頂くか、直接当店へお尋ねください。

Q、 営業時間は何時から何時までですか?
営業時間は、通常、午前11時から午後7時までとなっておりますが、午後7時までにご来店のお客様、
それまでに、お電話などでご連絡頂いたお客様やご予約のお客様は、
最終オーダーは、午後9時となっております。
しかし、午後7時までにお客様が店内に居られない場合とご連絡や、予約が一切ない場合は、
午後7時で、閉店してしまいますので、ご了承くださいませ。
午後9時まで営業いたしますので、お気軽にご利用くださいませ。

Q、 お勧めの浄活水器は、浄水器とは違うのですか?
浄水器とは、水道水の悪い物をろ過することにより浄水出来るものです。(浄水能力主体、活水能力低い)

活水器とは、水のクラスターを整えたり表面張力を低くしたり、浸透率や溶解率を高めたりと
より自然な水へと活水(生きた水)へと整えるものです。(活水能力主体、浄水能力低い)

浄活水器とは、その両方の能力を有する物で、より安全で美味しく自然でナチュラルな水を
得ることが出来る物です。(人にとって理想的な水へ、浄水能力高く、活水能力高い)

当店お勧めの浄活水器「ナチュラライザー」は、自然の濾過槽を持ち、最も自然で安全で美味しい
水を思いっきり使うことが出来ます。
この水を使い生きている本人だから強くお勧めできます。
より詳しくは、このホームページをご参考にしてください。

以上、問い合わせの多い物を抜粋して書き込みました。

 

待ってました!お花見!

昨日、4月9日(日)に、山の方に車を走らせていましたら、まだ桜は5部咲き位でした。
後、数日で・・・たぶん今週中、満開となると思います。
兼六園は、桜の時期、数日間は、無料開放・・・・とても綺麗ですよ!

 

発芽玄米と水の関係?

当店では、この前のここの記事でも詳しく書いたのですが、
消化の良い発芽玄米にして炊飯しています。

お客とのお話で、「発芽玄米に挑戦しているのだけど、難しいですね。」とのお話し、
当店の場合、水に浸すだけでも簡単に発芽するのにどうして?
と色々調べてみました。

生命力のあるお米は発芽しやすいとか、水が良い方が良いとか・・・
温度を一定に保つとか・・・・・

でも、私の場合、そんなに発芽させるのに手がかかっていないのです。
ただ、水に浸すだけです。

その結果、よく考えてみると、自論ですが・・・
元気の良い玄米を使うことと! より自然で体に優しい水を使うこと!
それが大切だと感じました。

ナチュラルで自然な水は、体が喜びますし、玄米などの生物も喜ぶんだと思います。

 

先日外国からのお客様が・・・

先日、外国からお客様がいらっしゃいました。
日本語が堪能な方で、色々とお話されていました。

マクロビオティックは、元々日本で出来た物なので、日本では、食に対して
心配ないと思っていたんだけれど、来て見ると食事にとても困りました・・・
と言われていました。

マクロビオティックの料理があるお店や、
オーガニックの野菜や玄米などを使ったお店は、あるのだけれど、
専門店は、少なく、メニューが少なかったり・・・
完全にピュアベジタリアンに対応した店が殆ど無くて、
サラダを注文したら、普通のマヨネーズが、付いていたり、
肉が混ざっていたり・・・・隣の席から動物性の匂いがしてきたり・・・・
油に動物性の香りが付いていたり・・・・
仕方なく、パンでも買おうとパン屋さんに、行くと、
全粒粉100%の天然酵母のパンが無かったり・・・

その方の住んでいる所では、完全にマクロビオティックやベジタリアンに
対応してくれる専門店が沢山あるようで・・・・・
本家本元の日本で、食事に困るとは思いもよらなかったと言われていました。

明日にと、お弁当をとても喜ばれていました。

外国には沢山、ベジタリアンの店があると聞いてはいましたが・・・
お話を聞いて、スーパーマーケットのデリバリーでも、色々なベジタリアンの方に、
対応した料理がすごくたくさんの品数から選べるのだそうです。

 

ホームページの更新・・・

ここのホームページ、もっと見やすくスタイルシートを使い綺麗にまとめようと
取り掛かっていたのですが、この日記の前の記事で書いたように、

「脳内汚染」著者 岡田尊司さん 文藝春秋刊(本体1600円)
を読んでから、パソコンの前に長時間座るのが・・・・・
部分的な更新に留まっています。

今、「病気にならない生き方」著者 新谷弘実さん サンマーク出版(本体1600円)
が、ベストセラーになっていますが、
それと同様にベストセラーになっても、おかしくないお勧めの本です。

まだ、手にされていない方は、お勧めです。

 

ゴールデンウィークを迎えて・・・

今年は、3・・4・・5日と営業して6日と7日とお休みを頂きます。

常連の方は、当店の定休日が日曜日なので、祝日や祭日も休みと思われるのか?
毎年少ないのですが、今年は早くから県外の方からのご予約が入ってきています。

沖縄から北海道まで・・・色々な所から観光などでお見えになられています。

お店の近況は、最近、学生さん?も多くお見えになられています。

若いペアの方が、お車で来られるのですが、迷いなく入って来られる方と、
女性の方が、何度も店内に入りかけて、その都度男性に呼び止められて、

そのまま車で、帰ってしまうペアも中にはいます。

女性は、入りたい様なのですが、当店には動物性の食事は一切ありませんので、
動物性の食事がなければ物足りない方にとっては、マイナスのイメージが強いのかも知れません。

お店のお客様の客層も80%が女性の方です。

また、お店の外見も大衆的な店舗ですので、「入って大丈夫なのかな?・・・」と
先入観を与えてしまっているのかも知れません。

お料理をお召し上がりになられる殆どの方が、
「入って良かったです・・・もっと早くに来れば良かった・・」と言われます。

中には、「今まで、お店に入るのに勇気が無くて・・・思い切って入って良かったです・・」
といわれる事も・・・・

その殆どの方が、今、常連様になって頂いています。

お店の外装や内装は、大切なものだと、つくづく思います。
(そんなに、変な外装や内装ではないと思うのですが・・今風のお洒落な感じではないので・・)

でも、店舗の外装・内装の経費を抑え、厨房や食材や水環境に経費をシフトしたからこそ、
今のお料理をお客様へお出しする事が出来ています。

「都会では、同じ金額で、ここのように食べれませんよ」と、驚かれる方も・・・・

「メニューが多いですね」・・・・「お水が美味しいですね・・・」

「玄米が白米を食べているように柔らかく・・・粒粒もつぶれていないし甘く美味しい・・・」

特に都会からのお客様や外国からのお客様に、言われます。

 

ゴールデンウィークを終えて・・・

今回のゴールデンウィーク中、沢山のお客様にご来店いただきました。
ありがとうございました。

お客様の中には、お料理をお出しするのに、時間がかかってしまった方もいました。
待って頂いたお客様、とても感謝しております。

予約のお客様を優先に、フリーのお客様には、ご注文の先着順にお料理をお出して行きますので、
注文のタイミングが、後になると同じ時間に入って来られた方でも、
お料理を作り始める時間が、異なってしまいます。

当店は、電子レンジなどの電磁調理は、いたしておりません。

作り置き(予め、皿盛りしておく料理)は、ご予約のお客の時間に合わせて、盛りつける以外、
致しておりませんので、フリーのお客さまの場合、ご注文をお聞きしてから、
全て作ることとなります。

平日は、比較的早く、お出し出来るのですが、
土曜日や祝祭日など、お店が混んでいる場合や、先にオーダーされたお客様の
ご注文内容によっては、時間がかかるものもあり、その後に、オーダーされた
お客様の待ち時間が長くなることもあります。

でも、皆さん喜んでお帰りになられました、とても感謝しております。
ありがとうございました。

ホームページでは、単品メニューや、料理の写真、デザートの種類と、その写真を
最近、更新していませんが、デザートも数種類、新しい単品も御座いました。

長いものブルベリーパフェ・・・白ゴマと穀物珈琲のタルト・・・
サツマイモアイスクリーム・・・黒ゴマアイスクリーム・・・

麩のクリームコロッケ・・・・雑穀のトロピカルハンバーグ・・・グルテン野菜ハンバーグ

野菜メンチカツレツ・・・・キヌアのヨモギモチモチ豆腐・・・・

豆腐のカナッペ・・・・等 日替わり単品・・・

特にデザートは好評で、ゴールデンウィーク中、売り切れになるものもありました。

沢山のお客様に、ご来店いただき、ありがとう御座います。

またのご来店をお待ち致しております。

 

竹の子 (5/10)

金沢には、別所という所に竹が沢山生えています。

金沢で、別所の竹の子と言えば、有名で、5月に入り竹の子の時節になると、
別所では、出店が出て、竹の子を売り始めます。

小さなものから大きな物まで、朝掘りの竹の子を買うのがお勧めです。

朝堀の物は、あくが少ないので、美味しいのです。

私は、まだ別所には、行っていませんが、出店に、
竹の子が並んでいるのを見るだけでも、楽しいものです。

周りは、竹林に埋め尽くされ・・・風が吹くと「サー」と竹の笹のなびく音に包まれます。

両親の知り合いの方で、ご自宅に竹林を持っている方がいまして、(別所ではありません)
竹の子を沢山頂きました、炊いて食べて、刺身で頂いて、味噌汁で食べて・・・
食べきれないので、おからを入れて塩漬けにして、保存致しました。

この時期、竹の子や山菜が美味しいです。
あくが強いので・・・・食べすぎは控えたほうが良いと思いますが・・・・

 

看板 (5/20)

店の看板、もう7年目に入り、店につけてある木製の看板も、ぼろぼろ状態・・・
新しく作り変えることとなりました。

今年の大雪で、看板も少し湾曲していてペンキも剥げかけています。

製作して頂いている最中ですので、時期、取り替えます。

店の前の花は、今一番綺麗ですよ・・・・
来て頂いたお客様の殆どの方が驚かれるのですけど・・・お店の前はお花で満開状態です。

記念撮影されている方もいるほどです。

 

まず、こだわりすぎず、出来ることから緩やかに、それが一番良いと思います。

 

お店の看板が、リニューアル?

前にも書きましたが、今年の夏で当店も7周年に入ります。

お店の看板も年数が経つと、痛んできます。

木製の看板なので、ペンキも剥げて・・・板も歪んで、捲れかかって・・・
それで、新しい看板を、作って頂いていたのですが、今日取り付けに来られます。

前よりも大きな看板で、雪にも強い材質で、文字も大きく見やすい看板です。

 

マクロビで通常使わない避ける野菜・食材?

平均的にマクロビオティックでは、使わない野菜があります。

それは、茄子科の野菜や南方系の果物などがあげられます。

茄子科の野菜は、茄子・ピーマン・トマト・ジャガイモなどで、
一部、嗜好品的に使われることがありますが、マクロビを真剣に実践されている方は、
必ずと言って良いほど、避ける野菜です。

ほうれん草もそうですが、シュウ酸が多く、
旬の時期、夏の真夏、一口程度食べることはありますが、
頻繁に食べるものではありませんし、メインの料理とはなりません。

マクロビを実践されていない一般の人向けに、嗜好品的に使われている場合はありますが、
基本的に多く使うものではなく彩りで入っていても、
一般の方が、彩り野菜のパセリを食べないように、マクロビ実践者の方は、食べないのが普通です。

只、真夏非常に暑いとき、体を冷やす目的で食べる場合はあります。

只、シュウ酸が多いので、カルシウムの吸収を難しくするので、カルシウムを取り入れたい場合は、
野菜の組み合わせ方を考えなければいけません。

カルシウムを体に取り入れたい場合は、ある意味避けたほうが良い野菜として認識します。

真夏の暑いときには、体を冷やしますし、暑くなればなるほどビタミンが増し酸味が出てきて
食べたい所ですが・・・食べ物には全てメリットとデメリットがあることを考えると・・・
ある意味嗜好品的な捕らえ方をされる野菜です。

又、必ずと言って良いほど使わない果物は、南方系の果物です。
パイナップル・ばなな・アボガド・・・・・など南方系の果物で、暖かい土地に住む方たちが
食べる果物です。

マクロビオティックでは、私たち日本人のように温帯で生活している人は、
温帯産の野菜や果物を食べるのが基本とされています。

只、マクロビオティックを実践されていない方向けに、
嗜好品的にメニューに取り入れている場合はあると思います。

マクロビオティックを求めて食べに行くのならば、前記の野菜や果物は避けて食べる事を
お勧めします。

また、パン食はマクロビでは、避けるのが普通です。
どうしても食べるのならば、全粒粉で出来た天然酵母のパンを食べるのが常識です。

通常は、粒食を推奨しています。

只、軽い気持ちでお洒落に浅く・・・
マクロビを何かの目的で求めて食べる事を思考しない場合は、
こだわる必要は無いと思います。

それから、通常は全粒である玄米を食べるのが理想的なのですが、
これから暑くなると玄米が食べにくくなる場合があります。

体が玄米を求めなくなる場合があり、美味しくも感じなくなる人もいます。
それは気温が暑いため、陽性である玄米が美味しくなくなるからです。

その場合は、玄米ではなく、雑穀を混ぜて頂くとか、7分つきや5分つきにするとか、
玄米に酸味を入れておすしやサラダにするとか・・・・
食欲がない時、蕎麦やうどんなどを一時食べるとかした方が良い場合があります。

 

マクロビオティックでは、お肉は食べません・・

最近、お客さまの問い合わせで、メインの料理は鶏肉でお願いしますと言った、
ご注文があります。

私の店は、マクロビの店なので、肉は一切使っていませんと言いますと・・・
マクロビの店ですよね?・・・鶏肉は無いのですか?と再度尋ねられます。

マクロビは、鶏肉OKでしたよね?なぜないのですか?と・・・
鶏肉が無いのなら豚肉で、お願いしますとも・・・?

最近良くこのようなお問い合わせが多いのです。

なぜなのか私にも解りません?・・・
数あるマクロビの派閥の中で鶏肉を解禁した所があるのでしょうか?
マクロビが・・・考えられません。

お客様には、基本的には、マクロビでは肉類は一切使いませんと言うことと、
インターネットの環境がある方には、私のホームページのアドレスを教えてあげています。

私のお店には、動物性の食材は一切、置いてございません。

 

お待たせいたしました野菜の大豊作!!!

日ごろから「たかの」をご愛顧いただきありがとうございます。

当店は、地元で取れる旬の食材を中心に自家栽培の野菜を基本とし調理しています。

県外からの取り寄せ、ハウス栽培の野菜は極力使わず、野菜の無い時は、
雑穀の料理の割合を増やし、粒粒料理で、繋いで来ました。

しかし、「たかの」の畑は、今、大豊作・・・・

特に菜っ葉物は多く収穫できています。
サラダになる野菜も多く、朝どれの生き生き野菜をお客様にお出しして喜ばれています。

今は、菜っ葉が多いのですが・・・元気な野菜をたーんと召し上がれ・・・・

 

本物?

最近、ナチュラル食がブームとなってきています。

お弁当やレストランでも、有機野菜を使っているとか・・・こだわりのお米で美味しいとか・・
玄米食を出していたりとナチュラル思考のお食事が増えてきました。

しかし、それは本物なのでしょうか?

只、有機野菜やそれに準じたこだわり野菜やお米を使っていても、
化学調味料や砂糖や安い合成的に作られた油や調味料を使っていないのでしょうか?

水道水をそのままで使っているとしたら如何なものでしょうか?

水道水には、塩素が入っていますし、農薬も入っています。
場合により鉛などの重金属も入っている事でしょう・・・それに有機物も・・・・

どんなにこだわったお米でも、洗う段階から浸透しているのです。

塩素の入った水で野菜をジャブジャブ・・・・

どんなにこだわった野菜を使っても、天然醸造の調味料や、安心できる油を使っているでしょうか?

天然醸造の調味料は、安易な調味料の5倍から10倍以上の価格です。

油も、安いものよりその位の値がします。

動物性の出汁を使うのでしたら、科学調味料(うまみ成分)を使わない場合、
大量の鰹節を入れなければ、動物性のだし汁嗜好の方を満足させることは出来ないでしょう。

それだけのコストをかけて、調理することは可能でしょうか?

お弁当はどうでしょうか?
食中毒を出さないために、色々な化学的添加物が入っていないのか?
有機野菜でも、消毒液でジャブジャブ洗っていないのか?

「食品の裏側」著者 安部司さん 東洋経済新報社(本体1400円)

を読んで、つくづく本物が少ないのだなと、考えさせられました。

野菜にこだわっているから安心だ・・・・と軽く考えないで
「食品の裏側」をも、考える時代になってきているのだと思います。

 

体が癒される・・・・

わたしは、普段からここのサイトでお勧めしているお水を飲み続け、又生活全般に、
使っています。

この水に切り替えてから8年目・・・外出する時も、水筒に入れて持って行きます。

のど越しがさわやかで、スーと体の中から洗われているような爽快感・・・・
柔らかく美味しい不思議なお水です。

特に外で、外食する場合、出てくるお水は、のどに刺さるような・・あくがあるような
荒い感じの水が多く、美味しく思いません。

体の大部分は水で出来ているのですから・・・
良い水で生活していると、悪い水を体がきちんと教えてくれるのだと思います。

体に良いものを食べ続けていると、
体に良くない物がものすごく敏感にわかるように、
本能的にわれわれが持っている、ナチュラルな物を見分ける力を
呼び起こしてくれるのかも知れません。

近年、水道水源の汚染が深刻だと聞きます。

井戸水などの地下水脈も場合により、悪くなっている場合があり、
時折、色々な物が混ざり出て、問題として誌面を賑わす事もあります。

我々の大切な水資源を健康的な状態で、末永く使い続けたい物です。

数十年前の日本では、まさか水を売るなんて考えられなかったことでしょう?
水のビジネスは、急成長で伸びているようです。

色々な水が色々な場所で売られています。

それほど、今の我々を取り巻く水環境は悪化しているのだと・・・・
皆が、無意識のうちに理解しているのだと思います。

 

砂糖?

マクロビオティックでは、単糖の多い糖は一切使わないのが基本ですね。

最近は、色々な人がレシピ本やご家庭の主婦の方がマクロビ教室をされている場合もあり、
マクロビがより身近に感じられるようになって来ましたね。

その反面、白糖だけ使わなければ良いと言うような事を教えてしまっている場合もあります。
白糖を使わないのではなく、単糖の多き物は避けると言うのが本筋で、
砂糖・黒糖・てんさい糖・粗糖・・・・など砂糖に分類する所の単糖の多い糖は使わないのが
基本ですね。

目的を持ってマクロビをされる方、
食べに行かれる方は、専門書を数冊(筆者によって内容が異なる場合があるため)
読まれると、便利かもしれません。

お菓子のレシピ本を選ばれる場合は、
糖分は、米飴にかえて調理されることをお勧めいたします。

また、食事に行かれて、そこにマクロビ以外のメニュー
動物性・南方系の果物・茄子科の野菜がメインの料理等・・・)
がある場合、どれがマクロビか自分で見分けなければいけませんね。
油は、ナチュラルな物か?・・・・天然醸造の調味料を使って頂いているか?
甘みは、白砂糖・お砂糖は使っていないといっても、果糖、黒糖、粗糖、てんさい糖・・
合成された安価なメープルシロップを使っていないか確認した方が良いです。
なぜなら、マクロビで使う食材と一般に使う食材では相当な開きがあるからです。

また、マクロビオティックを一部出している店だからそれ以外のメニューも
安全なものだと錯覚してはいけませんね。

鶏肉は、大量飼育のブロイラーを使っていないか?国内産で、植物飼料で育った肉か?
魚は、近海物なら環境ホルモンに汚染されていない海で採れたものなのか?
卵は、大量生産の物ではないか?
見極める必要がありますね。

(マクロビオティックの料理を目的を持って、作るのなら、食べに行くのならば・・・・)

 

朝採りたての野菜サラダと体に優しい美味しい水

当店では、自家栽培で野菜を育てています。

特にお朝採りたての野菜は、生で食べると格別です。

ほんのり甘く・・・フレッシュ・・しゃきしゃきして健康を頂いているのだと実感できます。

マクロビでは、体を冷やすと言うことで、あまり生野菜は薦めてはいない所ですが・・
この暑いさなか・・多少生野菜を食べても大丈夫!

新鮮な生野菜は、ビタミンミネラルも豊富・・・・暑い時期とても美味しくいただけます。

それと、採りたての野菜を健康的で体に優しいお水につけてしゃきっとさせると・・
美味しさがまします。

ナチュラルなお水なので、野菜が喜ぶのでしょう?
少し時間がたってもしゃっきとしたままで鮮度が落ちません・・・・・
野菜も、人も体の大部分は、水分で出来ています。

本当にお体に優しく美味しいお水は、人ならずとも、動物、植物にも・・
喜ぶんですね。

 

今日は、OFF

日曜日は、当店は定休日です。

今日は、早朝6時から能登の方にドライブに行ってきました。
まだ海水浴場は解禁されていないのですが、泳いでいた方(水遊び?)もいました。
(まだ危ないので、泳ぐのは危険です・・・・)

真夏の場合、砂浜が焼けていてとても熱くて裸足では歩けませんが、
今の時期は、気温もそんなに高くなく、素足で歩くには丁度良い温度?でした。

水も透き通っていて、とても綺麗で、奥能登の海は、やはり綺麗です。

潮風も心地よく、遠くに見える水平線、サーフボート?に乗っている人たち・・・・
波打ち際のカップル・・・・・
私達のように、貝殻集めを楽しむファミリーと・・・・・

たまには、海の潮風にあたるのも良い物です。

まだ梅雨が明けませんが、来月の半ば、もうすぐ海開き・・
ここ金沢も、本格的な真夏になります。


食育・・・食習慣・・・慣例・・

数日前、ラジオを聴いていた所、
幼稚園の園長さん?が、コメンテーターをされていました。

そのお話の中で、
「食事を頂く前と頂いた後に、「いただきます。ご馳走様でした。」と園児に教えていたのですが、
保護者の方から、「いただきます。ご馳走様でした。」なんて私の子供に言わせないでください。
ちゃんと幼稚園には、お金を払っているのですから、そんなこと言わせなくても良いでしょう・・・・」
と、苦情が出てきたそうです。

その方だけが、理解して頂けないのかと思っていたら、次々と・・「そうだそうだ言わせるのは
おかしいと」同調される保護者が次々出てきて・・・・えっこれってと、頭を悩ませたそうです。

その後、何とか保護者の方になぜご飯を頂く時に、言うのかを説明されたそうですが・・
理解が得られなかったと言います。

昔からの日本人の食事に対する思い・・・感謝を表す言葉・・・
それは、慣例として常識的なこととされてきました。

それを言うか言わないかそれは自由ですが、その意味を理解出来ていないと言うことは、
昔からの慣例として、ひとつの文化の消滅に値することだと思います。
しかし、その慣例の理解も崩れてきているようです。

食事のあり方もそれと同様崩れてきています。

私自身、振り返って普段どうだろうか考えてみると・・・・
手は合わせ無いにしても、無意識の内に条件反射のように言っているのが殆どで、
ご飯を食べ始める時の合図・・・ご飯を食べ終わった時の合図位の感覚で、
言っているように思います。

それと、外食では、殆ど言っていません・・・・・
子供の時は、手を合わせて言っていたのですが、年を重ねるうちに、言わなくなってきました。

昔の方のように、手で拝むように、心から感謝を込めて言っていないのが普通で、
しかし、その慣例の意味は理解しています。

その慣例の意味が解っているか、解っていないかは、小さいな事に見えて、
我々日本人の文化継承としても、重要な要素だと思います。

食育は、慣例の意味も含めて教えて行かなければいけない時期に来ているのかも知れません。
そんなの常識だから教えなくても良いと言う時代ではないのかも知れません。

ある意味、子供に教える前に、大人に教えるべきなのかも知れません。

常識が常識と理解されない時代・・・・慣例の意味が解らない時代・・・・
とても難しい時代になってきました。

 

美味しい氷

私の店で使っている氷は、当店お勧めの浄活水器のお水の物です。

非常に美味しく、口の中でとろけ・・癖が無く・・水割りなど最高!
今の時期ならそうめんや冷やしそばや冷麦と素材の味を壊さない優しい氷です。

アイス珈琲を作るにも、氷を沢山いれたグラスに穀物珈琲を注ぐのですが・・・
とても自然な仕上がりになり飲み心地も最高です。

ピュアでナチュラルで健康的な水ほど、臭いなどを吸収するので、家庭の冷凍庫なら、
外気に触れないように密封して凍らす必要がありますが、それほど素晴らしい完成された
氷を独り占めできます。

まさに究極の手作り氷の誕生です。

しかし、当店では、真水には氷を入れますが、
ジュースには入れません・・・なぜか?
それは、簡単な理由「薄まるから」です。

グラスは、冷凍庫で凍らせていますので、そこに注いでお客様にお出ししています。

オーガニックビールも同様です。

この夏この究極の氷が活躍します。

 

信じること・・・安心すること・・・

私は、水に関して、とてもこだわっています。

このホームページを読んでいただければ、解って頂けると思いますが、
食に関することより水に関係の内容の方が濃く書き込んでいます。

ご来店いただくお客様からのお話で、

「今、家では、・・・・の浄水器を使っているのだけれど、ここのお店のお水は癖が無くて美味しい・・
このお店の浄水器の方が良いお水が使えるのですか?」とか、

「今、家で使っている浄水器は良い物でしょうか?」と尋ねられる事もあります。

もうすでにご自宅に浄水器を付けている方に、その浄水器の批判を私は言いません。

例えば、私の扱っている浄活水器の水の方が良いと心で思っていても、
それを言ってどうなることでしょう?

お客様は、只、今お使いの浄水器のお水が良い物ですよと、一言聞いて安心したいだけなのです。
「そうなんだ・・・今までこの水使ってきたけれど・・安心!と」

もうすでに、浄水器がご自宅についている・・・買い換えるまでは、考えていないと言う場合、
マイナスのイメージを与えることは避けなければいけません。

「水からの伝言」という本があります。
女性の方は特に、神秘的で興味のある本だと思います。

同じお水を容器に入れて密封し、2つ用意して、片一方には良いイメージの言葉を、
もう、片一方には、マイナスの悪いイメージを与え続けますと、
悪いイメージを与えられた水の方が、悪くなる、痛みやすくなると言うことや・・・

色々な所の水を、結晶させて写真入で見せていたりと・・・
神秘的な写真集?的な本です。
マイナスのイメージよりプラス思考で考える方が良いと言う内容が書かれていました。
特に神秘的な心理的要素が好きな女性の方に人気の本だと思います。

使い続けている浄水器の水を・・・「この浄水器のお水は良いのだろうか悪いのだろうか?」
「他にこんな良い浄水器がある?・・他の浄水器のお水の方が美味しそうだ?・・
今使っているのは、安全でないのでは?」

と思いながら使うのと、

「このお水は素晴らしい!・・美味しい!・・健康的だ!・・・買って良かった!」
と、プラス思考で、日常使うのとでは、使い心地も、体にも・・・違うと思うのです。

私は、すでに浄水器をお使いで、
買い換えるまで深く考えてないお客様や、只、単に安心したいお客様に、
そのお使いのお水について批評は致しません。

今、お使いの水を信じたい・・安心したい・・だけなのですから・・・
信じること・・安心すること・・
プラス思考でお水を頂くことは、健やかな生活にも必要なことだと思います。

 

涼しい・・・

去年なら、今頃は暑いのが普通・・・
しかし、日照条件が悪く、しかも涼しい・・・・異常な気候。

涼しいのは、過ごしやすく良いのだけれど、作物に影響する。

まだ、冷夏とまでは行かないが・・正常な気候に戻ってほしい・・・

また、体調を崩される方も多い、夏風邪をひいている方も多い。

梅雨が明けて、真夏になることを期待する。


もうすぐ、夏休み、涼しい夏休みも過ごしやすいが、

アウトドアは、天候・気温が左右する、

キャンプ・・海水浴・・山登り・・ピクニック・・・・・・

特に、北陸では、キャンプや海水浴の出来る時期は限られている。

キャンプ場は、夏休みだけオープンの所が多い。

海水浴も、今の時期は海水の温度が低く・・・旧盆を過ぎるとクラゲが出てくる。

白山があるので、台風の被害は少ないが、雨が多い。

その反面、晴れた日は北陸の空気はすみわたり、心地よくアウトドアを楽しめ、食材に恵まれ、
山川海に囲まれ・・・・能登周辺のキャンプ場は、夏休みどこも賑わいを見せる。

ちょっとしたリゾート気分を手軽に味わえるのも魅力だ。

北陸の限られた、アウトドアに親しむことの出来る時間・・・・・

その僅かな時間に、思いっきり自然を楽しみたい・・・・

北陸に旅を計画されている方・・・アウトドアも良い物ですよ・・・温泉も沢山ありますし・・・

 

お盆休み

もうすぐ、8月・・・・お盆休みを決めなければと思っています。

県外のお客様から、毎日のようにお休みの問い合わせが入ってきています。

お盆休みは、一般の会社にあわせて、5日間を考えているのですが、お盆の前半にするか
後半にするか考え中です。

毎年のデーターを比較しているのですが、オープン初年度は、
お盆の期間中とその後の数日は、お客様はあまりご来店頂けなかったのですが、
年々、県外からのお客様の利用が増えて来てる事を考えて、そのことも考慮して、
今月の20日までには、お盆休みをホームページにアップしようと思っています。

北陸に里帰りのお客様や国内外からの旅行者の方が、多くお見えになる時期です。
英文のメニューも増刷して、対応しなければと思っています。

 

お盆のお休みが決まりました。

お盆休みは、カレンダー通り13日14日15日16日17日の5日間となります。

過去、6年間のデーターを見ると、13日から17日までの5日間が一番、お客様のご来店が、
少く、この日に決めさせていただきました。

 

明日7月24日は、お休み

通常は、日曜日だけが、定休日なのですが、今回は24日の月曜日もお休み致します。

なぜか?・・・・飲食店の営業許可が、今年の8月で切れるため、
その更新に行くためにお休みに致しました。

数年ごとに、更新することに決まっていて、役所は平日しか開いていませんので、
お休みと致しました。

運転免許の更新と良く似ています。

更新手数料と、更新申請書、勉強会・・・・それで更新となります。

 

除去食 について

前回、小麦・大豆を完全完璧に除去は難しいと書きこみました。

小麦と大豆を抜いたとしても、しょうゆなどの調味料の中には、小麦や大豆が入っていますし、
コーフーなどのグルテンには、小麦グルテンの物や大豆グルテンの物があります。

味噌も、米味噌と言っても、大豆は、入っています。

また、アレルギー対応としますと、その食材が微量でも混入しないように注意しなければいけません。
鍋やまな板・・・包丁は、その都度、完全に区別しなければいけませんし。

調理環境にも注意しなければいけません。
(隣から飛んで入るとか、数滴でも混入するとだめだからです。)

そのことから、混雑時は、上記を完全に実行することは非常に難しくなります。

お店に問い合わせる時には、只、小麦がだめです・・・大豆がだめです・・・
だけ言うのではなく、調味料でも、・・・
又、アレルギーを起こす可能性のある物が一滴でも入っている物は、
だめなのです、またお鍋などに数滴でもついているとまずいし、
包丁やまな板も区別していただける様に、詳しく問い合わせることが肝心です。

小麦だめ・・大豆だめ・・ゴマだめ・・とだけ問い合わせますと、
目に見えない物は、大方、除去して頂けませんし、
料理を作る側もアレルギーに対しての知識は、薄い物です。
また、その恐ろしさも、解らないでしょう。
それが、自然食やマクロビオティックのレストランでも、同様です。

マクロビオティックでは、動物性の物は一切使わないのが基本とされます。

(牛・豚・鳥・爬虫類・魚類・卵・ミルク・・・・一切の動物性食材)それらにアレルギーのある方
には、安全な食事とは言えますが、それ以外で、マクロビで使って良いとされる食材の
除去は、非常に難しいのが現状です。

(マクロビや自然食のお店の中には、一般の人向けに
動物性の食材や一般の調味料を使っている場合もありますので、
事前に問い合わせることも必要になります。)

どのようなお店にでも、お問い合わせの際は、これでもかと言うように、
詳しく問い合わせいただくことが肝心です。

当店では、小麦・大豆の完全完璧な除去食は、受け付けておりません。

 

夏休みに入り県外からのお問い合わせが・・・

夏休みに入り、県外のお客様からのお問い合わせが、増えてきました。

お店のお休み、営業時間、ご予約・・など、
その中で一番多いお問い合わせが、お店への行き方についてです。

当店は、住宅地の中ほどに位置し、大通りから少し入らなければいけません。

大通りには、電柱に誘導巻きつけ看板を付けておりますので、
それを目印に来て頂くと幸いで御座います。

バスの停留所は、パレット前、バス停「赤坂」です。

赤坂のバス停は、大規模ショッピングセンター 「パレット」の前にあります。
(ジャスコさんのように、大型駐車場を完備して、色々なショップが入っている複合店です。)

そのパレット前のバス停から徒歩2分(子供の足で)で、当店へご来店頂けます。

小さなお店ですので、事前にご予約頂きますと、幸いで御座います。

ここのホームページを見て頂いているお客様は、出来れば、当店の地図を、
プリントアウトして、ご持参ください。

当店までの地図

 

毎日暑いし、ビールがうまい

毎日うだるような暑さ、今夏は湿気があるようで・・・・蒸し暑い・・・・

暑い時は、ビールが美味しいですね。

私も、オーガニックビールを、時々飲むのですが・・・やはり美味しいものです。

ビールで思い出しましたが、良く、海や山・・屋外で、水分補給と称して、
アルコールを飲まれている方を多く見ますが、アルコールが入っている物では、
水分補給は、難しいと言うのを昔、聴いた覚えがあります。

アルコールと言うのは、ある意味で体にとっては負担になるそうです。

体に入るとどうしても排泄しようと作用するようで、その排泄に必要なのは水であって、
水分補給しているようで、していないと言った矛盾が生じていると・・・
前に聞いたのです。

ではお茶はどうかと考えますと、濃いお茶は体にとって負担になりそうですし・・・・
飲むのなら薄ーいお茶か真水の方が良いそうで。

要するに、水分補給は、体に優しい体液に近いpHの水がお勧めとも聞きました。

マクロビをしている方は、自然でないし色々なケミカルが入っていると懸念するのですが、
ある意味で、ビールよりもスポーツ飲料の方が、お勧めと言うことです。

水分補給で急を要する時、体のphに近く調整されているスポーツ飲料を飲ませると良いと、
言うことでした。

マラソンの選手は、水分補給にスポーツ飲料を飲んでいますね。
それだけ体に吸収されやすいのでしょう?

また、手作りで、ナチュラルな水で、体に優しい健康的なスポーツ飲料を作って、
持って出かける人もいますね。

しかし、・・・・毎日暑いし・・・ビールがうまい!!

 

昨日は、大忙し?

昨日は、久々に、ご飯物が完売いたしました。

当店では、発芽玄米と胚芽米を炊き込んでいるのですが、
全て完売、用意していたお料理も完売して・・・・・
久々の忙しさでした。

やはり、観光の方やお盆休みで帰ってきている方が多いです。

お店の駐車場は狭いのですが、皆さん乗り合わせてきていただいたり、
バスで来られたり、狭い店内も、絶妙なタイミングで、お客様が入れ替わり、
お店に入れなくてお帰りになられる方は、いませんでした。

今まで、どんなにお店が混んでいても、なんとか回っているのは不思議なことです。

共にお客様に感謝!

当店も今週末、日曜日からお盆休みに入ります。

料理の仕込みも、お盆休み前日の土曜日は、例年の統計を参考に、
ぎりぎりで仕込むつもりです。

従いまして、今週の土曜日は、随時売り切れで、メニューを終了していきます。

混み具合により、ご飯物が早い内に完売した場合、スパゲッティーなどの麺類で、
対応して行きたいと思います。

土曜日の午後からご来店を予定されているお客様、
事前にご連絡頂ければ幸いで御座います。

 

夏期休業もおわり

お盆休みも終わり、金沢に帰って来たのは、16日の夜、直ぐに店内と厨房の掃除を始めて、
この日は、深夜の2時に終わった。

翌日の17日は、午後からゴマ豆腐などの練り物の仕込みなどで、一日が終る。

毎年のことだが、お盆休みや、正月休みの明けは、かなりきつい。

めったに無い、長期の休み・・・長時間の車での運転、
色々な所に足を運び・・・体を使い・・・

結構、ジャンクな物も、食べているので、休みの間は、感じないが、
休みが明けて、どーっと疲れが出てくる。

長期の休みで、気の緩みもあるのだろう?

体のスイッチを、切り替えるために、体を休めず、毎回、直ぐに仕事に取り掛かる。

最初の仕事は、店内・厨房の掃除。

休み前にも、大掃除をしているのだが、数日経過しているので、再度掃除をする。

気のせいか、スイッチが切り替わって行くのが解る・・・・・

店をオープンする頃には、完全に元の状態になるように、体調を調整する。

それで、開店・・・・

しかし、休みは終わるのが早いですね。

 

日常の平凡な継続に隠された大切な物

私たちは、日常意識することなく、呼吸し・・・意識することなく自然に体を動かし、
生活しています。

体が当たり前のように、体調をコントロールしています。

しかし、その揺らぎ無き日常の平凡な継続の歯車が狂い始めると、
初めて、普段気にも留めなかった意識さえしなかった大切な物に、悩まされ・・・・・
意識するようになります。

食や水もその日常的な平凡な継続された大切な物のひとつです。

歯車が狂い始めて初めて、人は、生活環境や習慣・・食・水を意識するようになり、
また、日々の日常の平凡な継続に隠された大切な物の存在を意識し、整えようと努力します。

普段、普通に生活していて気にも留めなかった物が、
如何に重要で大切な物であったか・・・

水が無い生活を考えたことはありますか?
その水は正常ですか?

食が無い生活を考えたことはありますか?
その食は正常ですか?

空気が無い生活を考えたことはありますか?
その空気は、正常ですか?

体は何で出来ているのでしょう?

その水や食や空気や・・・・・・・が、日常の平凡な継続に隠された大切な物を動かし、
コントロールし、歯車を正常に噛み合わせて・・・

水のこと考えましょう!食のこと考えましょう!空気のこと・・・・・考えましょう!

今、何が出来ますか? 必要ですか?

その答えは、全て私達自分自身の身体が自ら教えています。

耳を傾けてみましょう? 日常の平凡な継続に隠された大切な物を!

 

お花がいっぱい

店頭には、黄色い花を沢山植え込んでいます。

店が花で、囲まれているように、この文を読んでいる方の想像を超えた
位、沢山お花が咲いています。

お客さまの多くが、携帯等で写真を撮っているのを良く見かけます。

子供さんやご家族で黄色いお花をバックにお写真を撮っていたり、
カップルでお写真を撮っていたり・・・・・

今、お花が沢山咲いています。

 

夏休みが終わってから

今まで、夏休みが終わってからは、店の方は空いてくるのだけれど、
今年は違って、県内外からのお客様が多い。

特に昼のお客様が多く、予想以外の集客にとても嬉しく思っています。

隣県の富山県や福井県のお客様も毎日のようにご来店頂いています。

マクロビオティック(穀菜食)専門で、食事できる所は少なく・・・・
完全にピュアベジタリアンにも対応していて、マクロビ・ベジ以外のメニューが一切無い、
当店は非常に珍しいお店の一つだそうです。

マクロビアンやピュアベジタリアンの方は、ここ金沢に、このような店が、
あるなんて信じられませんと驚き、もう開店から7年目に入ると言うと、
もっと早く解っていれば、食事に苦労しなくても良かったのにと、よく言われます。

当店は、それに対応していますので、最近、外国人の方も多くご来店頂いています。

マクロビオティックに準じての食材を使い、一切の動物性の物が無いお店ですので、
不本意に料理に他の物が混入する心配もありませんし、
お水が美味しいので、水筒に入れて持って帰る人も多いです。

ピュアベジタリアンのメニューやマクロビオティックのメニュー以外の物の匂いが、
隣の席から、流れてこず、それを食べている姿も見ることはありません。

当店は、住宅地(ベットタウン)にありますので、交通の便も良く、
雪や大雨が降っても安心してご来店いただけます。

今日は、外国人の方の団体様が、ご来店頂きました。
自転車で、日本横断をされている方たちで、myお箸を持参されて上手に、
召し上がっておられました。

私の店には、動物性の物は一切置いてありません。

砂糖・てんさい糖・安い合成のメープルシロップ・黒糖・粗糖・蜂蜜・オリゴ糖等は、一切使いません。
甘みは、水飴か、野菜の甘みを使っています。

じか栽培の野菜を中心に、玄米は信用のある農家から有機栽培の「イセヒカリ」を仕入れています。

水は、全て浄活水器を通して、ナチュラルで自然な水を使っています。

油もこだわった物で、純正の菜種サラダ油を使っています。

まだまだ、こだわりは、書ききれません。

 

金沢は、これから涼しくくなります。

短い紅葉の季節を向かえ、

あっという間に数ヶ月で、雪化粧に、車のタイヤを冬用タイヤに・・・・

雪囲い・・・木々の枝が雪の重みで折れないようにロープで固定し、
道路は、融雪装置の点検で、融雪用噴水が、いたる所で見られ・・・・
除雪用器具や、暖房器具の補充など、忙しくなります。

その北陸の短い紅葉の季節、県内外から美しい紅葉を見に、沢山のお客様が来県されます。

 

たかが水されど水・・・・

先日、当店お勧めの浄活水器を購入頂いた。

「前から台所でお皿や手を洗う時に、沁みてとても辛かったと・・・
けれど、たかので、手を洗うと沁みないし、飲んでみても柔らかくて素直な水で、
前々から不思議だと思っていました。」

そして、一台購入頂きました。

数日たってから、ご来店頂いた際に、
「使ってみて、手に沁みないし苦にならないし、飲んでも美味しかったです。
お風呂にも付けたいので、もう一台欲しい」との事でした。

お買い上げの時に、妹様もお肌がデリケートで、お皿洗いなどで困っているとの事で、
妹様の浄活水器も一緒にお買い上げ頂きました。

やはり、分かる人は、分かるんだなーとその時思いました。

私は、このお水で10年近く生活していますので、他のお水と比較したり、
日々の生活でも、このお水の素晴らしさが自然と分かっているのですが、

中には、「水なんて何飲んでも変わらないよ・・・」
「金沢の水は、美味しいし綺麗だと、お役所が言っているじゃないの?」
「元々美味しくて安全なら浄水器なんて付ける必要なんか無いし・・・」
「塩素が入っているから身体の中が消毒されて良いのでは?」
と、世論に流されていたり、大きな勘違いをしている人も多いのです。


以前、お客様から、こんなお話を聞きました。

それは、そのお客様は、無料で汲む事が出来る、
浄水を毎日、容器に入れてご自宅で、使っていたそうです。

しかし、最近そのお水が美味しく思えなくなっていたそうです。

ある時、その浄水器?の点検をしている人を見かけました。
そこで、「この浄水器のろ過材は、どの位で換えるのですか?」と聞いたそうです。

作業をしている人は、「これは、電気を通すだけでろ過材なんか交換せんよ」と言いました。

お客様は、では、ろ過材を洗うのですねと聞いた所、それもしていないらしいのです。

お客様は、「それでは、ろ過なんか出来ないのでは?大丈夫ですか?」と聞き返しました。

作業をしている方は、「あんた地元の人か? 金沢は水が綺麗で美味しいと、いろんな所で
言っているのを知らないの」と言われました。

お客様は、「それでは塩素とか悪い物を完全にろ過出来ているのか心配ですね」と聞き返すと、

作業の人は、「塩素が入っているから、ばい菌が死んで安全で綺麗な水を使えるのと違う?」

と当たり前のように話されたようです。

それで、そのお客様は、もうそこへ水を汲みに行かなくなりました。

当店で、浄活水器をお買い上げの際に、話されていました。


金沢の水は美味しいし安全?殆どの方が、そう思い込んでいるようです。

しかし、分かる人は分かるし、良いお水を日頃から飲んでいる人は、
水道水そのままでは、美味しくないし・・色々な物が出てきていることは、
常識的に理解しています。

この私も、日頃から何年も良いお水を飲み続け使い続けていると、
たまに外で、水道水をそのままで使う時に、
水道水そのままの水は、美味しくないし、のどに刺さるような感じがするし、
塩素の匂いがきついし、薄味にすればするほど料理が薬品臭くなるし・・・
顔を洗えば、皮が引きつられるようだし・・・・
と、改めて、日々私が使っている浄活水の素晴らしさが実感できます。

たかが水されど水・・・・・シンプルに見えてとても大切な物だと思います。

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文