日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去の日記 1

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

たかの」の近況

最近、地方紙や全国紙・新聞・テレビなどで、当店を取り上げて頂ける企画が増えてきました。

テレビは、北陸朝日放送の「HAB 健康の館」等、でご紹介いただき、
オレンジページ等の食情報誌でのご紹介、北陸の地元紙「毎日新聞」でもご紹介いただきました。

全国の健康食ガイドブックにも、今年は数多く記載依頼が来ました。

どのマスメディアも、こちらからお願いしたのではなく、
当店をお探しくださり、無償で記載・紹介して頂いております。

非常に有難く思っております。

また、個人の健康関連サイトでも数多くリンク・紹介して頂いております。

このことも関係しているのか、県内外からのお客様が増えてまいりました。

外国からの方も数多くご来店頂いております。

只、私共は英語など、外国語が話せませんので、お料理の説明は出来なく心苦しく思っております。

最近、ご好意で当店メニューを翻訳して頂ける事になりましたので、このホームページや
店内のメニューにも、詳しい英文の物をお出しできると思います。

今現在、前にご好意で翻訳して頂いた簡単な英文のメニューは、置いて御座います。
(このホームページに記載済みのもの)

私の父「元気じいちゃん」が野菜の殆どを作っているのですが、
最近変わった野菜を作るのが趣味になって・・・
沖縄の野菜や同じく温帯の外国野菜の種類も増えて、お客様には喜ばれています。

店の外に、黄色い花を植えております。
(管理しているのは、私の父「元気じいちゃん」です。
「元気じいちゃん」は、風水に、凝っておりまして・・黄色一色・・・です。)

新たに、ミニひまわりを植えました。
(これは、私が植えました・・・次第に育っています。)

宅配用の空箱回収のお弁当の問い合わせが最近増えてきましたので、
(学校関係・事業所関係・・など)
購入し、それに対応できることとなりました。

店主個人の事ですが、最近運動不足で・・(殆ど店内での仕事)
朝のウォーキングを始めました。

やはり、マクロビオティックは、ウォーキングしないといけませんね・・・
(中年の粋に入ってきましたので、腹回りを引き締めなければと、奮闘中です。)

 

最近多い問い合わせから (1)

店によく問い合わせがあります。

「野菜は、どのような物を使っていますか?」
「調味料は、安全な物を使っていますか?」
「お米は、こだわった物ですか?」

と言った事を良く訪ねられるが、
肝心の「水はどのような物を使っていますか?」
との問い合わせは、今まで一度も無い・・・

もっとも大切で基本的な水の関心が、食にこだわりを持つ人達、
特に、毎日の食生活を切盛りしている、女性の方に、関心が無いのは
深刻な問題です。

水道水がどれほど、汚染されているか、
どのような物が出てきているのか・・・
公共の水道水と言うことで、安心している方が多いのが現状です。

食材にこだわっても、肝心の水にこだわらなければ、全てが無になる事を、
知らない人が多いです。

私が思うことは、食材にこだわっていても、水道水をそのまま使っていたり、
天然名水に近い自然に近い水を使わなければ、
それは意味の無いこだわりであるということに尽きるのです。

店を始めるときに、まず取り掛かったのは、
水環境をどのようにして、天然名水品質にするかという事でした。

それに伴い、今の日本の水質の悪さがひしひしと判ってきました。
鉛管の鉛害・・塩素の害・・重金属の害・・有機物・・農薬・・

それに伴う弊害・・・

まず食材にこだわる前に、水環境にこだわってほしい・・・
そこまで、もう深刻なんです。

自然食でもマクロビオティックでもスローフードでも・・・
こだわった店に問い合わせる時には、

まず、「水はどのような物を使っていますか?」と、問い合わせて頂きたいです。
それで、そこの店のクオリティーが、はっきりと見えてくるのだから・・・

その後に、食材の問い合わせをすれば良いのではないでしょうか?

あなたの水環境は、健康ですか?

食だけにこだわっていませんか?

あなたの体は、70%以上、水で出来ているのです。

もっと、生命をつかさどる、命の水に関心を持ってください。

今からでも遅くはありません。



最近多い問い合わせから (2)

最近良く、「「たかの」さんのお店は、」肉とか魚とか卵とか・・・動物性の物を
使っていないのですか?・・・・砂糖は使っていませんか?
調味料は、OO醤油なんか使っていないですか?」と、よく聞かれるようになりました。

私は、「マクロビオティックに準じた物を使っていますので、
動物性のものは、だし汁に至るまで使っていませんし、
砂糖も使いません」と答えます。

すると、「「たかの」さんの所のマクロビオティックは、
動物性の物や砂糖などは使っていないのですね?」と再度聞かれます。

数年前なら、このようなお話は無かったのですが、
マクロビオティックと言う言葉のみが、独り歩きして・・・
意味がごちゃごちゃに混ざり合ってしまっているようです。

 

玄米の食べ方について


今、玄米など全粒穀物の料理が流行しています。

マクロビオティックなどのナチュラルな料理が、注目されているためですが、
只、それらの食材を使えば、宜しいと言うレストランや消費者が多いのが現状です。

玄米に適した調理法があり、食べ方があり、それらを理解しての調理、飲食は、
その素材を有効に使うために、必要不可欠です。

玄米を白米を食べるように、飲み込むような形で食べたなら、通常でも30%ぐらいの
栄養が得られない所、それ以下の栄養吸収になりかねません。

また、早食いは胃腸の弱い方などには、適しません。

上記の方も含めて、玄米の有効な通常の食べ方は、口の中に一はし入れて、
唾液と混ぜながらペースト状になってから、飲み込むのが通例の食べ方です。

このことにより、玄米ならず、食の有効な利用が可能なのです。

都会のマクロビオティックの老舗では、マクロビオティック熟練者が、
一はし口に入れ、一度はしを置き、よく噛みペースト状になってから食べているのを
よく目にします。

マクロビオティックの料理教室であったり、セミナーであったり、
学びの場では、まず基本の食べ方を必ず教えることとなっているのも、
その食べ方が非常に重要な要素であることを示しているのです。

しかし、マクロビオティックは、堅苦しい食事方法ではなく、
絶対にしなさいと言う強制力は一切ありません。

それは、個人の自由意志に任されているからです。

玄米を食べて、ナチュラルヘルシーな有効な効果を期待している方は、
上記の食べ方を実践してみるのも有効であり、またお勧めします。

当店では、玄米そのままでは、消化吸収しにくい要素があるため、
人に優しい発芽玄米にしてから玄米を炊いています。

発芽玄米は、発芽しただけで種子の酵素が活性化して、
栄養素のグレードが最高に高まり、玄米特有の栄養素(玄米よりも優れた)を残したままで、
白米同様の旨味と柔らかさを持った栄養吸収が良い未来食です。

発芽玄米は、身体の酸化防止、癌予防に、効果があるといわれているフイチン酸は、
白米の何十倍もあり、ビタミンB1やカルシウム、マグネシウム、食物繊維も、
白米の4倍近くあると言われています。

生活習慣病を防ぐというギャバ(γガンマ−アミノ酸)は白米の約10倍もあります。

発芽玄米だと、玄米自体が柔らかく、栄養も吸収しやすく、
玄米には無い優れた栄養素があり、子供からお年寄りまで安心して食べられる
ため、当店ではオープン当初から使用しています。

それも、発芽させる段階から全て、ナチュラルな健康的な水を使っています。

 

甘味料について

私の店では、甘味料は、多糖類を使います。

単糖類である所の砂糖(白糖・黒糖・・・・・糖みつ・・)果糖・・は、使いません。

私は、砂糖キビや砂糖大根(ビート)から作られた黒糖・てんさい糖・粗糖も、
一切使っていません。

米水あめや、麦芽水あめは、多糖類で、尚且つやさしい甘味料ですので、
甘みが欲しい時には、それらを使います。

しかし、デザートなどで使う以外は、あまり甘みを添加する事はしません。

野菜自体の甘みを生かすため、
マクロビオティックでは、甘味料は、殆ど使わないのです。

しかし、単糖類に日々なれて、習慣となっている人にとっては、
多糖類は、ゆっくりと吸収されていくので、物足りなく思ったり、
また、甘みが感じられない場合もあります。

普通は、水あめなどの甘みも甘いと感じられるのが普通ですが、
単糖類に依存しきっていると、多糖類の甘みがわからなくなることもあるようです。

てんさい糖は、穀物甘味料より単糖が多く、
甘みも強いので、そのような方には、甘味をわかって頂く、
為には良いかも知れませんが、純粋なメープルシロップやてんさい糖であっても、、
穀物から出来た糖より単糖が多く入っています。

使用する場合は、とり過ぎないように注意が必要です。

マクロビオティックのレストランやレシピ本の中には、
一般の人にも甘み(満足)をわかって頂くために、
穀物から出来た甘味より単糖の多い、
純正メープルシロップや純正甜菜糖を使っている場合もありますが、
甘みは、からだにやさしい穀物から出来た穀物甘味料
(水あめ・甘酒・完全に純正なみりん等)や野菜・キノコ・根菜等、
自然の甘みを主にすることが、もっとも理想です。


当店では、穀物甘味料よりも、単糖が多く入っているので、
純正メープルシロップや純正甜菜糖であっても、使いません。

 

売り切れ

私の店では、弁当も作っています。

食事・弁当共、発芽玄米と7分つき米(白米に近い)を選べるようにしていますが、
最近、発芽玄米の方が良く売れるようになり、売り切れになってしまう事があります。

お客様には申し訳ないのですが、発芽玄米売り切れの場合、
7分つき米で、我慢して頂いています。

玄米そのままでなら、漬け込む時間は、数時間でよいので直ぐにでも炊けるのですが、
発芽玄米は、少なくとも2日間は、かかりますので、売り切れだから直ぐに炊き込む
わけにも行きません。

また、私の店では、「いせひかり」を自ら発芽させていますので、出来合いの発芽玄米を
使うわけにも行かないのです。

玄米おにぎり数十個下さいと、当日、注文頂いたこともあるのですが、難しい場合もあります。

発芽玄米を確実にお召し上がりいただきたい場合は、少なくとも前日までに
ご予約頂ければ、お出しすることが出来るのですが・・・・

発芽玄米だけにすることも検討しています。

 

おせち料理

残り一月を残し新しい年を迎えます。

また、おせちの季節がやってきました。

金沢も、次第に寒くなり(例年より暖かいそうですが・・)車のタイヤも、もう直ぐ冬用タイヤに
換える時期がやってきました。

これから、雨が、あられに変わり、みぞれに変わり、雪になります。

道路のセンターラインにそって、融雪装置(噴水みたいな物)の点検が始まっています。

木には、縄をはり、雪の重みに耐えるよう冬支度が進み、

スポーツ品店には、ウインタースポーツのスキーやスノボーが、所狭しと並んでいます。

おせちを作る日も刻々と近づいています。

予約数が、多く、県外からも問い合わせがあるのですが、
一人で全て手作りで作っていますので、お作り出来る数も限りがありますので、
地元・近隣(宅配便を使っての販売は致しません)の方を対象にさせて頂いています。

12月に入ると、予約が増しますので、お早めにご予約ください。

尚、予約はメールでは承っておりません。

直接、当店にお電話で予約頂くか、ご来店時に、ご予約下さい。

原則として、12月31日に店頭でお引渡しすることになっていますが、
店の近郊で、都合の悪い方については、配達も検討しております。

金沢に帰省されるお客様で、毎年、おせち料理をご予約される方は多いです。

多くの場合、皆さんご実家の方に取りに来て頂いています。

※キャンセルは出来ませんので、帰省出来ない場合は、ご実家の方に食べてもらってください。)

 

季節の野菜を使う

マクロビオティック:穀物菜食:玄米菜食・・・・では、季節の野菜を使う事が基本です。

今の寒い時期、冬に茄子やトマトやピーマンなんかは、絶対に使いません。

メロン・・バナナ・・パイナップルなどの暖かい国に出来る果物や野菜、
いわゆる、南方系の果物も、使いません。

その季節に、その土地で出来る物を中心に頂くのが基本です。

その時期に取れる野菜や果物は、
その時々の身体にやさしく、昔から季節の野菜を食べなさいと言う、先人の知恵も
うなずけます。

真冬にトマトやピーマンなど茄子科の植物は、食べないのが懸命なことは、
昔からの知恵で、解っているのですが、最近では冬でもそのような野菜が手に入り、
季節感がなくなりつつあります。

たとえ有機野菜の表示があっても、季節感のない野菜や果物は使うべき、
食べるべきでないのが、基本ですので、マクロビオティック:穀物菜食:玄米菜食の
レストランで、上記の野菜が使われていたとすれば、
嗜好品的な感覚で出されているのだと思います。

当店では、季節の野菜を基本に、調理するように心がけています。

 

金沢の冬事情

金沢にも冬が訪れました、もう直ぐ12月の半ば、雪が降ってきます。

金沢に来られる予定の方は、冬用タイヤやチェーンのご用意をしてください。

金沢が天気でも、途中で雪が降っている場合もありますので、
道路サービスのホームページを参考に、余裕を持って安全運転してください。

それと、冬用タイヤとチェーンも、万能ではありません、普段よりゆっくりとした走行で、
ブレーキをかけるときは、普段よりも長く静止距離を!

と、書いている最中、雪が吹雪いてきました、(12月10日)
来週あたり大雪になりそうだと気象台も言っています。

兼六園なんかは、雪が降ると、とても綺麗なんです。

綿菓子が、小枝に乗っているようで、雪吊も北陸ならではの景観です。

道路の真ん中、センターラインから融雪するために水が流れるのですが、勢いが強いと、
噴水のようになって、歩道まで飛んでくる場合があるので、注意してください。

金沢中心街から約40分位で、有名な湯涌温泉があります。

長町の武家屋敷や、忍者寺、金箔、
兼六園から橋で渡って金沢城跡(櫓が、復元されていて、中に入れます。)も、人気です。

どこも、雪化粧で、とても綺麗ですし、夜も白銀の世界が広がり夢の国のようです。

しかし、地元の人にとっては、雪かきは、重労働で、
道路は渋滞とあまり嬉しくない事情もあります。

スキーの好きな方にとっては、待ちに待った季節なのですが・・・・
ちなみに、スキー場は、たくさんあります。

競技が出来るほどの素晴らしいスキー場が沢山あります。
スノボーも滑れる所が沢山あります。

子供さんと遊ぶなら、金沢中心街から、約40分位で行けるキゴ山スキー場もあります。
ソリコーナーや、子供ゲレンデ?・・・初心者コース・・・普通コースと大人の方でも楽しめます。
(町に近いので、山奥のスキー場よりは、オープンは、遅いです。)

と言うことで、北陸にも冬が訪れました。

(まだ、降り始めで、直ぐに雪が消え白銀の世界になるのは、まだ先ですが・・・・)

 

当店までの道路事情

金沢は、連日の大雪で、場所により道幅が狭くなり、車も立ち往生と言う場面を良く見ます。

幸いにも、当店は住宅地の中ほどに位置しているのですが、直ぐ近くまで除雪車が来ますし、
店の前の道が比較的広いので、車は普通に通れます。

先日の大雪の時も殆ど心配はありませんでした。

学校や幼稚園に配達に出かけるのですが、車を出せないと言ったことは、
現在まで一度もありません。

 

浄水器(浄活水器)ナチュラライザー煌を自慢しま〜す。

私の自宅やレストランで使っている浄活水、日々の生活で無くてはならない水、
毎日使っていて、これほど美味しく柔らかな水は無い・・と思っています。

玄米は、柔らかく甘く美味しく炊きあがり、生け花や店内の観葉植物も生き生きしています。

毎日の洗顔、うがいも非常に柔らかく優しい水なのでとても気持ちが良いです。

これで入れたお茶は美味しく、野菜をボイルしただけでも、とても美味しく仕上がります。

その「ナチュラライザー煌」を自信を持って、販売しています。

色々なメーカーから浄水器は出ています。

量販店においてあるような、低価格の物から専門店が扱う本格的な物まで様々です。

でも本質的なものは、水そのものです。

どんなに名が知れた有名メーカーの物であっても、外装を有名デザイナーが手にかけた
ような物であっても、出てくる水が素晴らしいかどうか、そこまで考えなければいけません。

素晴らしいかばんや靴を作る職人さんの物は、市場にあまり出回りません、
宣伝やコマーシャルも殆どしません、でも、出来上がりを何年も持ち望んでいる
方は沢山いるのです。

それは、その物の本質を追及されている方々に支持されているからだと思います。

それは、浄水器にも当てはまることだと思います。

見栄えや認知度ではなく、本格的なオリジナリティーを
重視する時代に入ってきていると思います。

色々ある浄水器の中で、私が使っている物に興味のある方は、

詳しくは、このホームページの「ナチュラライザー煌」のページを参考にして頂ければ、
幸いで御座います。

 

やっと溶けた雪

店頭の除雪は身に堪えました、
除雪をしてもまたつもり、どんなに重労働だったことか?

でも峠を越え、雪も殆ど溶けてきました。

当店は、道幅も広く大通りにも近いため、大雪になっても楽に車が通れます。

それでも、駐車場の雪や店頭の道路の雪は除雪しなければ行かないので、大変でした。

今日は暖かく・・・これから春になるのだと一安心です。

 

また寒波がやってきました。

只、今回の寒波は、前の寒波と違い雪はあまり降らないみたいです。

でも、関東など、普段雪が降らない地域で雪が降っています。

北陸では、5センチぐらいの積雪では、通常驚かないのですが、
普段雪の降らない人にとっては、大変だと思います。

歩き方にもコツがいりますし、履いている靴も裏がつるつるだったりと、
危ない物です。

まず、ハイヒールは、避けた方が良いです。

靴底がつるつるの物も危ないのです。

道が凍結している場合は、氷の上を直に歩かずに、雪がある部分を歩きます。

午後は、気温が下がり道路が凍結しますので、寄り道せずに早めに帰宅します。

橋の上は、危険です。
凍結していないように見えていても(道路が濡れている様に見える事もある)、
凍結している場合があり、橋の上は、凍結しやすいのです。
早朝、午後は特に注意が必要です。

坂になっているところも危ないです。
前の車が、滑って降りてくることもあります。

北陸では、融雪装置が付いていますし、冬用タイヤを履いているので安心ですが・・・
それでも、事故は必ず起こっています。

それが、都会なら大変なことです。

他の車にも注意が必要です。
ぶつけられることがありますので・・・・・なるべく早く帰宅されること・・
十分な車間距離を開け、制限速度以下で走らせること・・・
それが肝心です。

 

正月終わり、もう2月、

正月も、もう終わり2月になりました。

もう少しで春になりますが、北陸の冬は雪こそ少なくなりましたが、
まだ寒い日々が続きます。

正月、関西に行ったのですが、雪が無く、北陸より暖かい・・・・
畑に野菜が生えてて・・・うらやましい・・と思いました。

今、私の借りている畑は、雪が積もり、相当、掘り起こさなければ野菜が収穫できません。

種をまく時期も、それと平行して遅くなります。

今のところは、大根や白菜など冬野菜があるのですが、底がつけば
畑に掘り起こしに行かなければ行けません。

その畑の野菜も無くなれば、
保存してある、ヤーコンなどの根菜を使うことになります。

野菜の種類が、少なくなる代わりに、雑穀の料理の割合が多くなります。

一般に「粒粒料理」と言われているものに近くなります。

本来、マクロビオティックの料理は、野菜より穀物(雑穀)の料理の割合が
多いのが通常です。

でも雪の降らない所では、野菜が早く作れてうらやましいです。

地元で取れる野菜を使うことが基本ですので、県外からの取り寄せ
は、いたしません。

毎年、3月頃に野菜が不足してきます。
その場合、繋ぎで山菜を使うのですが、雪が早く融け、山菜が出来ることを願っています。

話が変わり、

私が毎日の生活で使い、店でも使っている、天然名水のすばらしいお水、
「ナチュラライザー煌」は、ここの、前の日記にも書き込んでいますが、すばらしいお水なのです。
(詳しく知りたい方は、この日記の前の記事やナチュラライザー紹介のページを)

前に、ショッピングモールに出展もしていたのですが、詳しく説明できないという事で、
そこを退会して、ここのホームページでのみで、紹介しています。

この浄水器には、特別な思い入れがあり、そのすばらしさを詳しくお伝えしたかったからです。

おそらく、これほど詳しく、説明したサイトは他には無いでしょう?

ただ、買い物カゴに入れる、支払いは?送料は?納品日は?とだけ出てくる
ショッピングモールでは、その良さが伝わらないし、お買いになられてから、
「えーうちの蛇口には付かない・・・蛇口変えなくちゃ・・」とか
「もっと安く買いたかった・・値段とか・・・詳しく聞いてから買いたかった」とか
「こんなの入らない・・イメージ違う」なんてことになってほしくないのです。

納得してお買い上げ頂けるよう、パンフレットには書き込まれていない内容まで
このホームページでは、詳しく書き込みました。

ですので、わたしのサイトには、「ナチュラライザー煌」のことが非常に詳しく書き込んでいます。

私自身これで何年も生活していますし、仕事でも使っていますので、
その良し悪さも、誰よりもわかっているのです。

このサイトを隅々まで読んで頂いたなら、このお水に対しての私の思い入れが
わかって頂けると思います。

そして、私一人で?殆ど対応していますので、無駄一切がありません、
その分、良心的に販売できるのです。

 

先日、読んだ本から・・

先日、久しぶりに良書を手にしました。

前々から興味があり、一気に読み上げました。

その本のタイトルは、
「脳内汚染」著者 岡田尊司さん 文藝春秋刊(本体1600円)

今、ゲーム脳や・・ネット依存・・メール依存・・が、巷で話題になっていますが、
この本を手にした時、目からうろこの内容に驚かされ、
今の現代社会の影を垣間見たように思います。

ジャンクな飲食によって、蓄積される重金属が、脳に悪い影響を与えることは、
前々からマクロビオティックのセミナーなどで、知っていましたが、
今の現代のメディア依存も、ある意味問題がある事は、感じていました。

今回手にしたこの書籍を読むにつれ・・・食の改善だけでは避けて通れない、
暗い影を指摘され、また恐ろしく、考えさせられました。

今の社会の子供たちや大人たち・・(殆どの若い世代)に当てはまる内容でした。

まだこの書籍を手にしていない方、特に子供さんを育てている方、教育に関りのある方、
若い世代の人たちには、読んで頂きたい本です。

 

先日、読んだ本から・・(2)

先日、もう一冊本を読みました。

その本のタイトルは、
「病気にならない生き方」著者 新谷弘実さん サンマーク出版(本体1600円)

この本の著者の先生は、ゴールデンタイムの某有名テレビ番組に出ていました。

その中で、ミルクについての事も、言われていました・・・
(日本でもはっきり言えるお医者様が出てきたんだなーと関心し、驚きました。)

番組の最後で、司会のタレントの方が、先生の話を訂正していましたが・・・
(やはり、まだ日本では、早いようで、残念にも思いました。)

この本を読んでいて、6年前、マクロビオティックのセミナーで教わったことが、
記憶によみがえりました。

日本では、ミルクが健康食品としてお医者様も栄養士様も推奨しているけれど、
アメリカの医師の中には、異議を唱える方もいるんですよと、当時教わりました。
そのマクロビオティックの講師の先生もアメリカから来た先生でした。

この本の著者の先生もアメリカで活躍されている医師だと言うことを、
本のプロフィールで、わかりました。

特に注目するのは、これを書いた先生が、医師であり、世界的権威の方だからです。

まだこの書籍を手にしていない方、貴重な本です。・・・お勧めです。

 

小春日和

今日は、お日様も出て心地よい小春日和となりました。

3月に入り、数日前まで雪が降っていたのがうそのようです。

しかし、北陸の春は雪の降らない地域と違い、まだまだ寒い日が続き、
暖房器具は、欠かせません。

車のタイヤも、時折、まだ雪が降るので、冬用のタイヤを外すのは、月半ば以降の方が多いです。
(滅多な事では、雪は降りませんが・・・)

暖かくなると家族とキャンプなど楽しむのですが、
北陸では、キャンプの出来る期間が非常に短く、とにかく雨が多い・・・
金沢人の有名なことわざで、「弁当忘れても傘忘れるな」ということわざがあります。
北陸に旅に来られる方は、傘は、忘れないでください。

今月の終わりごろから桜が薄ピンクに染まり、4月の初めには、満開になります。

特に、兼六園の桜は、綺麗です。

花見の期間、数日間は兼六園は無料開放になります。
(花見に来られる方は、気象台の予報などを参考に・・・)

夜桜も楽しめ、とても風情があって素晴らしいの一言です。

金沢は、桜の綺麗なスポットは、沢山あり、その時期の旅行はお勧めです。

よく勘違いされる方がいますが、北陸だから夏は、涼しいだろうと・・・
夏は、暑く、冬は寒い、そして雨が多い、それが北陸の気候です。

私の好きな時期は、冬が終わり春から梅雨に入るまでのわずかな期間、
小春日和の期間です。

それと、紅葉の綺麗な9月の半ば過ぎから10月の期間(時節により前後しますが・・)
です。

遠くには旅は出来ませんが、気持ちの良い時期、旅の支度でもいたしましょうか・・・・

 

どうして、てんさい糖を使わない?

当店では、メープルシロップやてんさい糖は、使いません。

甜菜糖は、特に使わないことにしています。

なぜ?と皆さんは思われるでしょう・・・

てんさい糖は、最近のマクロビオティックのレストランでも使われているようだし、
ネットで調べて見ると、多糖類だから、ゆっくり糖が吸収されるので体に良いとか、
おなかに良いとか、書いてあるサイトもあるのに・・・どうして?と思われるでしょう。

なぜなら、甜菜糖やメープルシロップ、しかもピュアで純正の物であっても、
穀物から出来た甘味料よりも単糖が多く入っているからです。

白糖や黒糖・・果糖などの単糖類が多く入っている物よりも単糖は少ないのですが、
デザートなど、特に単糖類に依存している方を満足させるほど甘みを添加する場合、
少ない分量で済みませんし、
また、単糖類をあまり食べたくない、避けたい方、(マクロビオティック食を求めて食べている方)
にとっては、あまり良くないと思うからです。

独特の風味、旨味成分があり、白糖には無い栄養もあることは事実です。
その旨味成分や栄養を料理に生かしたいと誰もが思うはずです。

しかし、甜菜等やメープルシロップは、穀物甘味料と違い単糖が多く入っているため、
普通にジャンクな食事をされている方にも、満足させられる(甘みを解っていただける)
ために、使われていることが多いと思います。

そのため、マクロビオティックを実践されている方並びに、普段から健康に気をつけて
食に関心のある方にとっては、非常に不自然で甘すぎると感じられることがあると良く耳にします。

普通なら多糖類である所の、米飴や甘酒、かぼちゃなどの甘みでも甘いと感じられるのが
普通で、健康体なのでしょうが、4人に一人が糖尿病にかかってもおかしくないと
言われている今日、砂糖に依存している方にとっては、インシュリン等の関係や、
単糖類の甘みに慣れてしまっているため、
やはり満足出来なかったり、甘みが解らなかったりと言うことがあるようです。

ですので、てんさい糖などは、穀物甘味料より単糖が多いので、砂糖に依存している方をも
満足させられるのです。

しかし、砂糖に依存している方にも満足できるほど、添加することは、
穀物甘味料に近いとはいえ、好ましい物ではないと思います。

マクロビオティックのレシピ本やレストランなどの中には、注意書きとして
上記のことも説明されている所もあります。

植物から取れる甘味料、純正でピュアなメープルシロップやてんさい糖でも、
穀物から出来た甘味料より、単糖が多いので使う時や食べる時は、少ない方が好ましい・・
マクロビオティックの料理では、甘味を添加するのなら米飴などの甘みを使うのが好ましいと。

栄養や旨味成分は、使う野菜や果物などの素材のなかにもあります。

白糖よりも、良いことは事実ですが、
私は、メープルシロップ、てんさい糖などは使用いたしません。

 

春の息吹・春の旅立ち

金沢は、3月14日と言うのに、雪が降りそれも積もり、所により渋滞やスリップ事故
もあり、大変な一日でした。

冬用タイヤから普通タイヤに変えていた方は、再度付け替えるなど大変だったと思います。

北陸は、3月いっぱいまで、雪が降る可能性が、多少とも考えられますので、
車でお越しのお客様は、チェーンを常備された方が良いと思います。

雪が降った場合、金沢市内は、通れても、山添を抜けて来なければ行けませんので
そこで、足止めをさせられる可能性もあります。

一日明けて、今日は、晴れて雪も跡形も無く消えています。
3月いっぱいは、不安定な天候が続きます。

新年度、就職や進学・・転勤などで、故郷を離れる方も沢山います。

希望を胸に皆さん旅立たれるのですが、
心配なのは、普段口にする食と水・・・・
特に水が変わると言うことは、大変なことですね。

地方から都会に行かれる方は、水環境が心配だと思います。

都会から地方に来られる方も、今まで慣れている水環境からの変換は、
大変な物です。

私たちの体の大部分は、水から出来ているのですから、
良い水環境に恵まれることは、体にとっても気分的にも良い事だと思います。

お子さんの旅立ち・・・転勤で旅立つ方・・・

自然でやさしい水環境を与えてくれる浄活水器を考えて見ては?

浄水器は、悪い物を浄化する物。
活水器は、水のクラスターを整えたり水そのものを活水させて、自然な構造にする物。
浄活水器は、両方の機能を持つ物。

水環境の改善には、浄活水器を、お勧めいたします。

自然系のやさしい浄活水器「ナチュラライザー煌」は、とても自然でよいお水を
日々の生活で使うことが出来ます。

春の旅立ちに、春の贈り物に・・・いかがですか?

 

取材・・・

去年もこの時期に取材が数件入ってきました。

今年も数件、取材が入ってきています。

この時期は、野菜の種類が限られていますので、
雑穀が主体の料理になっています。

今、店にあるのは、にんじん・きゃべつ・白菜・ねぎ・大根・かぶら・玉ねぎ・ヤーコン
蓮根・牛蒡など・・・・冬野菜で、根菜類が多いです。

畑は、やっと雪が溶けた位で、雪ノ下にあったキャベツ・白菜・大根は、ありますが、
菜っ葉がないのがこの時期です。

もう少したつと山菜が取れ始め、使えるのですがまだ早いです。

マクロビオティック料理の平均的な割合は全粒穀物が60%、野菜が20%から30%、
豆類と海藻類が5%から10%、味噌汁などのスープが5%から10%と言うことなので、
雑穀などの穀物を主に食べると言うことで、雑穀の料理が増えることは、
それで良いと思います。

この割合を聞いて、野菜が20%から30%と驚かれる方もいるかも知れません。
菜食主義のように野菜を主に沢山食べるのがマクロビオティックではないのです。
穀物の割合の方が多く、マクロビオティックは穀菜食とも呼ばれています。

この時期、取材となると、
雑穀の料理が多い内容になってしまいますので、
ある意味、写真写りが地味な物になるのです。

せめて4月の後半ぐらいなら、野菜の種類も増えて見栄えの良い
物を写せるのですが・・・・・なぜか取材は、この時期に集中します。

でも、普段の生活で雑穀料理、穀物菜食の料理を見慣れない方には、
その方が新鮮で良いのかも知れません。

穀菜食・・・どの雑穀料理を作りましょうか・・思案中です。

 

マクロビオティックの料理

マクロの料理は、野菜を中心とした菜食で、いろいろな野菜をたっぷりと
食べられると思っている方は多いのですが、それはある意味違います。

菜食主義とは違い、マクロビアンは、雑穀など穀物を中心に
野菜や海藻類や豆類は、副菜として食べています。

野菜よりも穀物の割合の方が多いのです。

前にも書きましたが、穀物が60%なら野菜の割合は、20%から30%なのです。
残りの割合は、スープや味噌汁で埋まります。

マクロビオティックは、別名を穀物菜食とも言います。

雑穀を形を変えて工夫し料理に盛り込んでいます。

雑穀ハンバーグ、雑穀グラタン、雑穀のデザート、雑穀で肉のような食間を作ったり、
雑穀でチーズや生クリームのような物を作って見たりと・・・・雑穀でクッキーを作ってみたり・・
主役は、野菜や海草ではなく、穀類なのです。

菜食主義と違うのは、穀物(雑穀・玄米・豆・・・・)等を中心に食べている事です。

雑穀には、優れた栄養素があります。

例を挙げてみましょう!

雑穀の中でキヌアと言う物があります。

キヌアは、必須アミノ酸を全て含んでいて、
たんぱく質や食物繊維や鉄分も豊富に含んでいます。

アメリカのNASAが、将来的な主食になるであろうと言っているのもうなずけるほど、
バランスの良い雑穀です。

それは、キヌアだけに留まりません、あわやひえやキビにも同等と言えるほどの
有効な栄養素が含まれているのです。

それらの穀物を中心に副菜である野菜や海草を料理に盛り込み
バランスを整えているのです。

マクロビオティックのレストランやレシピ本は、穀類を中心にメニューを
作っているのもうなずけると思います。

野菜だけに目を向けず、主たる料理に雑穀を大いに使いましょう!
雑穀を毎日、よく噛んで食べましょう!

美容と健康のために・・・・

 

「たかの」近況 part2

3月23日(木)に、テレビ金沢「びービーミツバチ」情報番組の取材がありました。

放送は、3月29日(水)の夕方から、情報番組「びービーミツバチ」の
「マクロビオティック徹底解剖!」の中で紹介して頂ける事となりました。

金沢は、ようやく暖かくなってきました。
冬用タイヤから、通常のタイヤに替えている光景を良く見ます。

最近、観光の方も多くお見えになります。
暖かくなってきたので、観光には良い季節です。
まだ、花見には早く、来月初旬頃が満開だと思いますが、
小春日和の中、古い町並みを散策されるのも、風情があって良いものです。

最近と言えば、この時期なぜか・・・
色々とサプリメントの試供品が送られてきます。
試供品?・・・・殆どが正規品です。

私の店の名前は、「健康食工房たかの」健康食が名前に入っているので、
健康食(サプリメント)の店だと思われて送られているのだと思います。

お客様の中には、健康食料品の店だと思い込んでいる方もいて、
食事できる所だと思わなかったと、驚かれる方もいます。

もっと早く解っていれば・・・食べに来たのにと皆さん言われます。

お食事所・・・って、旗でも上げ様かなって思っています。
一年前に、旗は買ってあるのですが、デザインがイメージと違っていたので、
倉庫に入ったままになっています。
明日にでも出して、チェックして良ければ、立てようかとも検討している所です。

名前と言う物は大切な物だと・・・最近強く・・・思います。

 

よく噛んで食べる (発芽玄米との出会い)

マクロビオティックでは、とにかくよく噛んで食べる・・これが基本です。

玄米なんかは、40回以上噛むのが常識・・噛む人は100回位噛んでいます。

玄米は、噛まないと消化が著しく悪いのです。
噛むこと、それは、唾液の中に含まれる消化酵素の恩恵に与るためです。

しかし、気忙しい今、そこまで噛んで食べれないし、そもそも時間がない・・・
それでは、楽しんで食べるのではなく、何かの儀式か修行のようだと思われる方も多いでしょう。

発芽玄米が、最近もてはやされるのは、発芽させることで消化がよくなること
玄米には、あまりない栄養素がプラスされること
消化が玄米よりも良いため、噛むことに時間が取れない人にも適していること

まだ他にも、優れた要素がありますが、発芽玄米が最近注目されています。

当店もオープン当初、(6年以上前)一週間位は、
玄米そのままで、お客さんに出していました。

しかし、食べに来るお客様は、白米と同様に食べるのが早く、
それでは、消化されにくいし、子供さんやお年を召した方、デリケートな方には
特に悪いだろうし・・・・と・・・考えました。

当時、マクロビオティックの先生に、相談した所、
「玄米は、2日間ぐらい水につけて置くと消化が良くなっていいんだよ」
と言われました。

また、「米を洗う所からナチュラルな水を使うこと、その段階から浸透が始まっているから・・
玄米を水に浸けてからも、こまめに取り替えること」を教えて頂きました。

それ以来、水に長時間つけて炊いています。

後で、解ったのですが、
色々調べた所、玄米や大豆は、発芽させる事で、消化がしやすくなる。
それに、栄養素もプラスされると言うことがわかりました。
そして、水に浸かっている玄米をよく見れば、プチッと小さく発芽しているのです。

つまり、先生が言っていたことは、発芽させることだったのです。

先生のアドバイスにより、知らず知らずの間、
当店は、オープン当初から発芽玄米をお客様へ提供する事が出来ていたのです。

 

8月で6周年感謝を込めてのお得な提案

オープンは、2000年の8月から、今年の8月で、まる6年がたちます。

北陸・・この魚王国、金沢。
魚がなければ料理でないと言われる金沢で、
次々とマクロビオティックの店が無くなる中で、
マクロビオティック完全対応の店の経営は、非常に難しいと言われてきました。

しかし、今年で当店は、7周年目を迎えることが出来ます。

ご来店頂いているお客様には、とても感謝しております。

それで、日頃からの感謝を込めて、
何時も出しているサービスセット(マクロビオティックヘルシーセット)を
1,050円を、来月4月から、1,000円で、お出しすることとなりました。

店のメニューは、最近大量に増刷致しましたので、4月に入っても
ヘルシーセットのメニュー表示は1050円になっていますが、
1000円でのサービスとなります。

ご飯のお代わりも検討致しましたが、当店のお米は、
とても安全であり、高額で、収穫量も少ないこだわりのお米ですので、
価格的に会わず、お代わりの方は、通常通り一杯150円を頂きます。

今回の対象となるマクロビオティックヘルシーセットは、
ベーシックな粗食をメインにしたとてもシンプルな、セットメニューです。
毎日、ランチを食べに来て頂いている常連のお客様に、とても喜ばれております。

マクロビオティック綺麗になるセット(1,580円)は、ヘルシーセットとは違い、
「たかの」のマクロビオティックオリジナル料理が多い、セットメニューです。
マクロビオティックのオリジナルの料理を召し上がりたい方に人気のメニューです。

マクロビオティック綺麗になるセットデザート付き(2,000円)は、さらにデザートが付いた
とてもお得なセットです。

当店に毎日、ランチを食べに来て頂いている方が多い中、
感謝を込めて、マクロビオティックヘルシーセットを4月から値下げ致します。

手ごろなメニューも、他にありますので、
春から、親元を離れ学びに来られる学生さんでも気軽に召し上がることが出来ます。

家庭的な雰囲気のお店ですので、普段着で気軽に、
小さな赤ちゃん連れの方・・・ママさんの会食・休憩・・・ご家族でのお食事・・・
ランチ・・ディナー・・・・・学生さんからOL・・・おじいちゃんからおばあちゃんまで・・
気軽に立ち寄れる、気の張らないお店です。

やさしい料理で、ご来店をお待ち致しております。

 

お急ぎのお客様は、事前にご連絡いただきますと・・・

当店は、店主一人で料理を作っていますので、
満席の場合、料理が出来るまで、時間がかる場合がございます。

生野菜等は、切って置くと栄養がなくなり、切った直ぐから酸化が始まりますので、
盛り付ける寸前にその都度、切っております。

大根おろし等も、お客さまへ料理を運ぶ寸前まで卸しません。

時間が限られておられるお客様、並びに団体のお客様は、
なるべくご予約頂ければ、幸いでございます。

お料理は、売り切れの場合、随時、打ち切りとなるメニューも出てまいりますので
ご了承くださいませ。

全席、禁煙になっていますので、ご協力お願いいたします。

お休みは、日曜日ですが、場合により代わる場合があります。
ホームページにて掲示しますので、確認くださいませ。

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文