日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

ツイート

・・・・・(下に下がるほど新しい記事)

マクロビオティックと優しいお水・・・・ 過去の日記は、数字が若いほど古い日記です。

最新の日記 (英数字順に新しい日記)

一番 最新の日記
(A) 最新の日記(B) 最新の日記(C) 最新の日記(D) 

  最新の日記(E) 最新の日記(F)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

最新の日記(B)  

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

2013・2・19

普段使いのマクロビオティック食材

私は、自然食穀菜食の食堂を経営しています。

日常生活(プライベート)と仕事は同一であり、食生活も殆ど同化しています。

普段使いの食材や調味料なども店で使っているものを使っています。

主にマクロビオティック食材を多数揃えている
問屋さん「オーサワジャパン」「ムソー」さんの食材を使って生活しています。

「ムソー」さんではマクロビオティックと相反するものもあるため選ぶ必要はありますが、
殆どない物はない品揃えの問屋さん。

「オーサワジャパン」さんでは、殆どの物がマクロビオティックに対応しています。

二社共、厳格な検査をされて品を揃えていますので、安心して使うことが出来るのです。

しかし、
まず、お客様にお出しするお料理で使う物は、
料理人自らが日常で試さなければいけないと思っています。

日常生活で使ってみて自らの体からの声を聴き、
良いと判断して初めてお客様にお出しできると思っています。

 

 

2013・2・20

マクロビオティック定番
梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)

私が店で使っている梅干は、
能登の梅干つくりの名人であるおばあちゃんに珠洲の塩を持参して
特別にお願いして漬けていただいているものです。

店で使っている梅干は6年間熟成させて漬け込んだ梅干です。

梅干は、昔から民間療法として使われてきた歴史があり、自然食・健康食としても有名です。

しかし、最近巷で出ている安価な物には、色々な添加物や色粉が入っている物が殆どのようです。

中には甘味料まで添加されている物まであり、減塩と称して、
それでは鮮度を保てないので保存料や防腐剤やペーハー調整剤まで入っています。

それに、国産物ではない物も多く、お隣の中国産のものまで出ています。

梅干は熟成期間が長いほど、まろやかな味となります。

クエン酸も増えて酸っぱくもなり、それが本来の健康自然食品である梅干の姿です。

梅干は、疲労回復・血糖値上昇の緩和・便通の改善・肝機能・解熱・抗菌・防腐と
言うように医学の進歩していなかった時代から、重宝されてきたようです。

では、早速なので食欲・消化・疲労回復・・
色々な用途で使われる万能健康飲料である
梅醤番茶(ウメショウバンチャ)の作り方を語りましょう!

梅醤番茶 材料

自然海塩を使い無着色で無添加の長期熟成の梅干1個
天然醸造の濃口醤油小さじ半杯 
生姜汁3滴から4滴
カフェインが少ない番茶:3年番茶
湯のみ(マグカップや耐熱カップや茶碗でも良い)

梅醤番茶作り方
1、梅干を湯飲みに入れ種を取り練る
2、さらに醤油と生姜を加えて練る
3、番茶を湯のみに注ぎよく混ぜて熱いうちに飲む

まず、試しに飲んでみてください良さがわかると思います。

 

 

2013・2・20

穀菜食・・マクロビオテイック食堂
暖かくなるものを出そう!

今日の金沢は寒い・・・

暖かくなるものを出そう!

鍋や煮物は珍しくない・・・・そうだ蒸し物を出そう!

と、セットメニューの中の一品として付けていたのが茶碗蒸し、
でもたまごを使った茶碗蒸しでは無く、
植物性100%の変わり茶碗蒸し「もちもち茶碗蒸し」で内容はと言いますと、
もちもちのゴマ豆腐を下に引き、
とろーりとした海藻のもずく入りのあんをかけて蒸しあげた変わり茶碗蒸しです。

もずくには沖縄もずくが有名ですが、能登もずくが最高です。

沖縄もずくは太くごわごわしていますが、能登もずくは、きめが細かくとろーとしているのです。

もずくは血糖値を下げたり、排毒(デトックス)効果も期待できる健康自然海食材です。

雑炊にいれても美味しいのですよ・・・。

 

 

2013・2・21

自然食穀物菜食のマクロビオティック
英文のメニュー表も置いてあるのです。

わたしの店「たかの」には外国からのお客様もお見えになられます。

そこで、英文のメニュー表も置いてあるのです。

外国からのお客様の殆どはアメリカやヨーロッパからのアーティストの方々や学校の先生です。

そこで、人気の料理ベストテンはと言いますと、

@ 玄米ドリア
A 玄米チャーハン
B 雑穀ハンバーグ
C ヘルシーセット
D きれになるセット
E 野菜グラタン
F コース料理
G ご飯セット(ご飯・漬物・味噌汁)
H じゃがいもパリパリサラダ
I 麩のからあげ
です。

がっりと・・・雑穀や玄米を食べれるメニューが人気のようです。

セットメニューは、お箸を使って食べて頂いています。

殆どの方が喜んでお帰りになります。

特に、コース料理をお召し上がり頂いた方は特に喜ばれるようです。

 

 

2013・2・22

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「ドウダンツツジ」

ここ数日金沢は比較的天気に恵まれ道路も凍結することも無く難を逃れておりました
「このまま春になればいいな〜」と期待していたのですが、
朝起きてみると白一色、白銀の世界が広がっていました・・・・
今の時期2月の終わりともなると、早朝積もった雪も昼前には殆ど溶けてなくなります。

今は道路に雪一つ無く今朝のあの雪はどこに?
と思うほどの小春日和、あたたかく気持ちの良い日差しが店内にも差し込んでいます。

金沢は今の時期、梅の花が咲くまではこのような天気が続くのです。

しかし、確実に暖かくなってきています。

店の横に植えている「ドウダンツツジ」の芽も大きくなってきました。

来月、満開となることでしょう!。

 

 

2013・2・22

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランで
「玄米デビュー」してみませんか?

私の店には、「玄米デビュー」初体験の方もお見えになります。

ご主人や子供さんやパートナー・・・お父さんお母さん・・・
に玄米は健康に良いから食べさせてあげたいでも?嫌がられてしまう!
と断念されていたお客様が「たかの・・なら食べてくれるかな?」とお連れになられているようです。

そこで食べられて案外、好評なのが「玄米チャーハン」です。

殆どの方が、「この玄米なら美味しく食べられる!」と驚かれるのです。

とにかく自然食や玄米嫌いな方はお店にご来店いただくと、
玄米や雑穀が入っていないどこにでもあるようなさっと食べて帰れるような
簡単な物を注文されようとします。

天丼とかパスタとかです。

でも、正直言いますと、
天丼は油を含みますので健康に良い料理とは言えませんし、パスタも殆ど炭水化物なのです。

せっかくご来店頂いたのですから、
どこでも食べれる物よりは私の店でしか食べれない物を食べて頂きたいのですが、
そうは行かないようです。

でも案外お連れの方は、
上手に誘導されて「玄米のチャーハン美味しそう・・・お父さんこれ食べようよ!」と
ご注文されるようです。

 

 

2013・2・22

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストラン

3月の臨時休業日のお知らせです。

詳細は下記のページでお知らせしております。

お店のカレンダー営業日のページ

 

 

2013・2・23

気軽にマクロビオティック
古風な物でもイメージを変えれば・・・・

切り干し大根は、健康食の代表格のようなもので良く穀菜食では使われる食材です。

通常は煮物にするのが定番ですが、調理方法により色々な物へと変えることは可能です。

以前私は、切り干し大根でデザートを作ったこともありますし、
レンコン饅頭のように色々な物を混ぜてお団子状にしてあんかけにしたこともあります。

キッシュにしたこともありますし、ケーキにしたこともあります。

さて、この画像ですが、「切り干し大根のとろとろ漬」?です。

生の切り干し大根に根昆布やめかぶなどのねばねば系海藻を入れて
独自の調味料で味付けをしたねばねば系の一品です。

食感は、しゃっきとしながらも粘りもあり、昆布の旨みも感じられる
すっきりとした後味の一品となりました。

酒のつまみにも最高です!

 

 

2013・2・23

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストラン
案外人気なのが?

野菜たっぷりの「和風スパゲッティー」小腹がすいた時に人気なのがこのパスタ料理です。

パスタと一緒にサラダを注文されている方が多いです。

私が開発した「ベジタリアンソース」で味付けしています。

ベジタリアンソースは、
以前、製品化しませんか?と言われたことがあるほど
不思議と美味しくなる独自の醗酵調味料です。

 

 

2013・2・23

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストラン
のセットメニュー
は、人気なのです。

セットメニューは頻繁にメインのお料理の内容を変えています。

この画像は「ヘルシーセット」1000円の画像です。

私のおつくりしているセットメニューは数種類ありますが、
私の店ではセットメニュー=サービスランチなのです。

この最もベーシックな家庭料理であるヘルシーセット1000円が
お得なのか?割高なのかは?お客様のお心しだいでもあります。

 

 

2013・2・23

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
「ドウダンツツジの花」

少し前の投稿で「ドウダンツツジ」の芽をご紹介しましたが、
肝心のお花をご紹介しておりませんでしたので、
昨年の春に咲きました時のお花の画像を投稿いたします。

このようなかわいいお花で来月、お客様をお迎えできるものと期待しています。

 

 

2013・2・28

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「裏メニュー」

私の店の常連様の裏メニュー...

私の店には常連様の特別メニューなる物があります。

この画像は、私の店のご常連様で若手作家の方が良くご注文される
裏メニューの味噌煮込みそうめんです。

具沢山の味噌汁にソーメン入れて食べたいとのご希望で特別にお出しした裏メニューです。

要するに、私のお出ししているお味噌汁は具沢山!

それにそうめんを入れて軽く煮込むだけなのですが・・・・

どことなく味噌ラーメンもどきの雰囲気で若手作家さんに喜ばれています。

無農薬自家栽培の辛〜い唐辛子を一本入れるのが特徴です。

体が内側からものすごく温かくなるのだとか・・・・

 

2013・2・28

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
「大根のケーキが人気の兆し」

大根のケーキのご紹介をしたのですが、
あれから数週間「大根のケーキ」が大好評で、
お持ち帰りやご予約でオーブンはフル稼働です。

もちもちのしっとりした食感と自然な癖の無いやさしい
甘みが新鮮と感想をいただいています。

自家栽培無農薬大根をかなり多く入れていますので、もちもちになるのかもしれません。

成分は、
大根皮ごと 水あめ 100%みかんジュース 全粒小麦粉 天然ジュウソウ 
ミネラル水 穀物酢 これだけで作っています。

 

 

2013・2・28

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
ホームページ「長文の理由」

私が店を始めた13年前は、この地、
金沢市では、健康自然食に興味をお持ちの方は少なく、
健康的な生活の思い込みと誤解からか、
肉は健康に良いから沢山食べよう!・・・ミルクは沢山飲むほどよい!
と言う人も多かったのです。

タバコも酒もお砂糖も今の時代よりも寛容な時代でした。

自然食穀菜食は、健康食?病人食?精進料理?
と言うように敬遠される方が殆どで認知度は
0どころかマイナス・・・文字通りマイナスからのスタートでした。

しかし、今の時代は少し人々の意識も変わってきています。

それは、二人に一人が大病を患いその内の
3人に一人がお亡くなりになると言う異常な健康状態であることからもわかるように、
生活食習慣の改善の意識が高まってきているからです。

しかし、13年前は、まだそのような意識は低く、
まず、健康自然食、穀菜食とはなにか?食習慣の改善の重要性を
わかりやすいようにお客様に説明するところから始める必要があったのです。

普通なら食堂の店主がこんなに説明する必要は無かったでしょう?

ごく簡単に店の説明だけをしていれば良かったと思います。

気がつけば、次第にホームページが長文となっていくこととなりました。

 

健康食工房たかの マクロビオティックを簡単に説明のページ
http://kirameki-takano.com/new_page_35.htm

 

 

2013・3・3

「飛来の毒物 身近な毒物」

最近お隣の国から風で流されてくる発がん物質であるpm2.5が話題になっています。

pm2.5に限らず、黄砂の飛来時期、黄砂にコーティングされ守られる形で、
紫外線にあたることでも毒性が増し、様々な毒物や病原菌も飛来してきています。

それが花粉と重なると益々人体に取り入れやすい構造になるようです。

それを防ぐには、pm2.5などの微粒物質を通さない
特別仕様のマスクを付けなければいけませんが、インフルエンザ用のマスクでは、
素通りしてしまうため効果はお守り程度であり、期待できないのです。

pm2.5用のマスクは割高であり、
便乗商法など粗悪品(にせもの商法)も出ているため注意が必要なようです。

このpm2.5ですが、案外知られていないのですが、
国内でも車の行き来の多い都会の一部の地域では
規定値を越えている所はかなりあるようです。

場合により、お隣の国から飛来してくる数値よりも多いので、
風の流れを見て安心は出来ないのです。

ですので、日本全国車が行き来する所では、pm2.5用のマスクは必需品ですし、
交通整理や外回りの仕事でなどで、
僅かでも排気ガスを吸う可能性のある方は要注意のようです。

少なくとも生活食習慣を見直して免疫を高めておくことも必要であると思います。

 

 

2013・3・3

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「店の看板」

私の店の看板は、オープンから2回作り変えています。

看板が維持できる年数は平均5年間だそうです。

どこのお店も看板には悩むそうで、
私のお店の場合は、どんなお店?とわかるように説明を付けています。

 

 

 

2013・3・3

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
店のライトアップ

私の店は、
金沢市のベットタウンの一つである三口新町の中ほどにあります。

金沢市の中でも、住む環境にはとても恵まれている場所にありますが、
住宅地の中ほどですので、夜にもなりますと落ち着いた時間がすぎていく場所でもあり、
ライトアップしなければお店の存在もアピールできません。

そこで、遠くからでもわかるように、
閉店の午後9時ごろまで灯台のごとくライトアップしています。

町内では防犯対策として、夜に各家々で外灯をつけるようにお願いしています。

私のお店もそれに貢献しています。

 

 

2013・3・7

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「
店のショウガ」

この画像は、無農薬自家栽培の生姜です。

この前は、梅醤番茶の作り方をここで紹介いたしました。

そこで、今回はそれに含まれます「生姜」について語りましょう。

私の店「自然食穀菜食の食堂 健康食工房たかの」では、
いつの時期でも使えるように生姜収穫後、冷凍庫で丸ごと保存しています。

生姜は、昔から殺菌作用や冷え性対策や湿布の素材や食中毒の予防などとして、
利用されてきた歴史があります。

その有効な成分の殆んどは、
皮の近い部分(皮と言っても良い部分)にあり、生姜は皮ごと使うのが理想です。
主に有名な成分は、「ショウガオール」「ジンゲロール」です。

ジンゲロール:生食で直ぐに利用しないと効果が無い。
(血管拡張・血流・消化機能補助・血液循環改善)

ショウガオール:ジンゲロールを加熱するとショウガオールに変化。
(血管拡張・血行改善・冷え対策)

今、寒い時期、生姜がブームですが皮ごと利用することをお勧めします。

 

 

2013・3・7

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
店においてあります健康な読み物

私の店、自然食穀菜食の食堂「健康食工房たかの」の店内には
健康書籍を気軽にお読み頂けるように置いてあります。

普通のカフェには、タウン情報誌や色々な雑誌などが置いてありますが、
私の店には健康書籍のみ置いてあるのです。

私が読んでいた物の一部を置いているのですが、
殆んどの本はインターネットの本屋さん「AMAZON」から取り寄せた物です。

「AMAZON」の良いところは、
一般の本屋にも置いていないような本でも手に入ること、
一冊からでも送料無料であること、
コンビニ前払いなどで購入すると手数料も無料であること、
指定した場所に届けてくれること、
作者のコメントや読んだ方の感想なども確認できること、などです。

つまり、本屋まで出かけなくても欲しい本が気軽に手に入るシステムなので、
時間の節約、ガソリンの節約、交通費の節約にもなっています。

「AMAZON」インターネットの本屋さん

 

 

2013・3・7

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「
発芽玄米

玄米は、身体の酸化防止、癌予防に、
効果があるといわれているフイチン酸は、白米の何十倍もあり、
ビタミンB1やカルシウム、マグネシウム、食物繊維も、白米の4倍近くあると言われています。

そのようなこともあり玄米は健康に良いと、
玄米ブームと一時期なったのですが、
例えば動物性のものを一切食べない完全な菜食主義の方が
玄米菜食のみで生活される場合は、食べあわせ方や食べ方などにも注意が必要であり、
食べ方や食べあわせ方を間違えると摂食障害のようなことにも無きにしも非ず、
基礎と判断力を学んだ上で、
自分自身のからだと対話しながら、バランスよく食べ無ければ大変なことに・・・・
そこで注目されてきたのが、発芽玄米です。

玄米そのままで食べるよりも発芽玄米にすることにより、
栄養吸収が向上し、玄米そのままで食べることのデメリットがメリットに変わるからです。

つまり、玄米そのままで炊くよりも、発芽玄米にしてから炊くほうが体にはやさしいとのです。

発芽玄米は、発芽しただけで種子の酵素が活性化して、
栄養素のグレードが最高に高まり、玄米特有の栄養素を残したままで、
白米同様の旨味と柔らかさを持った栄養吸収が良い未来食となります。

発芽させるだけで、玄米よりも、栄養の吸収しやすい構造になるのです。
そして、生活習慣病を防ぐというギャバ(γガンマ−アミノ酸)は白米の約10倍もあります。

発芽玄米を利用して、その恵みを余す所なく利用したい物です。

以前、ここに書き込みましたように、私の店では十数年前のオープンしたての頃から、
マクロビオティックの先生からアドバイスを受けて、発芽玄米をお出ししています。

もちろん、既製品の発芽玄米に頼らずに、玄米を自ら発芽させて使っています。

 

 

2013・3・19

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「アイスクリーム」

「たかの」では、完全植物性のデザートもお出ししています。

そのデザートの中でも、アイクリームは珍しいと評判です。

卵・ミルク・ゼラチンなど一切の動物性素材を使わないで、
砂糖・てんさいとう・メープルシロップの類も使わずに、
素材の甘さと穀物から生成される水あめのみで甘みをつけています。

そのため、動物性のアレルギーをお持ちの方で、
生まれて初めてアイスクリームを食べることが出来たとお喜びいただくことも珍しくありません。

正確には、ミルクを使わないので、アイスクリームとは言えませんが、
甘みは控えめですが、完成度は高く、何も言わないで出したなら、
普通のアイスクリームと見分けがつかないほどの食味を開発しています。

これから暖かくなるにつれて、アイスクリームの種類を増やして行きます。

今までの変わり種の評判の良かったアイスクリームは、

「きゅうりのアイスクリーム」

「たまねぎのアイスクリーム」

「ズッキーニのアイスクリーム」

「だいこんのアイスクリーム」

「とまとのアイスクリーム」

「小松菜のアイスクリーム」

「ブロッコリーのアイスクリーム」

「さつまいものアイスクリーム」

「きくいものアイスクリーム」

「むらさきいものアイスクリーム」

「加賀まるいものアイスクリーム」

「里芋のアイスクリーム」・・・・・・

これらと違う物であっと驚くアイスクリームを検討中です。

 

 

2013・3・19

お茶?」

最近いろいろなお茶を楽しんでいます。

マテ茶・・玄米茶・・黒米茶・・たんぽぽ茶・・よもぎ茶・・
ハーブティー・・生姜茶・・ゆず茶・・れもん茶・・すだち茶・・昆布茶・・
はとむぎ茶・・ごぼう茶・・にんじん茶・・かぼちゃ茶・・だいこん茶・・
きゃべつ茶・・甘い野菜のお茶・・

自家製であったり、市販の物であったりですが気分転換とひと時のやすらぎには最高です!

身近な物でみなさんも色々なお茶を試しませんか?、

 

 

2013・3・19

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
「相互リンクの募集」

ここの「たかのサイト」で、相互リンクの募集を始めました。

以前から様々なサイト様(個人のブログ&ホームページ・
お店のサイト・各種情報サイトなど・・)から相互リンクの依頼がございましたが、
多忙につきお断りをしておりましたが、
ディスクトップパソコンからノートパソコンに切り替えましたので
作業時間の若干の余裕が出来ましたので、相互リンクの募集を再開致しました。

相互リンクとは、お互いのWEBページのリンクをお互いの
常に表示固定のページに張り合うことを意味します。

相互リンクを行うことにより被リンクが増えて、双方の新たなご縁の場が増えることになります。

アーティスト・・個人・・お店・・作家・・等のブログやホームページ・・・など。

只し、条件として

・WEBページが相互リンクできる環境であること。

・政治、宗教、思想、卑語、中傷、その他の迷惑行為の禁止。

・アダルト、スパム、成りすましの禁止。

・販売コンテンツのみのサイト、不法サイトの禁止。

等・・・制限をさせて頂いています。

要するに、子供たちや女性にも優しく安心して見る事の出来るサイトのみを募集いたします。

我こそはと思われる方は、お気軽にお問い合わせください。。

 

2013・3・19

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの
明日3月20日春分の日は営業」

明日は、もう春分の日です。

明日、3月20日(水)春分の日は、
私の店、自然食穀菜食のマクロビオティック食堂
「健康食工房たかの」は休まずに営業しています。

金沢は連日暖かくもう雪は降らないでしょう!

ご近所の方もいっせいに、冬用タイヤからノーマルタイヤに換えています。

そうそう・・・春の音連(おとづれ)うぐいすが店の外の植木に毎日とまりに来ています。

「ほーうほけきょ・・・ホ ゥホケ〜キョ〜」

毎日早朝来るのですが、日に日に泣き声が上手になって来ています。

来月は待ちに待ったお花見のシーズン到来です!

 

 

2013・3・30

和物のみかんには奥深い懐かしいやさしさ

このみかんは、ご自宅の敷地にみかんの木がある方から送って頂いた物です。

ですので、低農薬か無農薬であろうと思います。

北陸とは違い暖かいところに住まわれている方で、
そこで出来るみかんはとても甘くおやつ代わりに食べています。

洋物のみかんよりも和物のみかんには奥深い懐かしいやさしさを感じます。

今、和物のみかんを使ってのデザートを模索中です。

自然食穀物菜食レストラン金沢たかの無農薬みかん

 

 

2013・3・30

「森林に漂う匂いの要素フイトンチッド」

アウトドア 森林浴・・私は森や海が好きです。

子供たちがまだ幼かった時には、休みとなると海や山に出かけていたものです。

まとまった休みが取れると、決まって全国のキャンプ場に出かけていました。

キャンプ用の備品は全て購入、車のトランクにこれでもかと押し込み、
さびれたキャンプ場にも出かけました。

しかし、こどもたちも大きくなると家族で行動することも少なくなり、
キャンプ用品は倉庫に眠ったまま、子供たちの中にもアウトドアが好きなものもいるので、
いずれ活躍することでしょう?

さて、アウトドア 森林浴ですが科学的にかなりの癒しの効果が
期待できることがわかってきています。

森林に漂う匂いの要素フイトンチッドなるものが免疫を高めてくれたり
気分転換等に良いそうなのです。

よく、お坊様や仙人が山奥で修行されているのを古代の書物で見かけますし、
山の水や森林に出かけて帰ってくると若返ったとか昔話でも多くが語られています。

今は花粉の時期ですが収まり次第に森林浴に出かけたいと思います。

金沢は、少し車で走れば海や森があり、アウトドアや森林浴が気軽に楽しめる場所です。

これからお花見とまさに金沢は観光シーズンに入ります。

アウトドアが好きな方にもお勧めなのが金沢です。

どうぞ金沢へ・・・・お待ちいたしております。

森林浴

 

 

2013・3・30

自然食穀菜食堂「健康食工房たかの」
マクロビオティックのレストランの「お弁当」

金沢は、毎日がぽかぽかと暖かく春の陽気に包まれています。

最近、お弁当のご注文が前にも増して口コミにより増えてきました。

毎朝、お弁当を作って店頭でお渡ししたり配達したりとお大忙しの毎日です。

マクロビオティック:自然食穀物菜食のお野菜いっぱいの無添加のお弁当です。

自然食マクロビお弁当

お弁当箱は前まで透明プラスチックのふたの物を使っていましたが、
紙のタイプのお弁当箱に在庫がなくなり次第替えています。

マクロビオティック:自然食穀物菜食のお野菜いっぱいの無添加のお弁当です。

マクロビ弁当・・金沢

 

 

2013・3・30

「玄米を子供たちにも食べやすく消化にも良く」

玄米ご飯を食べやすく混ぜご飯タイプにして、
小さなお団子のようなおにぎりにすると可愛いおしゃれな感覚で
子供さんでも喜んで食べてくれると思います。

玄米ご飯は発芽玄米にすれば、白ごはん感覚で食べても消化に良く
子供さんでも安心頂いて食べれると思います。

混ぜご飯玄米のおにぎり

 

 

2013・3・30

「健やかなる日々に願いをこめて・・・」

究極にこだわりを持つ物は手が届きにくきもの・・・
真にこだわりを持つ物は高額であり、真に必要な人以外には中々手が出せない物です。

食材の味噌や醤油でも、スーパーマーケットの特売なんかの物よりも十倍値はする物です。

無農薬の玄米でも5キログラムで安い物でも5000円位は常識の範囲内です。

私の店にはお店関係の方も食べに来て頂いていますが、
ある時居酒屋さんをされている方が「健康に少しでもこだわりたいのでお米だけでも
無農薬の物を考えているんです。 家族にも食べさせたいし〜」とお尋ねになりました。

私は、私が店で使っているお米のお値段を言うと、
「そんなに高いんだったら使えないわ〜」と
マジマジと不思議そうに玄米ご飯を見ていたのを思い出します。

真にこだわりを持つ物は高額であり、真に必要な人以外には中々手が出せない物です。

しかし、真に必要な人には、それは高額ではないのです。

私は水がたいせつと浄活水器の代理店もしていて、店のホームページでも販売もしています。

私が取り扱うのですから妥協は致しません究極の水が作れる物です。

でも、取り付け作業込みで25万円位するのです。

それでも、年に何回かは購入される方がいます。

水に25万円?殆んどの方が驚かれることでしょう?

でも、真に必要な人には、それは高額ではないのです。

それはその人にとって命の水だからです。

スーパーマーケットの安い特売の農薬の野菜や醤油やお味噌などなるべく買わずに、
低農薬の物や少しでも手作り感のある物を少し高くても選んでいる方が最近増えているようです。

少し高くても、それをお買いになっている方にとっては高いと言う思いは無いでしょう!

それは、それを食べまた利用しているご主人やお子様や
ご両親そしてご自分の健やかなる日々に思いを馳せているからだと思うのです。

健やかなる日々に願いをこめて・・・

 

 

2013・3・30

「4月の営業日」

私のお店、自然食穀菜食のマクロビオティック食堂
「健康食工房たかの」の4月の営業日が決まりました。

日曜日の定休日の他に、4月1日(月)のみ臨時休業を頂く事と致しました。


http://kirameki-takano.com/new_page_9.htm

(私のお店のホームページ・・・営業日カレンダー)

この日曜日の定休日ですが、
これは子供たちがまだ幼かった時に、親とのふれあいがたいせつと決めたことです。

でも、子供たちも、もうそろそろ独立する年齢になりかけており、
日曜日の定休日を平日に持っていこうかと奥さんと相談中です。

 

 

2013・3・30

雑穀クリームコロッケ

最近好評なのが、雑穀クリームコロッケです。

ゴマをまぶして揚げています。

中身は、もちきび・ひえ・キヌア・アマランサスの4種類の雑穀に、
吉野葛と山芋よく炒めたたまねぎのみじん切りを加えてペースト状になるまで鍋で練り、
独自に開発したベジタリアンソースや自家製ハーブを加えて味を調え、
冷まして固めてからお団子状にしてゴマをまぶして揚げています。

表面は香ばしく、中はとろとろすぎないクリーム状で、お子さんでも喜んで食べています。

雑穀コロッケ マクロビ

 

 

2013・3・30

植物で如何にして動物食を表現するか?

私の経営する自然食穀菜食のマクロビオティックの食堂「健康食工房たかの」では、
一切の動物性食材を使わないかわりに、
健康に良い雑穀や豆類や野菜や海藻類などをそれに換えて料理を組み立てています。

中でもグラタン類は、何も言わなければ普通のグラタンとわからないような食味を
完成させていますので、初めて穀物菜食を食べられる方にも喜んで頂いています。

そこで、今回は如何にして植物性のものだけで動物食を表現するのか?と
言うことについて語りましょう?

例えば簡単に出来る物で、植物性100%のマヨネーズを考えて見ましょう!

普通のマヨネーズは、卵黄と油と酢と塩と香辛料で出来ていて、90%油で出来ています。

それを、植物性100%で作るには、色々な方法がありますが、
簡単に作るには、ミキサーの中に濃厚な豆乳1カップか豆腐を入れてコショウ、
甘みや香ばしさが欲しければ水あめを少し入れたり、アーモンドパウダーや
白ゴマペーストや甘いかぼちゃの蒸した物を入れたりします。

そこに酸味であるレモン果汁を少々と醸造酢大匙2杯から3杯を入れて
スイッチ・・ポン!で30秒!あら不思議・・・
酸でたんぱく質が固まってマヨネーズのように!

ハーブを入れてみたり色々工夫すれば市販のマヨネーズよりも
美味しくてお手ごろに出来あがります。

 

 

2013・3・30

自らの体からのサインを探りながら判断する

私は、城下町金沢の田舎にある小さな店の自然食料理人です。

色々なお客様が県内外から来られますが、未だ勝手、健康指導もどきの事は致しておりません。

軽く・・ご質問があれば世間話のようにお話することはあっても深くは語らないようにしています。

そのような仕事は、代替医療のドクターがするべきだと思っているからです。

健康指導や相談を行うと言うことはその人のこれからの人生を背負うことである、
背負うことの出来る決意と責任を受け入れることの出来る人だけが出来ると思うからです。

巷には、少しどこかのセミナーに行ってみたり、
ちょっと本を読んでみたりしただけで、指導してしまう人がいたりしますが、
とても危険なことだと思います。

それに、養生系自然系の生活法・・・マクロビオティック・・西式健康法・・
ゲルソン療法・・リビングフード・・様々な物がありますが、
どれも日常的継続性が重要なものばかり、そして、それらの生活法は、
人任せでなく「自己責任に於いて、自らの体からのサインを自らが探りながら学んで行く、
判断して行くもの」だと思うからです。

出来る事は、入り口までナビゲートすることまで、
そのドアを開くか開かないかはその人次第だと思っています。

 

 

2013・4・4

からだの内側からの反応

穀菜食 玄米菜食 マクロビオティック マクロバイオス マクロバイオティック 
様々な言い方があるけれど同じ物です。

イタリアンやフレンチやベジタリアンやビーガンや現代風精進料理のお食事と違う点は、
食べたその時に「美味しかった綺麗だったお洒落・・・」と言うよりは、
食べた後、数時間後数日後のからだの内側からの反応を
意識していると言うことであろうと思います。

これとこれを組み合わせておなかの中に入った時にどのように混ざって
どのようにからだに組み込まれるか負担にならないか?

この食材を使った場合の消化スピードは?

今日の気温は寒いから・・・連休明けは疲れているから消化の良い物を基本に
・・・消化能力が低下しているだろうから消化を助けてくれるものを組み合わせて
・・・花粉や黄砂、新年度の移動なんかでストレスを抱えて
カルシウム等のミネラル低下の人が増える時期だからこれを出そう!
とか考えて調理しなければいけないのがこの食事法の難しいところでもあります。

 

 

2013・4・4

お弁当

関東でのお花見シーズンは、もうすぐ終わるようですが、
金沢市ではこれからがお花見シーズン到来となります。

兼六園は無料開放されて、夜桜も楽しめます。

夜桜の美しいところは、ライトアップされ、池に桜花が映し出され、
幻想的な空間が広がります。

桜色のお弁当が嬉しいひと時の安らぎを与えてくれる時期でもあります。

自然食穀物菜食のマクロビオティックのお弁当です。

お料理はその都度替えています。

さて箱の中身は?

食べる時までのお楽しみ!


http://kirameki-takano.com/new_page_20.htm

お花見弁当

 

 

2013・4・4

「お花見・・・白山比盗_社

金沢のお花見で案外知られていないスポットがあります。

それは、加賀一宮である白山比盗_社(白山神社:しらやまさん)周辺です。

ここは、山の中にあり、兼六園のように町の中心では無いので、
少し遅くから桜が咲き始めます。

大体、兼六園の満開時期から数日ぐらいの誤差で満開になります。

古来からある北陸でも有名な神社なので、
お花見の後は皆さん必ず参拝に行かれるようです。

そう言う私も、白山比盗_社には頻繁に参拝に行っています。

http://www.shirayama.or.jp/
(白山比盗_社のホームページ)。

白山比盗_社

 

 

2013・4・4

FREE magazine [ LM:  Life is Macrobiotic ]

店内には、マクロビオティックの一番古くからある大きなメディアである
「CI協会」発行のフリーパーパー数種類も常時、おいてあります。

FREE magazine [ LM:  Life is Macrobiotic ]
(マクロビオティックのある生活)

LM:  Life is Macrobiotic

 

 

2013・4・4

パンフレット

毎月私の店で発行しているお休みとかのパンフレットです。
店内においています。
数年前までは、毎月月末にDMをはがきで、登録して頂いたお客様へ送っていたのですが、
特別なことを除き、少しでものエコに貢献とペーパーレスを重んじて、DMはお休みにしています。

http://kirameki-takano.com/new_page_13.htm
( お店の紹介ページ )

パンフレット

 

 

2013・4・4

米味噌で十年以上の間、長期熟成させたもの

健康愛好家や養生されている方、自然食に精通している方、
穀物菜食:玄米菜食:マクロビオティックなど共通の生活法をされている方々、
東洋医学を学んでいる方々、日本古来の手当て法に精通している方々、
に、とって、世間一般の人から見て価値観が低い物の中には、
喉の置くから手が出るほど、どれだけ高額でも手に入れたいと思う物もあります。

この画像は、米味噌で十年以上の間、長期熟成させたものです。

色は黒くなりますが、十数年と言う月日が経過しても腐ることも無く、
今でも使える状態にあります。

滅多に店ではお出ししませんが、
私自身、年末の凍りつくような調理場でのおせちつくりの時期、
一週間数時間の仮眠での仕込みの際にパワーを頂くために口にする大切なお味噌でもあります。

もちろん天然醸造の自家製のお味噌です。

これだけ年数をかけて熟成させたお味噌は、めったなことがないと手に入りません。

よくネットなんかで検索して出てくる長期熟成のお味噌は大体5年前後位のものが多いのです。

そんなお味噌は文字通り必要な方しか買いませんので高額です。

でもすぐにそれでも売り切れになります。

一般の人から見て価値観が低い物の中には、喉の置くから手が出るほど、
どれだけ高額でも手に入れたいと思う物もあることは確かです。

米味噌で十年以上の間、長期熟成させたもの

 

 

2013・4・4

ドウダンツツジ

店の横に植えている「ドウダンツツジ」が花を咲かせようとしています。

このツツジは、普通のツツジと違いとても可愛らしい花を咲かせます。

大体満開になるのは、兼六園の桜が散り始めたくらいからです。

お客様を可愛い花がお迎えいたします。

ドウダンツツジ

 

 

2013・4・4

無農薬自家栽培のハーブ

無農薬自家栽培のハーブがやっと使える状態まで成長してきました。

これは、レモンパームです。

レモンの香りがするハーブです。

レモンパーム

 

 

2013・4・4

三つ葉

自家栽培の無農薬のお野菜でこの時期から重宝するのが三つ葉です。

何かと色々なお料理に使えるのが魅力です。

案外知られていないのですが、大葉とか三つ葉とか香りが良い和のお野菜も
ハーブの一種なのです。

今は小さい三つ葉ですが、
今月の半ばごろには八百屋さんで売られているような大きさまで成長します。

三つ葉

 

 

2013・4・4

ミニミニ・ヘルシーセット

案外知られていないセットメニューが「ミニミニ・ヘルシーセット」です。

「ヘルシーセット」は、以前ここで紹介しましたが、
ごく一般の普通サイズのセットメニューですが、「ミニミニ・ヘルシーセット」は、
女性の方々のダイエットを目的に設定いたしましたセットメニューです。

内容は、ヘルシーセットの十分の一の内容で、OLさんに人気のセットです。

「ヘルシーセット」は、税込1000円

「ミニミニ・ヘルシーセット」は、税込840円

お得なのは、「ヘルシーセット」ですが・・・・
案外知られていないセットメニューが「ミニミニ・ヘルシーセット」です。

共に、自然食穀物菜食のマクロビオティックのセットメニューに変わりありません。

でも、「ミニミニ・ヘルシーセット」は、幼児が食べてちょうど良い内容量ですので、
ダイエットとは言え、男性の方には不向きかもしれません。

 

 

2013・4・5

冬瓜

これは、冬瓜です。

冬瓜とは瓜の仲間のお野菜で、あんかけなんかに良く使われたりします。

収穫時期は秋口で、かぼちゃの収穫時期と同じ時期になります。

では?なぜ冬瓜と呼ばれているかと言いますと、
収穫されてから常温で放置されていても冬をまたいで長持ちするからだそうです。

それで、この冬瓜、丁度ハート型の傷があり、珍しいので食べずに今まで置いておいたものです。

でももうそろそろ限界ということで、先日酢漬に致しました。

先日よりお客様のサラダに少し付け合せています。

冬瓜

 

 

2013・4・5

純正のマテ茶

これは、純正のマテ茶です。

先日、常連様の若手の作家さんにご来店いただいた時に、
最近野菜不足で、こてこてのラーメンのような物ばかり食べていて調子が
いまひとつ出ないと言われていたので、特別に私がたまに飲んでいる
純正のマテ茶をお出ししたのでした。

このマテ茶を飲んでいる国の人たちは、
殆んど野菜を食べないでお肉ばかり食べている人たちです。

でもマテ茶をお水の変わりに何杯でも飲んでいるそうで、
お肉三昧脂三昧でもその国の若い人たちはプロポーションが素晴らしいのです。

ところでこの純正マテ茶ですが、
我々日本人にはちょっときついようで、
後日、その若手作家さんはその効果にとても驚いていました。

マテ茶

 

 

 

2013・4・5

特別に・・・・」

先日、ホームページとこのfacebookで、
自家製10年味噌の投稿をしてから、わけて欲しいとのお問い合わせが数件ございました。

それだけ、なんらかのストレスを抱えているお客様が多いと言うことでありましょう?

精神面でも肉体面でも冬から春に移り変わる急激な環境の変化には、
かなりのエネルギーを消費することとなり、普段よりも疲れてしまっている人も多い時期です。

そこで、滅多なことではお出ししないのですが、
特別に桜の花が葉桜になる少しの間だけ、
10年味噌を使ったお味噌汁をお店でお出しすることに致しました。

興味のあります方は、お試しできます。

10年味噌のお味噌汁

 

 

2013・4・8

大切なご家族・・将来の自分のために!

今日は、金沢市では一斉に小学校の入学式です。

満開の桜の並木道、小さなお子様とお父様お母様との微笑ましい光景を
沢山見ることが出来、遠い昔の日々を懐かしく回想しておりました。

最近、少子化が問題になっています。

昔と今では生活環境も違い、
晩婚の方も多い現状や様々な要因が少子化となっているようです。

子供を責任を持って一人前にすると言う社会的責任を考えた時に、
どうしても慎重にならざる得ない現実世界も関係していると言います。

経済力もさることながら、一番大切なのは、健康寿命との関係です。

子供が充分に安心して独り立ち出来るまでは、
親は保護者としても良きアドバイザーとしても、健康で社会生活を
営んでいる必要があるからです。

そのためには、食生活や生活習慣の改善はとても大切な要素です。

癌や成人病の危険リスクが倍増する禁酒・禁煙は常識であり、

生活習慣や食習慣の改善も大変重要・・・大切なご家族・・将来の自分のために!

「いつやるの。。。いまでしょ!」と・・・・
少しでものお役に立てられますようにと、我々自然食業界はあるのです。

 

 

2013・4・10

コーフー

自然食特にマクロビオティック系の食事スタイルで良く使われる食材があります。

それは「こうふ」「コーフー」と呼ばれるたんぱく質系の食材です。

外国では「セイタン」とも呼ばれています。

要するに、動物性タンパクを植物性タンパクに置き換える時に重宝する食材なのですが、
ダイエットや美容目的でも注目され、既製品も最近沢山出ています。

私の店では既製品ではオリジナリティーが出ないために、
色々な物と組み合わせてその都度お料理に合った「コーフー」を作っています。

「コーフー」の利用の仕方ですが、ミンチにすればひき肉のようにもあり、
スライスすればお肉のようになり、と使うわけです。

因みにこの画像は様々な雑穀とコーフーの元となるグルテン粉や
ハーブなどで出来ている物で、フライ用にと作ったものです。

コーフー

 

 

2013・4・10

「自家製雑穀入りコーフーかつ

これが今回おつくりした私のオリジナルの「コーフーかつ」です。

コーフーの元となるグルテン粉に、
加賀丸芋と数種類のからだと美容にやさしい雑穀と根菜類と
自家製ハーブと独自にあみ出したソースを加えて
ふわっとした食感のコーフーフライとなりました。

やさしい味がついているので、そのまんまレモンを絞って頂きます。

自家製雑穀入りコーフーかつ

 

 

2013・4・10

ダイエット

ダイエット マクロビオティックをしている芸能人・・・・

外国のアーティストをよく観察して見ると、
マクロビ系の食事スタイルを実践されている方々の多くは、
食の改善だけで終わっていない・・・
皆さん筋力トレーニングもされている方々が殆んどのようです。

水泳したり・・ウォーキング・・ジョギング」・・ジムに通ったり、
スクワットされていたりと筋肉を使う運動をされています。

食だけ改善すればそれでいいのでは?と思ってしまう方もいますが、
やはりそれだけでは不十分なようです。

外国の方は、若い時は皆さん綺麗でスタイルが美しいのですが、
ある年齢を超えた時から、太りやすい体質に変わるようです。

色々な本を読んでいた時に、その答えが書いてありました。

若い時には、代謝を高めるホルモンが分泌されているので、
太らない人はどか食いしても太らないが、ある年齢を境にそのホルモンが分泌されなくなってしまう。

たぶん、私が思うにはある年齢を超えた時、痩せているよりも
小太りの方が健康面で優位なので、そのようになっているのでは?

ではどうするか、小太りになりたくない人も多い・・・
筋力トレーニングをすると似たようなホルモンが出て太るのを抑制すると言うような
内容を目にしたのでした。

そうか!

それで・・・マクロビしているフアッション系モデルでもアーティストでも
筋力トレーニングしているし・・・外国系の通販ショップなんかにには
筋力トレーニングのグッズがわんさかなんだ・・・と言うことです。

つまり、ある程度の年齢を超えて小太りを避けたい人は、
食の改善+筋力トレーニングが必要と言うことのようです。

でも・・・ある程度の年齢ともなると、痩せ型よりも太りすぎはいけませんが、
小太りの方の方が元気なようです。

 

 

2013・4・10

完全禁煙

店を完全禁煙にした理由・・・

私自身も私の両親も兄弟も酒もたばこも嗜みません。

それは私の両親や親戚で、酒とたばこを嗜む人が少なかったと
言う環境にも恵まれてきたのかも知れません。

それでも、板前と言う職業を選んだ時、もう今から30年も前のことでありますから、
結構やんちゃな人や遊び人風の人達も沢山いまして、
高校・大学時代からの急な環境の変化に雷にあったようなカルチャーショックを
覚えたのを今でも記憶しています。

その当時、職人の世界は縦社会、悪いことでも良いことでも言われれば
従うしかない、嫌なら去ると言う世界でありました。

「なんや〜たばこも吸えんのか〜」と無理やりたばこを吸わされたものです。

でもその世界にあっても素晴らしい人は必ずいるもので、
「そんなもん無理に吸わんでもいいぞ・・・舌の感覚が鈍ってしまうぞ!」と
言ってくれるその上の先輩がいまして、
それ以来そこでは、「たばこも吸えんのか〜」と無理やり吸わされるようなことはなくなり
・・・さすがに縦社会の世界です。

話は脱線いたしましたが、
私はたばこの害は学生時代から知っていまして、一生吸わない選択をしていたのでした。

それで、どれだけの害があるといいますと、信じられないくらいの害があります。

癌の発生率は、吸わない人の最大で30倍以上!

たばこの毒は、吸ってから血液に溶け込み、
からだ全身の細胞に運ばれるので、殆んど全ての癌の発生率を引き上げることになるそうです。
それで、たばこは吸っていないが周りの人が吸っていて
その煙や匂いを吸ってしまっている人のことを受動喫煙者と言うのですが、
信じられない害を受けているわけです。

喫煙している人、

喫煙していないが間接的に吸わされている人、

それは癌だけに留まりません。

心臓病・脳梗塞・肺疾患・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・歯周病・狭心症
・心筋梗塞・ぜんそく・気管支炎・骨粗しょう症・認識力低下
・成長阻害・流産・死産・低出生体重児・・・・・ときりがありません。

禁煙者を増やすことによって、
医療費の増加を抑える効果もあると言われているほどです。

でも本当のところ、分煙や防煙のお店が多くなってきましたが、
それは気休めにすぎません。

完全禁煙でなければ、防げないからです。

私のお店は完全禁煙のお店です。

完全禁煙の自然食レストランたかの

 

 

2013・4・11

「美容」

老けて行くことを抑制させること・・・

健康的な食生活や生活習慣に関心があり、
私生活に取り入れている方々は、若くなって見える方々が多いものです。

私は自然食の穀菜食の食堂を十数年営んできて、確信を持ってそう言えます。

特にマクロビオティックの実践者の方で、
ご自分に適した食べ方や生活の改善をされている方は、
実年齢よりも10歳は若くなって見えます。

60歳代なら50歳代・・40歳代なら30歳代・・30歳代なら20歳代と言うように、
心身共に若くなって見えるのです。

今巷は、様々なストレスで溢れています。

精神面・社会面・物理的な面・・・私たちはストレスの渦の中でもがいているようなものです。

そこで誰でも出来るとても簡単なストレス解消法とは?

食習慣と生活習慣の改善ではないでしょうか?

私たちのからだは、水と食べ物から形成されています。

その水と食べ物を良い物に換えるだけで、
食べ方を換えるだけでも、私たちのからだは良き方向に少しであっても舵をきれるものと思います。

その他にも、環境問題(大気汚染・電磁波・放射能・・)なども関係しているわけですが、
環境問題だけは、個人で解決するには限界があるというもの、
自ら今からでも実践応用できるのが、食生活や生活習慣の改善であろうと思います。

それは、素晴らしい腕前のエステシャンや
美容整形技術者にも勝る自然界の力・・・生命力の神秘でもあります。

無農薬やさい

 

 

   2013・4・11

「5月の大型連休中の営業日が決まりました。」

2013年 5月

は休みです。)

28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ゴールデンウィーク期間中、
4月29日(月)昭和の日から5月6日(月)国民の振替休日までは、
日祝日に限らず全て営業いたします。

 

2013・4・11

たかのが十数年代理店として販売している
自然系浄活水器「ナチュラライザー」に、
蛇口取付型の浄活水器が新登場!

天然名水品質の水を生活の全てに、
「ナチュラライザー煌水SS型」のある生活・・


・ 電気を使わないので、近くにコンセントが
  無くても災害時に停電した時でも使えます。

・ 50度までのお湯も浄活水出来ます。

・ 衛生的なステンレス製です。

・ 日本国内で作られています。

・ 逆流洗浄することで、カートリッジが長期間清潔に保たれます。

・ 蛇口取付型は、ランニングコストが最も安く、
  なんと約7年間も、ろ過材交換等のメンテナンスは必要ありません。

・ ろ過材交換等のメンテナンスも簡単、
  取り外してメーカーに送るだけ、数日後に帰ってきます。

・ 浄活水・原水・浄活水シャワー・逆洗浄と切り分けて使えます。

・ 工事等の大掛かりな作業が必要ないため、
  お引越し・賃貸のお住まいでもお客様自ら簡単に、
  取付け取り外しが出来ますので安心です。

超高性能 自然系浄活水器    『ナチュラライザー煌』

 

 

2013・4・21

店のドウダンツツジが満開に!


以前からここで紹介している店に植えているドウダンツツジですが、満開になっています。

桜の花が散る頃にいつも満開になるのです。

とても可愛いお花なので、心が癒されます。

どううだんつつじ

 

 

2013・4・21

「説明」

私は十数年前に今の店自然食穀物菜食の食堂「健康食工房たかの」を
今の土地、金沢市の住宅地の真ん中で始めました。

今の店を始めるその数年前、料理人であった時に、
マクロビオティックに出会い、色々な方々に説明もしていた時期があります。

一言でマクロビオティック:穀菜食をまだ何も知らない方々に
わかりやすく伝えるにはと色々と考えて、一つのフレーズが思い浮かびました。

それは、
「マクロビオティックの料理とは、今失わされようとしている戦前のおばあちゃんが作っていた、
純粋な日本食を広い視野で、見つめなおし現代に合った食に作り変えて、
尚且つ、東洋的な食のバランスを考えつつ、形成された食事方法です。」

と言う物でした。

この文面は、説明する時にとても重宝致しました。

なぜなら、詳しく語るとものすごい長文となるからです。

今でも時々、お料理を説明する時々に、
昔私が考えたこのフレーズを語っている場合がございます。

無農薬いせひかり 玄米

 

 

2013・4・21

料理を作るのが苦な人と苦にならない人

例えば料理人であっても、仕事ではストレス無く調理している人でも
家では抵抗があると言う人は殆んどです。

それと同じく、お料理学校では楽しく料理を作っていても、
いざ家に帰ってから作ろうと思うと気が重くなる人は多いと思います。

それは、前者が「作りたい」後者が「しかたなく作る」と言う心理が働くためだと思います。

同じような作業や行動でも陽性な思考と陰性な思考では大きく違います。

お料理教室なんかでは高額な授業料を払いつつ、
料理を作らされているのですが、皆さん苦にならないのです。

料理を作るのが苦な人と苦にならない人の違いはと言いますと、
それは、気持ち次第と言うことだと思います。

料理が苦でなければ、次第に手際が良く、料理も上手になるものです。

料理が好きになる苦にならないようになるには、
気持ちの持ち方次第、心のトレーニング:イメージトレーニングが有効であると思われます。

 

 

2013・4・21

「ハート」

この前の書き込みに、料理を作るのが苦な人と苦にならない人の違いは?
と言う内容を書き込みました。

自然食やマクロビ・・ゲルソン・・西式・・つぶつぶ・・
リビングフードなど養生系生活食事法を少なからずとも
意識されている方たちが耳にするとそんなの?と驚かれると思いますが、
今、巷の食卓、食生活は大きく乱れているのです。

子供たちのお弁当の中身を見て見ますと殆んどが既製品で出来ています。

例えば溶かすだけでよいフライとかサラダとかお茶も既製品、
おにぎりも既製品と言うようにです。

食卓はと言いますと、お肉がドカーンとあり、
お野菜と言えば付け合せのサラダくらい・・・中にはコンビニのお弁当がメインと言うことも普通にあるようですし、甘い菓子パンに甘いジュースとお菓子が食事と言う方々もいます。

相当前に定年されている学校の先生から聞いたことがありますが、
「ごく普通のご家庭の方でも、子供さんのおうちでの食事が極端に片寄ったお食事で、
学校の給食がその子にとってマトモナ食事と言うことが最近増えてきている」
これを聞いたのは7年ほど前のことです。

今は一般家庭のお食事がどうなっているかは計り知れません。

私が考える時に、自然食・・云々と言っているよりも先に、
まずは手作りのお野菜のお料理を一品でも良いから食卓に出しましょう!
と言うことのほうが必要かと思います。

今は二人に一人の人が大病を患い、
その内の三人に一人の方がお亡くなりになると言う異常な世の中ですが、
もっと深刻な状況になることだけは避けたいものです。

少しでも多くの方、特に若い世代の方々、
「料理を作るのが苦にならない人」が増えますことを願っています。

ハート

 

 

2013・4・21

「非公開ブログを有効に活用する」

この前から、料理系の画像をここに載せていません。

手が空けば、カメラで撮り置いてアップするのですが、
何分にも、私一人で殆んどをこなしていますので、なかなかそこまでは手が届かないのです。

お料理をおつくりして、お客様のところで説明するその繰り返しです。

今日のセットメニューは、オーガニックの雑穀マカロニグラタンと、
お野菜と色々な雑穀を入れた雑穀コロッケ・・ゴマ豆腐
・よもぎ豆腐・ひじきの炊いたの・切り干し大根の旨煮・根菜の金平
・大根と冬瓜のサラダ・自家製5年味噌のきのこと小松菜の味噌汁
・大根の南蛮漬・イセヒカリ発芽玄米ご飯か5分つきご飯と三年番茶でした。

最近、殆んどの方が料理の写真を撮ってからお召し上がりになっていますが、
これはとても良いことです。

画像で日時データーを管理していれば、健康管理に役立つからです。

そのためには、口に入れるものを全て画像保存することをお勧めいたします。

その時の体調や精神状態も書いておきますととても参考になります。

例えば、
「曇り時々雨・体調が悪くいらいら・・どこどこで○○○を何時に食べた」

「晴れ・体調良い、気分爽快・・どこどこで○○○を何時に食べた」

例えば今日は調子が悪いなーと言う時は、
振り返って最近どんな物を食べていたのかその時の体調と精神状態は?をチェックできます。

今日の朝は便通が良いぞ!となれば、昨日何を食べたかなーと参考になるわけです。

我々心身は食べ物と飲み物から出来ているのですから、とても参考になるわけです。

ベジタリアンのラーメン

 

 

2013・4・21

「なぜか最近多い相談・・・」

最近、なぜか?玄米菜食の店をしたい方からの問い合わせが多いのですが、
たぶん、私の店が都会ではない金沢のそれも
繁華街では無い分かり辛い住宅地の真ん中で、
十数年も穀物菜食だけのお料理で営業しているためなのでしょうか?

皆さん一番聞きたいことは、採算性のようです。

つまり、資本を投資してもそれに見合うだけの将来性はあるのか?と言うことのようです。

「はっきり言ってしまえば、難しいですよと言う事になります。」

かなり多くのお店が、過去にも現在にもお店を閉められているからです。

早期退職、その退職金を叩いて、自然食系の軽食店をして見たい・・・

セミナーで玄米菜食に感激!の奥様が小さなマクロビ系CAFEを出したい・・・

自然系料理教室に通ってハイレベルまで取得、お店を構えたくなった・・・

マクロビ系自然食のお料理ブログを作られていて、お店を出して見たくなった・・・

洋食屋をしているが苦戦、マクロビ系の店にすれば突破口があるかな・・・・

動機は色々のようです。

でも私がアドバイスできることは、「今生きていけるのであるならば、
趣味やボランティアの範囲内に留めておいた方が良いですよ」と言うことです。

夢と現実には相当な開きがあるものです。

私のお店が今あるのは、ある意味・・珍しいこと、
「この場所でよくやって来れましたな・・」のようなお話をお客様から良く言われるのですね。

なぜか?私の店の看板にかなり長く手を置いている人とか、
合掌している人とか・見かけるのですが・・・私のお店はパワースポットではありません
・・・・それだけ目面しいのでしょうか?

商売は水商売と言うように・・・水が流れ去るように、一寸先を読むことは出来ないものです。

今生きていけるのなら、起業は博打と同じもの!

良く考えた方が無難であると思います。

 

 

2013・4・21

よもぎのアイスクリームが加わりました!

たかのオリジナル、植物性100%のアイスクリームに、
よもぎのアイスクリームが加わりました。

私が作るアイスクリームもどきは、何も言わないで出したらミルクを
使っているアイスクリームと勘違いされてしまうほど、
濃厚でまったりとしたクリーミーな味わいに仕上がっています。

以前、何も言わないで出した所、「これってミルク入っていますよね?」
とミルクとたまごのアレルギーをお持ちのお子様のお母様から尋ねられたことがあります。

ですので、必ず植物性のものだけで出来ていますと説明することにしています。

とは言え、私のお店は厳格な穀菜食の食堂であり、
超自然系浄活水器の販売店でもありますから、
粗悪な水道水そのままの水や一切の動物性のものは、
だし汁やスープにいたるまで使用していないので安心頂けます。

よもぎのアイスクリーム

 

 

2013・4・21

日本人の食卓

昔、日本人の食卓にあたりまえのように出されていた常備菜がありました。

切り干し大根の煮たのやひじきの煮たの・・・
お芋の煮っ転がし・・あぶらあげの炊いた物・・・
たくあん・・
白菜などの漬物・・
でも最近の若い世代・・いや、
最近のおばあちゃんおじいちゃんでも口にすることは少なくなってきたようです。

今のおばあちゃんおじいちゃんの多くはバブルの世代の人です。

と言いますか、その、おばあちゃんおじいちゃんの
子供である私の年代50代40代の世代では殆んど洋食系の食卓になっています。

そして、私と同世代である50代40代の方たちの中には、
もうお孫さんがいる人もいるのです。

ですので、今の子供たちの中には、
切り干し大根やひじきの炊いたのなどを食べたことの無い子たちも多いそうです。

スーパーマーケットのお惣菜売り場にあったりしますが、
あれは・・佃煮のように甘辛く、
日本人が食べ親しんでいた切り干し大根やヒジキの煮たのでは無いようです。

それも当たり前のこと・・・
昔なつかしい日本の食卓を再現できる人は少なくなっていると言うことです。

私の場合、幸いにして祖母が家庭料理の上手な人でありました。

その子供の頃食べた味がまだ記憶のどこかに残っています。

その国の食文化とは、味の文化とも言えます。

その味は、親から子へと永遠に受け継がれるものですが、
途絶える時はあっという間・・・後から再現しようにもレシピしか残っていない場合も多いのです。

レシピだけでは、本物は再現できないのです。

世界が誇る健康食である「日本の食卓」それを再現できる人が少なくなりつつあります。

自然食の切干大根の煮物

 

 

2013・4・21

日本人の

水は生命の源、私たちの体の70%以上は水で出来ています。

また、植物などからいただける水は、限られています。

しかし、塩素などは、植物の栄養素を壊してしまいかねません。

より自然な水は、最も人にとって必要です。

料理には、水が必ず必要です。

食と水は、離して考えることは出来ないほど重要な要素です。
 
日本の水の多くが軟水で、古来から我々は、軟水で生活し、
硬水は、我々日本人には、不向きだと思われます。

ヨーロッパなど硬水の食文化と違い、
日本人の古来からの食文化は、軟水を基本として発展・伝承されてきました。

水の硬度を極力上げず、マイナスイオンを多く含む水が、
日本人にとって、理想的な水であると思われます。

硬水は、カルシウム・マグネシウムを多く含み
健康に良いと思う方もいるかと思いますが、飲料水・調理用としてそのままで使ったり、
飲むことはお勧めいたしません。

また、軟水よりも水そのものが、柔らかくなく、食器洗いや入浴の際、
肌荒れになる可能性もあり、また汚れが落ちにくいなど、洗髪・洗浄等に適していません。

調理においては、食材が硬くなり、ご飯なども柔らかく炊き込むことが困難であり、
食材そのものの、旨みや美味しさを引き出せないなど、硬水そのままの状態では、
煮炊き物には、不向きな水であり、軟水に慣れ親しんだ、
日本人にとって飲料水としても不向きなのです。

近年、諸外国から飲料水が輸入されてきていますが、
極力、硬度の低い数値の物を、ラベル等で確認し、使用する事をお勧めいたします。

硬水で、調理する場合は、そのまま使わず、硬水を軟水にかえる事が必要です。

ヨーロッパの人々のように、硬水を軟水のように、
変化させる方法として、スープストックを作り使用するなどの工夫が必要です。

自然水

 

 

2013・4・21

日々・・使い続けている優れもの

今日は洗剤・石鹸のお話を・・私が今の店を始める数年前に、
そう・・より厳格な自然食である穀物菜食:マクロビオティックを
始めた数十年前に、まずした事はと言いますと、

まず台所の白砂糖を全て水あめに替えたこと・・

スーパーの特売の醤油や味噌などを長期天然醸造のものに替えたこと・・

白ご飯から発芽玄米に替えたこと・・

水道の蛇口に浄活水器を取り付けて、天然名水に近い水環境に替えたこと・・

いろいろと替えた中で、只一つ満足出来なかった事が、それが洗剤でした。

自然系の洗剤は粉タイプの物が多く出ているのですが、
油汚れ汚れのきつい物の洗浄には力不足なのです。

その当時、息子たちは、体育系の部活動をしていたので、
土の汚れや汗・・など落ちにくいのです。

それと台所での使用も油の分解能力が乏しいので、
皿洗いや鍋洗いも手間がかかりスムーズにとはいかないのです。

重曹とクエン酸を使うという手もありましたが、
試したところこれも期待できるまでには至りません。

そこで、自然系の洗剤などが新発売されますと替えて使ってみて数年が経ち、
いざ自分の店「自然食穀物菜食のマクロビオティックの食堂:健康食工房たかの」
を開業する手前まで漕ぎ着け、ホームページを立ち上げた時に、
自然系の洗剤の案内が送られてきたのでした。

それが、今使っている万能自然洗剤「Birds」でした。

この洗剤は、用途に合わせて薄めて使うタイプの洗剤で、
半信半疑で試用したところ汚れがものすごくおちるのです。

それも万能洗剤なので、洗濯からお皿洗いから掃除にまで使える・・

「わーすごいのがでたな!洗濯も普通の市販の洗剤と変わらないし、
嫌な香水のような匂いもつかない・・お皿の油汚れもお湯でなくてもスーとおちる・・
洗車にも掃除にも使える!・・薄めて使えるので安い!」

この洗剤と出会って十数年が経ちました。

この洗剤は「BOD数値は4分の1 生分解度14日で、93%以上、
その後、99.9%分解されてほぼ自然に還るのです。」

このように、色々なご縁から使い続けているものは多いです。

歯磨き粉とか・・お塩とか・・お店に僅かですが置いてあります。

使われたお客様は、もちろんリピーター! 
なぜなら安い!気持ちよい・・安全・・そして何よりも
私自身が十数年使い続けている優れものです。

自然の洗剤 バード

 

 

2013・4・27

世界に羽ばたく日本食

世界に羽ばたく日本食、「韓流ならぬ日流」・・「洋風ならぬ日風:和風」

さて、私は流行り物の外国系のドラマを見るのが好きです。

なぜかと言うと、自由な時間が少ないので、店を始める前は映画とかも好きだったのですが、
時間がないとなかなか見れないそれで、ドラマに!

でも和物のドラマやアジア系のドラマは映画並みに資本をかけられないため、
ストーリ重視でも低予算のため洋画系が好きな方には物足りない、
でも海外ドラマの中には映画並みの予算を組んで作られている物が多く、
洋画系映画が好きな人でも満足できる作りになっています。

お話がだいぶそれましたが、本題に入りましょう!

私はあまり「韓流ドラマ」は、「冬のソナタ」などの四季シリーズ以来見ないのですが、
たまに目にすると日本をイメージしたシーンが多いのに驚きました。

「えっこれ?日本ではそんな風に食べないぞ〜」と言うような
日本食をイメージしたシーンなどが目に付くのです。

それは、なぜかと言いますと、韓国では、今「日流」がブームの兆し!

日本の漫画やアニメそれとタレントが人気の兆しでそれに
伴い日本文化が「お洒落?」と食や生活スタイルが
若い年齢層の間で流行の兆しなのだそうです。

ドラマで、「えっこれ?日本ではそんな風に食べないぞ〜」と言うシーンが
流れるのは、放送作家があまり日流に興味が無いからだと思います。

でも日流にどっぷりと漬かった人はすごいすごい・・・それは時間の問題!

我が国の韓流ファンのごとしです。

さて、それは韓国だけに留まりません、今や「日流」が世界規模で流行の兆しなのです。

それを海外ドラマを見ていると感じるのです。

特に食に関して「日流」のイメージが見えるからです。

それは、ドラマだけの世界ではありません。

世界の有名シェフの中には、お味噌や醤油や日本酒などを使い
始めている方もいますし、日本食の技術を料理に
取り入れようと学ばれている方々もいるようです。

「ゲンマイ」「ショウユ」「サケ」「ミソ」・・・日本語で通じる場合があるそうです。

これだけ、「日流」が・・健康に良い・・お洒落と外国で注目されているのですから、
洋風に流れるのではなく、我々は自国の食文化(和食)や
生活文化(和風)に誇りを持ってそれを極めてみても良いのではないでしょうか?

 

 

2013・4・27

最近巷に広がる怪しい商法って?

巷に広がる怪しい商法に騙される人騙されない人・・・

この自然食業界でも騙しのプロ的な人は多いと言うことで、
今回はアンダーグラウンド的な世界について語りましょう。

まずは、ベーシックな催眠商法として、
「どこどこで自然食のお店をオープン致します。
タダでもれなく健康に良いもの・・をさしあげます。」と言うチラシが配られていたりする。

お年寄りは時間があり、無料とか何々をサービスに弱い、
近所の友達を誘い或いは一人で夫婦で景品を貰いに出かける。 

そこに着くと空き店舗を取り急ぎ掃除したものや、
プレハブのような簡易店舗、そして、店員がものすごく優しく対応してくれる
・・まるで、遠く離れて暮らしている息子や孫のように・・・気がつけば扉は閉められ、
そんな雰囲気の中、いりませんと帰るわけにも行かず、
薦められるがまま高額なサプリメントや機器を買わされてしまったりする人が数名いたり、
「さくら」のご老人が買ったり契約したり・・
そうすると集団心理で、では私もと契約させられてしまう。

そして、家に帰り数日経ち、
よくよく考えて返品しようと店に向かうが、そこには店は無い。

突然・・何々電力の者ですとセールスマンがやってくる。

「この度この地区が対象のエコ?
キャンペーンを利用できることになりました・・・
期間限定のこの機会に無料でオール電化或いは・・・にして見ませんか? 
電気代や光熱費がこんなに安くなります。」と日々契約している
電力会社の社員のような振る舞いでその人はやってくるが、
しかし、それはまったくの嘘である。

タダであるはずがない・・・この不景気、営業マンは苦戦であり、
騙してでも営業成績を上げたいとの法律ぎりぎりの勝負をかける人もいて、
電力会社などでは注意を促している。

突然・・・「※※Tですが、この度、お客様の光回線のルーターのセキュリティーを
高めるサービスが出来ました・・・このサービスを利用して頂くと、
ルーターで防御しますので、複数のパソコンに一切、
アンチウイルスソフト:セキュリティーソフトを入れなくても安全なのです。」これは詐欺です。

突然・・電話が「お客様のお住まいの地区が光回線を使うことになりました。 
工事に入りますのでその説明に担当の者を向かわせますので、
都合の良い日時をお知らせください・・」お年寄りなら騙されます。

突然・・・セールスマンがやってくる「お客さんこの地区の水はとても汚く
健康に良い水ではないんです。 

数分頂ければ検査出来るのですが安全のためにぜひタダで検査させてください・・」

「検査薬を入れますよ!ほら・・・こんなにお水の色が変わっていますね
こんなのを日々飲んでいるのですよ!
・・因みにこの浄水器をつけてみましょう・・ほら色が変わらない!
・・今なら少し安く出来ますよ」これは、実験商法というものです。

元々、水道水には塩素や僅かな不純物が入っています。

それにオルトトリジンなどの塩素検査試薬やカルシウム試薬を数滴たらしたり、
金属板を入れて電気を通したりして色が変わったり、
ぼろぼろの物が現れたりは水道水なら当たり前のことなのです。

このように、エコや節約や自然と言う・・・業界にも怪しい商法をする人、
営業マンがいて問題になっている場合も多いのです。

さて、最後に・・・
真面目な代理店や営業マンの方は多いものです。

しかし、ごく一部の法律ぎりぎりの商法をされる方により
迷惑されていることを補足しておきましょう。

 

 

2013・4・27

植物性100%の白ゴマのアイス

植物性100%の「たかの」オリジナルアイスクリーム「白ゴマのアイス」を作りました。

巷のお店では、ゴマペースト(あたりごま)を使うところが多いのですが、
私の場合は、ゴマ豆腐を作る場合でも、既製品のゴマペーストを使わないで、
いりゴマをすりばち(あたりばち)ですって、クリーム状にしてから使います。

既製品を使うのとすりたてを使うのとでは、ぜんぜん違うのです。

因みに、修行僧の方が作られているゴマ豆腐の殆んどはゴマをすりばちで、
すってから使われています。

しかし、このゴマすりは、クリーム状にするまで少なくとも、
1時間以上・・すりこ木(あたり棒)で、すらなければいけないので時間と労力は必要です。

食味は、まったりとした食感に濃厚な香ばしさと
ゴマ特有の風味と上品な和のテイストが心地よい味わいになっていると思います。

白胡麻のアイスクリーム ベジタリアン仕様

 

 

2013・4・28

「健康自然食の定番基本食」

「ひじきの煮もの」は、マクロビオティックでは、「切り干し大根の煮もの」と同じく、基本食!

ご家庭の食卓では、毎回目にする常備菜です。

マクロビオティック:穀菜食系の外食産業でも定番中の定番であり、
出し方は異なりますが、必ずと言っていいほど毎食出されています。

イタリアン風・・フレンチ風・・中華風・・エスニック風・・
そのお店のお料理の特長により工夫されて出されていたりします。

しかし、本来ならば和の調理で出されるのが一番良いとされています。

私のお店では、和の調理で出しています。

特徴は、スーパーのデリバリーのように、
まるで、佃煮やお菓子のように甘すぎたり、濃すぎたりしない、
やさしい味わいに仕上げています。

案外それが、お客様にも人気で、テイクアウトされたりもしているのです。

ヒジキの煮物

 

2013・4・28

明日29日(月)からゴールデンウィーク中の
5月6日(月)まで、土日祝祭日全て営業します!

2013年 5月は休みです。)

28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

開店: 午前 11:00 

ラストオーダー: 午後 8:00

閉店: 午後 9:00

先月も今頃の時期にコメントいたしましたが、
私の経営する自然食穀物菜食の食堂:マクロビオティックのレストラン
「健康食工房たかの」では、数年前までは、
お客様登録して頂いたお客様へ健康新聞なる物を作り2ヶ月に一度発送、
そしてそれとは別に、毎月の月末に店のお知らせハガキを発送していましたが、
年に数回「お盆の営業日のお知らせ」「おせちの予約受付開始のお知らせ」
「年末年始のお知らせ」「年賀状」の一年を通して4回のDMに留めています。

それは、ペーパーレス・・企業などで取り組まれているエコな取り組み、
今流行の自然環境保護(例えば・・DMをメールマガジン・・
もろもろのお知らせをメールに置き換えるなど)に、にています。

私が店を始めた時分、お箸を割り箸にしていましたが、
なぜか?MY箸持参の方が多かったり、紙お絞りを出していたのですが、
まったく使われずに、手を洗い持参のハンカチで拭かれていたりの方も多く?
「エコに配慮されているんだ!」と気がついたのです。

それから、割り箸を洗って使うお箸に替えて、紙お絞りも置かなくなり、
頻繁に出していたDMも年数回に減らしたのです。

毎月のお店の営業日のお知らせなどは、PDFにして、
店のホームページから見ることが出来るようにしています。

店頭にも置いてあります。

pdf 5月の営業日等のおしらせ(パンフレット)

 

 

2013・5・4

気の張らないストレスを軽減する空間とは?

健康食工房たかのは、
自然食穀菜食:マクロビオティックのお料理の本道を重んじて、
ご家庭の延長線上、気の張らないストレスを軽減する空間、
お家で、食べているような環境を目指すために、
金沢市のベットタウン住宅地の真ん中で、ごく普通の家を改装して、
提供しております。

店舗内外、個室共、高級な雰囲気、
おしゃれな感覚でお召し上がり頂く、空間には求めてしておりません。

レストランで食べていると言うよりも、
ごく普通の一般大衆的なお家で食べているような感覚の空間にしております。

 

 

2013・5・6

店の特徴

私のお店の特徴とは?

私が店を始めた理由は、一言で言えば、食を通してのすこやかなる幸せを提供したい!

店により特徴がありますが、私の店ではと言いますと、
自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理の値の分かる人には大好評ですが、
只単に、自然食と言う幅の広い期待感で、お肉やお魚もたまごもお砂糖もありのイメージを
求めて来られる方には違和感があるかもしれません。

それと、先のコメントのように、
私のお店は、「ご家庭の延長線上、気の張らないストレスを軽減する空間、
お家で、食べているような環境」を目指して作られているため、
レストランと言う雅なイメージを求めて来られる方には違和感があるかも知れません。

「え・・お肉無いじゃん・・・魚無いじゃん・・・」と懸念されるか
「おうちで食べているみたいになぜかほんわかーと心休まる・・・
からだの中から健康になっていくみたい・・・」と思われるかはお客様の求める値、
お心、陰と陽のバランス次第であります。

 

 

2013・5・6

食で人間性が変わる

食で人間性が変わるか?

以前マクロビオティックのセミナーに通っていた時期、
講師の先生が、外国の刑務所で一定の期間マクロビ・・の食を出した所、
囚人の方達の精神が安定したというようなことを言っていました。

本当かどうか定かではありませんが、体は口から入れるもので出来ていますので、
それもありかなとその当時は軽く思っていたものです。

その先生は、食べ物を換えれば心も変わると言っていたのでした。

食を正すことで、本来の人間性や母性を取り戻すことが可能だとも言っていたので、
食とは奥が深いものだと感心したのでした。

近年、食の乱れは留まるところを知らず、悪化の傾向が進んでいるようにも思いますし、
人間性や母性にも狂いが生じている方もいるようで、
近年の食の乱れも関係しているのかなと思い返した次第であります。

 

 

2013・5・6

食の持つ最大の恵みを引き出す手段

気を休め落ち着いて食べることが食の持つ最大の恵みを引き出す手段。

わたしのお店は、自然食の大きな枠の中でも、
最も厳格でこだわりがあり、
それ故に調理や仕入れ素材のコストに自由が利かないと言う理由から、
ある意味作り手や経営者に敬遠される穀物菜食:マクロビオティックの食堂です。

つまり、今求められるビジネス的方向性には逆行する食種とも言えるかもしれません。

健康的な目的で食される故に、只、食事を提供するのではなく、
気を休め落ち着いて食事が出来る環境を求められます。

それは、雅な空間や癒しの空間を意味しません。

最も人が気を使わず自然体で食すことが出来る空間とは、
ごく普通のありふれた家、お洒落でもなく
自然に囲まれた癒しの空間や古民家でもなく、日常の延長線上にあるのです。

つまり、如何に環境を変えないか或いは気を使わないでよいかと言うことに尽きます。

それは、繁華街ではなく、簡素な住宅地、雅な癒し系の空間ではなく、
ごく普通の「家」空間、黒服や仲居のいる空間ではなく、
おばちゃんやおじちゃんのいる空間・・・普段着でも安心して行けて、
ほーとほんわかとする空間・・・
ふとふとと居眠りをしても違和感の無い普通の家のような気の張らない空間・・・

そのような空間を求めた時、今のような「今風のレストラン」「今風の癒しの館」ではなく、
一般的日常生活の延長線上の空間になっていました。

お盆や大型連休やお正月に帰省されて、
雅な空間や癒しの空間に出向き食すよりも、
生まれ育った気の張らない空間で癒される方が多いように、
気を休め落ち着いて食べることが食の持つ最大の恵みを引き出す手段であると信じるからです。

 

 

ストレスの多い環境

店で出しているお食事は、完全穀物菜食であるマクロビオティックのお料理ですが、
今現在我が家では、からだのバランスを時折、
「ゆるい・・なんちゃって穀菜食」で保つと言う生活をしています。

そのような我が家でも、
以前、数年間このお魚大国「能登」のお隣の金沢で、
お刺身やお寿司も食べない生活を数年間していたわけです。

お水を塩素などが一切っ入っていないそれでいて自然界のphバランスに近い
天然名水品質に出来る浄活水器をつけて、お風呂の水まで替えて生活を始めました。

自然食材に全て替えて、白砂糖やてんさい唐や黒糖なども全て捨てて、
自然の甘みやどうしても甘みが欲しい時は水あめや甘酒を使う生活。

そうしますと、からだが教えてくれるんです。

健康に良い店が出来たぞと食べに行くと、
出して頂いたお水が喉に突き刺さるような灰汁のあるお水だったり、
お料理が臭かったり、デザートが砂糖の固まりのように甘く感じられたり、
サラダを食べると塩素や薬品の匂いがしたりと外食に行けない時期がありました。

そうそう・・金沢には日帰り温泉が沢山あるのですが、
露天風呂か源泉かけ流しでしか入れなくなったのです。

揮発する塩素ガスで気持ちが悪くなるんです。

それに、スパーマーケットに、魚売り場があるとそこから魚の生臭い匂いと
塩素が混ざった匂いで吐き気がしてそばに近寄れない・・・

厳格にこだわった事がある方は「そうそう!」と分かって頂けると思いますが、
大風呂敷を広げて誇張しているのではありません。

それだけ、巷の環境が粗悪になっていると言うことを
その中で生活していることを自らの体が教えてくれるわけです。

今でこそ我が家の食卓は、「ゆるい・・なんちゃって穀菜食」ですが、
一度忘れていた本能を取り戻すと、からだが反応して分かるんですね。

今でも、旅先で外食しなければいけない時、真水は飲めないのです。 

それとホテルでの塩素ガスが充満する狭い空間でのシャワーや
入浴では頭がくらくらするんですね。

つまりは、私たちが何気なく暮らしている空間ですが、
分からないだけでからだに対して
相当ストレスの多い環境になっていると言うことなのでしょう?

 

 

力を取り戻そう

自然食材を使うようになって、皆さん最初に思われることは、
まず、お値段が普段使いのスーパーの物よりも少し割高と思う反面、
感動的な出会いではないでしょうか?

まず、自然食材を使い始めると、
一般のスーパーなどに置いてある様々なケミカルや添加物などが
入っている合成的な食材が如何に美味しくないかが使うほど分かってくるものです。

そして、普段使いの外食、
以前美味しいとお気に入りのお店のお料理が物足りなくそして、
好ましくないと体が反応し始めます。

それは、からだが本来の姿、
本能的な力を取り戻そうとしているためかも知れません。

私の店では僅かながら畑を借りて店で使う無農薬のお野菜を栽培もしています。

他の畑の農薬のトマトなんかは食べられないのに、
私の店の無農薬のトマトは毎年食べられてしまうのです。

動物は本能的に自然な物を判断し選ぶ力があるようです。

食べても良い食物、食べてはいけない食物が分かる能力・・
しかし、それは動物だけではなく人でも同じようです。

只、人の場合その力を忘れてしまっているようです。

科学的な環境や不自然な食べ物に体が慣れてしまっているためなのかも知れません。

それを、自然食材が思い出させてくれるようです。

 

 

2013・5・12

自然環境を壊すのは容易い

自然環境の乱れは、とても深刻で農作物の被害など各地で問題になっています。

以前、専業農家と変わらないような大きな農地で
様々な無農薬野菜を山の奥地で栽培していた方からお話を聞いたことがあります。

「「ハクビシン」や「いのしし」位だとなんとかやっていけるけれど、
「さる」に一度狙われたら終わりや・・・」

なぜですか?

「それは賢いからや・・人と変わらん」
「さる脅しの爆竹もあるけど賢いから慣れればいっしょや!」

そう言えば、無農薬のお米の農家さんが白山の山の中で稲作をされていて、
ある時せっかく実った稲穂が殆んどモミがなくなっていたのに気づいたそうです。

その方は、寝ずの番で田んぼで監視していた所、
「うきっ〜ウキー」とさるが群れを作ってやってきて、
稲穂を両手で挟むように下から上にこすりながら、もみだけを食べていたのだそうです。

その方も「さるが出たら終わり」だと言っていました。

今は、山奥から移り、麓で無農薬のお米を稲作されています。

なぜこんなことになっているのか?

温暖化・狩猟人口の激減・狼や熊などの肉食獣の激減絶滅
・外来生物の増大・環境の汚染と破壊・山間部の過疎化・・・色々言われていますが、
一度乱れた生態系を元に戻す事は容易には出来ないそうです。

お猿さんに狙われたら最後、周囲をコンクリートの壁で、
囲まれた野菜工場にしなければ難しいようにも思います。

自然環境を壊すのは容易いのですが、それを元に戻すのは大変なことです。。

無農薬やさい

 

 

2013・5・12

五月病

五月の大型連休が終わる頃からの精神的肉体的な急激な落ち込みを五月病と呼んでいます。

しかし、それは俗称であって正式な病名ではないようです。

主に新年度の急激な生活の変化と緊張からの突然の大型連休それが終わりまた
普段の生活に戻る際の精神的なストレスから、
からだが重い・・・食欲が無い・・・気力が出ない・・・すぐに眠くなる・・・など、
病気は気からと言うように、心が落ち込むと免疫力も低下し様々な弊害がおき易くなるようです。

特に連休中に不自然な食生活をされていた方は、
からだに負担を与えてしまいどどーと疲れが出てきてしまいます。

動物を見てみれば分かりますが、動物は体調が悪い時は食も細め、
動かずに、体調が元に戻るのを待ち続けます。

しかし、人はそういう訳にはいきません。

そういう時は、なるべく健康的なからだに負担のかかりにくい物を食べるようにして、
早寝、早起きを心がけるなどの生活食習慣の改善も良いと思われますが如何でしょう?

精神的なストレスは、体内のpHバランスを乱すようですし、
それを正常に保つために、体内の酵素やカルシウムなどを浪費してしまい、
それがくるくると回りまわって、雪ダルマ状態に大きくなるようにも思います。

 

 

2013・5・12

設計ミス?

私の店は金沢市のベットタウン、三口新町の中ほどにあります。

当初店を始めるにあたって、住宅地の真ん中、
超隠れ家的店で、住宅を改装した食堂的店舗なので、
お見えになられる方もごく一般的なファミリーカーで来られるものと
駐車スペースもあまり大きく取らないで設計を依頼しておりました。

しかし、オープン当初はまだ口コミも少なく
そんなに大きなお車で来られる方は少なかったのですが、
最近は外車で来られる方も多く、店の前の道路は比較的広いので、
1メートル位道路に出るくらいならば良いのですが、
様々な外車(車には詳しくないので)のような形のお車で来られる方もいまして、
それですと、深刻なほど出てしまうわけです。

それで、大きなお車(長い車)の場合は、店の隣の住宅の車庫に入れて頂いています。

この田舎でもセレブ層の方々の中で「雅ではない素朴すぎる最も健康的な食事」と言う物を
お求めの方が増えて来たと言うことなのでしょうか?

そういう方々は見た目もセレブで、言葉使いも紳士的、
本来なら最高級の料亭やレストランでのお食事が似合いそうな方々ですが、
世間一般の雅なお食事と空間をお求めの方々とは、価値観の違いがあるようにも思います。

 

 

2013・5・12

文化人やセレブの方々は、
穀菜食を楽しみ求める
人が増えてきている」

私の店は、カザリッケの無い言わば家庭的すぎるほど住宅に近い店舗です。

それは、この前の書き込みで書きましたように、
ご自宅で食べているようなストレスの無い気の張らないお食事をして頂くこと、
それが健康食である穀物菜食:マクロビオティックには必要だと思ったからでした。
(詳しくは以前の書込)

ですので、只単に雅な空間をイメージされて来られる方には、違和感があるのでしょうか?

とても残念な事でありますが、穀菜食を食べることなく、
店に入らずにそのままユーターンして帰るお車も見かける場合がありますし、
店の入り口まで入ってすぐに出て行ってしまう方も中にはいます。

しかし、穀菜食を目的に来られているお客様は迷うことなく席にお座りになられます。

金沢市は文化都市として、市が力を入れているため、
国内外から有名な文化人の方々、作家、音楽家、芸術家、学会の方々・・・
金沢に来られるのですが、文化人の方々の中には、
自然食や穀菜食に強い関心のある方、
生活に取り入れている方も多く、良く私のお店をご利用いただいています。

その方々に共通して言えることは「穀菜食を楽しんでいる」ということに尽きます。

穀菜食を楽しんでいただける方が多くなりますように、
日々精進し、調理して行くのが私の一つの使命であると思いつつ調理しています。

 

 

2013・5・12

今日のデザートセットは?

今日のデザートセットは、
大根のパウンドケーキと白胡麻のアイスクリームと穀物珈琲のタルトです。

共に、白砂糖や黒糖やてんさい糖やメープルシロップなどは
一切使わないで、穀物からの甘みである水あめと素材からの甘みで作っています。

勿論、乳製品やたまごなどは使わず、
植物性100%の体にスーと馴染んでいくようなやさしいデザートです。

マクロビデザートの盛り合わせ

 

2013・5・12

今日のお昼のランチは、大好評!

今日のお昼のランチ1000円

胡麻豆腐 ひじきの旨煮

切り干し大根の旨煮
 
いろいろな根菜の金平

大根サラダと冬瓜の昆布〆

雑穀と根菜のよせもの

ペンネのアマランサスとハーブのマリネ

雑穀根菜饅頭しぐれ銀あんかけ 

自家製5年味噌のきのこの味噌汁 

イセヒカリ発芽玄米ご飯 

三年番茶 

胡麻塩 です。

マクロビのランチ

 

 

2013・5・20

私の店の玄米ご飯は、「発芽玄米ごはん」

私の店で出している玄米ご飯は、「発芽玄米ごはん」です。

私は、日々・・十数年間の間、発芽玄米ごはんを食べています。

どうしても白ご飯を食べなければいけない時は食べますが、
白いご飯は何か物足りないと言う感じがします。

そう言う私も十数年前までは、「玄米ご飯なんて・・白いご飯の方が美味しいよ!」
と思っていたのです。

なぜかと言いますと、玄米独特の個性と硬いというイメージ・・
良く噛まないといけない・・おかずとあわないと言う感覚だったからです。

でも、あるマクロビオティックの先生から、今から十数年前に
「現代人にあっているのは発芽玄米」とアドバイス頂き食べ始めてから、
玄米のイメージが変わったのです。

まず、やわらかい・・甘みがある・・玄米臭くない・・おかずにあう・・
消化に負担がかからない・・幼い子供でも食べれる・・
発芽玄米を食べ続けて十数年が経ちました。

玄米嫌いの方には、一度、発芽玄米を試されて見てはいかがでしょうか?

追記
玄米と発芽玄米の違いは、ここのホームページを参考頂ければ幸いでございます。

発芽玄米ごはん

 

 

2013・5・20

アリさんさようなら〜

花に囲まれ自然に囲まれている環境でも、
体に悪い殺虫剤は使いたくないという人は多いと思います。

私の子供たちはもう結構大きくといいますかもうすぐ社会に旅たつという年頃なのですが、
小さな虫でも殺すのはかわいそうと言うように育ちまして・・
自然食で育てると動物愛護の精神が根付くのでありましょうか?

自然の豊かな環境では、暖かくなると砂糖系が無くても「アリ」が、
列を成してどこからとも無く家の中に入ってきたりします。

それで、入って来れなくするには、アリの巣を駆除するのが手っ取り早く、
家の周りを薬剤散布と普通ならするようですが、
やはり、人にも毒でありますから毒をまくのは嫌なのです。

それで、手元にある自然食材で手ごろなものが作れないかと色々と試すわけです。

唐辛子エキスとか作って撒くとか・・ハーブエキス作るとか・ですが一向に効果がありません。

それで・・・ええいっと! 
手元にあった天然重曹をアリのいる所に撒いて見ると
「逃げる逃げる」あんなにいたアリが逃げていなくなったのです。

これは使える!
とアリの入ってきそうな所に惜しげもなく高価な天然重曹を撒き散らかし・・それが大成功!

後から調べたのですが、重曹はアリが食べると脱水するようで、
アリから見れば近寄りがたいもの・・つまり、逃げるし近寄らないようです。

これは良い良いと早速、店のアリが入ってきそうな場所にも撒きました。

つまりは、殺虫しないで、今のところは、解決出来たわけであります。

つつじのお花

 

2013・5・20

糖尿病が癌リスクを高めるって!

「糖尿病が癌リスクを高める」日本糖尿病学会と日本癌学会が、
14日、糖尿病が癌リスクを高めることを発表したらしい。

私が今の店をオープンさせる十数年前、
当時アメリカに住んでいたマクロビオティックの先生から色々なアドバイスを頂いていた際に、
「糖尿病を患ったら癌になるリスクが高まるから、
糖尿病にならないために生活食習慣の改善が今の人達(日本人)には
急務なんだ」と言われたのを思い出します。

禁煙・禁酒・野菜や穀物を多く動物性を少なく・・
軽い運動・規則正しい生活のリズム・全粒穀物の推奨・・
アメリカではかなり前からマクガバンレポートによる政府による
食事改善計画が打ち出されていたのでした。

日本では逆三角形の食事目標図解ですが、それよりもずーと昔から、
アメリカではピラミッド型の三角形の食事目標図解が至る所に張られていたのです。

世界に目を向けることで、最新の健康的な情報をいち早く手に入れられるかもしれません。

 

 

2013・5・20

自然食系の種類を簡単に解説いたしましょう!

この北陸の地、金沢でも最近自然食系のお店が僅かではありますが増えてきました。
そこで、いくつか簡単に解説しておきましょう!

マクロビオティックの食事法:
100人百様、陰陽のバランスを考えて調理し食す。
平均的割合:全粒穀物(雑穀も含む)60%・野菜類30%・豆類海藻類10%
>全体の割合で穀物(雑穀)が多く、穀物菜食とも言われており、
食に対するこだわりが大きく、ドクターからの支持も多い食事法であり、
個人の陰陽のバランスから時として動物食も寛容であり、
基本的には完全穀物菜食であるが、ビーガン食とは異なる。

ビーガンの食事法:
完全菜食主義者からなる動物愛護的精神思想的な食事法であり、
一切の動物性のものは食べない体に身につけない事が基本であり、
健康のために食すと言うよりは動物などの生き物を傷つけない
修行僧の古式精進料理とも思想的に似ているが、
バランス・素材のこだわりまでは考えない場合が多い。

割合は、野菜が圧倒的に多く穀物や海藻類は少ない、生野菜や果物の割合が多い。

ベジタリアンの食事法:
思想的にはビーガンと似ているが、そこまでストイックではなく、
考え方の幅は広く、完全菜食のピュアベジタリアンから無精卵やミルクは寛容とする
ラクトホボベジタリアンまでかなりの幅がある。

割合は、ビーガンと同様、野菜が圧倒的に多く穀物や海藻類は少ない、
生野菜や果物の割合が多い。

自然食:
自然で採れるものであるならば全て寛容な食事スタイル。

その他の食事スタイル:

ローフード:
完全非加熱調理、約45度以下による食事法。

グルテンフリー:
植物性グルテンが含まれている食材を完全に避ける食事法。

 

 

2013・5・20

健康意識は、個人差がある

健康意識は、個人差があります。

アメリカではかなり前、数十年も前から、
政府が力を入れての食生活の改善計画を打ち出していますが、
今でも大太りの人は多く、ジャンクフードやお肉、お砂糖や脂の多い食事が大人気です。

それに、禁煙運動も日本よりも先に始まりましたが、
あまり浸透はしていないようにも思います。

同じく、日本でも同様です。

大病になって、やっと腰を上げる人が多く、
個人の嗜好的なものが関係してくるので難しい反面、
多くの人々を救うための情報を切れ目無く発信して行く必要性はあります。

 

 

2013・5・20

ブームが過ぎた後でも
「自ら求めそれが必要な人」の間で安定の連鎖が続いている
ものが必要とされているもの

流行は、昔話の「わらしべ長者」のように、
元を辿れば案外日常の何気ない行動の連鎖だったりする。

健康自然食の一つの流行も元を辿れば人が生み出す連鎖。

マクロビオティックは、
日本で戦前に元々一人の日本人「桜沢如一先生(外国では、ジョージ・オーサワ」
が生み出したもの、しかし、その当時、一部の人達の間でしか広まらず、
日本での限界を感じて、外国に弟子たちを次々と輩出し
自らもヨーロッパに行き啓蒙運動をされることとなるなかで、
米国に渡った弟子である「クシ・ミチオ先生」が米国で各界の方々に認められ
日本人では初めてスミソニアン博物館(アメリカ歴史博物館)に
殿堂入りされるほどの偉業を達成することになり、
その生活スタイルが米国のタレント、モデルなど、有名アーテイストなどのセレブ層で注目され、
日本に逆輸入のよに入ってきて、
ついこの間まで健康美容嗜好の方々の間で、
「猫も杓子」と言うように一連の連鎖と繋がって行った過程がある。

しかし、ブームとはバブルと同じで、はじける時はあっという間、
その後は、「猫も杓子」というのではなく、
「自ら求めそれが必要な人」の間で連鎖して行く安定期に入って行く・・・

マクロビオティックは、「猫も杓子」のブームが過ぎた現在でも
「自ら求めそれが必要な人」の間で安定の連鎖が続いている。

 

 

2013・5・20

本物の体に優しい温泉は源泉掛け流し」

北陸の温泉の殆どが塩素消毒の循環式温泉です。

循環式とは、
プールの水のようにろ過して、塩素を加えてぐるぐると循環させる温泉で、
大規模な湯船を衛生的に保つのに最適な方法として、殆どの温泉で採用されています。

利点は、お湯をろ過してボイラーで再加熱し、塩素消毒してから再利用することにより、
温泉水の節約が出来ることと、安定した湯量を確保できること、
大規模な湯船を作りやすく管理しやすいこと、
塩素消毒により、菌の増殖を抑えることが出来ると言う利点があります。

難点は、お湯を再利用することで、効果が薄れるとか消毒剤の混入で、
お肌等に健康的とは言い切れないと言うこと、
喚起が弱いと塩素の揮発ガスを多く吸い込んでしまうと言う点です。

源泉掛け流しとは、
その名のとおり、源泉が、こんこんと沸き、湯船からざーと流れ落ちていく温泉で、
これが本物の体に優しい温泉とされています。

真の温泉愛好家は、源泉掛け流ししか本物とは認めないのもうなずけます。

利点は、常に新しい清潔な温泉が流れ落ちていきますので、
塩素消毒の必要は無いということです。

難点は、大規模な湯船には適さないこと、湯船が小さくなること、
ざーと流れるような大量な湯量が常に沸いてくることが必要なため、
どこにでも作れると言うものではない点です。

日帰り温泉の多い金沢市ですが、源泉掛け流しの温泉は、数えるほどしかありません。

都会からの方々や地元の方でも温泉通ではない方々は、
「金沢は温泉が多くて最高!」と喜んでいる方もいるかもしれませんが、
湯船が大きく、いろいろなタイプの湯船が楽しめる以外、
水道水や地下水をボイラーで加熱している一般のお風呂とあまり変わらないことを
知らない人も多いと思います。

源泉掛け流しのお湯をお探しになり、一度入浴してみればその違いがわかると思います。

本物の体に優しい温泉は源泉掛け流しなのですから・・・探せば金沢にもあるのです。

源泉の効能が薄まらず、
塩素が体に吸着しない温泉、
塩素ガスを吸わなくても良い温泉があるのです。

 

 

2013・5・20

ホームパーティー用のオードブル

先日、ホームパーティー用のオードブルを数種類ケータリングの依頼がありお作り致しました。

送別会をかねて、ご自宅でホームパーティーをされるということでした。

最近はこのようにご自宅を開放してゲストを招きホームパーティーをされる方が増えてきました。

ヨーロッパやアメリカでは、ホームパーティーの方が
「心が通い身近に感じられる・・大切なゲストに対しての最高のおもてなし」なのですが、
我が国では会食やパーティーなどの殆んどは外食で済ませるのが定番でした。

しかし、最近それが、逆輸入のように我が国でも・・にわかに、
ブームになりつつあるように思います。

マクロビオードブル

 

 

2013・5・23

「発芽玄米ご飯」「3ぶつきご飯」から選べます!

以前、玄米に抵抗のある方でも「発芽玄米ごはん」なら美味しくいただけますので
お試しくださいとのコメントを致しました。

「発芽玄米ごはん」は、玄米臭くなくやわらかく消化にも良いので
夏場の暑い時期でも美味しく頂けるのですが、
それでも見た目が白米ではありませんので抵抗がある方もいることでしょう?

先日お客様からご相談を受けました時に、高齢の方の中には、
玄米=貧しかった苦しい時代を思い出すと敬遠される方も多いとのことでした。

「発芽玄米ごはん」は、高齢の方から幼児まで美味しく安心頂いて食べれるのですが、
心理的に辛い場合は無理に食べることでストレスになりかねません。

その場合は、5ぶつき・・3ぶつきと言うように、玄米を軽く削ったご飯でも
白米よりは健康的であると思いますし、出来れば雑穀を数種類混ぜて炊き込むか、
押し麦を混ぜて炊くとかの工夫をしても良いと思います。

因みに私の穀物菜食のマクロビオティックの食堂「健康食工房たかの」では、
「発芽玄米ご飯」と「3ぶつきご飯」から選べるようにしています。

この画像は、3ぶつきご飯です。>見やすいように特大大盛にして写しています。

3ぶつきごはん

 

 

2013・5・23

時の流れ

年を重ねるごとに時の流れが速くなっていくのを感じます。

私の店、穀物菜食のマクロビオティックの食堂「健康食工房たかの」は、
今年の夏を過ぎると開業から14年目に入ります。

店の中に植えている木々もオープン当時は、
とても小さく各々身の丈20センチくらいであったのが、コーヒーの木は、
2メートルを超える程成長し、ハイビスカスも1メートルをえようとしています。

そのコーヒーの木からこぼれ落ちた実から芽が出て、
オープンの時に買ってきた位まで成長しています。

オープン当初、お母様に連れられて来られていたお子様が、
お母様となりお子様をお連れになっている・・・時が流れています。

珈琲の木

 

 

2013・5・23

家族のため、社会のため、ご自分のために

益々加速する高齢化社会に於いて、健康寿命をのばす必要性が指摘されています。

要介護の方の施設は足らず、介護する家族の方も病気になったり、
家庭が崩壊するなどの切実な社会的問題となっています。

また、高齢化に伴い、高齢者の犯罪の増加も深刻です。

最近の自動車保険料の値上げも、高齢者による運転事故の増加に伴い
保障が追いついていかず、値上げとなったのです。

高齢になってしまってからでは、手遅れの方は多く、
高齢者になる前の30代40代の時から、健康寿命をのばす努力が必要だと思います。

それは、これからの社会のため、家族のため、自分のためでもあります。

そのためには、禁煙・禁酒は勿論のこと生活食習慣の改善と実行が必要です。

家族のため、社会のため、ご自分のために・・・・

穀菜食:マクロビオティック生活法を提案いたします!

 

 

2013・5・23

無農薬玄米茶

無農薬玄米茶は、買えば高額です。

しかし、案外簡単に作れるのです。

手作りなので独自のブレンドも可能です。

これは、わたし手作りの「黒米発芽玄米茶」です。

勿論、無農薬!それも体に良い発芽茶で黒米入りです。

作り方は、次の書き込みで詳しく・・・

玄米茶

 

 

2013・5・23

「黒米発芽玄米茶」の作り方

さて、前回の書き込みで紹介しました「黒米発芽玄米茶」の作り方を語りましょう。

香ばしくて飲みやすい健康茶です。

・・作り方・・

@黒米と玄米を洗い水に浸し常温で一昼夜寝かす。(生命力のある玄米ならば発芽します。)

A発芽玄米を軽く洗い、水をきります。

B空鍋に発芽玄米を入れて強火で焦がさないように水分を飛ばします。

C弱火にして濃い黄金色になるまで焦がさないように炒ります。

D良く冷まします。

玄米茶

 

 

2013・5・23

「胡麻すり」

穀菜食:マクロビオティックで良く使うものと言えば胡麻でしょう!

胡麻は健康に良く、酸化もしにくいのです。

因みに、食用油で酸化し難い油は、ごま油とオリーブ油です。

オリーブ油は、外国の油で我々日本人が使い始めてまだ時代が浅く、
日本人にはごま油が適しています。

話が脱線いたしましたが、わたしは「ごまどうふ」を作る時は
出来合いの胡麻ペーストを使わずに炒り胡麻を摺ってペースト状にしてから使います。

その方が健康的だからです。

この画像の状態になるまでには、2時間から3時間以上、
すりこ木で摺らなければいけませんが、摺るほどに滑らかになり口当たりが良くなるのです。

どうしてそんなに時間をかけて摺るのか?と言いますと、
マクロビオティックは、「一物全体」と言うことを重んじて全ての栄養を利用するため、
胡麻豆腐などは、普通なら漉して殻などを除くのですが、
全てを頂くために、殻の部分も滑らかに摺らなければと言うことであります。

胡麻すり

 

 

2013・5・23

実りが到来!

ようやく、我が無農薬畑にも実りが到来!

葉物中心に採れはじめています。

生野菜なんかものすごく新鮮で最高です!

生野菜無農薬

 

 

2013・5・23

「たべあわせ」

私が避ける食材の組み合わせ方、私の店は穀物菜食:マクロビオティックの食堂です。

食材の組み合わせ方には特に注意しています。

食材が胃袋におさまり、混ざり合って腸に送り込まれる様を考える時、
果物を食材と組み合わせるのは避けます。

特に生の果物は絶対に食材と組み合わせることはありえません。

それは、果物は消化酵素が多い反面、果糖が多く、
胃袋の中で他の食材と混ざることにより、他の食材までも醗酵させてしまいかねないからです。

食べるのなら、食事とは異なる時間に食べるのが望ましいと思っています。

例えば、3時のおやつとかにです。

「3時のおやつ」それを思いついた人は本当に素晴らしいと思います。

お昼ごはんでもなく晩御飯でもない、重なることの無い時間帯です。

このように、何気ない昔からの習慣の中には、
先人たちの知恵が隠されているのだと思います。

 

 

2013・5・25

大根のケーキ

私のオリジナルの大根のケーキが、お土産に好評いただいています。

デザートの盛り合わせには必ず大根のケーキを入れています。

お土産にもとお買い上げいただいています。

マクロビケーキ

 

 

2013・5・25

グリーンサイトライセンス

私の店、自然食穀物菜食のマクロビオティック食堂「健康食工房たかの」は、
自然エネルギー環境認証「グリーンサイトライセンス」を取得しています。

これは、サイトを運営する時に生ずるCO2の対策として、エコに熱心な企業などが、
植林活動などのエコに貢献することにより地球環境を守ろうとするもの。

かなり有名な企業が参加されています。

このエコな活動には、私の小さな店でも個人でも参加できるのです。

私の店の場合は、「モンゴル国セレンゲ県へのポプラ・ニレの植樹」にて、認証されています。

エコ認証

 

 

2013・5・25

毒にもなれば薬にもなるそれが料理

医食同源という言葉があります。

それは、「食事とは病気を予防し病気を治すほど大切なものなのだよ」
と言う先人からの言葉です。

お国により様々な表現がなされていますが、
共に食と言う物は毒にもなるし、薬にもなる物であると説いています。

またある意味、料理を作る作り手の精神状態や体調により、
毒にもなれば薬にもなるとも言えます。

どんなに健康的な食材を使いこだわった作り方をして見ても、
料理の作り手が、精神的に不安定だったり、怒りながら作っていたり、
悲しみながら作っていたり、或いは体調が悪い中作っていたとすれば、
健康の良いものでも毒になるのです。

これは、スピリッチュアルな事ではありません。

作り手の思いというものが料理に染み渡るのです。

つまり、すこやかなるものを求めて食される自然食系のお料理の
作り手は精神を常に一定に保ち、体調も常に良い状態でいなければいけないのです。

料理を作る作り手の精神状態や体調により、
毒にもなれば薬にもなるそれが料理と言う物です。

それは、家庭のお料理も同じです。

家族への感謝の思いで、料理を作るならば、家族円満!

 

 

2013・5・26

「心」

気の持ち方で、免疫力や治癒力が格段に上がることがわかってきたようです。

そう言えば、笑う事で大病を克服したと言う方もいたり、
女性は恋をすると若返ったり美しくなったりするようです。

とある実験で、被験者に治癒力のあるお薬と治癒力の無いお薬を与えた時に、
治癒力の無いお薬を与えた人達にも効果が出る事があるようですし、
心とは不思議な物ですね。

「鰯の頭も信心」と言うことわざがありますが、
私たちの心の中には、底知れぬパワーが眠っているようにも思います。

ならば、使わないわけにはいけません。

そう言えば・・・日々感謝の心を持っている人、
お日様のように明るい人には、明るくやさしいパワーを感じます。

 

 

2013・5・29

無農薬田んぼの田植え体験:

        2013年6月2日日曜日開催


私の店で使っている無農薬の玄米「イセヒカリ」の稲作農家の
「エコファーム奥野」さんの白山市の旧鳥越にある無農薬の田んぼで、
田植え体験が開催されることになり、「エコファーム奥野」さんでは、
田植え体験の募集をしています。

今回は、黒米の田植え体験を企画されているそうです。

当日のお弁当を希望の方にのみ、私のお店、
自然食穀物菜食のマクロビオティック食堂「健康食工房たかの」で
お作りする事になっています。

勿論、お弁当のご飯は、かの有名な伊勢神宮の御神田で生まれた
新品種の「イセヒカリ」発芽玄米ごはんです。

田植え体験に興味のある方は、参加されてみては如何でしょうか?

開催日の前日まで受け付けていると思います。

あえて、「エコファーム奥野」さんの連絡先はここには書き込みませんが、
検索されれば出てきます。

いせひかり

 

 

2013・6・1

繁華街は歩行者天国で人に酔い・・でも」

6月1日(土)今日の金沢市は、市祭「が行われます。

金沢市の中心街、繁華街の大道路を通行止めにして、
市民参加型の大パレード等が催されます。

金沢市では、景気対策として、最近、頻繁に目抜き通りがイベント等で
歩行者天国になるのですが、市祭「百万石まつり」は、
その中でも広範囲に通行止、交通規制になるため、
金沢市の中心街では、人口密度が極端に上がり、ものすごい盛り上がりを見せます。

その反面、郊外は、交通規制の影響等で普段の
土曜日と比べて落ち着いた人の流れになるのです。

私の店は、郊外にあり、中心街での歩行者天国や交通規制がある時、
特に広範囲に歩行者天国、交通規制がある年に一度の市祭「百万石まつり」では、
毎年、比較的静かな一日となりますので、
普段混む土曜日でも、ごゆっくりとお食事をお楽しみ頂けます。

 

 

2013・6・4

玄米は色々と使える万能食材

数年前に母国に帰られたのですが、
アメリカでマクロビオティックをされていて日本で数年間、
英語の先生をされていた方とお話をしていた時に、玄米のお話になりました。

日本人は、お米が主食で、おかずとごはんと言うように、
分けて考えることが殆んどですが、アメリカでは、玄米は野菜の一種として判断するため、
玄米をデザートにしてみたり、サラダにして見たり、
ドリンクにして見たりと色々な物に使うそうです。

玄米のお菓子だけで分厚い料理本が出来るほど、
玄米プリンや玄米ケーキ、玄米ミルク、玄米アイス、玄米・・・そう言えば、
以前、都会の本屋で英文の玄米専門のお菓子のレシピ本らしきものを見た事があります。

私は英語には疎いので、その本は買いませんでしたが、
かなり多くの玄米ベースのお菓子類が画像入りで紹介されていました。

私たち日本人は、「お米はご飯でありオカズやお菓子ではない」と
思いこんでいることが多いのですが、外国の方のように、
「お米は野菜の一種」と置き換えて考えて見ると、様々な発想が得られ驚きます。

玄米はご飯で食べる以外にも色々と使える万能食材だったのです。

 

 

2013・6・4

卵焼きもどき

材料:かぼちゃ・ひえ・豆乳・葛・塩・醤油

考察:
かぼちゃの乾いた香ばしくもほくほく感と心地よい甘さ
・ひえの弱いねばりと淡白な食味・葛の固まり過ぎない弾力。

作り方:
ひえを軽く洗い、鍋に水をひえ分量の3倍入れ、
ひえ・かぼちゃを一緒に入れる最初強火から弱火・・軽く塩>
ひえ・かぼちゃ共、柔らかくなったら豆乳を入れ、
かぼちゃがペースト状になるまでピーターやへらで練っていく、
途中、水溶き葛を流し入れ、弱くぷるんとした感じになるまで練りこんで行く>
途中味を調える>
巻き簀(すだれ)に、ラップを惹き、
その上に弾力のあるペースト状のたまごもどきを置き、くるりと巻いて冷やし固める。

マクロビ玉子焼き風

玉子焼きもどき

 

2013・6・4

有機マカロニのアマランサス豆腐マヨネーズ

穀菜食:マクロビオティックでは、野菜と雑穀を多用します。

特に穀物は様々なお料理に使い分けるのです。

この画像は、有機マカロニのアマランサス豆腐マヨネーズ。

アマランサスの粒粒感とたまねぎのみじん切り・
数種類のハーブを合わせて、すっきりとした一品に・・・

マクロビのアマランサスのマカロニ

 

 

2013・6・6

週に数日、デトックスの日を!


私のお店には若い方々もお食事に来られます。

若手の作家さんや若手の画家さんや学生さんやOLの方、
小さなお子様連れのお母さんたち・・・アトピーなどのお肌のデリケートな方・・・

それで最近良く相談される事は、普段ジャンクな食事が
多くて体調が悪いと言う内容のお話・・・お付き合いなので仕方が無いにしても
体にモロに表れてと皆さん言われます。

解決策としては、ジャンクな物をさけるのが得策なのですが、
そういう店にはジャンクな物以外ないでしょうし選べません、そしてお付き合いも大切!

そういう時は、週に数日、デトックスの日を設けても良いと思います。

植物性のお食事のみの日を数日、何曜日と何曜日と言うように設けるのです。

無論、その日には甘いお菓子や甘いドリンクなどは頂かないのです。

私の店のご常連様、若手作家さんは、
デトックスにと私のお店を週に何回かお使い頂いています。

 

 

2013・6・6

6月の営業日のお知らせ

自然食穀物菜食のマクロビオティック「健康食工房たかの」の6月の営業日のお知らせです。

毎月の月初めに簡単なお知らせと営業日の書かれたカレンダーを
印刷して店内に置いてあります。

ホームページからもダウンロード印刷出来るように、PDFファイルを置いています。


pdf 6月の営業日等のおしらせ(パンフレット)

 

 

2013・6・6

初夏の菜っ葉の煮浸しは最高です!


自然食穀物菜食のマクロビオティック「健康食工房たかの」の無農薬自家栽培の畑では、
初夏の菜っ葉が大収穫中です。

そこで、お料理の中に初夏の様々な種類の菜っ葉を煮浸しにして提供しています。

煮浸しの良い所は少ない量で色々な野菜をたっぷりと頂けることです。

野菜不足の現代人には最適な料理とも言えます。

有機野の煮びたし

 

 

2013・6・6

私は、自然が大好きです。特に森林浴!


森林浴には、癒しの効果があることが科学的にもわかっています。

以前にも書きましたが、森林から揮発する微量物質「フイトンチッド」の
癒しの効果がわかってきているのです。

森に入った時のすがすがしい清らなる空気・・・・

わたしは、古式ゆかしい清らななる森林の中の神社にも頻繁に参拝させていただいています。

良く出かけるのが、北陸で知らない人がいないであろう有名な神社である
「白山比盗_社」(しらやまひめじんじゃ)です。

古式ゆかしい神社には、伊勢神宮のように宗派に限らず様々な方々が参拝に来られます。

白山比淘蜷_=菊理媛尊(しらやまひめのおおかみ)(くくりひめのみこと)、
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱。

五穀豊穣・大漁満足・開運招福・家内安全・良縁成就・交通安全
・生業繁栄・学業成就・身体健全・夫婦円満・福徳長寿・家運長久・子孫繁栄・神人和楽。

地元の方も、金沢に観光などに来られた方も、必ずと言ってよいほど参拝されます。

北陸の方に「しらやまさん」と親しまれている「白山比盗_社」 

「白山比盗_社」(しらやまひめじんじゃ) 「白山比盗_社」 (しらやまひめじんじゃ)

http://www.shirayama.or.jp/

 

 

2013・6・6

「避けて通れないのが「水」」

自然食穀物菜食:マクロビオティックをする中で、避けて通れないのが「水」です。

なぜなら、水は全ての元となる物だからです。

水の粗悪な環境では、どんなに素晴らしい素材を集めてきても、
世界的にも有名な料理人が調理する事になったとしても、
自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理は生み出されないのです。

わたしは、水環境を構築するために小さな店でありながら、相当の資本を投入しています。

素晴らしい天然名水が水道蛇口から湧き出すように使える所は良いのですが、
長い配管を通り、塩素が混ざり農薬が混ざり重金属や
不自然な構造体と変異した水を使わざるしかない水環境の場合は、
浄活水システムを使うと言う選択もあります。

浄活水器は、浄水能力が、優れていて当然、その他に・・・+αが求められます。

人にとって健康に良い水とは、
軟水である事、溶解力が強い物・マイナスイオンを含んだ物・浸透スピードが速いものです。

わたしは、今まで水道水に満足できない自然嗜好の方々に
十数年の間、浄活水システムをお渡しして喜ばれております。

超高性能 自然系浄活水器 

 

 

2013・6・7

「初夏の菜っ葉」

初夏の菜っ葉の煮浸しは最高です!

自然食穀物菜食のマクロビオティック「健康食工房たかの」の
無農薬自家栽培の畑では、初夏の菜っ葉が大収穫中です。

そこで、お料理の中に初夏の様々な種類の菜っ葉を煮浸しにして提供しています。

煮浸しの良い所は少ない量で色々な野菜をたっぷりと頂けることです。

野菜不足の現代人には最適な料理とも言えます。

マクロビおひたし

 

 

2013・6・7

「朝採れの春菊のかきあげ」

種をまいてから葉物が大豊作!

自家栽培の畑にて、朝採れたての野菜で調理する日々!

これは、朝採れの春菊のかきあげ(天ぷら)です。

香ばしくって美味しいです。

軽くバジル塩をつけていただきます。

無農薬春菊のかきあげ天婦羅

 

 

2013・6・7

「生野菜馬盛りで?」

裏メニュー「生野菜特別盛り」別名「生野菜馬盛り」これは、馬が食べるほど大盛と言う意味。

お店の常連様の若手作家さんの特注メニューです。

「 生野菜馬盛りで! 」

有機栽培サラダ

 

 

2013・6・7

「朝採りたての野菜は美味しい!」

ほんとうに、朝採りたての野菜は美味しいです。

自家栽培だから出来る贅沢だと思います。

夏大根も泥つきで朝一で収穫して、只の輪切りでもとても甘く美味しいのです。

たぶん、蒸すだけでも美味しい・・・・

しかし、それでは芸が無い、色々な料理へとかわります。

無農薬大根

 

 

2013・6・11

「発芽玄米と、軽く玄米の表面を削ったご飯」

私の店には、すこやかなる食べ物を求めてお見えになる方が殆んどです。

お客様は、女性の方が殆んどだと思われる方もいるかもしれませんが、
私の店では男性の方々も多くお見えになられます。

外国からのお客様やお仕事で外国から来られている方々にもご利用頂いています。

年齢層も、赤ちゃんからご年配の方々、
男女国籍を問わず、幅の広い年齢層の方々にご縁を頂いています。

ご飯は、発芽玄米ごはんと、
軽く玄米の表面を削った白ご飯に近いご飯から選んで頂けるようにしていますが、
殆んどの方99%ぐらいの方は、発芽玄米ご飯をお召し上がり頂いています。

私の店で初めて発芽玄米ご飯を食べられてから、
白ご飯の食卓から玄米ご飯の食卓へと楽しまれている方も多く、
発芽玄米ご飯の炊き方のアドバイスを求められる事も多いです。

発芽玄米と二分つきごはん

 

 

2013・6・11

「暑き時期こそ、胃酸を正常に!

これからの時期、注意しなければいけない事は、食中毒です。

なぜ、暑き時期に食中毒が蔓延するのかと言いますと、
菌の増えやすい温度と湿度が続くと言う事と、が弱くなる事が関係しているようです。

毒を出し続ける強毒性の菌に関しては、
胃酸ではガード出来ないため衛生管理のみに頼るしかありませんが、
通常は、その他の菌の大部分は、胃酸でガードしているそうです。(胃酸:約ph2の強塩酸)

しかし、暑いと自ずと水分を「がぶがぶ」と必要以上に飲んでしまい胃酸がうすくなってしまい、
その結果菌が素通りしやすくなってしまうと言う点があるそうです。

食事の時には、胃酸が正常な状態である事が必要だと言う事で、
そのためには、食事の前に水分を必要以上に胃に入れ過ぎないことや、
食生活や生活習慣を健全に保って、健康体でいることが必要なようです。

同じ物を食べても、重篤な状態になる人とそうでない人がいるのは、
元々備わっている生命力の違いはあるかも知れませんが、
上記の事も大きく関係しているのだと思います。

と言う事で、自然食穀物菜食のマクロビオティック食事法をお勧めいたします。

 

 

2013・6・11

「知らない人も多い・・・食にこだわる人は・・・

調理・保存の過程まで考る」

生で食べる野菜は、食べる寸前に調理しなければ、
栄養の殆んどが失われてしまうことを周知の方は多いと思います。

サラダや大根おろしなど生で食べるお野菜は、
切た瞬間から栄養が失われて行くのですね。

暑くなると自ずと生野菜系が欲しくなる方は多いと思いますが、
特に外食などでのサラダ系は、食べる寸前に調理して頂ける事は極めて少なく、
前もって切り置きした物が殆んどです。

例えばバイキング:ビュッフェなど、サラダバーに長時間さらされている生野菜系では、
食中毒や変色をさけるために、洗剤で洗ってから良く濯ぐか、
次亜塩素酸溶液を薄めた水に数分間漬け込み、消毒してから水にさらし、
さらに、しゃきしゃき感を長時間保つ場合は、ミョウバン水に漬け込み保存している所も多く、
例え無農薬有機栽培との表示であったとしても、
実際は、新鮮な低農薬のお野菜・・農薬のお野菜でも、
食べる寸前に調理して頂ける所の方が、
栄養価は高く新鮮である場合も多いかも?と言うことです。

つまり、農薬・無農薬・低農薬・有機・・・共、つくり置きされた生野菜系或いは、
保存目的に薬剤を使用せざるを得ない物には殆んど期待できない
・・嗜好品的なものであると考えた方が良い場合もあります。

生で食べる野菜は、食べる寸前に調理していただけるお店をお探しになるか、
ご自分で食べる寸前に調理していただきましょう!

 

 

2013・6・13

「異質な水分での水分補給は?」

今日の金沢は、ものすごく暑い、
水分を補給して脱水症・熱中症などを予防しなければと言う時期になってしまったようです。

この水分の補給のタイミングですが、
この前、書きましたが、食事の前後には胃液がうすまるので、
水分を過度に胃に流し込むのではなく、
普段からこまめに水分を補給することを心がけた方が良いようです。

それと、アルコールやカフェインが入っている飲料やお砂糖いっぱいのジュースや
ジャンクな飲み物では、体に入ると異物:体に良くないものと胃腸が判断して、
体内の水分を使い外に出そうとするので、余計に脱水につながるかもしれませんので、
良質の水分で補給することをお勧めします。

生ビールを何杯も飲める人はいますが、
水を同じく何杯も飲める人がいないのはそのためです。

水分が過度に体の外に排出されるので、脱水し、何杯も飲めるのです。

天然名水

 

 

2013・6・13

「時はまるで生き物のように走って・・・・」

あっという間に、夏!

時はまるで生き物のように、一回瞬きをすれば、
新盆、二回瞬きをすれば、旧盆、と言うかのように加速度をまして行くようで、
「ぼーっと」していると置いて行かれそうな勢いです。

このまま行くとあっという間に夏も終わるわけであります。

夏と言えば、毎年お盆過ぎから、おせちの予約の受付を開始いたします。

気が早い!そう・・・でも、もう既に予約が一つ入っているのです。
(おせちの予約のピークは11月から12月半ば位です。)

今の時期から「おせち」なんてと大半の方が思う事でしょう?

でも、食材等の手配や検索なんかは、秋口前から始めるのです。

里芋や金時にんじんなんかはもっと前にこだわりの農家さんに
依頼しておかないと手に入りませんし・・・私の借りている
小さな畑では、里芋系・にんじん系は、スペースが無く作れないのです。

時はまるで生き物のように走って・・・・

自然食マクロビおせち

 

 

2013・6・13

「北陸の人のアイスクリームの消費量は?」

金沢は冬は雪国、でも、真夏は暑い!

金沢市の人のアイスクリームの消費量は全国でも最上位にランクされているそうです。

あの寒い真冬でも、アイスクリームは人気なのです。

と・・・言う事で私の店:自然食穀物菜食のマクロビオティック
「健康食工房たかの」では一年を通して、植物性100%の
「オリジナル・アイスクリームもどき?」を作っているわけです。

持ち帰り出来ないの?と良くお客様に言われるのですが、溶けやすいので、
お店の中で食べて頂いています。

マクロビアイス

 

 

2013・6・18

「健康にこだわる店の閉店時間は早い」

なぜ?自然食でも、より健康にこだわる店の閉店時間は早いのか?

不思議に思った人も多い事でしょう?

飲食店なら普通、深夜10時ごろまではお食事が出来るのに、健康にこだわる店では、
7時から8時でラストオーダーは珍しくありません。

それは、人は、就寝時間は遅くても午後11時前後まで、
午前様にならないことが好ましく、
就寝の3時間から4時間前に夕食を済ませることが理想なのです。

それを逆算しますと、
夕食は、遅くても午後8時か9時ごろには終わらなければいけないことになります。

自然食でも、より健康にこだわる店では、それを考えての閉店時間が早いのです。

 

 

2013・6・18

「胃に重たくない玄米の工夫」

胃に重たくない玄米の工夫・・・
さて、暑くなる時期、普段玄米を食べている人でも重くなりがちの玄米しかし、
工夫次第では胃に重いと言うことは無く美味しくいただけるものです。

なぜ重く感じるのか?と言う問いかけに、
ある人は、真夏は暑く陽性が強い時期で玄米の陽性よりの物よりも
陰性の物が美味しく感じられるからと言う方がいますが、
冷たい物や水分の過剰摂取で胃液が薄まり、
或いは猛暑の最中、
良く噛んで食べることが煩わしくなる時期と言うような事の方が
大きく関係しているのではないかと思います。

要するに、消化に負担のかかりにくい玄米の工夫をすれば、
猛暑の時期でも美味しく玄米を頂けるのです。

私は以前から玄米そのままで炊くのではなく「発芽玄米ごはん」をお勧めいたしております。

「発芽玄米ごはん」は、白米と同じくらい消化に負担がかかりにくく、
栄養価も玄米そのものよりもパワーアップしているという「万能ご飯で」す。

真夏に「白ご飯が重い」とい言う人はいないように、「発芽玄米ご飯が重い」と言う人はいないはずです。
さらに、その発芽玄米ご飯が見た目に重いと言う人には、
一工夫すれば良いと思います。

例えばこの画像のように、発芽玄米ごはんのおにぎりの中に、
あおじそ(大葉)の線切と梅干の微塵きり、
或いはしその粉少々を混ぜて大葉で包んでみると
見た目にも食べて見ても涼しげな一品になったりします。

大葉、あおしそのおにぎり

 

 

2013・6・18

「本当の意味での健康食や自然食」

先祖伝来の環境や人種の違いにより、
適している食べ物も違ってくるのは常識であり、
健康食や自然食であっても万国共通のものは何一つないものです。

例えば海藻類ですが、我々日本人は海苔などでも消化でき、
海藻などは我々にとっては適度に食べれば健康食であるのに対して、
欧米人では消化にかなりの負担、殆んど消化されないと言いますか、
海藻類は負担となるようです。

それは、先祖伝来の環境や人種の違いによるものです。

つまり、百人百様、
その人に適したものを考えて食すのが本当の意味での
健康食や自然食なのであると思います。

 

 

2013・6・19

「人それぞれ・・・・」

前回、先祖伝来の環境や人種の違いにより、
適している食べ物も違ってくるのは常識であるとの書き込みを致しました。

それはとても重要な事で、例えば、
パートナーや友人や知人と食を共にする場合や手作りの料理でもてなす場合で、
日本人以外の方と楽しむ場合は、良く考えないといけないのです。

例えば自然食・穀菜食・マクロビオティックのお料理であったとしても、
我々日本人に適していてもそれ以外の人種の方には適さない事があるためです。

その場合は、ゲストの方の人種や国籍などを調べて、
その方に適した自然食・穀菜食・マクロビオティックのお料理をお出ししなければいけないのです。

只、それが、特別な日だけである場合は良いとしても、
それが例えば国際結婚などをされて、パートナーが日本人以外の人である場合で、
長期間において食を共にする場合は、極めて注意が必要です。

我々日本人とそれ以外の人種の方では、適している食は違うのです。

我々日本人には健康に良くても異なる人種・民族には、そうでない事もあること、
またその逆もありえる事との認識の下、
其々の先祖伝来の民族的文化・・食生活の歴史・・消化能力の違い・・
体内構造の違い・・腸内細菌の違い・・・を勉強し、探求しなければいけないのです。

 

 

2013・6・19

「急激な環境の変化を軽減する工夫」

生き物は急激な環境の変化には対応出来ず、
過度のストレスやダメージが知らないうちに蓄積されている場合もあるため、
なるべくなら安定した環境を持続できるような工夫が必要・・・・

同じ日本であったとしても、北陸・関東・中部・・・
北海道・沖縄と言うように、先祖伝来住まいしている生活環境・自然環境・
食環境は大きく違います。

この前の書き込みに、我々日本人と異国の人では適している食べ物が
違うと書き込みましたが、同じ日本であっても、
先祖伝来生活してきた環境に適するように、
からだが作られてきている以上、適している食べ物は多少なりとも違ってくる物です。

例えば単身赴任や勉学・就職・結婚などで、
先祖伝来住み慣れた土地を離れた場合は、
その土地に順応するまでかなりの時間が必要です。

生き物は急激な環境の変化には対応出来ないからです。

暖かい土地に住まいしていた人が、寒い地域に住まいし、
冷えに悩まされたり、水があわなかったり、食があわなかったり、
人間関係の問題など様々なストレスが出てくるものです。

蓄積されるストレスやダメージを軽減させるには、その生活環境の変化の中、
自らの先祖伝来の生活環境に思いを寄せて、
急激な環境の変化を軽減できるような工夫が必要であると思います。

食生活では、「水と食」が大きく関係しています。

 

 

2013・6・24

「料理を美味しく作るためのエッセンス」

レシピ本や料理教室で習った料理を美味しく作るための「エッセンス」とは?

お料理が好きな方は、色々な美味しそうなレシピ本を参考にされたり、
お料理教室などにも通われている方も多いと思います。

しかし、
「思い通りのものが作れない?」
「お料理教室で習った通りのものが作れない?」
とお悩みの方も多いかもしれません。

なぜかと言いますと、「レシピほどあいまいなものはない」のです。

同じ種類の野菜一つにしても、水分の多い物少ない物・甘みのあるもの苦味のあるもの
・味が濃厚なものそうでないもの・・暖かい地方で出来たものそうでない物があり、
基本となる水も、軟水・硬水・水道水・活水・浄水・浄活水・真冬の水・真夏の水・・・
と挙げればきりがないほど同じ条件の物は何一つ無いのです。

それに調味料の種類や時期的なもの・保存状態や醗酵の違いなどでも
同じ条件の物は何一つ無いのですから、
レシピを完全に再現出来たとしても違う物になるのは当たり前です。

「水と食材」の違いにより微調整しなければいけないのです。

この微調整が、料理を美味しく作るための「エッセンス」なのです。

有機野菜

 

 

2013・6・24

「自然には計り知れない力、英知が隠されている」

自然には計り知れない力、英知が隠されおり、
それを理解することにより人類は進歩してきた歴史があります。

物理的・化学的な各種の進歩も自然が大きく関係しています。

衣食住、日常生活にも、それが大きく関係しています。

科学が進歩していなかった時代でも、
食や自然環境で、すこやかなる日々が左右されることを先人たちは理解していました。

古くから語り継がれてきた昔話からもそれがわかります。

衣食住、私たちの生活にとって自然は無視できない存在です。

水や石や草や木々にも底知れない力があることを科学的な進歩の中で
科学的・物理的にも理解出来るようにもなってきてます。

例えば「石」パワーストーンとか見えない力、
科学的物理的な方向から理解が難しいスピリチュアル的な癒しの効果を
求める方たちがいる中でも、科学的な解明がされつつあります。

科学的にはまったく効果が無い神秘的なものがある中でも、
その中の一部には、科学的に期待できるものがあることが分かってきたのです。

「遠赤外線」「浄化作用」・・・・

泰澄石 (タイチョウセキ)
雪峰白山の開祖・泰澄大師が発見したとされる火成天然石。
農薬などの還元分解・無害化、有害菌の不活性化作用、
水分子の構造化を促し、人体に吸収しやすい安全な水を作る働きがあります。

麦飯石 (バクハンセキ)
火成天然石のひとつで、美味しい水を作るためのろ過材といわれています。
pHを弱アルカリ性に調整安定化させ、溶存酸素を増大させ、
遠赤効果・有害物質の吸着・分解効果が認められています。

磁鉄鉱石
容器に磁場をつくり、その中を流れる水に含まれている重金属を除く働きをします。
また静菌性を保ち、水の分子を構造型に変え、人体内の水に近い水を作り出します。

http://kirameki-takano.com/jiyousui3.html

 

 

2013・6・24

「自然は自らを再生する力を持っている。
時としてその恵みに人は肖かる」

自然は自らを再生する力を持っている。
時としてその恵みに人は肖かる。

泰澄石 (タイチョウセキ)
雪峰白山の開祖・泰澄大師が発見したとされるあ火成天然石。
農薬などの還元分解・無害化、有害菌の不活性化作用、水分子の構造化を促し、
人体に吸収しやすい安全な水を作る働きがあります。

麦飯石 (バクハンセキ)
火成天然石のひとつで、美味しい水を作るためのろ過材といわれています。
pHを弱アルカリ性に調整安定化させ、溶存酸素を増大させ、
遠赤効果・有害物質の吸着・分解効果が認められています。

磁鉄鉱石
磁場をつくり、その中を流れる水に含まれている重金属を除く働きをします。
また静菌性を保ち、水の分子を構造型に変え、人体内の水に近い水を作り出します。

天然石

http://kirameki-takano.com/new_page_45.htm

 

 

2013・6・25

「夏休みは金沢へご旅行は如何ですか?」

金沢は、金沢城跡のある兼六園周辺の中心地から、
僅かな距離で海山川へと行くことが出来る自然に恵まれた文化都市です。

その自然環境から、多くの方がアウトドアを楽しんでいます。

特に、お子様をお持ちの若いファミリー層では、
週末、自然の中の公園や山海に出かける方は多いのです。

アウトドアの魅力は、自然に親しむ事ができること、
気軽に利用する事が出来て費用が安くおさえられる事であろうと思います。

野外での自然に囲まれた環境での食事・・醍醐味を味わうのも魅力です。

ストーブと呼ばれる鉄製の蓋付鍋(ダッチオーブン)での
調理や網と墨でのバーベキューなど楽しみ方は無限に広がります。

好き嫌いの激しい人であっても、自分たちで料理を作るわけですから
工夫次第では安心してアウトドアライフを堪能できるわけです。

金沢は、金沢城跡や兼六園や武家屋敷だけが観光のメインではありません。

気軽に自然を満喫できるのです。

夏休みにはぜひ金沢へ・・・お弁当やオードブルもお作り致します!

自然食穀菜食の食堂「健康食工房たかの」がお待ち致しております。

 

 

2013・6・25

「お出かけや内食で、
健康食工房たかのお弁当や
オードブルは如何ですか?」

梅雨時は、ストレスがたまり易い時期でもあることから、
不調に傾きかけている人もいるのではないかと懸念いたします。

この時期は私の店:自然食穀菜食のマクロビオティック料理
「健康食工房たかの」のお弁当やオードブルのご利用が多くなる時期でもあります。

お客様の元気を応援できますように心をこめて調理しています。

今日の1050円の植物性100%の穀菜食シンプル弁当です。

・コールラビと牛蒡の胡麻風味の酢の物

・ひじきの野菜いっぱいの旨煮

・切り干し大根の旨煮

・初夏の菜っ葉の煮浸し

・ペンネの自家製アマランサス豆腐マヨネーズあえ

・おかひじきのあまらんさす柚子こしょう風味

・根菜いっぱいの金平

・もちきびとキヌアの豆腐雑穀ハンバーグ

・ひえとかぼちゃで作る玉子焼きもどき

・いせひかり発芽玄米古代米入りごはん

揚げ物には・・自家製バジル塩

ごはんには・・自家製胡麻塩

まくろび弁当

 

 

 

2013・6・26

「タンポポコーヒ」

昔はタンポポコーヒーと言えば、
根っこ臭いと言う印象か強い飲み物であったと思いますが、
最近はメーカーさんが研究されて飲みやすい物が多種出ています。

たんぽぽコーヒーは、英文ではDandelion coffeeと書きます。

日本では医療が発達していなかった昔から民間療法的なものとして、
体を暖めたり、お乳が出やすくなると言ったせんじ薬的な使い方をしていたようです。

マクロビオティック的観点から見た場合、タンポポコーヒーは、
陽性な飲み物として親しまれています。

タンポポ珈琲

 

 

2013・6・26

「お味噌汁は喜ばれています!」

お鍋の中は、具沢山の味噌汁!

お味噌汁はマクロビオティック:自然食穀菜食の定番です。

最近はお洒落感覚で、スープやシチューなどが出されている
事が多いこの業界ですが、それは、生まれてから洋風の食事のみで
生活を余儀なくされてきた若い年齢層に少しでも親しんで頂きたいとの
願いがこめられているからであって、本来なら、スープやシチューよりもお味噌汁なのです。

美容と健康の観点から見ても、海外のモデルやセレブ層が味噌を好んでいる
背景を見ても分かると思います。

海外の穀菜食セレブから見れば、「日本人なのになぜ?」と
思われているかもしれません。

私の店には海外からの穀菜食のお好きな方も多くお見えになられているのですが、
みなさんお味噌汁は喜ばれています。

マクロビお味噌汁

 

 

2013・6・26

「お弁当!」

最近、お弁当のご予約が多く、仕込みに追われています。

毎朝5時ごろから仕込みをはじめて、開業時間までに
ご予約のお弁当を作り終わります。

見た目にはシンプルなのですが、穀菜食のお弁当は、
かなり見えない所に時間がかかるのです。

マクロビ穀物菜食弁当

 

 

2013・6・26

「穀菜食シンプル弁当の内容」

今日の1050円の植物性100%の穀菜食シンプル弁当の内容


毎日メイン料理だけは替えるようにしています。

・コールラビと牛蒡の胡麻風味の酢の物
・ひじきの野菜いっぱいの旨煮
・切り干し大根の旨煮
・初夏の菜っ葉の煮浸し
・ペンネの自家製アマランサス豆腐マヨネーズあえ
・おかひじきのあまらんさす柚子こしょう風味
・根菜いっぱいの金平
・雑穀と根菜の玄米ミルクドリア
・ひえとかぼちゃで作る玉子焼きもどき
・白ごまとうふ
・茄子のもろ味噌田楽
・いせひかり発芽玄米古代米入りごはん

ごはんには・・自家製胡麻塩

玄米菜食お弁当

 

 

2013・6・26

「おにぎりとおかずたっぷり弁当の今日の内容」

因みに1580円のおにぎりとおかずたっぷり弁当の今日の内容

・コールラビと牛蒡の胡麻風味の酢の物
・ひじきの野菜いっぱいの旨煮
・切り干し大根の旨煮
・初夏の菜っ葉の煮浸し
・ペンネの自家製アマランサス豆腐マヨネーズあえ
・おかひじきのあまらんさす柚子こしょう風味
・根菜いっぱいの金平
・もちきびとキヌアの豆腐雑穀ハンバーグ
・雑穀と根菜の玄米ミルクドリア
・ひえとかぼちゃで作る玉子焼きもどき
・白ごまとうふ
・ブロッコリーのから揚げ
・きゅうりと初夏の生野菜
・茄子のもろ味噌田楽
・・・・その他いろいろ

いせひかり発芽玄米古代米入りごはんおにぎり大2個

ごはんには・・自家製胡麻塩
揚げ物には・・自家製バジル塩

マクロビオティックお弁当

 

 

2013・7・1

「鮮やかなお花がお客様をお迎えいたします」

私の経営する
自然食穀物菜食:マクロビオテイックの食堂「健康食工房 たかの」の
7月のお休みは日曜日の定休日のみお休みです。

日々すこやかなるお料理を喜んで頂ける事を願いお作りしております。

店の前の鮮やかなお花がお客様をお迎えいたします。

花

 

 

2013・7・1

「お弁当の今日の内容」

今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお弁当

・青梗菜のハーブ炒め
・おかひじきのアマランサスレモンわさび醤油あえ
・紫芋エスニック豆腐マヨネーズ・ペンネサラダ
・夏野菜のサラダ
・ひじきの野菜たっぷり煮
・切り干し大根の旨煮
・スティックブロッコリー
・ちりめん細長うりのから揚げ
・雑穀根菜ボール
・ひえと南京の玉子焼きもどき

いせひかり発芽玄米古代米入りご飯・・・

お店で食べるセットメニューには、自家製5年味噌のお味噌汁と漬物
三年番茶がついていて出来たてが食べれます。
(店内のセットメニューはその他数種類)

マクロビ弁当

 

 

2013・7・2

「バランス」

極度のダイエットや偏食は体温を下げたりと、
それに伴い様々な弊害を患う「スイッチ」をONにしてしまう可能性があるかもしれません。

最近、男性でも冷え性に悩む方が増えているそうです。

本来なら男性は冷えとは縁遠いものであり、女性よりも体温が高いのが普通のようです。

しかし、デスクワークで、クーラーの冷気から
下半身の冷えを軽減するためにひざ掛けをしていたり、
厚着をしたりと女性並みに冷えに悩む人も少なくない・・・なぜ?と
思うかもしれませんがそれはダイエットや偏食が大きく影響しているみたいです。

体系を気にするあまり生野菜しか食べなかったり、
食事の量も女性並みしか食べなかったりと、
見た目にも女性的な男性が増えてきているそうなのです。

沢山食べれば良いというものではありませんが、良質のものをバランスよく頂く事が大切です。

極端にダイエットした場合或いは偏った食により激痩せした場合は特に注意が必要です。

体脂肪の多い人がダイエットするよりも、
激痩せした人が体を元に戻す事の方が難しいからです。

しかし、当の本人は激痩せしている事を認識していない場合が多く、逆に健康的になった、
美しくなったと思い込んでいる場合が殆どのようです。

周りの人が教えてあげるのもある意味必要かもしれません。

極度のダイエットや偏食は、様々な弊害を患う「スイッチ」を
ONにしてしまう可能性があるかもしれないからです。

 

 

2013・7・2

「大切な水にこだわる人は少ない」

食材・調理手順に、凝っていても、肝心の水に凝っていない方の多さに驚かされます。

水は、命の源とも言われており、日々のすこやかなる生活や
料理には欠かせないたいせつなものであることは皆が感じているであろうと思います。

健康にあまり関心の無い人でも料理に携わっているプロは、
水一つで味が左右される事を知っています。

また、健康に真剣に取り組んでいる人たちは、
より自然で、尚且つ安全で、清らかな水を、追い求めています。

水はとても大切なものであり、生命のあるものは、水を常に利用し、
良質な水分をからだに取り入れ続けなければいけません。

その長い時間の中で、
良いお水を使い続けることが出来ることはとても素晴らしいことだと思います。

 

しかし、車や電気機器や家や服や装飾品や食材にこだわっても、
水にはあまり関心がない人は多いのです。

 

嗜好品的なものには高額な費用を出しても、身近な目に見えない大切なものには、
あまり関心が伴わない、行動までは伴わないことが多いものです。

 

しかし、その見えない部分こそ大切な要素であると思うのです。

 

 

 

2013・7・2

「今日のセットメニューから・・・
水にこだわるから・・自然な味が楽しめる
(植物性100%の穀菜食:マクロビオティック)」

 

 

2013・7・8

「真夏日でも店内は涼しく・・・」

金沢は、連日、34度を越える真夏日が続いています。

夜も熱帯夜で、冷房や扇風機をつけっぱなしで寝ている方も多いことでしょう。

こんな時は汗が出て行きますので、脱水に注意が必要です。

それと、案外扇風機は汗などの気化により、体を冷やし続ける事になるため、
部分的に集中して風をあてるのではなく満遍なくあてるのが好ましいようです。

どうしても体の前だけとか後ろだけと言うことになるためこの温度差が体に負担になるようです。
クーラーは風向きを上に向けておけば、
全体的に部屋を冷やすのでそのような事は軽減されるようです。

体の表面の水分の気化により体温を下げる構造の扇風機は汗をかかない人には
あまり効果が無いため時々体に霧吹きで水をかけたり、
霧のような水が出るミスト扇風機を利用するのがよいようです。

因みに、私の店は冷房をがんがん効かせていますので、
(大体25度から26度前後位に)ストレス無くお食事が出来ます。

 

 

2013・7・8

「真夏のレシピ・・1」

全国的に暑い暑い・・・冷たい麺類など毎日そうめんばかり食べている人も
急増しているのではないでしょうか?

しかしそれでは、殆んど炭水化物なので、ミネラル不足で夏ばてが益々進行してしまいます。

そこで、生野菜も沢山食べれるようなレシピを書きましょう!

本来なら私の店のような自然食穀菜食:マクロビオティックのお店で
バランスよく食べて頂ければ夏ばて食欲不振でも比較的美味しく頂けるとは思いますが、
そのようなお店がお近くに無い場合は食べに行きたくても行けません。

で、ついつい麺類主体になってしまうのが蒸し暑い日々・・・

<そうめん冷やし中華たれ>
水あめ大匙2
濃い口醤油大匙2
ごま油小匙1
昆布出し汁大匙6
おろし生姜小匙1
おろしニンニク小匙4分の一
すり胡麻小匙1
レモン絞り汁大匙1
酢大匙4
紅生姜みじん切り少々
柚子こしょう少々
<作り方>
そうめんを湯がいて流水で冷ます。(すこしかため)
夏野菜のサラダを用意する。(レタス・きゅうり・・・・)
タレを作る:出し汁に水あめを入れて火にかけて溶かし冷ます。
残りのたれ材料を全て入れてあわす。
そうめんを盛り、その上に生野菜をどかーと盛る。
好みでタレをかけながら食べる。

 

 

2013・7・8

「真夏のレシピ・・2」

さて、連日の猛暑で体調を崩されていたり、
ビアガーデンやビユッフエなどに出向き、
冷たいビールやドリンク・食べ放題の大判振る舞い・・
日に日に体の内側からダメージがじわじわと侵食中の方も増えているのではないでしょうか?

そう言うわたしも自然食に興味の無かった十数年前は、かなりジャンクな食生活でありました。

自然食穀菜食:マクロビオティックのお店でバランスよく食べて頂ければ、
比較的安心かもとでも、そのようなお店がお近くに無い場合は食べに行きたくても行けません。

そこで第二段の一品レシピ、
今回は自然のアミラーゼ(消化酵素)
大根とたまねぎとミネラルいっぱいの海藻で考えて見ましょう。

欧米人の方とは異なり日本人は海藻を消化吸収できる
腸内環境を有しているため様々な民族の中でも海藻を有効に利用できるのです。

<大根と海藻の大根おろしあえ>
濃い口醤油大匙3(好みで調整)
昆布出汁大匙3
みずあめ大匙2
生姜おろし小匙1
たまねぎおろし大匙1
酢大匙4
ごま油小匙4分の一
レモン絞り汁小匙1か柚子酢・すだち酢
具:大根短冊切大目・だいこんおろし大目・いろいろな海藻わかめなど沢山・・
<作り方>
具を用意する。
あわせたれを作る:出し汁に水あめを入れて火にかけて溶かし冷ます。
たれ材料を全て入れてあわす。
よく水をきった具材を容器の中にドカンと入れて、たれを上からかけてあわせて出来上がり。

 

 

2013・7・8

「たかの 夏の営業日決まりました。」

弊店:「たかの」の8月の営業日が決まりました。

7月のお休みは:日曜日のみ。

8月のお休みは:日曜日と14日15日16日です。

詳しくは、「たかの」の営業日のページでも詳しくお知らせしています。

 

2013・7・8

「海」

昨日の日曜日は定休日で、「久しぶりに海を見に行こう!」と
「のと里山海道」から降りて、千里浜(ちりはま)ドライブウェイを車で走りました。

千里浜ドライブウェイは、波打ち際の砂浜を8kmも走れる日本でここだけのドライブウェイです。

砂浜と言っても車が通る路面は水分を含んで硬くなっているので、
アスファルトの路面とあまり変わらないフラットな路面であり、安心して走れます。

「のと里山海道」「千里浜ドライブウェイ」共、完全無料で通れるので、
観光の方やファミリーや恋人たちの気軽に楽しめるロマンティックなドライブスポットとなっています。

勿論、海水浴も楽しめます。

わたしたち家族が通った時は、夕日がとても綺麗でした。

只残念な事は、わたしが子供だった数十年前と比べると、
砂浜が大きく侵食されていてきている無くなってきているということです。

金沢に観光のお客様・ドライブを楽しまれるお客様、
わたしのお店でランチやディナーお弁当やオードブルやおにぎりをご利用頂いてから、
「のと里山海道」「千里浜ドライブウェイ」を楽しまれてみてはいかがでしょうか?

2013・7・8

お水一つで生活が変わる事を確信している」

全国的に連日真夏日になったからでしょうか?わたしのお店、
自然食穀菜食:マクロビオティックの店「健康食工房たかの」に
「お水」のお問い合わせが多く寄せられています。

お水は生命のもととなる大切なもの・・
特にこの夏日が続きますと自ずと生水を利用することも多く、お水に関心が高まるのでしょう。

私が、自然食穀菜食:マクロビオティックの店を始めるのに
一番重要視したのは水環境です。

「水のもつ性質・・力」の違い一つで「いのちある料理・生活全て」が
左右されることを確信していたため、水に妥協は出来なかったのです。

そこで、お料理と平行して開業当初から「浄活水器」の代理店もしているのです。

お水の重要性を確信しているからこそ、
ご不調なお客様へ時としてかなりお安くお渡して、
他の代理店からクレームが出ることも過去にはありました。

わたしは、お水一つで生活が変わる事を確信して
今現在でも、「浄活水器」の代理店を続けているのです。

超高性能 自然系浄活水器 

 

 

2013・7・9

店の特徴

お店の特徴は何ですかと色々と今まで聞かれるのですが、

わたしのお店には体の内側から綺麗に元気になりたい方が多くお見えになります。

それに応えられるようにお料理をお作りするのが私の使命でもあり、
それを目指す料理に少しでも近づけるように日々精進して行くこと・・・
ストイックなほどこだわりを持ちますので、猫も杓子もというほどの大繁盛の店ではありませんが、
必要とされる方、この無尽蔵にある飲食店の中で
わたしの小さきお店を選んで頂いたお客様の元気を少しでも応援出来ますようにと
力不足ではありますが日々料理をお作りし、
お客様を取り巻く粗悪な水環境や
食環境の改善等にもお役立ていただけたらとの願いをこめて様々な媒体を使い情報を
お伝えして行く・・・

そんな変わった店、それが私の店の特徴なのかもしれません。

 

 

2013・7・11

料理を飽きてしまわないように作るには?


同じ料理をレシピの通りに作り続けると食べる側は飽きてしまいます。

それは、ストーリーと結末が分かってしまっているリメイクの
ドラマや結果の分かっているスポーツの録画を見るようなものです。

わたしは料理を作る場合、二度と同じ物は作りません。

例えば店に常備ある定番メニュー単品でも味のつけ方調理方法、
食材の配合などをかえているのです。

穀菜食の基本食であるひじきの旨煮や切り干し大根の旨煮でも、
その都度変えているのです。

味噌汁に至っても味の濃淡を変えています。

発芽玄米ご飯の食感もその時々の季節・気温等によりかえています。

料理を飽きてしまわないように作るには?

その時々の環境の変化季節の移り変わり・・・
様々な変化とともに、同じ物を作るにしても変えて行く必要があると思います。

 

 

2013・7・11

夏ばて予防の料理

夏ばて予防料理の開発・・・「コールラビと胡麻」
コールラビは、アブラナ科アブラナ属に分類される、キャベツと同じ仲間のお野菜です。

抗酸化作用はきわめて強く、老化防止やコラーゲンを作る
手助けをする栄養素を豊富に含んでいるんだそうです。

そして、キャベツよりもコールラビの方が栄養価は高く、
加熱調理(茹でても炒めても)しても殆んど栄養価は壊れない特徴があるのです。

そこで、その素晴らしい性質と
胡麻特有の夏ばて効果+暑い時期に食べやすい酢の物効果を合わせてのお料理の開発です。

コールラビと胡麻の健康をいただける一品です。

今日からセットメニューの中の一品として出しています。

食べやすく美味しいとかなり好評でした。

 

コールラビの料理

 

 

2013・7・11

夏ばて予防「ヘルシーなお弁当」から
夏ばて対策増加中!

ヘルシーマクロビのランチボックス

 

 

2013・7・11

ヘルシーなお弁当

「ヘルシーなお弁当」穀物と海草と野菜だけで作るお弁当なので、
日々食が乱れる傾向にある今の時期には、
普段からジャンクフードをお召し上がりの方には特にお勧めです。

自然食穀菜食のマクロビオティックから見たジャンクフードとは、
一食の内、動物性食材に対して穀物と海草と野菜の割合が極めて少ない食事も含まれます。

健康面から考えた時、一食の内、動物性食材の割合は
量的なものにも関係しますが、全体の十分の一位におさえるのが良いかも知れません。

そうすると・・・お肌つやつやプルンプルン頭すっきり・・・と
最近綺麗な女優さんなぜ?・・それは?そうです!

 

自然食のお弁当

 

 

2013・7・11

真夏日の野菜

「たかの」の畑から朝取り立ての「ちりめん細長瓜」
今の熱帯的な猛暑日が続き、うだるような熱帯夜に出来る瓜科の野菜で、
食感は胡瓜と瓜の中間くらい、ほのかに甘くたん白な癖の無い味であり、
揚げても良し、炒めても良し、煮ても良し、蒸しても良し、
生食でも良し、と言うように万能食材として重宝するお野菜です。

耐え難い猛暑の中で出来るお野菜ですので、
今の時期に食べるのは最高!のお野菜と言えます。
とても美味しいのです!

 

ちりめん細長うり

 

 

2013・7・11

「店の周りは花で満開 NO1」

店の花

 

 

2013・7・11

「店の周りは花で満開 NO2」

お店のお花

 

 

2013・7・11

店のなか NO1

「たかの」の店内の画像はあまり公開してなかった事に気づいての投稿です。

とにかく明るく気の張らない店内です。

心優しき小さなお子様をお連れのママさんから仲の良いご夫婦・・
仲の良いカップル・・仲の良いご家族・・仲の良いお友達・・
そして心優しき人々の集う気の張らないお店です。

 

店の中

 

 

2013・7・11

店のなか NO2

案外知られていないのが、店内にある小上がりです。

時として、小さなお子様をお連れの心優しきご家族のための
やさしい空間であったりします。

 

店の中です。

 

 

2013・7・11

8月から開業から14年目に入ります」

2013年8月6日を過ぎると、
自然食穀菜食:マクロビオティック「健康食工房たかの」は、
開業から14年目に入ります。

たくさんのご縁を頂いて今があります。

ありがとうございます。

 

店

 

 

2013・7・11

オードブルなんかはその時々で内容が違う
・・NO1

オードブル

 

 

2013・7・11

オードブルなんかはその時々で内容が違う
・・NO2

オードブル

 

 

2013・7・11

「今日のセットはこれでした。」

セット

 

 

2013・7・11

「お水は全ての基本となるもの」
 
お水を替えてみませんか?

良きお水にめぐりあう事は、素晴らしいこと・・・
14周年の感謝を込めて・・・お得に!感謝を込めて販売します。

超高性能 自然系浄活水器    『ナチュラライザー煌』

をお勧めいたします!

水

 

 

2013・7・12

「安全」をお求め安い価格で・・・
 
今求められている外食産業の傾向・キーワードとは、「安全」と言う事のようです。

低価格帯の安価な食材などを使ったり、
外国製食材を多用する外食離れが進む傾向にあり、
中食の中でも特に安全を意識して作られた中食に人気があるらしいのです。

しかし、そうとは言っても、いぜんとして粗悪な素材や外国食材を多用する
一般的な外食や、うわべだけ安全なように見せているものも
根強い人気があることは事実のようです。

なぜかと考えた時に、やはり、経済的な理由が大きいようです。

殆んどの方が「安全」を求めているのですが、
「安全」を表に出している外食は比較的高いので、
手が届きにくいのが理由のようです。

私の店では、安全な物を安く提供したいとの思いから、
開業以来、原価率が高くなっても、
お客様の元気を応援したいとの一心から、
都会では信じられないくらいの低価格帯でお料理をお出し続けています。

キーワードは、「安全」:自然食穀菜食:マクロビオティックをお求め安い価格で・・・・

 

 

2013・7・12

安らいだ空気がゆっくりと
 
店を始めた2000年8月6日から
今まで沢山のご縁を頂いて「たかの」は歩ませて頂きました。

気がつけば14年、あっという間に時は過ぎようとしています。

オープン当初、お母様と一緒にお食事をされていたお子様もお母様となり、
今度は、お孫さんを連れてお食事に来られる
そのようなドラマを見ているかのようなシーン・・・

「たかの」の店内は時間が止まったかのように
オープンのあの時から安らいだ空気がゆっくりと流れています。

mise

 

 

2013・7・13

自家菜園
 
すこやかなるものを求める時・・・
最近お店のお客様で家庭菜園をされている方が増えてきています。

里山に畑を借りている方、ご自宅のマンションのベランダに
プランタンや植木鉢を置いて野菜を栽培されている方、
トマトや胡瓜やハーブ・・・根菜類も工夫次第で収穫できるそうです。

勿論、みなさん無農薬で作られています。

自家栽培の良い所は、安全で安く新鮮なお野菜が食べれる事、
自ら育てるのでお野菜を大切に思う事が出来る事です。

そして、お野菜を大切に思う事で、お料理も美味しくなる事です。

画像は、自然食穀菜食:マクロビオティック「健康食工房たかの」の借りている畑です。

無農薬の畑 健康食工房たかの

 

 

2013・7・13

味と安全は、「こだぬき」のおりがみつき
 
やっと収穫できた美味しいトマト!

私の店に無農薬のお米「いせひかり」を入れてくれている
無農薬の農園を営んでおられる「エコファームオクノ」さんから
数ヶ月前に無農薬のトマトの苗を頂き、楽しみに育てていたのですが、
美味しく実ると直ぐに「こだぬき? はくびしん?」に
食べられてしまうため食べれなかったのです。

それが最近の猛暑が続いているためか、
「たぬき」も活発には行動できなくなったためかようやく無事なトマトが
今になって収穫できたのです。

このトマトが今年初めての収穫記念第一号!

お客様へお出しいたします。

味と安全は、「こだぬき」のおりがみつき・・・

無農薬の美味しいトマト 金沢の健康食工房たかの野菜

 

 

2013・7・13

発芽させてから」
 
わたしのお店で使っているお米は旧鳥越村の山の中で
無農薬の農園を営んでおられる「エコファームオクノ」さんの
無農薬こだわり玄米「いせひかり」を私の店の「浄水された活性水」で
発芽させてから炊飯しています。

発芽玄米と玄米の違いと発芽の素晴らしさをここで説明すると
枠に収まらないくらいの長文になるため知りたい方は
私のここのホームページをお開きください。

発芽玄米は、もやしのように発芽させるのではなく、ピッと芽が出るくらいで良いのです。

因みに無農薬の玄米は平均5キロで5千円以上するものですが、それだけの価値はあります。

発芽玄米

 

 

2013・7・14

出前」
 
お店で食べるお料理以外では、
お弁当やオードブルも人気のメニューで、
お店から近くであれば1個からでも出前しています。

金沢大学病院・兼六園のある石引・小立野周辺 

金沢大学付属小学校・金沢市民病院・ほがらか村のある平和町・野田周辺 

イオン・田上小学校のある田上町・もりの里周辺

など・・・毎日出前で回っています。

よろしければご相談頂ければ幸いです。

自然食穀菜食:マクロビオティックのランチボックス、
お客様のすこやかなる時に願いをこめて作らせていただいております。

*

 

 

2013・7・14

新じゃが大収穫!」
 

たかの自家栽培無農薬の畑から一部試掘りしてきた新じゃがです。

ジャガイモは、陰干しをしなければいけないのです。

数年前わからずに天日干しをして全部腐らせてしまった
苦い経験もあり、じっくりと陰干しをしてから保存を致します。

じゃがいも無農薬

 

 

2013・7・14

無農薬畑で採れました新たまねぎ大収穫!」
 
この玉ねぎは、赤玉ねぎです。白色の普通の玉ねぎはもう少し後で収穫します。

玉ねぎは風通しの良い日陰に、ネットなどに入れて吊るして保存致します。

無農薬たまねぎ

 

 

2013・7・14

ガトーショコラもどき」
 
ガトーショコラもどきの一品、
ガトーショコラは本来ならチョコレートを使うのですが、
チョコレートやココアにはカフェインが多く入っており、
コーヒーと比較的同じ部類に属します。

従いまして、自然食系デザートでは避ける傾向にあり、
代替的食材を探して、もどきものを作るわけです。

この一品は、穀物系珈琲モドキを数種類掛け合わせて
チョコレートに近い風味に仕上げた物でです。

穀物菜食

 

 

2013・7・15

海の日の今日、7月15日(月)
休まずに通常営業しています!」
 
お盆は、金沢は新盆・能登は旧盆、先日から金沢では新盆に入り、
特にこの3連休で、新盆に帰省されて来られた方の送迎にと
金沢駅の周辺とお寺さんの近くでは至るところで車が渋滞しています。

私の家では、母方の先祖が金沢の出なので新盆、父方の先祖が
能登の出なので旧盆とお盆はニ度巡ってきます。

金沢市内は数日前からお坊様がお忙しく歩かれています。

私のお店では、純植物性100%のお食事とお弁当とオードブル
しかも穀菜食とこだわりの調理法によりバランスも申し分ない、
ご先祖も大喜びのお料理となっています。

まくろびオードブル

 

 

2013・7・15

「店の前が満車でも違うスペースに、
誘導致します。

 
小さなお店ですので、駐車スペースには限りがございますので、
なるべくならばお連れ様と乗り合わせて来て頂きますと助かります。

「たかの」の店の駐車スペースが、満車の場合でも、
別のスペースに誘導致しますので、
お気軽に店内の者にお声をかけて頂ければ幸いでございます。

お車を誘導致します。

 

 

2013・7・17

英文のメニュー」
 
英会話・・・私のもっとも不得意とするものの一つです。

ですので、店内のメニューを英訳したものを常時置いています。

この英文のメニューのあるのと無いのとでは大違いなのです。

ですので、細かいお料理の説明などはまったく出来ない・・・
英語は世界共通語のようなものフランス人の方ドイツ人の方・・
中国人の方・・・
みなさん英語が堪能なので助かっています。

店のメニューを英訳して頂いた方はお店の常連様で、
マクロビオティックを実践されていた方でしたので、
専門的な用語でも分かりやすく英訳していただいて助かっているのです。

 

 

2013・7・17

facebookのページ」
 
このページhttp://www.facebook.com/kiramekitakanoは、
個人用のfacebookではなく、ビジネス用のfacebookのページです。

その違いは、個人用は友達申請を受け付けた人や作成者のプライバシー設定の
レベルにより見る事が出来、それを見るにはfacebookへの登録が必要で、
退会すればその時点で個人用のfacebookを見る事は出来ません。

それに比べ、ビジネス用のfacebookは、
facebookを利用していない方にも全て公開、見る事が出来るのです。

つまり、facebookを利用しない方や退会された方でも、
コメントやいいねが出来ないだけで、
この「たかの」のfacebookは、引き続き見れると言う事です。

最近、個人用のfacebookをクローズされる方、
facebookから離れる方もいますが、ここのページは今まで通りに見る事はできます。

因みに、facebookを退会しますと、今までつけていた「いいね」や
「コメント」等も取り消されるようですのでその点
プライバシーに配慮されているのだろうと思います。

 

 

2013・7・17

電子レンジは、一切使いません」
 
自然食穀菜食:マクロビオティック調理の常識として
マイクロ波加熱(電子レンジ)は、一切使いません。

それは、自然界に存在しない分子と分子を異常なほどの振動により
熱を持たせて加熱することマイクロ波加熱に疑問を唱える学者の方も多いからです。

本当に真にこだわる自然食レストランには、電子調理器は置いていないのです。

私の店にも電子調理器は置いてありません。

たしかに、あると便利です。

しかし、私自身家族も含めて、私生活でもマイクロ派加熱は避けていますので、
お客様に悪いと思いながら使うのは避けたいのです。

 

 

2013・7・17

「植物性100%のノンシュガー、ノンカフェイン
のデザートとお飲み物で、ティータイム」

 
たまには、植物性100%のノンシュガー、
ノンカフェインのデザートとお飲み物で、ティータイムは如何ですか?

白砂糖やカフェインは、頻繁に必要以上体に取り入れ続けると、
中毒とまでもいかないまでも、たばこのように依存的なもの・・
体に入れないと物足りないなど・・・止めようにも制限するにしても難しくなるようです。

禁煙外来はあっても、禁白砂糖外来・禁カフェイン外来はありませんので
制限をせざるを得ない身体の状態になった時には辛いと思います。

糖尿病のおかあさん・・・食べていないと言っていたけど、
娘さんが調べたら信じられないところから甘いお菓子がどっさりと出て来たそうです。

ノンカフェイン ノンシュガー デザート

 

 

2013・7・17

本日のお弁当の内容は?」
 
本日の自然食穀菜食:マクロビオティックのお弁当の内容は、
植物性100%のたんぱく質のお料理がメイン「からあげ」弁当でした。

マクロビ弁当

 

 

2013・7・18

夏野菜のお料理づくし」
 
今日のセットメニュー・・「夏野菜のお料理づくし」

真夏の蒸し暑い陽性のエネルギーの強い時期には、
なぜか陰性のお野菜の種類が増えます。

また、逆に寒く陰性のエネルギーの強い底冷えのする日々が続く時期には、
からだを暖める陽性のお野菜の種類が増えるのも不思議な自然の摂理です。

陰性のお野菜・・茄子やトマトやきゅうり・・生姜・・うだるような暑さの時、
涼しくすごすお手伝いをしてくれるお野菜たちの登場です。

おいしい野菜いっぱいのランチ 金沢

 

 

2013・7・19

お野菜にエールを・・・」
 
お野菜とお肉とどっちが好き?単純なアンケートですが
今まで様々なところでされてきたものです。

どのアンケートも結果的にはお肉が大好き!で終わっています。

お野菜は嫌いと答えた人も多いのです。

「野菜って工夫次第でものすごく美味しくなるんだけどな
健康にもよいことは世界的にも証明済み・・」
驚いた事に年配者でもお野菜をお肉やお魚の添え物くらいにしか
思っていない人の方が多いみたいです。

あるご家庭では、遊びに来られたおばあちゃんが
「あら・・お野菜ばかり、お肉がこんなに少ない、お肉を沢山食べないと
健康になれないじゃない・・牛乳もたくさん飲まさないと大きくなれないよ・・」と
お孫さんを気遣う光景もあるとか無いとか?

まだまだ戦後からの「お肉や牛乳神話」が根強いのかも知れません。

お野菜がんばれ!とエールを・・・、

有機野菜

 

2013・7・19

ハイビスカス」
 
店の中のハイビスカス咲きました。

これからつぼみがどんどん出来て、可愛いお花を咲かせます。

水道水をそのまま使うのではなく、浄水させて活水させての如雨露でのお水やりですので、
塩素が無くて自然に近いお水、店内の木々も大喜びの模様です。

珈琲の木・ハイビスカスの木・オリーブの木・・「たかの」は、南国気分真っ只中です。

とは言っても、冷房はつけていますので涼しくお食事できます。

ハイビスカス

 

 

2013・7・19

お弁当の現実」
 
この画像は、本日の自然食穀菜食のお弁当です。

お弁当で思い出すのは、テレビの中で、
子供たちやお父さんのお弁当が良く出てくるのですが、
その内容がウインナー・玉子・お肉・お魚と言うような内容のお弁当が殆んど・・
お野菜が殆んど入っていない・・まったく入っていないものも目にします。

テレビに映るからと普段よりも彩を考えられてバランスを考えての
手作りで作られている事を考えた時、家庭での野菜離れはもっと
深刻な状態である事がわかります。

最近、社食や学食が注目されていますが、
本来ならば家庭のお料理が社食や学食よりも安全で美味しいのが理想であり、
一昔前まではそうであったようです。

今は、家庭でのお料理よりも社食や学食の方が
安全で美味しいと評判なのは悲しい現実でもあります。

自然食お弁当

 

 

2013・7・19

お弁当のお話」
 
数年前、金沢から遠方へ栄転されたご常連様がお弁当屋さんを始められました。

お弁当屋さんを始められたきっかけは、
病院のドクターのお食事があまりにもお粗末だったことにショックを感じたからだそうです。

命を救うためのお医者様が自らの命を縮めるようなお食事をされている、
お医者様のためのお弁当屋さんを始めようと起業されたのでした。

私は、今までドクターは普通の方よりも裕福であるし、
毎日健康的なものを取り寄せて食べることが出来ると思っていたのです。

それが、最近の医療番組などで、ドクターが限られた時間の中で
菓子パンをミルクで喉に流し込んでいたり、売店のおにぎりを一つだけ食べていたり、
カップラーメンを食べているのを見た時、本当だったんだ・・と唖然としたのです。

そんな栄養価も無いストレスまみれのお食事で
何時間もの手術をこなさなければいけないのですから、大変なことです。

身を犠牲にして働くとはこのことだなと感じたのです。

毎日ではありませんが私もお医者様へ定期的にお弁当を出前しています。

心をこめてお作りしています。

マクロビ弁当

 

 

2013・7・19

おかひじき」
 
私が好きな夏野菜の一つが「おかひじき」です。

なぜ?菜っ葉なのに「おかひじき」と言うかと言いますと、
ひじきに似ているからです。

でも栄養価はひじきに引けをとりません。

ビタミンC、カリウム、β-カロテンがとても豊富なのです。

マグネシウム、カルシウム・・・ミネラル類も多く含まれている
健康的なお野菜で、火を通してもしゃきしゃき感が失われることも無く美味しいのです。

無j農薬 おかひじき

 

 

2013・7・21

「手作りバジル粉
 
普段家庭にあまり無い物で、
あれば使い勝手があり案外容易に手に入れることが出来る調理アイテム
「ミル」・・coffeeミルとか***ミルとか色々な名前で売られています。

要するに粉引き出来る器具です。

この画像は、たかのの畑で採れた「バジル」を乾燥させてミル引きした物です。

微粉末にミル引き出来る器具を使いミル引きにしましたが
これが何かと使い勝手があるのです。

抹茶のような微粉末にする事で、
さーと食材と合わさり溶けていきますので料理のアクセントにも使えるのです。

ヨモギの取れる時期にはヨモギ粉を作って見たり、
パセリを微粉末にして見たり、自宅の裏庭で取れるサショウの葉っぱを
粉引きしたりと色々と重宝しています。

それと雑穀類も粉に出来るため小麦粉感覚で使う事も可能です。

有機バジル粉

 

 

2013・7・21

土曜日にお出ししたヘルシーなお料理・・・」

今日、土曜日のヘルシー料理・・・
お客様のすこやかなる時を願って毎日バランスを考えて作っています。

このタイプは1000円のタイプのセットです。

都会から来られた方は、1000円でこれだけ食べれるなんて、
近くなら毎日でも通いますよと言われるのですが・・・・
地元で毎日通われる方は???なのです。

毎日通ってくれる人が増えればいいのにな〜と夢に思う日々です。

自然食穀物菜食 マクロビオティックランチ

 

 

2013・7・21

日曜日」

私が自然食穀菜食:マクロビオティックの
食堂&マクロビオティック系自然系浄活水器代理店
を経営しつつ料理人でもあることから、
ストイックに穀菜食をバリバリに食べている「達人」のように思われる事もあります。

しかし実際は、ミルク系と不自然な科学的なものは避ける傾向にありますが、
お肉なども付き合い程度に、お魚に至っては週に数回程頂いていますので、
「達人」ではありません。

この間、うちの奥さんが料理を運んでいると
「マクロビオティックされていると肌が綺麗になるんですね」と
お客様に言われました・・奥さんが驚く!と「ご主人の・・」と
奥さん「店から外に出ないから・・日に当たらないからですよ〜」と・・笑

たしかに、ご自分のからだに合わせたマクロビ系の
お食事をされている方はみなさん肌は美しくなります。

最近の芸能人であれば「堀北さん」でしょうか?

私は殆んど仕込みにおわれて店から出れない、
出れるのは早朝や夜に少しの日の上がらない時間・・・
ですので一年の殆んどを店の中ですごしています。

ですので、週末の休みにはなるべく外に行くようにしています。

今日は週末の日曜日で店の定休日、
気分転換に「風たちぬ」でも見に行こうかと思っています。

夜景

 

 

2013・7・22

ダイエット弁当(ミニミニ弁当)誕生のお話」
 
ダイエット弁当(ミニミニ弁当)誕生のお話・・・
ある心地よい秋晴れの早朝、店のドアを開けて空気の入れ替えをしつつ
店の中でラジオ体操をしていた時(その当時年配のお客様が

「あんた・・ラジオ体操バカンナランワイネ〜
アレキツイワ〜マイニチシマッシネ〜オススメヤワ〜」)
とお聞きして毎朝していた時期があります。

「あの〜」と後ろでお声が・・犬のお散歩をされているお嬢さんが
「お店、見せて頂いていいですか・・前から興味があって・・」

「いいですよ・・どうぞ」

子犬の紐を外の植木鉢につけて、そのお嬢さんは店に入ってきました。

「お食事出来るんですね・・・お弁当もされているんですか・・
お弁当の大きさってどのくらいですか?」

「このお弁当箱に詰めているんです。」

「結構あるんですね・・もっと小さいのはあるんですか・・」

「ご要望に応じてお作り致しますよ」

「どんなのご希望ですか」

「ダイエットとかに良いような感じの軽いような・・」
で、出来たのがこのミニミニ弁当(840円)です。

ダイエット弁当

 

2013・7・22

本日の普通サイズのお弁当
 
今日、月曜日の普通サイズのお弁当・・
心をこめてすこやかなる時に感謝してお作り致しております。

自然食穀菜食:マクロビオティックのお弁当(1050円)

そのほかのお弁当としては、おかずたっぷりの1580円も好評なのです。

で、1050円のお弁当の内容は・・・
いつもの穀菜食の基本食を盛り込みながらの・・
一口サイズのお料理全10種類・・そのなかでも夏らしい物としては、
「夏野菜の寒天よせ」でしょうか・・只の寒天で固めるだけでは寒天ぽいので、
植物性100%でもゼリーのようにぷるんぷるんにするには、
寒天と葛を微妙な配合であわせるのです。

玄米菜食弁当

 

 

2013・7・22

「くるま麩のから揚げ」
 
くるま麩のから揚げ・・全国に麩はありますが、北陸ほど麩に縁のある地域はありません。

車麩は、沖縄でも良く食べられるため沖縄発祥ではと思い込んでいる方もいますが、
車麩発祥の地は北陸なのです。

北陸で作られ全国へと北前船で運ばれて行った歴史があります。

さて、車麩は文字通り、車の車輪のようにがっしりと大きなドーナツ状の
大体直径15センチから20センチほどの筒状の焼き麩で、
カットして使うものですが、近年ではカットされて販売されていたりします。

主に煮物系に良く使われますが、穀菜食や精進料理では、
お肉などの動物性たん白の代用として様々なお料理に使われています。

この画像は、私オリジナルの車麩を使いましたカラ揚げもどきのものです。

食感味とも鳥のカラ揚げに似せて作っています。

車麩のから揚げ

 

 

2013・7・22

本日の自然食穀菜食のセットメニュー」
 
本日の自然食穀菜食のセットメニューです。

先の投稿の車麩のカラ揚げも中に入れてみました。

玄米菜食のランチ

 

 

2013・7・23

「お子様ランチから食育を考える」
 
お子様ランチから食育を考える・・

お子様ランチはかなりの昔から至る所で提供されています。

しかし、内容はとてもお粗末なものばかり、
大人なら絶句してしまいそうな既製品の寄せ集めのような物が殆んどです。

私は、全て手作りでお子様ランチを作っています。

大人の方も羨む様なグレードの高いものをお出ししていました。

量的にも子供にしては少し多いものだったのです。

しかし、ある時、どこかの幼稚園の園長先生がラジオ番組に出ていまして、
「バランスよくからだに良い物だけを食べさせるのが食育ではない」と言うような
コメントをされていたのでした。

「全部食べれたね食べれたと言う達成感・・・そして感謝の心・・いただきます・・
ごちそうさま・・そういう事も大切であり、食育なんですよ」と言うような内容だったと思います。

それを耳にしてから、
わたしは、幼児が食べて丁度良い量、
食べ残ってお母様が食べなくても良い量に内容を変えたのです。

お子様ランチについている小さな小さなおにぎりのように
お子様ランチは食育であるべきであると・・

お子様おにぎり マクロビ

 

 

2013・7・24

「アレルギー対応出来ると安易に
引き受けてはいけない」
 
飲食店は、アレルギー対応出来ると安易に引き受けてはいけない、断る勇気も必要です。

私の店は、動物性のものは一切使っていない自然食穀菜食:マクロビオティックの店ですが、
アナフィラキシーなどの極度のアレルギーの方はお断りしています。

なぜなら、お客様の出入りがある以上、外部から入ってくる可能性も否定できないからです。

例えば、他のお店でアイスクリームや
お菓子を食べたお子様や他店でラーメンを食べて来られた
旦那様の衣服や手に微量な付着物があったとしても命取りになりかねない・・・

「はぁ〜クション」と咳払いをして異物が飛ぶ可能性もある。

お店に黙って、持参されてきた御菓子なんかを食べてしまう方もいて、
食べこぼしをされる場合もあるかもしれない。

アナフィラキシーなどの極度のアレルギーの方の場合、
アレルゲンが皮膚に微量についたとしても大変な事になりかねない。

それほど、アレルギー対応は慎重に考えなければいけないものなのです。

飲食店は、アレルギー対応出来ると安易に引き受けてはいけない、断る勇気も必要なのです。

 

 

2013・7・24

「夏色のお弁当」
 
今日のお弁当から・・・

昼は灼熱地獄、夜は熱帯夜・・毎日蒸し暑いと酢の物系や寒天などの
流しもの・・サラダ類など陰性よりの物が欲しくなります。

特に、ジャガイモとかトマトとか茄子とか胡瓜とかオクラとか・・
涼しくしてくれる野菜がすーとからだに馴染んでいくようです。

お弁当の内容も、天気予報と予想気温と体感温度を考慮しつつ、
夏色に染まっていきます。

 

 

2013・7・25

「夏色のオードブル」
 
今日お作りしました自然食穀菜食:マクロビオティックのオードブルです。

カラ揚げとフライ物とグラタンをご希望でしたので、植物性100%の食材で肉もどき、
ミルクもどきを作り盛り込みました。

何も言わなければ、まさか野菜で出来ているとは思わないでしょう?

マクロビオードブル

 

 

2013・7・25

「お弁当のご飯も選択できます。」
 
本日、お出し致しましたお弁当です。

私の店では、発芽玄米ご飯と白ご飯に近いご飯から選ぶことが出来るようにしています。

毎日、両方のご飯を炊くのですが、99%に近く、
皆さん発芽玄米ご飯をお召し上がりですので、白米がそのまま残る事も多いのです。

それなら、発芽玄米だけ炊けばいいのでは?と思うかもしれませんが、100人百様、
その方にとって必要とされるものは異なりますので、
主食を選択できることは大切であると思っています。

マクロビランチボックス

 

 

2013・7・26

「様々な食事スタイルの
お客様とのご縁があります。」
 
自然食穀菜食:マクロビオティックの料理の店をしていると、
様々な食事スタイルのお客様に巡り逢います。

特に、自然食穀菜食:マクロビオティックでは、
基本的に動物性の食材をお野菜や穀物や海藻類に置き換えて、
お料理をお作りする傾向にありますので、
動物食を避ける傾向にあるお食事形態を実践されている
お客様も私の店を選ばれるわけですが、そこで難しいのは、
自然食穀菜食料理とお客様の実践されている食事スタイルが異なる点がある場合です。

例えば、五葷(ごくん)抜きのお客様の場合は、
店が暇であれば何とかあるものでお作りする事は可能ですが、
ピークタイムにいきなりのご来店では、充分なお料理はお出し出来ません。

五葷(ごくん)抜きとは、
動物から生み出されるの食材一切と長ネギ(あさつきも含む)、玉ねぎ、ニラ、
にんにくなど匂いのある野菜(ハーブやスパイスも含む)を一切使わない料理で、
玉ねぎやねぎやスパイスやハーブなどを使う自然食穀菜食:マクロビオティックのお料理の場合、
急な対応は難しい場合があるのです。

五葷(ごくん)抜きの厳格な方は、
わさびや大葉や三つ葉やよもぎ、せりやパセリ、サンショウ、
生姜、みょうがなど匂いのする野菜や食べる事で心が高揚するお野菜は
避ける傾向にあるため予約を聞く際でも、
どのくらいの抜きであるかをリサーチしなければいけないし、
場合によりお断りしなくてはいけない場合も出てきます。

 

 

2013・7・26

「気がつけばもう週末」
 
気がつけばもう週末!時間の経つのは早い物です。

先週の日曜日は奥さんとジブリの「風たちぬ」を見に行きまして・・
もう週末、今度は、おにぎりでももって、ピクニックにでも出かけましょうか?

私の店の「発芽玄米ごはんのおにぎり」案外人気なのです。

無農薬おにぎり

 

 

2013・7・26

「かわり揚げ」
 
本日のお弁当・・お食事の画像も載せればいいのですが、
お食事の場合はお客様がお待ちになっていることもあり、
撮影のタイミングが難しく、どうしてもお弁当の画像が多くなります。

今日はたまには、かわり揚げでも良いかと言う事で、
夏野菜のかわり天麩羅を盛り込みました。

あっさりと、ゆずこしょうでいただきます。

夏野菜てんぷら

 

2013・7・26

「ぷるんぷるん」
 
トマトと山芋の涼しいよせもの・・「赤茄子のゼリーよせ」
自然食穀菜食:マクロビオティックでは、ゼラチンは使わないため、
植物性のものでゼリーに似た「ぷるんぷるん」を出すのですが、これがその一品です。

山芋と寒天と葛を微妙な配合であわせることにより、

もう「ぷるんぷるん」です。

ぷるんぷるん

 

 

2013・7・28

「最近の技術の進歩には驚き」
 
私の店へ行くには、大通りから住宅地に入るため、
店の住所だけを書きとめて来られた方の場合、シュミレーションしていない方や
ナビが使えない方の中には迷われる方もいます。

ホームページでは、「どこどこで曲がって・・・」とか詳しく書いていますので、
それをメモって来られる方は迷わないのですが、
ガイドブックには、そこまで詳しくは書かれていないのです。

道が分からなくなりましたら詳しくご説明いたしますので、
お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

と言う私も、車のナビが無ければ怖くてどこにも行けないほどのかなりの方向音痴なのです。

そうなので、車にナビを付けていなかった時は、
前もってWEB地図なんかを見ながら事前のチェックが必要でした。

Googlのweb地図を何回開いた事か?
そこで、最近思い出してgooglの地図を開いて見たのです。

そこで驚いたのは様々な機能が追加されていた事、
方向音痴の私にはこれがあの時あればと「すばらしい!」と感動したのです。

一番驚いたのは「Google マップのストリートビュー」です。

これは、googlの地図を開いて左側に表示されている人型のアイコンを長押しして、
地図にドラックすると世界中のいろいろな場所を通りに立った目の高さで 
360 度見渡すことができます。

まるで、現地に行って歩いているように3Dのように体験できるのです。

私の店に人型アイコンをドラックしてみると、
なんとまるで店の前の道を歩いているように体験できるのです。

そうだ・・・何十年も前に行った「パース」に行って見よう! 

すごい!まるでパースの町を観光しているように体験できたのです。

最近の技術の進歩には驚きます。

 

 

2013・7・28

「白い粉」
 
私は化学調味料は大嫌いです。合成旨み成分と言うものです。

とは言うものの、店を始める前、料理屋で勤めていた時は必ず使っていましたし、
市販の既製品で使っていないものは無いほど浸透しています。

昔の家庭には、食卓にお醤油・ソース・塩・合成旨み成分の白い粉は、
必ずといって良いほど置いてあったものです。

そして・・・漬物に・おひたしに・冷奴に・・なんにでも振りかけていたものです。

そしてその当時は、それが当たり前!「おいしい」と思っていたのでした。

しかし、今思うと・・「なんてことをしていたんだ・・自然な味が損なわれるし
・・気持ちが悪くなる合成的な旨み・・」と思える自分がいます。

最近、無添加を売りにする店も増えてきました・・・
しかし、今も当たり前のように、漬物やおひたしに頼みもしないのに
「あの白い粉を振りかけてしまう」お店も多い事は残念なことです。

 

 

2013・7・28

「今日のセット」
 
まくろびらんち

 

 

2013・7・28

「身近にある横綱級の夢のような野菜」
 
日本人は極めてパセリを食べない、
しかし、パセリはものすごいデトックス効果が期待できる「夢のような」お野菜なのです。

栄養価は野菜で一番といっても良い位の実力、
βカロチン、ビタミンA 、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、
鉄、マグネシウム、カリウム、食物繊維、葉緑素、まるで横綱級です。

パセリを食べないのは日本人くらい、本当に損をしているのです。

パセリには、色々な種類がありますが、
形が違うだけで栄養価やデトックス効果は皆同じ・・・・今日から皆さんパセリ食べましょう!

因みにこの画像は、イタリアンパセリです。

無農薬イタリアン

 

 

2013・7・29

「かぼちゃ」
 
「たかの」の畑で今年の初物「かぼちゃ」が収穫できました。

畑の野菜を作って頂いているのは、私の父です。

畑は山の麓「末」の奥にあり、80歳を過ぎた私の父が毎朝、
自転車で野菜を作りに行っています。

距離は片道にして金沢駅から兼六園よりも遠いくらいで急な坂道がずーと続いています。

毎日その距離の往復と畑での作業をして頂いているのですが、
同じ世代の80過ぎのおじいちゃんと比較すると元気度と若さが違います。

やはり、年を取って会社や役所をリタイヤしても、
ご隠居さんにならずに、からだと頭は過酷なほどに動かさないとだめなのですね。

無農薬かぼちゃ

 

 

2013・7・29

「きょうのお弁当から・・・」
 
自然食弁当

 

 

2013・7・29

「きょうのセットから・・・」
 
マクロビセット

 

2013・7・30

「きょうのオードブルから・・・」
 
玄米菜食オードブル

 

2013・7・30

「百人百様」
 
「百人百様」人それぞれに、その人に必要な食べ物は異なるものです。

健康セミナーを受講された奥様が、「これは良い」と、
急に「穀菜食」だけの食卓に切り替える事はお勧めできません。

例えば、「今日からお魚もお肉もなしよ」といきなり言われた場合、
ご主人もお子様も猛反発するはずです。

不治の病で、お医者様の指導の下「からだに優しい物・・
穀菜食がお勧めです」と言われた場合は、ご家族も納得協力するかもしれませんが、
今、健康なのになぜ我慢しなければいけないのか?とパニックになるのです。

「百人百様」人それぞれに、その人に必要な食べ物、
そして嗜好は異なるものです。

出来る事からゆっくりと健康的な食卓へと楽しみながら進んでいけば良いのだと思います。

たまにはお肉・・お魚・・・外食・・・そしてこだわる時はこだわる・・・ゆっくりとほがらかに。

無農玄米のおにぎり

 

 

2013・7・30

「きょうのセットから・・・」
 
マクロビランチ

 

 

2013・7・31

「夏野菜と麩のフライの盛り合わせお弁当」
 
今日は7月31日、明日からは、8月に入ります。

時が経つのは早い・・あっという間に夏真っ盛りです。

で・・と言う事で、今日のセット・お弁当は「ガッツリ」とフライを盛り込みました。

色々な夏野菜と麩のフライとかの盛り合わせです。

無農薬マクロビお弁当

 

 

2013・8・2

「3日(土)は、通常通り営業しています!」

 

 

2013・8・3

ダイエットセット
「ミニミニヘルシーセット」
 
これが、今日の8月3日土曜日のダイエットセット
「ミニミニヘルシーセット」のお料理です。

自然食穀菜食:
マクロビオティックの心とからだに優しいお料理でダイエット!

ダイエットセット マクロビランチ

 

 

2013・8・3

「お豆腐ハンバーグ」
 
これが外人さんに大好評の「お豆腐ハンバーグ」です。

勿論、「たかのオリジナル」自然食穀菜食:マクロビオティックのお料理です。

ワンプレートの中に、ハンバーグの他に付け合せのお料理が盛りだくさん・・・・。

マクロビオティック 豆腐ハンバーグ

 

 

2013・8・3

「十津川村へ」
 
私と奥さんは、金沢市から車で約9時間の日本で一番大きな村、
「十津川村」へ行ってきました。

最近では芸能人が頻繁に、
空中散歩「谷瀬の吊り橋」などをレポートしているため知っている方も多いと思います。

温泉は全て「源泉かけ流し」温泉に入るとこれが人が入らなければいけない
「真の温泉」だと感じました。

私たちが普段入っている温泉は、「からだに良い温泉ではない」事が
十津川村の温泉が教えてくれます。

そして、都会の日本人が忘れかけている当たり前の
「人の優しさ・ぬくもり」が十津川村にはありました。

「大自然からの恵み・・・」今、多くの人が忘れかけているもの・・・


私はお料理で「なつかしい癒されると
感じられる」ものに近づけて行きたいと思います。

 

 

2013・8・3

無理をしないで、出来る事だけ
 
自然食穀菜食:マクロビオティックはセレブの食生活?

食材にこだわるには、それだけの食費が必要です。

お米も安くても1キロで、約1000円前後は当たり前です。

無農薬や低農薬の野菜は高く、食費を抑えるために
自給自足の自家栽培を試みる方もいるくらいです。

食材も一般の物よりも数倍から数十倍のお値段が普通の世界です。

お客様が言っていましたが、こだわっていた時は3人家族で食費に
一月で20万円前後も必要で、貯蓄どころではなかったそうで、
貯蓄を崩して生活する事もあったけれど、今はこだわるべき所はこだわると言うように、
少し緩めた食生活をされているそうで、
かえってその方がゆとりが出来て健康的な生活を送れていると言います。

「今考えて見ると・・これは毒・・食べたら大変な事にと・・
まるで新興宗教にでも入りマインドコントロールされているような感覚」だったとか。

私が思うには、ご病気で医師免許をきちんとお持ちのドクターに
指導されたりとかしていない健康な方は、出来る事だけ出来れば
それでも充分であると思います。

私の今までの経験上「ゆとりが無く精神的にストレスを抱えるほど、
これで無ければいけませんと言っている人ほど不健康な人が多い」のも事実だと思うからです。

 

 

2013・8・4

「素朴な夏野菜料理の王様、焼きなす」
 
今日は日曜日、店の定休日です。

今、何をしているかと言いますと畑で「茄子」が沢山採れたので、
そうだ!焼くナスをお昼に食べよう!と「焼き茄子」を焼いている所です。

その横にノートパソコンを置いてこれを書き込んでいます。

焼き茄子はナスの表面が真っ黒(炭のようになるまで)強火で焼く必要があるため、
業務用のオーブンが効率良いのです。

料理屋では焼き茄子は大衆過ぎるため、
形を変えて提供されますが、本来の美味しさは、
皮をむき、熱々をそのまま「がぶり」と頂くのが本来の食べ方です。?

良く水に漬けて冷ましたり氷水にさっと通して皮をむく方もいますが、
それでは水っぽくなり美味しくありません。

多少熱くても、そのままの状態ですばやく皮をむき、
素早く食べるのが最高に美味しいのです。

焼きなす
 

 

2013・8・5

「認知度は低い時期」
 
オープンしたてのある年のある朝、仕込みを始めていると電話があり、
お話がしたいとのこと・・・お弁当かお料理の相談かとお待ちしていると、
着物と黒服のお客様がお見えになられました。

旅館?ホテル?の関係者の方で、結婚式の披露宴にアレルギーをお持ちの方がいて、
除去食を引き受けたのだとか・・初めての試みなのでアドバイスを求めて来られたのでした。

今なら、アレルギーに対して外食産業は特に敏感なのでリスクを考えて
「断るのが常識」なのでしょうが、その当時はまだそこまで敏感ではない時代でした。

お話をお聞きすると、食べられ無い物のリストがありますとのこと・・
FAXの用紙には、極度のアレルギー「肉類・たまご・乳製品・小麦」と言うように書いてありました。

私が一番気にしたのが「極度のアレルギー」つまりアナフィラキシーかも?
私は正直に言いました。

「一般のお店では低アレルギーの方でも対応は難しい・・
除けばそれで良いと言うものではなく、食材に含まれる僅かな成分にも注意し、調理器具や手や衣服、同じ製造ラインに除去しなければいけない食材があるだけでも対応は難しいでしょう?」

そして、アナフィラキシーとは何かをご説明したのです。

相談者の顔が急に曇り・・・
「事前にご相談できて助かりました」とお帰りになられました。

なにせ・・・自然食穀菜食:マクロビオティックでも難しくお断りするのが半場常識の世界
それがアレルギーの世界なのです。

当時は、まだ、アレルギーの認知度は低い時期だったのです。

 

2013・8・5

「今日の自然食穀菜食のお弁当から」
 
今日の自然食穀菜食:マクロビオティックのお弁当から・・・

私のお店のお客様の層は、
ベイビーちゃんをお連れのママさんから学生さんから
老若男女隔たり無くご利用いただいています。

作り手の私が男ですので、男性女性の方も同じくらいの比率で
ご利用出来ているように思います。

それで、「たかの」に来る人は、日頃からこだわりをお持ちの方が多いのでは?
と思われる方もいるかもしれませんが、
そんな事はありません、比率から考えると大部分の方が普段一般的な食生活をされていて、
週に一回リセットされる感覚で「最近、不摂生が続いたからたかのに食べに行こう!」
みたいな感覚で利用されているようです。

真にこだわる方は外食には行かないでしょうし、
電磁波の多いパソコンなんかも使わない傾向にありますので、情報はガイドか口コミのみ、
自然食穀菜食のお店でも、
究極に厳格なこだわりをお持ちのお客様は少ないものなのです。

マクロビ弁当

 

 

2013・8・5

「もうそろそろ、「大根のケーキ」を違うタイプに」
 
もうそろそろ、「大根のケーキ」を違うタイプに変えなければいけないと思いつつ
好評なので焼き続けているのですが、
尋常でなく大量に使うためストックしている夏大根が少なくなってきているため
時機を見て違うものに切り替えようと思っています。

それと、植物性のアイスクリームの種類も増やしていきます。

店内は、冷房が効いているため涼しいのですが、厨房は熱がこもりやすく、
オーブンを使うと室温が40度以上になるため、
特に今の猛暑の時期は「胡瓜」が欠かせません。

胡瓜は保湿効果と体温を下げる効果があるため、
冷水を飲むよりも即効性があるようです。

「胡瓜まるかじり・・池に住むと言うカッパさんのように・・」

まくろびケーキ

 

 

2013・8・6

「お豆腐が大好きなお客様に」
 
お豆腐が大好きなお客様に「豆腐ステーキ」をメインにしたお弁当を・・

お豆腐の下には、たかのオリジナルの醗酵調味料で軽くソテーした
色々な種類のお野菜がいっぱいです。

豆腐ステーキ弁当

 

 

2013・8・6

「今日の1000円のセットメニューから」
 
今日の1000円のセットメニューから・・・

金沢は、連日の猛暑、この耐えがたき暑さの中、
無尽蔵にある飲食店の中から弊店を選んで頂き、感謝に耐えません。

このご縁に感謝し、様々なお料理を盛り込み、
ご来店頂いたお客様のすこやかなる日々の少しでものお手伝いが出来ますよう
心をこめてお作り致しております。

玄米菜食ランチ

 

 

2013・8・6

「夏野菜の和風パスタ」
 
連日の猛暑、夏野菜は、からだを涼しくしてくれる陰性のお野菜が多く、
組み合わせ次第で、暑い日でも美味しくいただける一品になります。

連日の猛暑、食欲も気力も低下する時期です。

夏野菜はビタミンとミネラルがいっぱい!

野菜は暑くなればなるほど酸味が増して陰性なお野菜になるようです。

それはビタミンやミネラルが暑さに伴い増えていくと言う事を意味するのだとか!

つまり、夏野菜はうだるような暑さの中で我々に
必要なお野菜へと変わってくれている・・ビタミン・ミネラル・・・
そして身体を涼しくしてくれる陰性のお野菜達。

その夏野菜をこれでもかと使った
「夏野菜の和風パスタ」が美味しく思う猛暑日の金沢です。

追伸・・・外は炎天下の灼熱地獄でも、
お店の中は冷房が効いて楽園ですのでご安心ください。

和風スパ

 

 

2013・8・7

「14年目の扉」
 
早い物で、今日は8月7日、私の店 自然食穀菜食:マクロビオティック「たかの」が
オープンした日が2000年8月6日なので、今日から14年目に入ります。

振り返ればあっという間、オープンしたての2000年は「???何???」と言うように
自然食というもの自体???の金沢でありまして、
地方では時期的に早すぎたかと思いもしましたが「これではいかん」と
ビラを配ったり、先生を招いてセミナーを企画したり、地方紙に載せて見たりと
この時期ほど、焼け石に水と言うように啓蒙活動的なものに
散財した時期はありませんでした。

今振り返ると、お客様の口コミが一番効果があったように思います。

口コミといっても今流行の口コミサイトやブログや今ここに
書き込んでいるようなソーシャルネットのことではありません。

バーチャルメディア等の口コミで常連様の獲得は難しいのです。

人から人へと口頭で繋がるご縁ほど力強いものは無いと今振り返れば思うのです。

今までのご縁に感謝し、
そして、新たなご縁を得られるようにとの願いをこめて、

14年目の扉を今開きましょう・・・

ハート

 

 

2013・8・7

「今日のセットメニューから」
 
今日のセットメニューから・・・
たまには胡麻豆腐も良いでしょうと言う事で、胡麻豆腐も入れてみました。

ヘルシーランチ

 

 

2013・8・7

「今日のお弁当から」
 
今日のお弁当から・・
涼しさを感じられる物を・・・

ヘルシー弁当

 

 

2013・8・8

「今日のお弁当から・・撮影は難しい・・」
 
今日のお弁当から・・・
いつも時間の無い中で、写真を撮るのですが光の加減で
色がくすんだりぼやけたりとプロのようには撮れません。

数年前に、旅行雑誌の取材にプロのカメラマンさんがレポーターと
一緒に来られていた時があります。

夏休向けの企画で、6月ごろに撮影と取材に来られました。

写した料理は、夏向けの弁当とお料理とオードブルと店構えと店内。

その時は、シルク色の傘のような照明を数種類と湯気を写すのに使う、
筒状の照明、料理を置いて回転させる台、
カメラ数台、色々なレンズなどを持って来られていました。

撮影と取材で1時間位だったと思います。

料理本などで、料理が美味しく見えるのは、
プロが写すからなのだとその時思ったのです。

玄米菜食お弁当

 

 

2013・8・8

「無いと物足りないと言われる方が多いもの」
 
無いと物足りないと言われる方が多いたかのの「ヒジキの旨煮」
日本人が食べる自然食穀菜食:マクロビオティックの基本食、定番の常備菜と言えば、
「ひじき」「切り干し大根」「金平」なのですが、一時、
常備菜ばかり盛り込むのは芸が無いと、違うものに切り替えて入れていたことがあります。

大体、お弁当やセットメニューの場合、お料理は8品前後、
コース料理やスペシャルセットでは、さらに様々なお料理をお付けしています。

その中に、定番の常備菜も盛り込んでいるのですが、
お付けしていなかった時「たかののヒジキが美味しくて楽しみにしていたのに」と
結構多くのお客様からお声を頂いてから、またお付けし出したのです。

「ヒジキの旨煮」を単品でテイクアウトされる
お客様も多いのでお客様に聞いてみたことがあります。

「たかののヒジキの旨煮は他の店と違うからですよ・・・」と言われていた方がいますが、
されどシンプルでベーシックなヒジキに変わりは無いのですが・・・・

ヒジキの旨煮 マクロビ

 

 

2013・8・8

「生物は環境の変化に対して常に自らの体を
「良きも悪しも」作り変えている」

 
連日の金沢は猛暑日が続いています。

店内の室温は、常備25度に設定していますが、
お客様のご要望で温度を高めにしたりとこまめに変えてはいます。

厨房の室温は30度から40度前後、
店内と厨房は一部オープンにはなっていますが、少しの事で熱がこもりやすいのです。

因みになぜ夏になると痩せる人が多いのか?冬になるとふくよかな人が多いのか?
と言うと動物は脂肪により季節の気温に順応しているようなのです。

そう言えば、寒いところに住む生物は丸々と皮下脂肪を溜め込んでいますし、
暑いところの生物は、皮下脂肪が少ないようです。

それは、人にも当てはまるようで、
この暑い時期にかなりきつめの冷房で過ごされる方は、冷房太りになる事もあるそうです。

つまり生き物は、環境の変化に対して常に自らの体を
「良きも悪しも」作り変えていると言う事なのだと思います。

温度計

 

 

2013・8・8

「本質:野菜はからだに優しく・・・」
 
8月のお盆前の猛暑日のお弁当から、

自然食穀菜食:マクロビオティックのお弁当は、基本的にお野菜だけで作られ、
始めて食べられる方は、お肉やお魚や玉子やミルクと変わらないような食味の物も
植物性100%で出来ているため、ある意味驚かれることも多く、
お野菜なので胃もたれもせずに、猛暑日続きの今の時期には特に
「すーと」やさしくからだに馴染んで行くようです。

普段の食生活をリセットするには、最高とお客様に喜んでいただいています。

マクロビ自然食オーガニックのお料理 お弁当 玄米
自然食らんち ビーガンランチ弁当
玄米菜食弁当 マクロビオティックランチ
マクロビデリバリー ランチ
自然食

 

 

2013・8・13

「一年間お待たせいたしました
お盆過ぎからクリスマス前後まで、
たかのオリジナル
自然食穀菜食:マクロビオティック「おせち」
ご予約受付を開始いたします」

 
気が早いと思われるかもしれませんが、
お盆過ぎからクリスマス前後までたかのオリジナル
自然食穀菜食:マクロビオティック「おせち」のご予約受付を開始いたします。

毎年の恒例で、早い人は予約受付開始と共に予約を入れてくださいます。

そこで、おせちの画像をちょこっと数枚、気の早い投稿です。

マクロビおせち料理
マクロビおせち料理

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ

 

 

2013・8・13

8月のお盆前の猛暑日のお弁当から
 
8月のお盆前の猛暑日のお弁当から、
自然食穀菜食:玄米菜食:マクロビオティック・・・ヘルシーナチュラルをお求めの客様
(穀菜食なので、ベジタリアンとビーガンの方々もバランスよく食べれます)
全てお野菜と穀物と海草などで作っていますので、
連日の猛暑で食欲減退傾向にある今、からだに優しく多くのお客様に喜ばれているようです。

たかの手作り自然食無添加のお弁当・オードブルのページ

 

 

2013・8・13

Vegan  Macrobiotic  
Vegetarians Restaurant TAKANO


None of our dishes contain any white sugar, animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives. 
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.
 

今日8月13日火曜日の金沢は猛暑日、
自然食・穀物菜食:玄米菜食:マクロビオティックのお弁当から・・・

お弁当・オードブルのページ

 

 

2013・8・13

植物性穀菜食100%とんかつのようなフライ
 
えっ!これってお肉でないのと驚かれる植物で出来ている
とんかつのような食味のフライ・・・植物性穀物菜食100%

 

 

2013・8・16

食:「心身健康」にも影響するとても大切なもの
 
日本全国この猛暑日が続く中「切れる人」を少なからずとも目にする事があります。

最も目にしやすいのは運転中の「切れる人」でしょうか?

例に挙げれば、
前の車に対して車間ギリギリに追い込みをかけて「切れている人」

クラクションを鳴らしまくり「切れている人」

赤信号などで前の車が止まったら、「待ってました」と後続の車がいるにもかかわらず、
車から降りて前の車の窓を開けさせて「切れている人」

車のウインドウを開けての「大声で怒鳴り切れている人」など・・・

この猛暑日、目にした人も少なくないはずです。

当事者でないにしても見せられて気分の良いものではありません。

なぜ「切れる」のか?

色々な要因があるようです。

精神的な疾患・性格的なもの・ストレス・過剰なメディアや
ゲーム依存などによる脳の損傷など挙げるときりがありません。

私は、食のバランスも少しは影響しているのだと思います。

暑いからと麺類ばかり食べていたり、ジャンクな食をされていたのでは、
ミネラルやカルシウムやビタミンなどが不足してしまいます。

それと、様々な要因から起因する心の異常な状態やストレスなどがある人は、
緩和させるために、身体の中のカルシウムを溶かして使うようで、
それで追い討ちをかけて栄養が不足気味になるようです。

この「栄養のバランス」が崩れることで「切れやすい人」が増えるのであろうと思うのです。

それは、笑い事では済まされませんアメリカなどでは、
車のトラブル「切れる人」が関連する、
凶悪な相当数の傷害事件等が他発して人命にもかかわる深刻な社会問題にもなっているのです。

運悪く「切れている人」に遭遇した場合は、
「異常な精神状態」慎重にリスクを考え危険回避する事が懸命のようです。

食とは、「心身健康を左右」するとても大切なものであると思います。

有機野菜

 

 

2013・8・17

貴重な自然界が生み出したサプリメント:味噌」
 
味噌は、長期熟成させるほど色が濃くなります。

市販のお味噌の色薄いのは熟成期間が短いためで、
濃く熟成されたものは市場のニーズが少ないため殆んどお目にかかりません。

しかし、味噌は、熟成期間が長いものこそ素晴らしい効果が期待できるのです。

何年間も熟成されたものは「宝石」にも値する
貴重な自然界が生み出したサプリメントとも言えるのです。

その効果は、老化防止に効果が期待でき、
「老化」を促進するといわれている「フリーラジカル」「活性酸素」を
抑制する効果があると言われています。

肌を綺麗に白くする効果も期待出来、デトックス効果は食品の中でも群を抜いています。

その効果が大なのが群を抜いて「長期醸造の味噌」なのです。

海外のセレブは、良い物はすぐに生活に取り入れる傾向にあります。

この「お味噌も」生活に取り入れ始めています。

日本人の若い年齢層では、味噌汁よりもスープ・・・と言うように、
「味噌・・塩分高い・・お洒落でない・・」などと敬遠する傾向にありますが、
老化防止だけではなく、デトックス効果も期待できる事から、
海外のモデルさんや女優さんなどもお味噌の恵みを利用し始めているのです。

海外では最高級の高額なサプリメントである
「長期醸造のお味噌」を日本人は手軽に使えるのです。

因みに、数年間熟成させた「長期醸造のお味噌」は、
金沢市でも私のお店、自然食穀菜食:マクロビオティック
「健康食工房たかの」でしか使われてないかもしれません。

今使っている味噌は、6年間長期熟成させた自家製のお味噌です。

「知る人は知る」ぜひ譲って下さいと言われる方もいますが、
丁重にお断りして私のお店のお料理だけに使わせて頂いています。

玄米菜食 長期熟成6年味噌

 

 

2013・8・18

「リセット:デトックス:リフレッシュ」
 
私のお店:自然食穀菜食:マクロビオティック「健康食工房たかの」では、
動物由来の素材(玉子・肉・魚・乳製品・・)を一切使いません。

それは、普段お野菜が副菜程度の生活で、
お肉やお魚やジャンクな食事をされている一般的な食事スタイルの人が
「リセット:デトックス:リフレッシュ」を目的に食されるには、
一切の動物性の無い食事が求められるからです。

それと、ベジタリアンやビーガンの菜食主義の食事よりも、
健康を考えるのなら「自然食穀菜食:マクロビオティック」の穀物を主軸とする
バランスを考えた食が求められるからです。

「自然食穀菜食:マクロビオティック」を生活に取り入れている方でも
動物性の素材を一切食べない人は、非常に少なく、
殆んどの方が「体調を考えてのこだわる時はこだわる」と言う考え方が殆んどです。

したがいまして、私のお店には、

『普段一般的なお食事をされているお客様が「リセット:デトックス:リフレッシュ」を目的に
利用される。 自然食穀菜食:マクロビオティックをされているお
客様が体調を考えて利用される。 ベジタリアンやビーガンなどの完全菜食主義の方が
利用される。』

ことが殆んどです。

とにもかくにも、「健康食工房たかの」に、
お食事に来られるお客様の殆んどは、「リセット:デトックス:リフレッシュ」を目的に
お見えになられる方が殆んどのようです。

金沢市でも、私の店のように、動物由来の素材(玉子・肉・魚・乳製品・・)を
一切使わない自然食穀菜食:マクロビオティックのお料理をお出ししているお店は
数える程しかありませんし、
水やお米や素材(長期熟成醗酵素材)にまでこだわる店は、
私のお店くらいなのかも知れません。

それもこれも「リセット:デトックス:リフレッシュ」をお求めのお客様に対応するためには
最低限必要な事だと考えるからです。

自然食穀物菜食レストラン マクロビオティック「健康食工房たかの」

 

 

2013・8・19

「日本人は若々しいのは・・・
 
長期熟成の醗酵調味料「お味噌」で作る具沢山のお味噌汁は、
「美肌・デトックス・すこやかなる時への点滴」・・・日本人が昔から肌が
綺麗で老化スピードが遅いのは、世界中探しても、これだけ多種の植物性醗酵食を
食べられる環境を持っている民族は少ないからとも言われているようです。

我々のご先祖様が、「これでもかと」野菜や穀物や植物性醗酵食を食べ続けてくれたおかげで、
我々日本人の今の身体が形成されてきました。

他の民族と比べても日本人は若々しいのは、先祖伝来の食生活のおかげかもしれません。

洋風文化が入ってきたのは長い歴史から見て、
ごく最近の事、その民族に適した食から外れる事で、
「一部に恵みがあったとしても、先祖が与えてくれた大切なものを失う」様々な
弊害が生まれるのかも知れません。

6年味噌の具沢山お味噌汁

 

 

2013・8・19

「今日のお料理の一部をお弁当に入れて・・

 

 

2013・8・19

「今日のセットメニューから・・・・・・
 

 

 

2013・8・19

「リスクを知りつつも緩やかな思考で・・」
 
「無添加・有機・無農薬【オーガニック】・自然食」にこだわる方の中には、
その道の酷評を述べる評論家の如く、「何々ではなくてはいけない・・・
オーガニックしか選ばない」と豪語する方も目面しくありません。

しかし、そう言う方々でもうわべだけ見て満足している方が多いのです。

例えば、有機やオーガニックにこだわっていたとしても、
お肉やお魚や卵や乳製品を食べている方に多いのが、
動物由来の食材には農薬のお野菜どころではないそれよりも多くの
様々なケミカルが含まれていることを知らない人が多いという点です。

水もこだわらなければ、水道水そのままでは様々なケミカルが含まれていて、
場合により栄養素を壊してしまう事もある事を知らない人も多いのです。

それは見方を変えますと、いくらこだわった食材を使っていたとしても、
こだわりのない動物由来の食材を使っていたり、水道水そのままだったり、
低能力の浄水器を通した水などを使っていた場合は、
意味の無い事をしている「プラスマイナスイコールゼロ」に等しい場合があると言うことです。

オーガニックにこだわり、動物由来の食もされるのであるならば、
「動物のストレスの無い飼育環境」「飼料&水」「成長ホルモン剤」「抗生物質」
「ダイオキシン&環境ホルモン」・・・まで考えた動物由来の食材を選ばないと意味が無いのです。

「無添加・有機・無農薬【オーガニック】・自然食」にこだわる方の中でもうわべだけ見て
満足している方が多いのが実情ですので、
動物由来の食材を使う一般的な食スタイルである場合、
あまりかたくなに、考えずに、リスクを知りつつも緩やかな思考で日常の食を理解し、
ありがたく頂くことがある意味現実的でもあります。

そうでなければ、「無添加・有機・無農薬【オーガニック】・自然食」にこだわる方の中で、
その道の酷評を述べる評論家の如く、
「何々ではなくてはいけない・・・オーガニックしか選ばない」と豪語する方は、
その道を極めるのならば「完全菜食主義者」になるしか方法は無いのですから・・・・

 

 

2013・8・19

「ランチ&ディナー
 
今日の自然食穀物菜食のランチ&ディナー・・・
メインのお料理は一定ではなくその都度、ちがうものへと変えて行くこともあります。

今日のお昼には、「植物性100%のたんぱく」の
とんかつと変わらないような食味のフライでしたが、
夜は様々な雑穀とお野菜をあわせたお団子を胡麻揚げにしたものに替えました.。

昼は、ジューシーなお野菜のサラダ・・
夜は新じゃがをかりっと揚げたものをサラダにあわせていました。

夜も昼も定番の基本食は、きちんとおさえています。
ひじきの旨煮とか金平とか・・・・

色々な一口サイズのお料理

 

 

2013・8・20

残暑の金沢から今日のお弁当・・・
 
お盆休みも終わり、もう直ぐ9月、残暑残る金沢の今日のお弁当を早朝から盛り込み、
手の空いた時間にここに書き込んでいます。

たまに尋ねられる事があるのですが、穀菜食を食べていると
「癌が治るのですか?癌にならないのですか?」
様々ながん患者の方の会が全国にあり、「玄米菜食」を推奨しているところも多いため
「玄米菜食は癌に良い」との考え方をお持ちの方、
藁にでもすがる思いで実践されている方もいる中で、お聞きになるのでしょう?

しかし、「良いとも悪いとも言えない」のが実情で、
わたしは、「からだにやさしいものばかり、味付けも優しく、お野菜と穀物のお料理ですので
喜んでいただいているのだと思います」と言うだけに留めています。

なぜなら、自然食穀菜食:マクロビオティックを実践されていても
患いません治りますとは言えないからです。

「ロシアンルーレット」のようなもので誰にも分からない事です。

只言える事は、たばこの煙を吸わなければ、
多種多様の発癌物質が血液に溶け込み体中の細胞に送り込まれる
リスクが少なくなるように・・・からだに優しい食をされている場合は
それだけ身体の負担がわずかでも軽減されるかもしれないと言う期待があるのでは・・・
つまりリスクを如何に少なくするかの問題なのだと思います。

すこやかなる日々はある意味「ロシアンルーレット」のようなもの
リスクはなるべく少なく日々の生活をすごしたいものです。

今日のお弁当は色々なお野菜とピーマンの雑穀団子詰めの揚げ物に
バジル風味のお塩をあわせたものをメインに致しました。

残暑のこる金沢・・・衣を付けて揚げるよりも案外あっさりと食べる事ができます。

夏らしく「よせもの」も、
「ヨセモノ」とは、寒天や葛などで固めたものを言います。

夏野菜も多種盛り込み、発芽玄米のご飯は、
真夏でも「重くなく」消化が良いので白ご飯のように食べれるのが魅力です。

今日のお弁当は色々なお野菜が・・・盛りだくさん。

 

 

2013・8・20

金沢に恵みの雨!
 
金沢に恵みの雨が・・・連日の猛暑が続き、
畑も水分が抜けての灼熱地獄、水をまいても直ぐに蒸発してしまう状態・・

しかし、今日の金沢市は鉛色の空で日中も暗く、
車のライトを点けて走っている人も多く、雨がしんしんと時折強く降りつづいています。

まさに野菜たちには恵みの雨となっています。

雨の日の野菜はみずみずしく、生き返ったかのように元気いっぱいです。

 

2013・8・21

「自然食穀物菜食のお弁当から」
 
お盆も過ぎて涼しくなるどころか猛暑続きで、
ここ金沢市も中途半端に雨が降ると蒸し暑い蒸し暑い、残暑灼熱帯夜の日々です。

長期のお休みも終わり、仕事を始めて一息ついたこのような時期は、
疲れが「どどどど・・と」出てきて「日々感じなかった重力をモロに感じる」
身体が重い人も多いと思います。

こんな時は、ジャンクな食事や肉三昧・酒三昧は控えめにして、
規則正しい食と生活をすれば自然と体が元に治してくれるのですが、
お付き合いもあり、仕事もありでは、そうも行かない人も多いかもしれません。

そんな時に重宝なのが「お弁当」です。

お弁当はうそはつかないからです。

自分で作るのも良し、奥さん手作りの「愛妻弁当」でも良いし、
外食よりはからだに優しい・・出来れば、手作りの自然食穀菜食のお弁当がお勧めです。

トライしてみては如何でしょう?

今日のお弁当には久しぶりに黒胡麻豆腐もつけました。

サラダの中の上に乗っている黄色い物は?
さっと湯通ししたオクラの花です。
オクラ特有の食感も花にはあります。

お弁当の揚げ物は、植物性100%で出来たとんかつもどき、横につけているのは胡瓜です。

今日のお弁当のおかずは、いつもながらの盛りだくさんです。
全部・・穀物と野菜と海草から出来ています。

8月21日(水)の自然食穀物菜食のお弁当から・・・

 

 

2013・8・21

「自然食穀物菜食のお料理から・・」
 
夏休も終わりがけの今日の自然食穀物菜食のランチの画像です。

きゅうりの真ん中にはひえ豆腐・・・揚げ物は雑穀根菜団子の胡麻揚げを・・・

とまとのよせもの なすの田楽 定番のお料理もいくつか一皿にまとめて・・・・

8月21日(水)の自然食穀物菜食のお料理から・・

 

 

2013・8・21

「手作り無添加の自然食穀菜食の
こだわりおせち予約の受付を開始

 
気が早すぎると思いつつも、
毎年、「お盆過ぎからクリスマス前後」まで、
限定数にて、おせちの予約を受け付けることにしていますので、
お盆が過ぎた今、あらためてお知らせいたします。

「手作り無添加の自然食穀菜食のこだわりおせち」
のご予約の受付を開始いたしました!

おせちは、古来より、無病息災、ご家族の繁栄を願って頂く、
特別なお料理として用意されてきた歴史があります。

お召し上がり頂くお客様のすこやかなる日々を願って、
一品一品、自然食穀菜食料理人の高野が、アルバイトや他の職人の手を一切借りずに、
一つ一つ心を込めておつくりしています。

お料理の内容は一盛り、約20品目以上盛り込み、
お値段:一盛り 一律 税込16,800円(一盛り4人前くらい)です。

大晦日に、当店まで取りに来ていただける方、
店の近くで出前可能な方のみに販売しております。

早い人は、毎年お盆明けから直ぐに予約を頂きますが、
毎年の予約のピークは11月ごろが多いです。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ

 

 

2013・8・22

自然食穀菜食のお弁当から
 
今日は秋のそよ風が心地よい金沢の早朝です。

秋の訪れを赤とんぼが飛び交い教えてくれています。

さて、今日のお弁当の内容は、「コウフーハンバーグ」がメインのお料理に致しました。

「こうふ」とは、植物性のたんぱく質素材で、
お肉とあまり変わらないような硬さと繊維質をもった調理素材です。

主に自然食材店などで販売されている「グルテン粉」麩の元となる物を水や場合により
山芋や・・・と混ぜて練って長時間蒸して作られたものが「こうふ」で、
主にお肉の代わりやお魚の代わりに使われたりします。

残暑のこる今の時期は、夏野菜も美味しくなります。

夏野菜は陰性のお野菜、秋になり涼しくなると自然食穀菜食では、
あまり使わなくなるお野菜ですが、まだまだ全国的に秋とはいえ猛暑日が続く昨今、
まだまだ夏野菜は美味しく使えます。

胡瓜も生で食べる以外にフライにしたり天麩羅にしたり、
刻んで炒め物にしたり、やわらかく煮込んであんかけにしたりと色々使えたりします。

この中の緑の野菜の画像は、「胡瓜の旨煮」です。

昆布ときのこの出し汁で「ことこと」と煮込んでいくと、
あおくさい胡瓜の匂いが消えてとても涼やかな一品になります。

今日のお弁当の色々なお料理、毎日少しづつ内容は変えています。

8月22日(木)自然食穀菜食のお弁当から・・・

 

 

2013・8・22

お客様とのご縁に心から感謝しています。
 
私の料理を求めて来られる方・・・

数年来お見えにならなかったお客様がふとご来店いただき、
ご常連様となられる事もあります。

その殆んどの方が、「たかのなら何か食べれるものがあるかも知れない・・・」と
私のお店を思い出されてご来店頂くようです。

なかには年に数回、
日帰りで東京から飛行機を使ってのご来店頂いているお客様や
同じく名古屋や大阪から来られるお客様も数名様いらっしゃいます。

おせち料理も毎年、
遠い所では、岡山県からお車で大晦日に取りに来られるお客様も・・・
都会には自然食穀物菜食のお店も多いと思いますが、
無尽蔵にある飲食店の中で私のお店を選んで頂き
心からこのご縁に感謝しております。

 

 

2013・8・23

なるべく同じものが重ならないように
 
今日、8月23日午前の今作りたてのお弁当です。

私のお弁当を毎日お召し上がり頂いているお客様もいます。

「お料理は日替わりですか?」とお尋ねになられるお客様も多いのですが、
私はなるべく同じものが重ならないように、
お客様のお顔を見て内容を少し変えるようにしています。

店内でお召し上がりのお料理でも、毎日来られる方、
続けて来られる方などこちらで判る範囲内でメインのお料理を替えています。

ですので、同じ日の同じ時間にご来店頂いているお客様でも、
「あちらのテーブルと料理が違う」と言うように、お料理の内容が異なる場合もございます。

たまに、同日に数回ご来店のお客様も、
メインのお料理等を違うものに切り替えるようにはしています。

 

 

2013・8・23

出来る範囲内でご希望を
 
ご常連様で、「たかの の・・・が食べたい」と通われているお客様もいます。

店内でお召し上がりいただくセットメニューなどの
お料理やテイクアウトのお弁当やオードブルなど、出来る範囲内でご希望をお聞きしています。

カラ揚げをメインにして欲しいとか、スパゲッティーをメインにして欲しいとか・・・

 

 

2013・8・24

最近採れたお野菜の王様・・・丸い巨大冬瓜」
 

 

 

2013・8・24

今日のお料理から
 
最近、お弁当の画像ばかり、
ホームページで紹介しているためか?
「お弁当ありますか?」とお弁当屋さん!と勘違いされてご来店のお客様が増えてきました。

お弁当屋さんの場合は、前もって作り置きしているのが普通で、
直ぐに手渡し出来るのが魅力、しかし、私の店は自然食穀菜食:マクロビオティックの店であり、
お弁当を作り置きしないのが常識、お客様のご注文をお聞きしてから作るのが理想なのです。

そのため、ご注文をお聞きしてから15分20分は作るのに必要です。

そうすると、「また次の時にいただきますね」とお帰りになってしまうわけです。

常連様はそれがお分かりなので、「何時までに作っといて!」と事前にお電話いただくのです。

でも本当はお弁当よりも店内でお食事していただくのがお勧めなのですよ・・・・

と言うことで、今回は店内でお召し上がりいただく今日のお料理から・・・・

今日のメインのお料理・・もちもちコロッケ(パン粉つけないで
粉をはたいて表面カリカリに・・)と根菜と雑穀のハンバーグもどきをお団子にして揚げたもの・・

お茄子の田楽なんかも6年味噌使っているので・・・

新鮮な生野菜とか・・・

 

 

2013・8・25

自然食材高騰の歯止めが利かない
昨今でもたかのは、
良心的なサービスを提供しています

 
最近、自然食材が段階的に著しく高騰しています。

中には、卸値は据え置きだけれど、容量が減量となっている物も多く、
元々がお値段が張るもの・・・それが高騰するのですから大変です。

私のお店は、殆んど自家栽培のお野菜なので、
自然食材の高騰分も多少の調整は出来ますが、それにも限界もあり、
全て外から仕入れているお店は大変であると思います。

もう既に、全国的にも値上げを検討しているお店や
段階的に値上げをされているお店も多いと思います。

それが、一般的なお店であるならば、食材や料理の質を下げて
価格調整する所なのでしょうが、自然食のお店でそれは出来ません。

自然食穀菜食:マクロビオティックをお求めのお客様は、
一般のお店のように「安くてそこそこうまい店」をお求めではなく
「安さよりも安定した質」をお求めなのです。

それと段階的な税金の改正も来年から絡み仕入れ値の高騰と税との関係により、
自然食関連では苦しい舵取りが今後予想されます。

私のお店も、質を落とさないために、
お値段を上げざるを得ない物に対しては僅かに今後調整を検討していますし、
もう既に、お客様のご負担を最低限度に抑えつついくつかは
お値段の改定をしている物もございます。

長い歴史を見ても、食材に対しての高騰は、
原料が今後安く安定しても元に戻ると言う事は滅多にありません。

しかしながら、「健康食工房たかの」は、
気軽にお召し上がりいただける努力は今後も惜しみませんし、
この業界の値を知るお客様の
「えっ・・都会ならこのお値段でこの内容で、自然食穀菜食のおせちや
お弁当は買えないしお料理も食べれない・・」との驚きと良心的なサービスは
今まで通り変わらず提供していきますのでご安心頂ければ幸いでございます。

 

 

2013・8・26

食と旅の季節が到来!
 
今日は、秋晴れの心地良き日となりそうです。

先週は猛暑続きの金沢市も、山から麓へとすごし易い秋色の風が流れています。

さて、秋といえば「食と旅」のベストシーズンであり、
国内では海外旅行よりも国内旅行に人気がシフトする時期でもあり、
海外からの旅行者も多くなります。

円安で、海外からのお客様も多くお見えになられ、
去年までは隣国の旅行者様の割合が高かったのですが、
今はヨーロッパやアメリカなどからのお客様も多く、
「兼六園」古き町並み独自の和文化、城下町金沢は国際色豊かに喜ばれています。

我が町金沢ですが、観光スポットやパワースポットに、地元の人は殆んど出かけません。

身近にありすぎると「いつでもいけるから」と心理が働くからでしょうか?

「兼六園」「天徳院」「忍者屋敷」「金箔」「武家屋敷街」「茶屋街」など身近にあっても、
お花見などの時に「兼六園」に行く位の人が多く、
旅行者の方々の方が金沢市の観光スポットやイワレに詳しい事も多々あります。

そうそうそれに加賀料理、加賀の地金沢の食卓も・・
私は作れますが「ご高齢の方や和の料理人」くらいしか作れないのが現状です。

身近にありすぎて組み込んでいませんでしたが、
加賀料理の要素も今後の私のお料理に出して行こうかとも検討中です。

そうそう・・・パワースポットで思い出しました。

白山比盗_社「しらやまさん」は、古代からの由緒正しき神社、宗派・国籍に限らず
多くの方が参拝に来られています。

金沢観光の際は「健康食工房たかの」で心よりお待ちいたしております。

 

 

2013・8・26

今日の自然食穀菜食のお料理から・・・
 
今日のお料理は、お見えになられた時間帯により内容を替えて行きました。


セットメニューについているデザートの盛り合わせ
3種類タイプ(梅アイス・チコリータルト・大根ケーキ)植物性100%

サクサクのフライ・・・さて中身は?来てからのお楽しみです。

お料理は全て、お出しした時にご説明しています。

 

 

2013・8・26

9月の営業日が決まりました

月のお休みは、日曜日と臨時休業日の23日のみお休みです。

敬老の日の16日は、営業しております。

お店の紹介ページの「営業日カレンダー」のページで、詳しくお知らせしております。

 

2013・8・28

お弁当から

きょうの自然食穀物菜食:マクロビオテイック「健康食工房たかの」お弁当の画像です。

日替わりで、時には毎時間、メインのお料理を替えています。

時間が限られている中での、店内でお召し上がりいただいている
お料理等の画像を写すことは難しく、お弁当なら時間があり写せると言う事で載せています。

 

 

2013・8・29

今年初めての「おせち」のご予約を頂きました
 
先日、今年初めての「おせち」のご予約を頂きました。

「おせち」の予約ピークは、毎年11月ごろからで、
12月に入ったとたん一気に加速度がまして行きます。

さて、私のおせちは「自然食穀物菜食のおせち」です。

動物性のものは一切使わず、植物性100%でお魚やお肉を表現した物も入れていて、
それが新食感なのか毎年好評を頂いております。

ご予約されるお客様の殆んどは、ごく普通にお肉や
お魚を普段からお召し上がりのお客様で、
「たかの のおせちは味がしつこくなく飽きが来ない・・若夫婦も子供も喜んで食べてくれる・・」と
感想頂く事も多く、リピーターになって頂いています。

私一人で仕込・調理・盛付・梱包まで数十個のおせちを
徹夜続きで「お客様のすこやかなる日々を願いながら一つ一つ心をこめて」作る数にも
限界があり、原則、大晦日にお店まで取りに来ていただける方や
店の近くで出前可能な方だけに限定していますので、
能登・お隣の富山県や福井県・・遠方からも毎年大晦日に取りに来て頂いています。

 

 

2013・8・29

ムラサキイモのケーキ
 
植物性100%の紫芋のケーキ出来ました。

紫芋(ムラサキイモ)・水あめ・みかん果汁100%
全粒小麦粉・米酢・オーサワの菜種油・天然重曹・ナチュラル化活性水 使用です。

 

 

2013・8・30

ロシアンルーレット
 
自然食穀物菜食:マクロビオティック系のお料理をお出しして良く聞かれることは、
「たかのさんの家族は健康に良いお料理を毎日食べることが出来て羨ましいです・・」
と言われる事と、
「こんなお料理を毎日食べていたら病気にならないでしょうね・・」と言われる事です。

しかし、前にもここで書きましたが、
お店でお出ししているお料理は、こだわりを持って作り「完全穀物菜食」にて
お出ししていますが、私たち家族の日常の食は究極にこだわっていた時期もありますが、
今現在は日々の体調を考えての陰陽のバランスを計りますが、
時には動物食も寛容のゆるい食の日常をすごしています。

さて、「こんなお料理を毎日食べていたら病気にならないでしょうね・・」と言うご質問ですが、
例えば自然食穀物菜食:マクロビオティック系のお料理で厳格に生活されている方でも
指導されている先生でも「確実に病気にならない病気が治る」ということはありえないのです。

ある意味リスクが軽減されるかもと言うことで考える事が現実的なのだと思います。

つまり、僅かなリスクでも「ロシアンルーレット」のごとく・・・と言うことです。

その「ロシアンルーレット」の玉数が多くなるか少なくなるかは、
個人の自己責任において判断していくものだと思います。

 

 

2013・8・30

「健康自然食は神がかりな宗教の類ではない
 
自然食・養生食と言う大きな枠の中には、
マクロビオティック・ゲルソン・西式・リビング・ビーガン・ベジタリアン・ローフード・
・グルテンフリー・古式精進・・・など数え切れないほどの食事法とスタイルがあります。

しかし、どれも神がかりな宗教の類ではありません。

この前の書き込みの通り、その食事法で厳格に生活されている方でも
指導されている先生でも「確実に病気にならない病気が治る」ということはありえないのです。

「ロシアンルーレットのように、僅かなリスクでも当たる時は当たる」
「確実に病気にならない、確実に病気が治る」と言い切れるならばそれは
神がかりな世界であり、もはや、自然食・養生食ではありません。

ある意味「リスクを少しでも軽減しよう・・少しでもすこやかなる食生活をしよう」と言う
一つの方法であり手段でしかないのだと思います。

ですから、もしも、その各々の食事法を厳格にされている方や
生活に取り入れ酷評を述べる批評家のごとき周りの方に影響を与える類の方に
災いが生じた時、カリスマ的な指導者の方に師事し、
指導者の方に災いが生じた時でも落ち込む事やひた隠すことはしなくても良いのです。

どれも神がかりな宗教の類ではないからです。

一生懸命になりすぎる方の中には時として自ら袋小路にて、
身動きできなくなる類の方もたまにいることからコメントしてみた次第です。

 

 

2013・8・30

オードブル
 
自然食穀物菜食:マクロビオティックのオードブルから・・・

基本食である定番常備食をおさえながらオリジナルのお料理も盛り込んでいます。

自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理は何も難しいお料理ではありません。

今失わされようとしている戦前のおばあちゃんが作っていた、
純粋な日本食を広い視野で、見つめなおし現代に合った食に作り変えて、
尚且つ、東洋的な食のバランスを考えつつ、
形成されたお料理それが自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理であり、
簡単に言えば、「日本人が食べ親しんできた家庭料理」が元となっていると言っても
過言ではありません。

 

 

2013・8・30

今日の穀物菜食セットメニューから・・・」
 

 

 

2013・8・31

自然食穀物菜食マクロビオティックのお弁当
 
自然食穀物菜食マクロビオティックのお弁当から・・・

わたしのオリジナルのフライが先日より好評なので、
セットメニューやお弁当・・オードブルの一品として今週は入れるようにしています。

揚げ物無しでも作れるのですが、
揚げ物をお好みのお客様も多く、何か一品、毎回入れているのです。

 

2013・8・31

アイスクリームもどき
 
ミルクを使わない植物性100%の「梅アイスクリーム」完成致しました。

アイスクリームとはミルクを原料として作られた物を言いますので、
厳密には「アイスクリームもどき」です。

梅のアイスは今年初めにも作ったのですが、
今回の物は食味ともミルクで作られた物に「負けず劣らず」前にも増して
完成度を高められたと思っています。

溶けやすいのでお持ち帰りは出来ません。

(赤梅酢・白梅酢・梅干果肉・レモン果汁・水あめ・吉野葛・オーサワ菜種油・
豆乳・うす塩麹・ナチュラル化活性水・・・)

因みに塩分を調整するために相当量の有機無調整豆乳を使っています。

 

 

2013・8・31

完全禁煙推奨店
 
完全記念にした理由「灰皿無いですか?」お客様から尋ねられることもあります。

私の店、自然食穀物菜食「健康食工房たかの」は、開業時から完全禁煙です。

たばこほど害のあるものは無く、「口や鼻から出る排気ガス」と言っても良いくらいの
健康を害する「白煙の元」それが「たばこ」です。

なぜ、公共の機関をあげて「禁煙」を勧めているのかと言うと、
禁煙するだけで相当数の人の健康維持に貢献できるからです。

たばこを吸う人(喫煙)・たばこの煙を吸わされる人(受動喫煙)・・
たばこが、肺や気管支だけに悪いと思っている人が多いのですが、
たばこの煙には4000種類以上の有毒なケミカルと
数十種類の発ガン物質が含まれていると言います。

それが肺でからだに取り入れられて、血液により、
からだの隅々まで運ばれていく・・・考えるだけでも恐ろしい事です。

つまり、肺や気管支だけでないと言うことです。

血液はからだの隅々まで私たちを構成している細胞の一つ一つにまで
栄養や水分を運んでくれています。

毒物まで運んで欲しくない!

と言うのが「禁煙運動」なのです。

 

 

2013・9・3

オーサワジャパンとムソーの食材
 
その道で知らない人がいないほど有名であり、
究極にこだわりを持った最高級の厳選された食材
「自然食穀菜食:マクロビオティックの食材」の問屋
「オーサワジャパン」「ムソー」の素材を使い、調理しています。

 

 

2013・9・4

取材
 
先日、雑誌の取材がありました。

健康関連・自然食や穀物菜食系の雑誌ではなく、ごく一般的な情報を扱う雑誌の取材でありました。

今回雑誌で扱うコンセプトは、
世界に誇る日本の良さを見直そうと言う企画らしく、その企画の中で、
世界に誇る日本の文化・健康的な食文化というカテゴリーの中の一部としての取材でした。

まず、難しい陰陽とかマクロビオティックとかの説明ではなく、
普段からジャンクな食を食べている人達に浅く緩く直ぐにでも出来る事を
紹介したいとの事でありました。

まず、私の店の料理の写真を数点と記事なのですが、
ジャンクな食を食べている人達にストレス無く直ぐに出来る事ですので、
「簡単に言えば、お肉よりもお野菜を多く」なのですが、それも難しいだろうと言う事で、
わたしは、まず、「既製品に頼らず手作りのものを数品でも良いから食卓に出しましょう」
「パスタやパンではなくご飯を主体に食べましょう・・出来れば玄米や雑穀米」
「スープではなく、お味噌汁を頂きましょう」
「植物性発酵食品を大いに利用致しましょう」と言うことと。

我々の今の体と消化能力は、
ご先祖様が野菜や穀物や植物性発酵食品を食べ続けてきてくれたから、
欧米人に消化できない海藻類も消化でき、
長い腸により穀物の栄養も効率よく利用できる・・
我々の体は、先祖伝来住まいする環境に適している構造になっているため、
伝統的な食文化沿った日本食と言う物を見直して
生活に取り入れていくと言うことが最も体に優しい食であると思うと言うコメントを付け足しました。

 

2013・9・4

本日の自然食穀物菜食:
マクロビオティックのお弁当からの画像」

 

 

 

2013・9・4

お弁当のおかずをズームイン!」
 

 

 

2013・9・4

Macrobiotic Restaurant TAKANO
 
Vegan  Macrobiotic  Vegetarians  Restaurant TAKANO

None of our dishes contain any white sugar, 
animal products( meat, fish, egg and dairy ) or chemical additives.
Everything we serve is suitable even to strict vegetarians.
We also use purified water in our cooking.

 

2013・9・5

ご先祖様が食べ続けてきた食文化にこそ
からだにやさしい食へのヒントがある

 
今日のお味噌汁は5年間熟成させた自家製味噌を元に作った具沢山のお味噌汁です。

美と健康と若さをもたらす食材「長期熟成味噌」

一番簡単な味噌料理と言えばお味噌汁

しかし、家庭では多国籍な食文化が我々の体に最も適した「ごはん文化」を追いやり、
お味噌汁の無い食卓が増えています。

それは和食離れが進んでいると言う事なのでしょう?

しかし、どんなに優れたサプリメントを常用していたとしても
日々の食に勝るものはありえないのです。

先祖伝来食べ続けてきたものにより、
私たちの体はその風土に適した構造になって行き、
ご先祖様が食べ続けてきてくれたものによって
今の体が形成されていると言っても良いくらいで、
先祖伝来の食文化こそ我々に優しい食と言えるのだと思います。

ですから、食欲が無い時、元気が出ない時、ストレスを抱えた時、
自分のルーツに思いを馳せ、先祖伝来の食「和の食」で心身が癒されるものです。

 

 

2013・9・6

外国のお客様をお料理でもてなす場合
 
外国からのお客様をパーティーなどで、もてなす機会に巡り合った場合、
日本人の基準で持て成した場合、思わぬ不評を与えてしまう事もあります。

今日は、最近料理の画像ばかりでしたので、
外国人の方のお料理でのおもてなしを例にお話いたしましょう。(これより長文)

さて、以前から先祖伝来の生活環境や食習慣により、
体の構造と消化能力が異なるとのコメントを書き込んできました。

生き物は人に限らず、その生活環境や食べ物によって
子孫を絶やさぬように気の遠くなるような年月に於いて自らを
変化させていく環境に適応させていく力を有しています。

食を見てみれば、主食は欧米人は、粉食が主体でありパンやパスタ、
日本人は粒食が主体でありご飯や穀物を粒の状態で食べる。

欧米人の水環境は硬水の環境であり、日本人の水環境は軟水の環境。

欧米人はミルクや動物性のお肉が主体であり、日本人は野菜や穀物そしてたまにお魚が主体。

欧米人は海草は食べないが日本人は食べる。

先祖伝来の食習慣環境により我々の消化能力や栄養の取り入れ方は異なってきました。

欧米人をもてなす場合は、日本人と異なり海藻類は消化が難しいため避けます。

日本人には、粉食よりも粒食が適していますが、
欧米人の場合は粉食かやわらかすぎるくらいの粒食のほうが良いでしょう。

様々なお国の方がいますが、ゲストにやさしい食でおもてなしをする場合は、
その方の「先祖伝来の食のルーツ」を参考にされるのが一番です。

私の場合は、その国々の方に合わせることは難しいため、
欧米人の方が来られた場合は、海藻類だけは除いたお食事をお出しするようにしています。

私のような小さな飲食店ならそれだけの心遣いで良いかも知れませんが、
大きなホテルや温泉旅館などでは、
「海外からのお客様へのおもてなしは大変であろうと思います。」

特にセレブ層では、ご自分の体に適した健康的な食を重要視されている方が殆んどです。

「例えば・・・海草や粒食等の消化の問題もありますが、
浄水されていない水を飲むと癌になると思っている人が多いし、
グルテンフリーを求めるセレブが増えていると言う点、
純粋な和食をお求めの方が多く
お味噌や醗酵食などにも抵抗無く食されるようになってきている・・・
ワインやブランデーよりも、純日本的なアルコール類をお好みになられる・・・」
その中でも欧米人の方にはセレブや一般層関係無しに
「グルテンフリー」は今後求められる流れになると思います。

私の店では日本人のお客様が殆んどであり、
「グルテンフリー」対応は難しいため致しませんが、
欧米人独特の遺伝的な問題「グルテンフリー」に対応される
ホテルや旅館は今後、国内でも増えていく・・・対応せざるを得なくなるように思われます

 

 

2013・9・6

「ミニミニ弁当」
 
さて、
自然食穀物菜食:マクロビオティックのお弁当の840円タイプ
ダイエット目的でお作りした「ミニミニ弁当」の画像です。

ミニミニおにぎりは、握り寿司を一回り大きくした位の一口サイズの小さなおにぎりです。

お店で出すお料理やお弁当のご飯ですが、
発芽玄米ご飯と白ご飯に近いご飯から選ぶ事ができます。

 

 

2013・9・6

「1550円タイプのお弁当」
 
いつもの自然食穀物菜食:マクロビオティックの
お弁当の画像は1050円タイプのお弁当でしたが、今回の画像は1550円タイプの画像です。

違いは、大きめのおにぎりが2個入っているのと、お料理の品数が多いと言う違いです。

お料理の一部の画像を載せて見ました。

 

 

2013・9・7

「発芽玄米ドリア」
 
単品料理は小さな物まで合わせると30種類程ありますが、
その中でもグラタン類は人気があります。

動物性のものは一切使いませんので、ミルクやバターなんかも使わないため
ヘルシーで、胃や腸にも優しく胃もたれしないと人気の一品です。

ミルクを使わないのに、ミルクを使っているかのような風味で、
「これ本当に牛乳使っていないんですか?」と聞かれる事も・・
因みにこの画像は「発芽玄米ドリア」840円です。

 

 

2013・9・7

「お野菜いっぱいの発芽玄米雑炊」
 
私のお店に来られた事のあるお客様はわかると思いますが、
セットメニューの中身は品数多く、単品はボリュームがあります。

私はレストランと言う言葉の響きよりも「食堂」の方が親しみやすく
良心的でお値段も大衆的、何か体によい物を出してくれそうで好きです。

私の店は「食堂」普段着で気軽に利用できる気の張らないお店を目指しています。

「自然食穀物菜食マクロビオティック食堂」です。

食堂の定番メニューと言えばご飯ものでしょう?

雑炊やおじやも美味しいところです。

この画像は「お野菜いっぱいの発芽玄米雑炊」です。

正確に言うと消化に良い様にと少し煮込みますので「おじや」の部類に
入るかもしれませんたっぷりと食べ応えがあり640円です。

 

 

2013・9・9

「和風スパゲッティー・・730円です。」
 

 

2013・9・9

「ある時間の自然食穀菜食セット1000円」

 

 

2013・9・10

「睡魔と闘うには」
 
睡魔と闘うには、甘いお菓子やジュースでは殆んど意味を持たず、
一時、目が冴えるがその後、グーとより深い睡魔に襲われる。

それとおなかいっぱいに食べての運転は控えたほうが良い、
なぜなら、消化に多くエネルギーが使われるため、眠くなるのです。

そのような経験をお持ちの方は多い事でしょう。

昨日の日曜日はお店の定休日、
豊田スタジアムのサザンのコンサートに出かけていました。
車で往復、すさまじき睡魔との戦い・・・行きはスムーズにパーキングに止めて。

しかし・・・・今までこれほど多き人のコンサートは始めて、
10万人以上いたのではないだろうか?

スタジアムの外にも数千人いや数万人の人人人・・・
やはり5年ぶりのサザンの復活ライブは想像をはるかに超えていた。

その10万人規模の群集が一気に帰るのであるからすごい渋滞であり、
高速に乗るまで数時間、家に着いたのは早朝の4時・・・仮眠を取って、
朝の6時から仕込み、普通なら尋常でない程疲れるものですが、
「物理的な疲れ以上に、元気を頂きました!」

睡魔と闘うには:甘い飲み物食べ物とおなかいっぱいは睡魔を誘い込むので要注意なのです。


スタジアムの外周りのカーニバル・・百万石祭り並?のような大群衆の画像はありますが、
お顔や車のナンバープレートにモザイクをかけるのは至難のわざ、
個人情報に問題があるため、画像を載せていません。

 

 

2013・9・11

「冬瓜のサラダ」
 
これは、冬瓜のスライスですしゃきしゃきとして美味しく生でもいただけるのです。

生ならではの栄養素も頂く事ができ癖の無い味ですので、サラダ感覚でお召し上がり頂けます。

たかの畑で採れた冬瓜スライスサラダ・・・「冬瓜生で食べれるのですか?」と
案外美味しいのでお客様も驚かれます。

お客様の食卓にもダイエット効果と美肌効果も期待出来る冬瓜サラダは如何ですか? 

 

 

2013・9・11

「中に入る具材は、その都度変わります」
 
先日ここでご紹介した「和風スパゲッティー」730円ですが、
今回の画像のように、中に入る具材は、その都度変わります。

味の濃淡もその時々の天候により変えています。

本来なら茄子のスパゲッティーとか小松菜のスパゲッティーとか
種類を儲ける物なのでしようが、自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理で使うべき野菜はその時々の季節により変わるもの一年中トマトや胡瓜や茄子の料理があるのは
自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理では考えられない事です。

そのため単品やセットも含めて、マクロ的な見出しのお料理名にて提供しています。

「お野菜のグラタン」「和風スパゲッティー」・・・など

 

 

2013・9・11

今日のマクロビオティックのお料理お弁当
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理お弁当1050円の内容は、
つるむらさきの生姜生醤油和え・切り干し大根の根昆布雌株和え
・秋の野菜の金平・ヒジキの旨煮・ピリ辛こんにゃく
・ペンネのアマランサス柚子こしょうオニオン風味・南京稗豆腐・蓮根豆腐
・雑穀もちもち揚げ(アマランサス・もちきび・キヌア・ひえ・・山芋など)
・お豆の炊いたの・いせひかり発芽玄米ご飯・天自家製ごま塩・・・・・

このお弁当も時と場合によって品数も大きく違いますし、使う食材やお料理も異なります。

自然食穀物菜食であるため一定ではないことをご了承ください。

 

 

2013・9・11

「蓮根豆腐」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理の中身をズームイン@

蓮根豆腐・・・もちもちです!

 

 

2013・9・11

「雑穀もちもち揚げ」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理の中身をズームインA

雑穀もちもち揚げ(アマランサス・もちきび・キヌア・ひえ・・山芋など)

 

 

2013・9・11

「つるむらさきの生姜生醤油和えと南京稗豆腐」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理の中身をズームインB

つるむらさきの生姜生醤油和えと南京稗豆腐

 

 

2013・9・11

「ペンネのアマランサス柚子こしょうオニオン風味」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理の中身をズームインB

ペンネのアマランサス柚子こしょうオニオン風味とお豆の炊いたの・・・

 

 

2013・9・11

「今日の自然食穀菜食のお料理」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理
ヘルシーセット1000円

地元のお客様はこれで普通と思われている方が多いのですが、
都会から来られたお客様は皆さんこの内容に驚かれます。

その時々により・・・この作り手の私でも付けすぎたかな?
と反省する時もございます。

毎日朝の5時ごろから仕込んでのお料理、お客様の反応を見て常に進化させてはいます。

 

 

2013・9・11

「お弁当お料理の中身もズームイン@」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお弁当お料理の中身もズームイン!@

 

 

2013・9・11

「お弁当お料理の中身もズームインA」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお弁当お料理の中身もズームイン!A

 

 

2013・9・11

「マクロビオティックのお料理お弁当」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理お弁当
1050円

巷のお弁当と言えば、安い物で数百円で食べれるお弁当が多い中での
私のお弁当はこの普通サイズで1050円です。

自然食をお求めになられるお客様に少しでもの元気のお手伝いが出来るようにと・・・
これでもかなりサービスしているつもりなのですがまだまだ先は遠く・・・日々精進しています

 

 

2013・9・11

「トリップアドバイザー推薦 ステッカー」
 
先日、英語で書かれた真四角の封書が店に届きました。

中には、「トリップアドバイザー推薦」とかかれたステッカーが入っていました。

世界中のレストランやホテルや観光施設の情報の収集と提供を世界規模で行う
サイト運営をされている所で、世界中で約5万人のユーザーが
利用されているというのが「トリップアドバイザー」だそうです。

そのトリップアドバイザーの基準において、
「3」以上の評価点を獲得した店舗のみに限定して、ステッカーが送られるという事のようです。

このステッカーは、欲しくてももらえない貴重なステッカーだそうで、
早速店の中と入り口のドアに張らせて頂きました。

 

 

2013・9・12

「マクロビオティックのお料理弁当」
 
今日の自然食穀菜食・マクロビオティックのお弁当から・・・
1050円のシンプル弁当

 

 

2013・9・12

「食とは命を繫ぐもの」
 
食とは奥深きもの

何気なくおなかが空いた時、ランチタイム・・と我々は食に走るのですが
食一つで「今後の人生」が左右される事を理解している人は少ないものです。

口に入れ体に取り入れる食や水や空気によって私たちの体は作られているのですから、
その素材の良し悪しや食べ方によって個人の差が開いて行くものだと思います。

例えば、昔の友人にふと何十年ぶりに出会った時、
ある人は若々しく見え、ある人は年齢よりも高齢になっている事も多いと思います。

なぜこのような開きが出るのでしょうか?

様々なストレスや生活環境も影響しているかと思いますが、
何気なく日常食べ続けているものが少なくとも影響しているのではないかと思います。

とても残念な事でありますが、「食とは命を繫ぐもの」
それを理解し行動している人は少ないものです。

少しでも多くの方に食について感心を持って頂き
少しでものお役に立てれば幸いでございます。

 

 

2013・9・12

「マクロビオティックのお料理弁当」
 
今日の自然食穀菜食・マクロビオティックのお弁当から・・・
1580円のおかずたっぷりおにぎり弁当

 

 

2013・9・14

「四方山話」
 
最近、堅苦しいお話ばかりだったので今日は料理の画像を離れて四方山話・・
暇な時にでも(これより長文)

私は、携帯電話は持っていません。
スマホやタブレットなんかも持ち歩いていません。
それは、私の家が店の隣であること、出勤は店まで数歩であること店の休みの
日曜日でも仕込みや雑用で半日がつぶれてしまう事、
睡眠時間は平均4時間、殆んど店の厨房で生活をしている事・・・
言い方を換えれば「まるで外に出れない引きこもりか・・オタク」のような生活、
外に出る時は早朝か夜の日の昇らない時間が多く、
それではいけない・・太陽に一日30分位は当たらないとカルシウムの吸収に
影響が出るとお客様の空いた時間店内の窓際で日光浴、
それを店のオープン以来14年も続けています。

そのため、携帯を使うことも少なく持たないのです。

ですので、ここに書き込んでいるのもパソコンから・・・

画像を撮るのは安いデジカメに写して、パソコンに入れてと
手間がかかると言うわけであります。

画像もお客様にお出しする数秒間の間に写さなければいけないため
タイミングが合わなかったり、ぼやけてしまったり、
お客様に直ぐにでも食べて頂きたいとの思いから余程のある時にしか写せません。

まず、お料理をお作りして、余裕があれば写真を数秒間で写し、
お料理をお運びしての説明、奥さんが説明する場合は簡単に、
私が説明する場合は、お客様からご質問されると長くなります。

それからお客様の殆んどがシャメをされる。

こだわる方はプロ使用の一眼レフで、数分間にわたり一品一品写される方もいて、
お料理をお出ししてからお召し上がりまでかなりの時間、
お味噌汁が熱々で無くなる時間かかる方もいます。

それではいけないと、そのロス時間を計算してお料理をお出しするようにはしています。

 

 

2013・9・14

「身土不二という考えから・・・」
 
もうすぐ、午後からの仕事に取り掛かります。

いつも午後は5時ごろからお客様が入って来られます。

今日は午前中の内に殆んど仕事を終わらせていますので、
この時間帯、手が空いているので書き込んでいます。

穀菜食系ぽいお店でも自然食穀物菜食:マクロビオティックと言うものを
前面に出して営業されるお店が少ないのはなぜ?と思われる方もいることでしょう?
それは使う食材が大きく限定されてしまうからかもしれません。

調味料は天然醸造の長期熟成のもので、
食材全般に高い物は市販のものの10倍のお値段が普通であると思っても良いくらいです。

そう今流行の「10倍・・・」です。

それに、使うお野菜もその季節に取れる野菜のみ
(ハウスものではなく)を使うのが常識で、そうなると料理の色合いが極めて
素朴な物になってしまいかねません・・・料理は色彩と言うようにそれを嫌う方もいるのです。

つまりオーガニックでも有機でも無農薬でも自然農法の物でも旬のもの
以外は絶対に使うことは許されないのが、自然食穀物菜食:マクロビオティックのお料理の
常識なのです。

それはなぜかと言いますと、
時期はずれの物は嗜好品であって体に好ましい物ではない「身土不二」と言う考え方が
根本にあるためです。

ここで、「身土不二」を語ると今の「10倍・・・」の長文になりますので、
次回に回しますが要するに、色合いや季節はずれのお野菜などを好まれる
一般の方を対象とせざるを得ないために、時期はずれのお野菜や市販の
食材を一部に使わなければいけないため、穀菜食系ぽいお店でも
自然食穀物菜食:マクロビオティックと言うものを前面に出して
営業されるお店が少ないのだと思います。

 

 

2013・9・14

「きっかけ」
 
今の時間3時から5時まではお客様が空いている時間帯です。

いま少し前まで賑わっていた店内ですが、今はお一人もお客様はお食事されておりません。

普通飲食店では、この時間帯は開けていてもお客様が
入ってこないためにお休み(中休み)にしているお店が多い時間帯ではあります。

「たかの」では、中休みにせずに閉店まで店を開いていますが、
唯一この時間が休憩時間・仕込み時間となっています。

ですので、雑誌やテレビの取材はこの時間内にお願いしています。

私が取材を受ける場合は、無償のみ、
こちらからお金を払っての取材依頼は、もう10年くらいしていません。

その無償取材が最近週に一回位入っています。

健康自然食マクロビオティックの一般的なブームは既に終わり、
必要な人、すこかなる食をお求めの方、からだの内側から綺麗になりたい方など
目的をお持ちの方々に支持されているこの食形態ですので、
一時の猫も杓子もと言ったブームが去った今、相次ぐ取材の依頼に驚き、
このお食事を一般の方にご紹介できる機会を頂きありがたく思っております。

必要な方に「食とは命を繫ぐ大切なもの」である事を思い出す一つの
「きっかけ」となれましたら幸に思います。

 

 

2013・9・14

「一切しない事」
 
私は今までお料理をお出ししていて只一つの後悔があります。

以前、私は頼まれもしないのに、
店の入り口から入ってこられたお客様のお年やお顔を見て、
その方に適していると思われるお料理内容に替えての提供をしていた事があります。

この方は油ものがあわない・・・この方は海藻類は避けよう・・・量を抑えよう・・・
味付けを薄味にしよう・・
しかし、今はそのような事は致しておりません。

例え・・・このお客様はお体が悪そうだと感じてもお料理を変えることも、
使う食材を換える事も、味の濃淡を換える事も致しません。

それは、以前、お店のご常連様がおばあさまをお連れの時の事です。

おばあさまは、末期の癌でありました。

ご常連様でしたので、わたしはおばあさまが癌である事はわかっておりました。

そこで、セットメニューから一切の油ものを除き、
味付けも薄味にして、極陰性の物を避けてセットメニューを組み立てました。

しかし、後からわかったのですが、おばあさまは、
私が普段お作りしている油ものや陰性の物などが普通に入っているものを
楽しみにされていたようです。

それから、数か月後におばあさまは天に召されました。

あの時「たかのさんのお料理が食べたい」とお見えになられていたそうです。

わたしのお店で食べたのが最後の外食だったようです。

それをお聞きした時に、お体に悪いと思っていても油ものや陰性の物でも
普通にお出ししていたら良かったな・・・と後悔したのです。

それ以来、お客様を見てのお料理を変えての提供は一切しない事にしたのです。

 

 

2013・9・14

「撮影」
 
数日前にお客様からとても良いアドバイスを頂きました。

「撮影されるときに、赤い布かランチョンマット、
木製の物などを敷かれてみてください。ひと手間加えるだけで商品がぐぐっと、
もっと美味しそうに撮せますよ」と教えて頂いたのです。

私は銀色の調理台に乗っているお料理をそのまま写していたのですが、
お客様に教えて頂いて「そうだ!その通りだ!」と思ったのです。

直ぐに、奥さんに赤い布を買いに行ってもらいました。

奥さんのおめがねにあったものが、
どこにも無くやっと布屋さんで見つけて店に置いてあります。

この次から、赤い布をひいて、その上にお料理をのせて撮影が出来ます。

日々お客様のアドバイスに救われています。

心から感謝いたしております。

 

 

2013・9・14

「和の心」
 
今から十年前にラジオを聴いていた時です。

どこかの幼稚園の園長先生だったかな?がコメンテーターとして話されていました
「手を合わせて、園児にいただきます・・ごちそうさま」と教えていたら、親御さんから
「こっちが、お金を払ってやっているのになんでそんなこと子供に言わせているんだ・・
食べていただいてありがとうございますと言うのは幼稚園の方だろう・・そんなこと言わすな!」
と苦情を言ってこられた親御さんがいて、
他の親御さんもそうだそうだと言ったと言う・・・末恐ろしいお話でありました。

日本人は古来から食事と言う物は「食と言う物は命を繫ぐものでありがたいもの」
米粒一つでもありがたく感謝していただくと言う感謝の思いがあったのです。

それは、日本古来から親から子へと受け継がれて来た感謝の心・・しかし、
もう既に十年前には一部の方に受け継がれていない状態であったと言うことです。

今、飲食店や食料品店の冷蔵庫などに平気で入りシャメを取りツイッターなどに
流すという受け狙いからか?の事件が多く見られますが、
日本古来からの食に感謝する「食と言う物は命を繫ぐものでありがたいもの」
米粒一つでもありがたく感謝していただくと言う感謝の思いが受け継がれていたなら、
このようなことをする人もいなかったのではないか?
と毎日のように報道されているのを見て、一部の日本人の心が崩れていくことに
残念に思うのは私だけではないと思います。

「食育は日本の心を作るとても大切なものである」と思います。

 

 

2013・9・14

「粒粒」
 
まだまだ野菜が採れる時期ですが、
来年の正月開けから真冬(1月2月3月)になると、
冬野菜や保存野菜のみとなる時期があります。

冬野菜と保存野菜:大根・かぶら・白菜・れんこん・ごぼう・にんじん・里芋・ねぎなど・・・

緑の葉物が極端に少なくなる時期それが真冬です。

野菜の種類が少ないそんな時期には、雑穀料理の割合が増えて行きます。

つまり「粒粒料理」です。

私は雑穀料理でフルコースを作れますが、
雑穀は健康には良いのですが、腹持ちが良いのでその調整に苦労いたします。

同じ自然食の流れの中に、雑穀料理を推奨される「粒粒:未来食」を
求める方々もいらっしゃいます。

その流れの食をお求めのお客様には、
様々な雑穀料理をお召し上がりいただける真冬は特に喜ばれています。

 

 

2013・9・14

「一物全体という考えから・・・」
 
自然食穀物菜食:マクロビオティックの考え方の中に
「一物全体」と言う考え方があります。

これも詳しく語ろうものならものすごい長文となるのですが、
簡単に言えば大根を例にすれば、葉っぱから皮から身から根子まで全て
頂く全てに命があり栄養があると言う考え方です。

それは本当のことで、皮や葉など普段捨てている所にファイトケミカルなどの
貴重な栄養素が含まれている事がわかっています。

しかし、ジャガイモなど芽や茎や葉に毒をもっているものもあり、
全てに当てはまる事ではありません。

とても深い意味があるのです。

そう言う事もあり、魚を食べる時は小魚なら内蔵も全て食べれるので
良いと教える人も中にはいます。

しかし、近海は既にダイオキシンなど環境ホルモン等に
汚染されそれらが蓄積される内臓を食べる事は私はお勧めできないと思っています。

それが言えたのは昔の綺麗な海であった頃の事、
たぶん日本海のお魚は少なからずとも健康には害の無い程の微量なものでも
蓄積されていないとは言えないと思います。

それは、ある意味「一物全体」を考える時、
その時代時代の今の自然生活環境も考慮に入れて考えなければいけない
難しい時代になってきているともいえるかも知れません。

 

 

2013・9・14

「お料理」
 
今日の自然食穀物菜食のセットは、シンプルにまとめました。

今日は連休の初日と言うこともあり、
駐車スペースが満車、店の隣が私の家で、つまり家と店が二つ隣接しているわけでありますが、
その隣の駐車スペースも満車で、
止められずにお帰りになられたお客様や時間をおいて
再度来られたお客様も多い日でありました。

やはり、ランチタイムの12時前後は集中します。

その時間を1時間でも過ぎれば案外余裕でお車を駐車でき、
今の3時から5時までの時間は一日一番空いている時間帯であります。

駐車スペースが限られておりますので、お時間を少しずらしてお越し頂くか、
お連れの方と乗り合わせて来ていただく方が安心かとも思います。

路駐は住宅地でありますので、他の屋敷の方に迷惑になるためお断り致しております。

 

 

2013・9・14

「お弁当」
 
普通サイズのお弁当は、一律1050円なのですが、
お好きなメイン料理に替えてお作りする事も可能です。

その場合、メイン料理が主となり通常の1050円タイプのお弁当よりも、
お料理が少なくなります。

このお弁当は雑穀ハンバーグをご希望のお客様のお弁当です。
1050円です。

 

 

2013・9・16

「金沢は、台風の影響は無く・・・」
 
今日は全国的に台風の影響ですごい事になっていますが、
金沢市は、台風の影響は無く午前中は雨で今の5時の時点では秋晴れとなっています。

今日は、関西方面からお見えになられるご予定のお客様が台風の影響でキャンセル、
店の二階にご予約のお客様も台風の影響でしょうお電話が通じず
ご連絡が取れないためキャンセルとなりました。

しかし、ランチタイムが終わる頃からお客様が多くお見えになられ、
つい少し前まで、店内は満席で、丁度、店の二階がキャンセルとなっていたため、
そこも使いながらお料理をお出し出来たのです。

お料理の画像も撮る余裕も無く、午後から余裕が出来れば、
画像を写してここに載せたいと思います。

お車の方も、うまく回転して止めることが出来、
タクシーや徒歩でお見えのお客様も多く助かりました。

今から午後の部が始まりますので、これにてひとまず筆をおきます。

 

 

2013・9・16

「なんと言う日」
 
今日はなんと言う日でございましょう?

息のつく暇も無く、午後は、昼とは違いお食事のお客様は少なかったのですが、
お弁当のお客様が多数お見えになられて、
デザートも完売、今このパソコンの隣で、火加減を見つつ私のオーブンは、
一回で4本しか焼けないので、パウンドケーキの第2回目を焼いています。

用意しておいたお料理も殆んど完売で、これから仕込みに掛かります。

胡麻豆腐は胡麻すりから始めますので、出来上がりに3時間、
その間は他の仕事が出来ないため、その前に、ある程度の段取りをつけていくわけであります。

因みに今焼きあがったのはムラサキイモのケーキです。

ムラサキイモの色はしていませんが中は僅かに紫色です。

焼き始めは紫色なんですが焼きが入るにつれてこんなような色合いになって行きます。

今網の上にのせて、調理台の上で冷ましている段階です。

 

2013・9・17

「心からお見舞い申し上げます。」
 
昨日は台風の影響の最中でしたが、
近年に無い忙しさで殆んどのお料理が完売状態、
特にお弁当やオードブルのご注文が昨日の後半戦多く、
ご飯もあと少しの所で完売状態でありました。

店の閉店後仕込が完了したのが、午前3時。

仮眠を少し、今日は早朝5時から仕事を再開、
今の時間どうにか道筋がつきましたので穀物珈琲を飲みつつここに書き込んでいます。

朝、新聞を読んでびっくり、金沢は災害は無く雨が降っていただけでありましたが、
同じ石川県でも福井の近くでは、街が海のようになっている画像が出ており、
避難をされた方も多くこのたびの台風がもたらした損害は尋常なものではありません。

昨日、関西からの予約の方が台風の影響でキャンセル。

それと店2階にご予約のお子様連れのお客様とも連絡が取れず、
時間が過ぎキャンセルに、ご無事でありますことを心からお祈りしています。

災害にあわれた方、その周辺にお住まいの方、
ご旅行で災害の地を通らなければいけない方々、
昨日は旅行やランチと言うよりも生命の危険も伴うほどの甚大な被害に
遭われた方もいたのだと、本来なら三連休の最終日、微笑ましい敬老の日であるはずの昨日、
被害に遭われました方々に心からお見舞い申し上げます。

 

 

2013・9・17

「おかずたっぷりおにぎり弁当」
 
今日の自然食穀菜食のランチボックス1580円の
「おかずたっぷりおにぎり弁当」中のおにぎりは、
発芽玄米ご飯と玄米の部分を僅かに精米した白ご飯に近いご飯から選んで頂いています。

今回入れているのは「発芽玄米ごはんのおにぎり」です。

 

 

2013・9・17

「シンプル弁当」
 
今日の自然食穀菜食のランチボックス1050円の
「シンプル弁当」店内でお食事されるお客様、
お弁当などお持ち帰りのお客様に限らず、全て発芽玄米ご飯と玄米の部分を
僅かに精米した白ご飯に近いご飯から選んで頂いています。

 

 

2013・9・18

「たかの「おせち」につきましてのお願いです」
 
たかの「おせち」につきましてのお願いです。

9月の半ば頃となり、県外の方からのおせちの予約等のお問い合わせや
ネットショップからのお誘い等が少しづつ入ってきておりますが、
私のお作りしているおせちは、12月31日の正午から深夜までの間に、
店頭まで取りに来て頂けるお客様、店の近くで配達可能なお客様以外には販売しておりません。

運送業者様を使っての発送は一切行っておりませんのでご了承戴ければ幸いでございます。

金沢市のお隣の富山の方、福井の方、能登の方、
遠方から帰省されて来られる方も毎年大晦日に取りに来ていただいております。

今現在、金時にんじん里芋等を農家の方にお願いして作って頂くなどの準備を
進めており、黒豆等の乾物類も大方見当がついております。

この甚大な不景気の最中、自然食材等が急速に高騰を始めており、
先を読み仕入れに取りかかっているものもございます。

只、おせちは晴れの日のお料理、
季節はずれのお野菜「竹の子」等も使いますのでご了承いただければ幸いでございます。

まずは、お知らせまで・・・

 

 

2013・9・18

「お弁当」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのお弁当1050円タイプのものから・・

メインのお料理は、雑穀(キヌア・アマランサス・もちきび)と豆腐と山芋と蓮根と大根を
ペースト状にして一度蒸しあげて、ミンチ状に、それに玉ねぎのみじん切り、
バジル粉、こしようと独自に開発した醗酵旨みソースを下味に、
ハンバーグの形に成形して粉を軽く振り揚げ焼 
その上から自家製6年味噌をベースに作ったソースをかけて・・・

 

 

2013・9・18

「ヘルシーセット」
 
今日の自然食穀物菜食:マクロビオティックのヘルシーセット1000円タイプのものから・・
今日は、お弁当でも紹介しました雑穀ハンバーグがメインです。

その他に、目に付くまるくしろ系のものは、ジャガイモとひえを合わせて
お団子状にしてす揚げしました・・コロッケです。

エスニックな下味がついているので、ピリ辛風です。

その他に、いろいろなおかずを付けています。

 

 

2013・9・19

「お野菜系のデザートが多い理由」
 
お食事と一緒に提供される自然食穀菜食:マクロビオティックのデザート類で
果物を使わずにお野菜系が多い理由は、
果物には消化酵素などの酵素類が多い反面、
単糖に近い果糖が多く含まれているため食事と共に食べる事を避ける傾向にあります。

つまり、お料理と果物がおなかの中で混ざり合うのを避ける為で、
混ざることにより、異質なものに変化する事を抑えるためでもあります。

それとは、別な意味で陰性の食べ物であるため体を冷やすと考えられています。

暖かい所で出来る果物は極めて陰性であると考えるのです。

果物を食べる時は、食事と時間をずらしておやつとして頂きます。

果物は先祖伝来の長い歴史から見た「身土不二」から考えて、
和物の果物のみ、南方系の果物などは推奨されず、使わないのが常識とされます。

それがこだわりの果物であったとしても一切使わないのが常識です。

南方系の果物:バナナ・パイナップル・オレンジ・アボガド・パパイヤ・メロンなど。 

和物系の果物:りんご・梨・みかん・柿・桃・西瓜(野菜)など。

只、和物の果物でも前に書きましたが食事に組み込む事は致しません。

食事とは切り離し、食べたい時はおやつとして頂く程度に留めています。

自然食穀菜食:マクロビオティックのデザート類で、
お食事に組み込む食後のデザートの場合は、野菜などを使ったデザート類が多いのです。

 

 

2013・9・19

「サンプル撮影の裏舞台」
 
「サンプル写真」良くお店に行くと料理の写真がメニューと一緒に載っていたり、
雑誌の取材などで撮影されるお料理の画像で良く使われるのが合成着色料や
ゼラチンやアガー類です。

私は撮影の際も小細をしないで、
普段食べて頂いている物をそのまま撮って頂いていますが、
見栄えと色合いが良い様に、合成着色料をこれでもかと添加して見たり、
照りや色艶を出すために表面にゼラチンやアーガーを塗ってみたりと、
工作をするみたいに撮られている場合もあり、それらは食べれない事はないのですが、
お客様にお出し出来るお料理でなくなっています。

つまり、良くお店の前に並んでいるロウ細工のようなものです。

でも、お写真になると色合い良く照りつやもあるので美味しそうに見える、
しかし、とてもじゃないけれど食べれた物ではない。

わたしは、商業写真なので、それでも良いのですが、食べれる物を写して頂きたいので、
撮影の際でも普段通りのお客様に直ぐにでもお出しできるものを写して頂いています。

ですので、撮影が終わりますと、
無添加でお作りしていますのでお召し上がりいただけますよと関係者の方にお聞きして、
ご希望ならばお弁当に詰め替えてお渡しするようにしています。

 

 

2013・9・19

「店」
 
店内の画像を見て見たい方もいると思いますので、ここに数点画像を載せてみます。

食事をする空間:私のお店は着飾ってこなければ行けないような店ではなく作業着でも
カジュアルな服装でも気兼ねなく来て頂いても大丈夫な大衆的な店舗です。

天井にある照明も事務所にあるような長めの蛍光灯ですし・・飲食店?
と恐る恐る入って来られるお客様もいるくらい、外装を見て店に入らずにユーターンして
お帰りになられるお客様もいたりして、
その反面、ご常連様はそれが良いというお客様や店の雰囲気よりも
お料理をお求めのお客様がやはり多いです。

要するに店の外装と内装にはお金をかけていないと言う事です。

その代わりに、
放射能物質をある程度までろ過か可能なコンピューター制御の200万円近い
浄活水システムを水道元栓に取り付けて、
年に一回5万円くらいのメンテナンスをかけてトイレの水まで浄活水させるなど
見えない所にお金を使ったりはしている風変わりなお店ではあります。

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (英数字順に新しい日記)

一番 最新の日記
(A) 最新の日記(B) 最新の日記(C) 最新の日記(D) 

  最新の日記(E) 最新の日記(F)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 


たかの おせち料理、画像を公開中!

隣県の富山県・福井県・県外のお客様も、
大晦日取りに来られる人気のおせちです。

毎年好評のたかのオリジナル
無添加自然食の手作りおせち!

おせちのページ


 

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文

http://kirameki-takano.com/new_page_49.htm