日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去日記 18

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

良いお水に出会えることは素晴らしきこと

先日、テレビを見ていた時に、
海外の水不足の国の方々が、井戸を掘ったのだけれど、
そこから出るお水には、毒物が混ざって出てきてせっかくのお水が利用できないと言う。

そこの土は、ヒ素が混じっていて、
お水にもヒ素が混じって出てくるのだとか?

井戸水は綺麗で美味しく安心と我々日本人は思う方が多くいます。

でも、この日本においても、井戸水安心説は、過去の産物となっているのです。

最近問題になっているのは、
民家や家畜などが近くにある家で、下水が混じって出てくる場合や、
家畜の糞尿が混じって出てくる場合もあり、問題になっています。

田畑が近くにある場合は、
農薬など様々なケミカルが混じって出てくる場合もあり、
井戸水安心美味しいは過去の産物となっているようにも思います。

そのような事もあり、
井戸水の水質検査はとても重要なものになっています。

より厳密に水質検査する場合は、
それだけお金が嵩んで行くようですが、安心に損得勘定は禁物です。

いつ何時、混入するかわからないので、
頻繁に水質を検査することが望ましいのでしょう?

たまにですが、新聞などで井戸水に汚水が混ざって、
食中毒が発生したという記事を耳にします。

つまり、どれだけ水質検査をしていても、
不運が重なれば、井戸水も毒水に変わるかも知れないと言う事なのだと思います。

それを考えた場合、
井戸水を使わずに、水道水を浄水をして使った方が、
リスクは格段に軽減されます。

なぜならば、水道水は、我々を伝染病から守るために、
水道の蛇口まで、ある程度の塩素濃度が保たれるように、計算されているからです。

後は、塩素は必要ないので、ろ過してしまえば良いのです。

塩素をろ過するだけなら、浄水器。

それだけではお水本来のパワーも低く、水本来の素晴らしい力も失われたお水です。

しかし、厳選された浄活水器の場合は、塩素などを強力に除去するとともに、
水質を天然名水の品質まで上げてくれるのです。

大自然の山にわき出る所の清らかなパワーを持った素晴らしき水が、
自宅の水道の蛇口から使えるとしたらどんなに素晴らしいことでしょう!

それを、少なからずとも実現できるのは浄活水器なのだと思います。

私のお店も、自宅も、浄活水器をつけていますが、とても水に恵まれています。

ご飯は美味しく炊きあがるし、
洗剤も少なくて済むのでエコであり、飲んでもうまいし喉越しさわやか、
洗顔しても皮がひきつることもないし、手あれも軽減するし、
市販のミネラル水を買う必要もないし、最高なのです。

一番わかるのが、喉を痛めた時にうがいなんかすると特にわかりますね。

水道水そのままの場合、喉にしみるような膜を張るような違和感がありますが、
浄活水の場合は、自然とスーとからだになじんで行くのがわかるのです。

私たち家族、お店では、お店をオープンする十数年前から、
浄活水器「ナチュラライザー」のお水に助けられています。

良いお水に出会えるという事は素晴らしきことです!

 

営業時間を延長致しました。

私の店は、今まで、予約無の場合は、午後7時で閉店していましたが、
先日より、午後8時ラストオーダー・・・午後10時閉店と致しました。

午後8時にお客様がいない場合、もしくは予約が無い場合は、
午後8時に閉店いたしますが、前よりもお気軽に、ご利用頂けるものと思います。

 

ストレス

誰でもストレスを内面に抱えています。

ストレスを感じない人はいますが、必ず生き物である以上は、
内面にストレスは隠れているものです。

そのストレスが、いつ何時、表に形となって表れてくるかもしれません。

今まで様々な健康書を手にしていますが、
どの健康書にも、書き方は違っていても、心の問題が大きく示唆されています。

内面に隠れているこのマイナスのエネルギーが、
健康に大きく影を落としているのだそうです。

体をこわされた人にとってこの心のケアはものすごく重要な位置にあるようです。

そして、今健康に見える人にとっても、心のケアは重要な位置にあります。

マイナスの心のエネルギーを、プレスのエネルギーに変換することにより、
生き物があたりまえのように持っている自然治癒力が格段に向上するのだそうです。

自然治癒力?それはものすごく大きな枠でもあります。

疲れを軽減させたり、免疫をアップさせたり、生きる力を向上させたり、
肌が美しくなったり、幸せを運んでくれたり・・・・・

全ての生き物に存在している、この自然治癒力とは、
時に、現代医学ではどうしても治すことのできない難病であっても、
奇跡をもたらしてくれる事があるほど、頼れる存在でもあるようです。

どんなに食事を健康的なものに変えてみても、
様々な高級なサプリメントを飲んでいても、
ロハス系の施設に通っていても、
健康系のソーシャルワーカーにアドバイスを求めてみても、
全く効果のない人、少しばかりの効果しかなかった人がいます。

大部分の人がそれを感じているはずです。

効果が表れないから、また次なるものに心変わりするのですが、
一向に思い描いた結果が期待できません。

サプリメントも、次から次へと新しいものにへと心変わりしていきます。

マクロビオティックや様々な健康的な方法を実践していても、
個人差にものすごい開きがあります。

実践者の中には、その結果を
「きちんと実践していないから、まだ判断力が浅いから、
排毒(デトックス)や好転反応の途中であるから」と
考えている人もいるかも知れませんが、案外、それほどカチカチに実践していない人の方が、
健康的な人がいたり、効果が表れる人もいたりします。

なぜでしょう?

肝心の心のプラスのエネルギーが後押ししてくれなかったためだと思います。

それだけ心のケアは、
この複雑に入り組んだ時代だからこそ重要なのだと思います。

でも、どのようにして心をプラスに変換していけば良いのか悩む人は多く、
これと言って確実なものは存在しないのも現実です。

巷には、如何わしい癒しのビジネスがあふれています。

出来ては消え出来ては消え、
時には一部に疑わしい新興宗教的なものや詐欺まがいのものから、
まったく効果が期待できないものまであります。

心の内面の奥深くに存在する心のマイナスのエネルギーを軽減するために、
人は、無意識のうちに様々な癒しを求めているものです。

そこで、
弊店では、ごく最近までアメリカの大学で心理学を学び、
帰国された先生で、元金沢大学教育学部講師。
日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー。
バイロン・ケイティのスクール。
サンタモニカ大学スピリチュアル心理学。
クシ・インスティテュート、マクロビオティックプロ養成レベルIII。
「ライフスタイル医療」を推進している米国の穀菜食主義の医師や科学者から学び、
コンサルタントとして「癒しの食事指導」による病気治療のサポートを提供している
菅波先生との共同企画で、今月3月にセミナーを企画しています。

このセミナーが一つの大きな学びの場になりますことを、心から願っております。

今からでも遅くはございません。

少しでもご興味のある方は、
一つの選択としてこの学びの場を活用されてみては、いかがでしょうか?

因みに、当日のセミナー会場は、弊店「健康食工房たかの」2階で開催されます。

1階では、当日は通常の食堂営業ですので、私はセミナーには参加致しません。

セミナーの合間のヘルシーなランチを担当いたします。

今回のセミナーの説明ページへのリンク

 

震災の影響

今日の朝、関東方面から取り寄せているお豆腐屋さんから連絡が入ってきました。

震災の影響で、最大手の運送業者様が、当面の間、
地方へは発送が困難であり、当分の間、お豆腐は発送できないとの連絡でありました。

この非常事態の最中ですので、被災された方々への発送業務を優先とされたのでしょう?

豆腐は、地元の豆腐を探すとして、
関東方面からは、その他にも取り寄せているものがあり、
代替品を多方面から模索中です。

震災の影響が、じわじわと生活にも影響してきたようです。

 

ここ金沢の地で、震災を身近に思う

先日、福島県から避難されてきたお客様にご来店いただきました。

大きな農場を経営されていたご夫婦で、
各種の雑穀や野菜などを無農薬で、栽培されていたそうです。

ご自宅の家財道具や農場、まだ収穫出来る多くの作物をそのまま残し、
お車で、金沢のお知り合いの方を頼りに避難されてきたそうです。

金沢市役所で、住まいの予約をしてから、
弊店をお探しになり、お食事に来て頂いたのです。

その方ばかりでなく、他の方々も、様々な地へと避難されたそうです。

無農薬の大きな農場、
どんなにか苦労されて、田畑を耕し、無農薬の土を作られていたことか?

それが、つかの間のわずかな時間で、
放射線に汚染されて、使い物にならなくなってしまう。

とても恐ろしいことです。

ご苦労された土が使えないものになってしまう・・・
さぞ、ご無念であったことでしょう。

そして、その作物から恩恵を受けていた多くの人々にとっても、
とても悲しい現実となりました。

しかし、被災されてお見えになったお客様はとてもお元気で、前向きなのでした。

パワーに満ちておられました。

毎日の悲惨な報道を見て、
まったく被害にあっていない方々の中にも、
精神的に落ち込んでいる方々が増えているそうです。

特に、女性の方の中には、気力が出ない、心が暗い、むなしさを思うとか、
お仕事や日常生活にもそれが影響している、
うつのような症状の方が増えてきていると聞きます。

被害にあっていない我々は、
元気で明るく、気力に満ち溢れていなくてはいけません。

ここ金沢の地で、震災を身近に思う、今日でありました。

放射能汚染が解決しますように、
避難されている方々が、安心して故郷に帰れますように、心から願っております。

明日、3月20日 21日は、日曜と春分の日ですが、
弊店「穀菜食堂 健康食工房たかの」は、休まずに営業しています。

お客様の元気と健康を応援致します。

 

先日、菅波先生の心理学セミナーが終わりました。

今回のセミナーは、「心」をテーマとして開講いたしました。

私はセミナーには参加していませんので、
どのような内容なのかはわかりかねますが、
受講者の方々は、得るものがあったとのことで、
満足されていたとのことでありました。

この複雑なストレスがある昨今、

少しでも多くの方の心が癒されますように願っています。

次回のセミナーは、
来月4月に開講することを予定しております。

先生と開催日について調整の元、お知らせいたします。

 

2011年5月から毎週土曜日 開講します!

「マクロビオティックと様々な健康法から学ぶセミナー」

今回のセミナーは「心」がテーマ! 予約受付中!

マクロビオテイックや様々な健康的な生活法を実践していても、
肝心の心が病んでいたなら、その効果は半減すると思われます。

病は気からと昔から言われるように、すこやかなる生活を追い求め、
食習慣や生活習慣を悔い改めてみても、
ごく普通の日常生活においても大きく心が影響することは、皆が知っています。

ストレスが蔓延しているこの世の中に、誰もが持っているストレス・・・
ストレスを感じないと思っている人でも、必ず内面にストレスは存在しています。

それがいつの日にか表に現れて、
あるいは、すこやかなる生活に影を落とすことになるかもしれません。

食に限らず、心のケアは、大切な要素です。

心の束縛を解いてもっとハートで生きてみませんか?

自分を理解し、愛し、解き放つために!

より美しく、すこやかなる生活を実現するために!

「たかの」の穀菜食ランチ付きのセミナーです。

講師: 菅波亮介先生 

アメリカの大学で教えられている「スピリチュアル心理学」
をもとにしていますので、
特定の宗教とは一切関係なく、
安心頂いて受講いただけます。

先生は、久司道夫先生宅に長期滞在し師事され、
クシ・インスティテュートにてマクロビオティックのプロ養成講座レベルIIIを修了されています。
さらに、「ライフスタイル医療」を推進している
米国の穀菜食主義の医師や科学者からも学ばれています。
心理学も学ばれ、食と心を通して、
「マクロビオティックと様々な健康法」をアドバイス頂ける方でもあります。

セミナー紹介ページ 

 

明日、2011年4月2日(土)3日(日)お休みします。

ここのホームページで、先月からお知らせ致しておりますとおり、
2日と3日の両日、お休みをいただきます。

4月4日(月)は、通常営業致しております。

お気軽にご利用頂ければ幸いでございます。

それと、ゴールデンウィークは、日曜日を除き全て営業致しますので、
北陸にご旅行を検討中のお客様は、弊店をご利用頂けましたら幸いでございます。

金沢市は、放射線の汚染は心配なく、安心頂いて城下町金沢を満喫いただけます。

日本海、山、川、の恵みを思いっきりご利用頂ければ幸いに思います。

雪の心配もなく、普通タイヤで移動可能でございます。

 

無農薬大根のアイスクリームが「たかの」で人気!

私は、自家栽培の無農薬の大根を大量に使い、
アイスクリームを完成させました。

2か月前から店で出しているのですが、
それが好評で、噂がうわさを呼び、お隣の県からも、
お召し上がりに来られる方もいるくらいのヒットデザートになっています。

リピーターの方も多く、
お食事の後に毎回、お召し上がりになられる方も多いのです。

昨年は、夏にきゅうりのアイスクリームやクウシンサイのアイスクリームを完成させて、
多くのお客様に喜んでいただきました。

毎回、話題性のある「えっ!」と驚くものを提案しているのですが、
今回のは「大根のアイスクリーム」なのです。

そのクリーミーなのど越しと濃厚な味覚に、これって大根?と多くの方に、驚きを与えています。

数日前は、日本にご旅行に来られた外国からのお客様も、
とても驚かれてまた喜んでおられました。

この次は、何をアイスクリームにしましょうか?

そうそう・・・・数年前に玉ねぎのケーキをお出ししていたのですが、
とても好評だったのです。

今年、玉ねぎが豊作でしたら、再度、作ろうかと思います。

 

電気のない世界は考えられない

今、太平洋側の地域にお住いの方を中心として、計画停電が行われています。

私の住む金沢市では、電気の周波数が異なるために、
計画停電されている地域の方へ電気を送る時には、周波数を替えなければいけないこともあり、
変換器にも限界があるため、充分な電気が供給されています。

しかし、
これから暑くなる時期になるにつれて、電気の需要は増えて行くため、
電力会社では、原子力発電所を動かしたいとの意向があるようです。

今現在は、原子力発電所は動いておりません。

水力発電所などで、発電出来るため、
原子力を使わなくても金沢市は、大丈夫なのですが、
節電しないで、皆が電気を使い放題すれば、電力不足から、
原子力発電所を稼動させたいとの思いが強く生み出される要因になるかも知れません。

そこで、私は、
出来るだけ電気を使わないように節電に協力しています。

店内の照明は、以前から明るすぎる照明であったため、
蛍光灯を半分取り外しています。

店に食べに来られた時に、
蛍光灯が半分取り外してあるのを不思議に思われた方もいることでしょう?

外の看板や外灯も、暗くなってからしかつけません。

店内のトイレの電気も、普段消していて、
お客様がご利用頂く時に点灯しています。

わずかですが、このわずかな電気が積もり積もれば大きな電気となることを信じています。

ここ金沢では、真夏でも電気を使いすぎて停電するようなことは絶対にありませんが、
節電に少しでもと協力しているのです。

原子力発電所を稼動したいとの思いが強くあらわれることに、
震災の事故等を見て、危機的な思いがあるからです。

金沢市は、全く心配ありませんが、
計画停電されている地域の方々は大変であろうと思います。

飲食店を経営されている方々は、どのようにして冷蔵庫の温度を保っているのでしょう?

これから暑くなると、食中毒を起こしやすい時期になります。

冷蔵庫の温度管理がとても大切なのです。

計画停電の最中は、冷蔵庫にドライアイスを入れているのでしょうか?

温暖化が進む中、
真夏を冷房無しで過ごすことは困難なことです。

今の建築物は、昔からの日本家屋と違います。

我々日本人が電気を使い始めたのは、長い歴史からみれば、ごく最近のことです。

電気冷蔵庫や電気洗濯機や冷房などは無く、電気のない生活を最近までしていたのですが、

ご先祖様は、電気を使わないでどのように生活をされていたのでしょう?

ご先祖様の時代でも、
飲食店はあり、人々の生活はあったはずです。

「電気のない世界」は、現代人にとって考えられないことです。

節電に少しでも協力して行きたいと思います。

 

今月3回目、白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)に行きました。

私は、白山の神社(白山比盗_社)に頻繁に参拝に行かせて頂いています。

この「落書き帳」で良く出てくる、白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)は、加賀一の宮です。

地元に住んでいて、知らない方がいないくらい歴史のある神社で、
初詣に毎年県内外から参拝者が多く訪れ、
また、さまざまな祈り・・・新車、出産、妊娠、七五三、結婚、入試、就職、起業、様々な祈願・・・
とにかく様々な人たちが、国内外から宗派に関係なく参拝に来られる
大昔から地元の方に「しらやまさん」と親しまれている心のよりどころでもある神社です。

私は、すこやかなる生活への感謝と願、
そして、お客様が少しでもわたしの作ったお料理で癒されますように・・・と参拝に出かけます。

日曜日はとても天気が良く、ポカポカとしたぬくもりのある気持ちの良い日でありました。

 

WEBレンタルスペースのサービスが・・・・

またもや、WEBスペースの切り替えをしなかればいけないこととなりそうです。

今現在、ホームページのスペースを楽天関係のWEBスペースから有料で借りているのですが、
来年の5月ごろまでで、サービスを終了されると言うメールが突然入って来ました。

またアドレスが変わるので、お知らせやらなんやら・・・・・
手続きに時間がかかりそうです。

まだWEBスペースを1年間借りられるので、
その間にホームページを移行しなければいけないのですが、
それにかかる時間が多く取られることになるため大変です。

来年2012年3月以降、ここのホームページのアドレスがまた変わります。

その時は、事前に、
わかる範囲内で、
リンクを張っていただいた方々にご連絡申し上げます。

 

インフルエンザ

今、この時期に全国的にインフルエンザが流行っているようです。

まだ寒いからでしょうか?

からだを酸性にさせるお砂糖いっぱいの食事や動物食だけを多く食べるのではなく、
たまには、
からだに負担のかからない、野菜中心の穀菜食を中心に食べて、
体を大切に、インフルエンザや風邪などにかからないように、からだをいたわりましょう!

そう!植物性の繊維質いっぱいの食事!たかのに食べに行こう!!

って・・・・宣伝・・・宣伝・・・

 

最近特に多いお問合せ

最近多いお問合せは、やはりお店の御料理についてのお問合せです。

完全に卵は使っていませんか?

お肉は使っていませんか?

お休みは? 営業時間は?

と言うお問合せが多いです。

次に多いのが、浄活水器「ナチュラライザー煌SS型」のお問合せです。

現在、ホームページを書き換え中ですので、一時だけ、販売をお休みしているんです。

新型のSS型は、ビルトイン(アンダーシンク)お台所のシンクの中に納まるタイプです。

お客様のお台所のシンクの中に入れる製造元の取り付け工事が必要なので、
私がお客様へSS型を販売すると同時に、工事の手配をしなければいけません。

その本体販売と工事の連携がスムーズに行われなければいけませんので、
その調整に少しお時間を頂いているのです。

これだけクリアすれば、すぐにでも販売の体制に入れます。

今、お待ちになっている方もいますので、
連休後に早急に対処しようと思っています。

 

お店の前は、花満開です。

 

最新型:特許取得 浄活水器
「 Naturalizer煌水 」 新型タイプ 販売開始いたしました。

ようやく、販売出来るようにホームページを書き替えました。

なぜ、新型にこだわるのか?

私が今まで販売をしてきました旧型:ナチュラライザー煌V型。

旧型:ナチュラライザー煌V型では、
ろ過材の交換をする場合は、
完全に新しいものに買い替えるしか方法がありません。

それに伴う買い替え費用が高額な負担となることは避けられません。

逆洗の機能だけでは、安心はできないのです。

この問題を解決できる浄活水器がここに完成されたのです。

研究開発され、ついに完成されたのが、
新製品:浄活水器:
Naturalizer煌水 新型タイプです。

新製品:Naturalizer煌水 新型タイプをお勧めいたします。

旧製品:
ナチュラライザー 煌V型

 

最新型:特許取得
Naturalizer煌

新開発タイプ

 

旧製品「ナチュラライザー煌V型」をさらにグレードアップし、
より人に優しい水環境を実現し、ここに完成させました。

これからご使用をご検討されている方には、
新型をお勧めいたします。

● 蛇口の形に関係なくご使用できるようになりました。

● 衛生的なステンレス製になりました。

● お台所や洗面台の下のシンクの中に入れるため、
   スペースを有効に使えるようになりました。

● 出てくる水量も殆ど変りません。作業もはかどります。

● 従来の製品よりもグレードアップ致しました。

● 本体内部のろ過材を替えられるため、
   旧製品ナチュラライザー煌V型とは違い、
   ろ過寿命経過後は、買い替える必要はなく経済的となりました。

● 弊店:「煌」代理店:健康食工房たかのに注文を通すことにより、
   お得に購入頂けます。(弊店を通すことが条件)

● 製造元から直送・取付で安心頂けます。

● 新型は、特許を取得致しました。

新型浄水器のホームページの書き換えも終わり、
販売できる状態になりました。

この間、多くのお客様に待って頂いておりました。

すこやかなる時をすごして頂けるように、
このお水が希望の光となりますことを心よりお祈りいたします。

新型タイプ 最新型のページ

 

またまた・・・来月6月半ばにURLの変更

以前、ここの「落書帳」に書き込みましたが、
今使っているレンタルサーバーが、来年の5月で閉鎖となるとの連絡が入ってきまして、
ホームページを移転することとなりました。

10年前にホームページを立ち上げて、4回もURLを替えています。

さすがに、今回はもうURL変更はしたくない。

今後のことを考えて、独自ドメインを取得することに致しました。

ホームページ移転後は、翌2012年の5月末日まで、
旧URLから新URLへの自動転送を致します。

近いうちに、ホームページの移転が完了後、新URLを掲示いたしますので、
お気に入り、ブックマークされている方、リンクを張って頂いている方は、
リンクを張り替えて頂ければ幸いです。

ホームページの新URLの切り替えは、来月6月の半ばごろを予定しています。

 

明日、5月28日(土)と29日(日)はお休み。

誠に申し訳ございません。

以前から、ホームページやDMや店頭でお伝えしていたように、
明日から2日間、28日と29日の土日は特別にお休みを頂きます。

県外の親戚の結婚式に招かれておりますので、特別にお休みを頂きました。

お客様にはご不便をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

翌、月曜日は平常通り営業しておりますので、

ご利用頂けましたら幸いでございます。

 

ホームページのURLが変わりました。

新URL: kirameki-takano.com になりました。

今は、自動的に新URLへ移動表示(転送)させています。
旧URL: http://mizu4yo9.web.infoseek.co.jp/
      ↓   ↓
新URL: http://kirameki-takano.com

今開いているページは、新URLへ自動転送されて、
http://kirameki-takano.com/new_page_60.htm
となっていますので、このままブックマークお気に入り頂ければ、
新URLにて登録できます。

ホームページやブログや検索サイトなどに、
リンク頂いている方は、リンク頂いているページにて
新URLに書き換えて頂ければ幸いでございます。

リンク頂いている方には、わかる範囲内でご連絡を致します。

久しぶりの書き込みです。


ホームページのドメインが新しくなったので、そのお知らせをするのに、
時間が必要でした。

リンク頂いている方は数百人に及びますのでお一人お一人にわかる範囲内で、
ご連絡していたのです。

お知らせするのに、やっとひと段落ついたのです。

それと、先月の半ば過ぎから、今日まで、新しいお客様がいらっしゃいました。

まとまった数のお弁当も少しずつですが予約に入って来まして、
仕込みに追われていたのです。

病院の先生や看護師さんからのリクエストでしょうか?

結構、まとまった数のお弁当を病院やクリニックに配達いたしました。

製薬関係の会社からもご注文が先月あたりから少しですがふえてきています。

うれしいことに、数回にわたり利用して頂いています。

それと、ナチュラライザー煌のお問合せが増えてきています。

やはり、放射性物質をろ過出来るからでしょうか?

まだ、お買い上げ頂く方は少ないのですが、お問い合わせは着実に増えています。

この未曽有の受難の時期、
体が資本!心が資本!

心身健康で、すこやかなる日々を目指して・・・・・

 

水分補給はアルコールなどではできない。

これから蒸し暑くなる季節に入ります。

そうなると・・・・生ビールがうまい!

しかし、良く勘違いする方がいますが、
アルコールがわずかでも入っている飲み物や、
カフェインなどが入った飲み物、色々な科学的なケミカルで出来た体に負担がかかるであろう
飲み物では水分の補給は難しいのです。

なぜか?

それは、からだが「大変!毒が体の中に入ってきたぞ! 早く外に出さなければ!」
と、からだの中の水分を使って出そうとするからです。

つまり、さらに喉が渇くということ・・・・

だから、生ビールなんか酒豪は、何杯でものめるし、
ジュースの好きな子供は、あの大きなペットボトルをかるーく飲み干してしまえるのです。

アルコールに強い人は、飲み放題なんかで、
水割り、焼酎や酎ハイや日本酒なんかも何杯でもいってしまう・・・

飲み放題の珈琲なんかも何杯でもおかわりできてしまう・・・・

それが水なら、そんなに多く飲めません。

理想的には、緊急事態の時はスポーツドリンク系での水分補給が良いのですが、
市販のものはいろいろなケミカルが入っているから敬遠したいと言う方は、
簡単に自作も可能です。

良いお水をベースに、良い塩や自然のクエン酸や糖分なんかを入れて自作出来ますので、
色々と検索されて作られても良いのでは?

検索エンジンで検索すると、さまざまな人がオリジナルのレシピを公開しています。

梅干しを使ってみたり・・・・見てみると面白いものです。


昨日、月曜日20日は特別にお休みを頂いて・・・

昨日、20日の月曜日は、
以前から店頭やホームページでお知らせ致しました通り、特別にお休みを頂きました。

さて、なぜ休んだのか?

それは、私たち小さな個人経営の店では、定期的な健康診断なんかとは、
ちょっとご縁が無いのですね。

大きなお店や会社では、定期的に健康診断や人間ドックなどがありますが、
個人の場合、行かない人は何十年も行かない人もいます。

そこで、私の場合、
一年に一回は、健康診断の日を設けて、お店をお休みにしているのです。

別に細かく人間ドックなるものをするのではなく、
大体、基礎的な健康診断を受けるわけです。

そうすると、今の自分の健康状態がわかりますので、色々と応用が利くものです。

食事の仕方が間違っていないかもすぐにわかります。

今回の結果は、全て正常でありました。

まだ、血液検査の結果はわかりませんが、去年と同じく正常値でしよう?

自然健康法をされている方の中には、
健康診断に対して否定的な方もいるのですが、
私は、一年に一回は行っても良いと思います。

特に、主婦の方は、健康診断に縁のない方が多いのですが、
自主的に行かれることをお勧めいたします。

無にかあれば、それなりに対処できますので、何もなければそれで良いことですので、
行かないよりは行った方が良いでしょう?

何かあった場合でも、対処療法は、個人が選べるのです。

自然療法、代替医療、漢方・・・西洋・・・・・・・

と言うわけで、私の場合は健康体で安心!

本来なら奥さんも一緒に行くことに予約を入れておいたのですが、
ちょうど月曜日に息子の剣道の試合があって、終日応援に行くとのことで、
その日はキャンセル、私だけで行って来たのです。

健康診断もお昼過ぎには終わり、
お昼ご飯をどこかで食べようかなとも思ったのですが、
同業に近いのお店には、男一人で行くには、とても勇気がいりますので、
私のお店のように、老若男女関係なくいける所は行きやすいのですが、
同業に近いお店では、女性の方専用みたいな雰囲気のお店が多く、
野郎には入って行くにはとても勇気が必要なわけです。

そこで、やはり、
そのまま家に帰り、自分で食事を作り食べることに致しました。

まず、水が違いますので、
私の家やお店の水環境は最高のグレードにしていますので、全てが違うわけです。

朝採れた、自家栽培の野菜ありますので、
大盛りの生野菜に手作りのドレッシングをかけて、
軽いスープを作って、奥さんが作ってくれていた発芽玄米のミニおにぎり数個、
それを昼食に致しました。

ごろんと横になり、
時間があるので・・・ビデオでも見て・・もったいない時間が過ぎて行きました。

うとうと眠りこんでいた時に、奥さんと息子が剣道場から帰ってきて、
一緒にキゴ山の展望台(キゴ山のスキー場の横を上がってプラネタリウムの所)
に車で行って、展望を楽しみました。

そこはとてもおすすめです。

遠くは海まで見渡せるのです。 とてもきれいな景色で癒されます。

言わずと知れたデートスポットですよ・・・・・知らない人もまだ多い!

と言う事で、一日が過ぎて行きました。

 

乾物・粉類などの衛生的な収納場所

乾物や粉類などは、常に乾燥していなければいけません。

常識的に、収納場所は、湿度の少ない場所に完全に密封できる容器に入れて、収納します。

台所では、下よりも上に収納します。

間違ってもシンクの下には収納してはいけません。

台所のシンクよりも下は、湿度が多いからです。

最近では、シンクの下にも食材等を収納しやすく引出式の物も出ていますが、
目に見えないだけで、必ず湿度が多いものです。

なるべくなら、蛇口から離れた、上の部分に収納します。

それと上であっても、煮炊きものをする真上に近い収納には置いてはいけません。

水蒸気が上に上がるからです。

つまり、常に乾燥させておきたいものは、
シンクの下近くには置かないこと、水蒸気が当たる場所には置かない事が常識です。

シンクの下や水蒸気の近くの収納スペースには、
お鍋や調理器具、未使用で完全に密封された缶詰やビン類や雑貨ものを収納します。

勿論、一度封を開けたものは、
シンクの下や水蒸気の近くの収納スペースには、置かない事が常識です。

この梅雨時は特に注意が必要です。

飲食店では、絶対にシンクの下に乾物ものは収納致しません。

ドライ式の常に乾燥した厨房でも、シンクの下部分には収納はしないのが常識です。

乾物は湿度の少ない上に収納するのが常識です。

下に収納するものは、湿気ても良いもののみを収納するのです。

場合により、一旦封を開けた場合、物により冷凍室の方が良い場合もあります。

収納場所の選択は、とても大切で、健康を左右する場合もあるのです。

乾物・粉類などの衛生的な収納場所は、乾燥しているシンクよりも上の部分に収納します。

暑い時は夏野菜を食べる

夏野菜は、ミネラルがいっぱい・・・・
生で食べれる野菜も多く、からだを冷やしてくれます。

暑い時は、きゅうりなんかを味噌つけてポリポリ食べるのも最高です。

 

猛暑

北陸といえども、ここ金沢は、蒸しあがるほどの暑さだ・・・

湿度がある暑さだからたまらない。

私の事務所兼パソコン部屋は、約3畳ほどの小部屋である。

元々は、倉庫に使おうと思い店の中でも一番乾燥するであろう2階に設けてあったスペースで、
特に窓が小さく風なんかも入ってこないのだ・・・

そこに今まで、窓用エアコンをつけて真夏でも快適な作業空間を確保していたのだが、
とうとう10年目を過ぎて、エアコンが壊れてしまい・・・・
サウナ状態である。

要は、新しく買いかえれば良いのだが、
巷では節電ブーム・・・・エアコンよりも扇風機が売れていると言う。

ここ金沢も大きな企業やデパートや大型ショッピングセンターでは、
節電が始まっている。

昨日、ジャスコに行った時も、明かりを少しおさえていたのがわかった。

「節電しているんだ〜」

小さなお店ではあるが、私も節電に少しでもの協力をと・・・・
店内の上につけてある明かりを半分取り外してある。

元々、窓が大きく、日中は自然光でも十分な店内なので、
明かりを半分に抑えても違和感はない。

少しでもの節電になればと思う。

でも、2階の部屋は暑い・・・

今は扇風機で我慢しているが、熱を嫌うパソコンにも悪いだろう。

大企業が時間をずらして仕事をしているのを見て、
私も一日の内で一番気温の低い早朝に、部屋を使おう・・・・

 

ここ金沢も、大変な猛暑です。

数日前から、信じられないくらい暑い日が続いています。

金沢は、からっとした暑さではないのですね。

蒸し暑いのです。

節電と行きたい所ですが、この暑さではたまりません。

店内の温度設定は、25度から26度・・・・・

木造なので外気も入って来ますので、これくらいの設定が私の店では丁度いいんです。

この暑さで熱中症になる方も増えてきているようです。

からだが大事ですので、無理をしない事も大切だと思います。

充分な水分補給も大切です。

暑くなるとスイカもいいですね。

天然のミネラルと水分がいっぱい含まれています。

軽く塩でも振って頂くと天然のスポーツ飲料のようです。

昔の方は良く考えたものですね。

夏にスイカ!よいです。

私も今からスイカを買ってきます。

 

朝採れ・・・サラダ三昧!

私の店の野菜は、無農薬自家栽培の野菜を中心に使っています。

今の時期は、朝採れたての生野菜が多く収穫されます。

お店の食事には必ず出すのですが、
それだけでは使いきれません。

それで、私の食事は毎食、サラダ三昧になるのです。

この暑い時期を乗り越えるのに、
生野菜は貢献してくれています。

なにせ、グラタンなどをオーブンで焼いているときなど、
厨房の中は、40度を超える暑さです。

店内は、涼しく、厨房は灼熱・・・・
その温度差はかなりある。

夏野菜はこの灼熱地獄からからだを守ってくれています。

今日も、朝採れ・・・サラダ三昧!

 

店の浄活水器のメンテナンスを行いました。

先日の火曜日、店で使っている浄活水器のメンテナンスをして頂きました。

店で使っているものは、業務用の浄活水器なので、
1年に一度、濾過材の交換と洗浄を製造元にして頂かないといけないのです。

通常のご家庭のお台所で使われている、ナチュラライザー煌は、
頻繁にはメンテナンスは必要ありません。

私の店は、健康にこだわるお店ですので、
浄水器では、悪いものはある程度ろ過できますが、水本来の機能的な水にはなりませんし、
活水器では、水をやわらかくしたり浸透率を良くしたりと機能的な水となりますが、
悪いものは一切ろ過されずに、そのまま体の中に取り入れることになります。

そこで、浄水器と活水器の両方の特性を持った、自然水に近い水環境を与えてくれる
ものでなければ、私の店では使えないのです。

浄活水器以外、それを叶えてくれるものはまずないでしょう?

私の店で私の家で使っているのは、浄活水器「ナチュラライザー煌水」です。

店の水のメンテナンスが終わり、
また1年安心できる水環境の中でお客様に健康的な食事をお作りすることが出来ます。

水は生命の源、良いお水に恵まれることは生き物にとって素晴らしいことです。

癒しの水に癒されて・・・・・・・

蒸し暑い今日一日も乗り越えて・・・・

 

ハイビスカスの花

 

店の中のハイビスカスの花が咲いています。

今の時期次から次と色々な花が咲くのです。

少し前は、珈琲の木の小さな白い花が咲いていました。

店の前にもいろいろな花が咲いています。

 

店は花盛り・・・・

今、次々と花が咲く時期なのか、次々と花開いています。

まだつぼみのものもあり、これから咲く花々も、目を楽しませてくれそうです。

最近、お弁当のご注文が増えてきました。

お弁当は日替わりで朝採りたての自家栽培の野菜を中心に入れています。

無添加の自然食ビーガン・マクロビオティックのお弁当です。

最近、ご注文が増えているのは、高校の先生や医療関係の先生やナースの方々、

店近郊のお客様へも配達しています。

ある日のヘルシーお弁当
ハイビスカス ハイビスカスのつぼみ
珈琲の木花のつぼみ 店の前に咲いている花

 

2000年から

「たかの」は、2000年8月6日に開業しました。

そして今月、2011年8月6日を迎えます。

開業から11年、この地、金沢で、
魚もなく、肉もない店が、こんなにも長く続くのはとても珍しい事のようです。

精進料理と言う儀式的な料理は、はるか昔からあるのですが、
自然食と言う、健康志向の食文化は、なかなか浸透しないものです。

玄米菜食と呼ばれる食養系の生活法は、 時代が浅いと言っても、数十年もまえからあり、
私のお店が出来る前より、はるか昔から、戦後に近い時期から金沢にあったようです。

そう言えば、 私のまだ幼かった時に、今の金沢にある自然食品店よりも、
かなり大きな自然食品店が金沢にあったのを記憶しています。

そのお店は、数十年も前に、閉められ今はありませんが、
幼かった私は、良く、母に連れられて行ったものです。

外国のセレブ層に注目されて、
逆輸入のように、一般の方にも近年注目もされてきたマクロビオティック等の
食養系の生活法ですが、それ以前、数十年も前から、
この地方都市である金沢にすでに実践されていた方々や、
お店などがあったのだそうです。

これを意味するものは、すこやかなる時をすごすための生活法とは、
只のブームの一つではないと言う事です。

ブームとは、バブルのようなもので、流行っている時はお祭りのようで、
猫も杓子も飛びつき、一獲千金を求めて、多くの企業家が飛びつき、
それに翻弄されて人々が催眠術にでもカカッタカノヨウニ酔いしれるものです。

しかし、ブームが去ると夢から覚めたかのように、
人々の記憶から忘れ去られてしまうかのような過去の遺物となってしまう。

マクロビオティック等の食養系の生活法も、
企業家の影響からかビジネスと連携して、最近まで、
女性を中心として、猫も杓子もマイブームとばかりに、飛びついて、かなり有名にもなりました。

しかし、今は、ビジネス戦略として仕掛けられたそのブームも終わりつつあり、
本当に必要としている人たちに愛される方向へと流れているかのようです。

元々、マクロビオティック等の食養系の生活法は、
ブームや一過性のはやりものでは無く、
すこやかに生活するうえでの一つの手段、
それを必要とする人々に永遠と受け継がれていくものだと思います。

 

近隣

今、原子力発電所の問題が大きく話題になっています。

原子力から自然エネルギーへと人々の関心が向いています。

しかし、それに伴い、電気を必要としている産業界では、
エネルギーの確保に頭を悩ませているのもうかがえます。

産業に安定したエネルギーは不可欠であり、電力の不安定は、
景気をも左右されることにもなりかねません。

原子力は安全ではないかもしれない? 震災による影響ははかり知れません。

今、人々はとても不安を抱いています。

企業の中には、安定したエネルギーを求めて、
日本を離れざるを得ない状況になっている所もあるようです。

難しい選択です。

近隣諸国では、原子力発電所の建設がものすごいスピードで進行しています。

日本では考えられないくらいのスピードで、建設されているそうです。

原発事故があれば、
日本に死の灰が降り注ぐ、ほど近隣の諸国での出来事です。

技術が進んでいた日本でさえ、事故を防げなかった状況を考えた時に、
とても末恐ろしい現実でもあり、事故が無きことを心から祈る気持ちでいます。

黄砂などがもたらす健康被害が、放射能被害に変わらぬことを心から祈っています。

どこの国も産業にはエネルギーが必要・・・

とても難しい問題です。

今私たちが出来ることは、
からだにダメージを与えない生活法をすることであると思います。

ジャンクな食生活は、からだの免疫システムに良い影響は与えないと思いますし、
タバコも吸わないほうが良いでしょう?

少しでも健康的な生活を目指して、強い体を作ることだと思います。

良い水を使い、良い食を選ぶこと・・・・

自らのからだをすこやかに保つことが大切であると思います。

 

ビーガン   ベジタリアン
(Vegan)  (Vegetarian)
ピュア・ベジタリアン 
(Pure-Vegetarian:純粋菜食)
精進

マクロビオティック
(Macrobiotic)の違いとは?


ビーガン (Vegan)、ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)、精進料理
とマクロビオティック(Macrobiotic)は、同じものであると思われている方も中にはいますが、
全く異なる生活法・食事のスタイルであり、考え方も全て異なるものです。

まず、ベジタリアンと言うカテゴリーは、とても広い枠です。

ピュア・ベジタリアンのように、お肉もお魚も食べない完全な菜食主義の方や、
野菜と乳製品を食べる方、野菜と乳製品と無精卵のみ食べる方、
野菜と魚を食べる方など色々な部類に分かれています。

しかし、ベジタリアンの枠の中には、マクロビオティックは含まれません。

ベジタリアン=マクロビオティックではないのです。

主にベジタリアンの考え方としては、
健康食・すこやかに生活するうえでの生活法という考え方よりも、
動物愛護や世界平和と言うように、
各々が目指す所の精神世界を主とした考え方により、動物食を避ける傾向にあります。

その中には、動物食で許されるものは、殺生しないミルクや無精卵は許されると言う、
ラクトホボベジタリアンと言う方々もいます。

最近では、魚も食べるベジタリアンの方も中にはいますが、
厳密に言えば、ベジタリアンの枠からは外れることになります。

究極にこだわるベジタリアンの方の中には、
ビーガン (Vegan)、ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)と言う方々がいます。

特に、ビーガン (Vegan)の方々は、究極にストイックな考え方で、動物性のものを一切食べず、
動物を傷つけて作った製品なども一切、身に着けない方たちです。

ビーガンは動物に苦みを与えることを最も嫌います。

動物の肉(存在するであろう全ての種:鳥肉・魚肉・その他の魚介類)
卵・乳製品を食べず、
動物製品(動物由来の全ての素材・皮製品・シルク・ウール
・動物由来の化粧品羊毛油・ゼラチン・・)
を一切身につけない使用しない方たちで、
場合により他の人や生き物を傷つける臓器移植や輸血なども求めない方々もいます。

有精卵から作られる予防用ワクチンなども嫌う方々もいるほど、
精神世界を尊重する方々もいるほどです。

ベジタリアンの枠の中に入る方たちや、その枠に入る
完全菜食主義であるビーガンやピュアベジタリアンの方々の多くは、
健康食と言うよりは、精神世界や思想を主に考えているために、
ベジタリアンの枠組みの中でも究極にこだわるビーガンであっても、
食事は砂糖やシロップも使われる場合もあり、
精白された白米や小麦粉などの白ごはんや白パンなども使われたりしています。

野菜にはこだわりを見せても、
ビーガンフード用のレトルト食品や調味料には健康食から考えると信じられないくらいの
添加物も多く含まれていたりします。

生き物を傷つけない殺生をしないと言うのが主な目的ですので、
健康面についてのこだわりはそれほど重要視されてい無いのも現実です。

とても残念なことですが、水道水をそのまま使っていたり、
浄水されていてもこだわった浄水システムを採用していなかったり、
化学合成されたマーガリンなどの調味料や様々な食品添加物、
既製品などの科学的に不自然に合成されたものなども使われている場合が多いのが現実です。

ビーガンの中には、ダイエタリー・ビーガン (Dietary Vegan)と言う方々もいます。

このばあい、生き物を傷つけないで体の中に一切組み込まないと言うビーガンと同様の考え方ですが、動物性のものを身に着けても良いとする人たちです。

その他のVeganよりもストイックな方々としては、
フルータリアン (Fruitarian) と言う方々がいます。

ビーガン (Vegan) との違いは植物も殺さないと言う方々です。

果実を食べても木は死なないけれど、
菜っ葉や穀物など、食べれば木や植物が死んでしまうので一切ダメと言う考え方の人たちです。

このことからも考えた時に、
ベジタリアンは、健康食と言うよりも、
日本で言う、精進料理に近い殺生をしないと言う各々独自の精神世界に於いての
思想に基づく考え方であるとも言えます。

マクロビオティックは、良く、ベジタリアンや精進料理やビーガン (Vegan) と同じものであると
思われる方々もいますが、
殺生や生き物を傷つけないと言うような精神世界を主に考えると言うよりはむしろ、
健康的な生活全般を主に、
どうすれば日々すこやかに生活できるかを考えられて形成されていますので、
ベジタリアンやビーガンの方たちとは考え方が全く違う生活法と解釈されます。

動物性のものも身につけますし、
健康に良いとするならば体に取り入れることもあります。

日々すこやかに生活するうえでの生活法としての考え方が主となります。

このように、考え方の違いにより似ているように感じても、
全く異なる生活法や食事法であるため、ある意味見極めが必要となります。

私の店では、ベジタリアンの方や精進の方やピュアベジタリアンの方、
ビーガンの方にも対応している食事を出しておりますが、
ビーガン思想とは全く異なり、健康を主に考えた料理をお出ししております。

作り手の私自信はビーガンやベジタリアンではありませんが、
その考え方を否定するものではなく、実践されている方々を尊重しています。

また世間一般のお食事をお召し上がりの方々も否定するのではなく尊重しています。

すこやかなる時を求める方々、
隔たりなく全ての方々に愛される料理でありたいと願っています。

 

自 然 食

よく、自然食と言う言葉を聞かれると思います。

自然食:健康に良い食事と多くの方々が思われていることでしょう?

しかし、自然食と言うジャンルはとても幅の広い枠です。

例えば、とても大きな世界規模の図書館があったとします。

そこで、自然食のことについて調べたいとしますと、
迷子になるかも知れないほどの蔵書の山に埋もれることになります。

それは、いくつもに分類され、
また分類された中にも多岐にわたり、さまざまな考え方や食のあり方など・・・・
その中から一つを選ぶことは至難の業でもあるかのように、
パニックになる方々もいることでしょう?

人それぞれに価値観や考え方・・・求めるものは違います。

自然食と言う大きな枠の中で、
自分の求めるものは何かをよく考えて選択する必要が出てきます。

ただ自然食と言っても幅の広い大見出しのようなものなのです。

海の中から、一つの宝石を見つけるようなものです。

さて、あなたにとっての自然食としての基準は何でしょう?

まず、あなたにとっての基準を設定しておくのが良いでしょう?

ここまでは許せるけれど・・・ここまで行くと許せないとか・・・・

細分化され多岐に分類されたたものの中から一つ一つ
自らの思考で選んでいくことになります。

 

8月になってから、ここ北陸の地、金沢も猛暑が続いています。

町中は、アスファルトやビルからの照り返しで、体温を超える暑さのところもあることでしょう。

外回りの方の必需品は、やはり水です。

ペットボトルの水をほとんどの方が携帯しています。

普段はあまり関心のない水ですが、
この暑い時期になると、皆、水に少しばかりの関心があるようです。

美味しい水を追い求めているのです。

水分の補給にコンビニに入っても、
水一つでこんなに種類があるのかと思うほど、さまざまなものが売られています。

日本製・・・外国製・・・スポーツドリンク・・・

水関係だけで、大きな冷蔵ストックの大部分を使う勢いです。

これだけ多種の水があるのですから、選ぶのも大変です。

冷蔵庫の前で、悩まれている方を見かけます。

そこで、飲み水に適した水の選び方を簡単にお知らせいたしましょう。

お水の成分表を見て、軟水に近いものを選ぶことが肝心です。

硬水は飲料水には適しません。

特にわれわれ軟水で先祖伝来、体をかたち作ってきた日本人には、硬水は適さないのです。

軟水を選んでください。

水と言うものは生き物にとってとても大切なものです。

そして、先祖伝来、その地での水環境によっても我々の文化までも違いを見せています。

水の違いにより、食文化も異なりを見せているからです。

食が違えば、からだも違う、心も違う・・・・・人も違い・・・文化も違う。

大げさなことを言っているな?と思う方もいるかもしれません。

では身近な例をあげましょう!

関西の食文化と関東の食文化はなぜ違うのか?

関西地方では、薄味で薄口しょうゆなどを使った薄い色のお料理が多い・・・・
関東地方では、濃い口しょうゆなどを使った濃い色のお料理が多い・・・・

なぜか?

日本で使えるお水は、先祖伝来、軟水ですが、その軟水でも、
硬水に近い軟水が関東方面 より軟水に近いのが関西方面、
それにより適した調理方法が浸透していきました。

硬水では薄味の素材を生かしたお料理は難しいので、
どうしても個性のある濃いめの調味料を使うことになる。

軟水では、出汁も出やすく素材のもつ味も引き立つので、
薄めの味付けでも美味しく調理できる。

同じ日本でも食文化に違いが生じている。

日本のように軟水の環境に於いても、
少し硬水少し軟水と言う微妙な差であっても食文化が違いを見せる。

では、硬水の文化圏であるヨーロッパではどうだろうか?

かなりきつめの硬水であり、飲料水には向かない・・・
特に我々軟水の生活圏の人にとっては飲料水として適さない。

硬水では素材の味を引き立てることが出来にくく、
肉も固くなってしまう・・・・・

では硬水の食文化であるヨーロッパの方はどうしているか?

それは、色々なものを入れてブイヨンを作ってから料理に使っている。

肉や野菜やハーブを入れて、それらに付着させて、軟水化させている。

ブイヨンにすることにより、硬水を軟水化させている。

でもそうはいっても、硬水は硬水であり、
硬水に適した食文化となって現在に至っている。

その土地に産する食材と、水によって食文化は独自の発展を進めてきた。

水は基本であり、
健康をも左右するとても大切なもの。

水を選ぶと言う事はとても大切なことです。

 

水・・・2

この前は水により私たちの食生活までもが違ってくると言うお話を書き込みました。

食生活が異なれば、それにより作られる私たちの体も多少なりとも違ってくる・・・・
水なんてどれも同じと言ってはいられない程大切なものです。

では、また今回もお水のお話を・・・・

ある有名なラーメン店やうどん屋さんがあったとします。

そのお店は関西地方で繁盛されているお店で、関東にお店を出そうとしています。

でも、実際に関東のお店で今まで通りの出汁の取り方や麺の茹で方で作ってみたところ、
本店のようなものは出来ません。

なぜ?違うんだろう・・・・職人の腕が悪いのか?

何のことはない・・・・・お水が違うからです。

お水の性質を本店に合わせれば、良い事だけです。

硬水なら軟水にすればよい・・・・・

ではその反対では、

関東でものすごく繁盛していたお店が関西に進出するとします。

でも、今度は出汁が出過ぎて、しつこくなりすぎる・・・・
では、どうするか?

この場合は、軟水を硬水にする必要はありません。

出汁の取り方を調整すればよいのです。 心持少ない材料で出汁を引いてみます。

それから・・・同じ地域内、
例えばここ金沢の地でも、配管により、相当水の性質のバランスは異なります。

あるところでは、軟水でも、あるところでは硬水に近い・・・・
水がまずい・・・・水にとげがある・・・・・

つまり、同じ地域でもお水の性質は一定ではありません。

厳密に言えば、一定の味に統一するには、
お水を一定の性質にするか、出汁の取り方なりを一店舗一店舗、
独自に調整しなければいけないと言う事です。

例えばフランチャイズの店のように全国一定の味に統一したいと言うときは、
まず、お水を考えなければいけません。

水一つで相当開きが出てくるのです。

それは、われわれの生活も同じと言う事です。

お水一つで相当違いが出てきます。

良いお水に巡り合えることは素晴らしい事なのです。

 

水・・・3

前回から、水について書いてきました。

良く、レシピを数多く知っていると自負している人がいますが、
レシピは、一つのヒントのようなものであって、
最終的には自分の舌の感覚で味を調整せねばいけません。

料理人で、一つ一つ全てを計量カップで測りながら仕事する人は珍しいものです。

病院や学校給食のように、
管理栄養士の方が数字を合わせた料理の場合は、
それを確実に守ならなければいけないでしょう?

しかし、料理人は常識的に多くの場合、自分の舌の感覚で味を調えていくものです。

それは、レシピなるものがいい加減なものであることを皆わかっているからです。

その環境下において全て数値は変わってくるのですから、
調整せねばいけないのです。

良く、お料理教室などで習ってきてその通りお家に帰って作ってみても、
美味しくならないと言った悩みの方がいます。

レシピ本を買ってきて作ってみても美味しくならない事もあります。

それは、レシピなりを信用し過ぎるからです。

最終的には自分の感覚的なものにより調整せねばいけません。

水一つで全てが変わるように、調理環境によっても全てが変わってくるものなのです。

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文