日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去日記 17

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

雑穀玄米ごはん を主食に・・・たかの
        (自然食 マクロビオティック)

 自家栽培の野菜を中心に、天然名水品質の水を贅沢に使い、からだに優しい、からだに美味しい水と食、すこやかなる日々に、願いを込めて・・


夏は雑菌に注意!

さて、梅雨から真夏そして、秋になるこの時期は、
ちょうど雑菌が繁殖しやすい環境が整っている状態が持続する時期にあたります。

旅行などをされる方が多い時期ですが、
気お付けなければいけないのは、食や水でしょう!

ピュア・ベジタリアンの方の場合はリスクは軽減しますが、
ラクトホボベジタリアンの方々やごく普通にお肉やお魚を食べている方々は、
特に注意が必要です。

動物性の食材は、とても傷みやすく、
見た目、食感が、正常でも雑菌が感染している場合が多いのです。

例えば、調理人の手にキズがある場合や、不衛生な状態である場合、
食材の下処理が不十分な場合、
十分な加熱がされていない場合など・・・・・は、雑菌が食材に残り、
異常な速度で増え続けて行きます。

それにミルクや玉子などにも要注意です。

これこそは非常に傷みやすい食材なのです。

この暑い時期に、温泉卵などの卵料理から食中毒が出るのですが、
この暑い時期には、
玉子を100個割れば、その中の数個が腐っていたりする場合もあるのです。

それを事前に外して使えば良いのですが、
混ざってしまえば、大変な事になりかねません。

つまり、玉子、ミルク、お肉、お魚・・・動物性の食材は、
この暑い時期には腐りやすい、悪性の菌が多くついている場合があるという事を、
調理する側も食べる側も把握していなければいけないのです。

私のお店の場合は完全に植物性のものだけを使っていますので、
その点、リスクは軽減されていますが、殆どのお店は、
いつ悲劇があるかわからないといった、ロシアンルーレットのような状態でもあるのです。

どれだけ注意して見てもなる時はなると言うのがこの時期です。

ですので、良くこの時期に、
保健所の方々が、給食施設や大人数を相手にするレストランなどに、
食品衛生の指導も兼ねての検査に回るのです。

それから食べる側の人の注意!

・ 食べる時には十分手洗いをする。
 
手には物凄く多くの病原菌がうようよいます。
手つかみで料理を食べることは絶対避けるべきです。

・ 食べ残しを持ち帰らない。
 
一度口にした食べ物には、
信じられない位の病原菌が食べ物に移って、その時点から繁殖が始っています。

・ 一度、箸がついたものは時間をおいて食べない。
 
一度口にした食べ物には、
信じられない位の病原菌が食べ物に移って、その時点から繁殖が始っています。
もし、惣菜やオードブルなどを食べて残るようであるならば、食べる前に、
食べれる分だけ手を使わずに、抗菌手袋やお箸などで取り分けて、
残りは、冷蔵庫に入れることです。
冷蔵庫も雑菌がいないように常に掃除が行き届いていないとだめです。
冷蔵温度も氷温に近い方が良いでしょう。

・ お惣菜やお弁当などは暖かいところに置かない。
 この暖かい時期は、涼しい部屋に置いていても非常に危険です。
すぐに食べきるか、絶対に冷蔵庫に入れましょう。
冷蔵庫も雑菌がいないように常に掃除が行き届いていないとだめです。
冷蔵温度も氷温に近い方が良いでしょう。

この他にも様々な注意が必要です。
詳しく知りたい方は、各地域の保健所のホームページを検索してみてください。

お水も腐りやすく、雑菌が繁殖しやすいので注意しましょう。

水道水には塩素が入っているので、殺菌、大丈夫と思っている方も多いのですが、
有機物などが多く含まれていますので、長時間放置したお水は飲むことは禁物です。

浄活水器を通せば、有機物などの除去も出来、ナチュラルなお水にしてくれるので、
利用できる人はその方が良いかもしれません。

でもその場合でも、保存する容器に雑菌がついていないことや、
完全に外気と遮断されている事が必要です。

なぜならば、外気、空気中にも悪性の菌が含まれているからです。

お水も腐ると言う事を頭のどこかに覚えておきましょう!

 

玄米と発芽玄米とでは消化に使うエネルギーが違う。

この暑い最中、玄米は重たいから食べるのを控える人もいます。

なぜ重たく感じるのか?

それは玄米は陽性だから、陽性の暑い時期には、陰性の物の方が、
食べやすいからと言う人もいますし、
玄米に含まれるフイチン酸は、食品中のミネラルの吸収を妨げ、
それにより、必須ミネラルの不足を招くからと言う人もいます。

しかし、フイチン酸に対して、ミネラル吸収の妨げになると言われてきたのは、
昔のこと、現在ではミネラルの吸収に問題が見られないことが研究により
わかってきたようですし、玄米や穀物や豆類に含まれるフイチン酸は、
からだにとても有効な働きをする特性もあり、
日常、必須ミネラルが著しく低い人々、例えば発展途上国の
飢餓に苦しむ人々の場合のように、元々ミネラルが極端に不足している方たちには、
フイチン酸が多量に含まれる食品は避けた方が良いと言う事であって、
我々のように、ごく普通にミネラルをからだに取り入れられる環境で生活している
人々にとっては、フイチン酸を極端に毛嫌いすることも無いだろうと言う事です。

とはいえ、食生活の多様化から、
日常生活、ミネラル不足になっている方々もいるかも知れませんし、
それを考えるのならば、玄米や大豆などを発芽せせることにより、
フイチン酸のミネラルを阻害する要素を緩和することも可能ですし、
発芽の過程で、ギャバのようにとても有効に働く栄養素の恩恵もあり、
消化しやすい構造になるために、発芽玄米や発芽大豆や発芽雑穀が
現在人気であり、マクロビオティック専門の食材問屋でも、
発芽玄米を利用した食材がとても増えてきているのです。

と・・・前置きがかなり長くなりましたが、

本当の所は、玄米そのままの場合(発芽させない玄米)は
良く噛まないと消化しにくいので、暑い時期の消化能力の低い時期に、
胃や腸の負担が大きく、重たく感じるのだと思うのです。

つまり、良く噛まないと消化にかなりのエネルギーを使ってしまうので、重たく感じる!

反対にこの蒸し暑く、ストレスの多い状態で、
良く噛むと言うことはストレスを感じる人が多い!

と言う、どちらにしても、ストレス!

特に、暑い最中、これでもかと噛んで食べるのはとても疲れるのです。

でも、消化に優れた玄米があれば、どうでしょう?

胃や腸に負担が少なく消化にまわすエネルギーも少なくて済む!

これでもかと、ストレスを感じるほど噛まなくても食べれる!

その結果、真夏でも、玄米が重いなんて思わないで普通に食べることが出来る。

そう、もうお気づきでしょう!

では、そのような素晴らしい特性を持った発芽玄米のお話を進めていきましょうか!

もちろん、私のお店「たかの」では、
開業から、発芽玄米を使っているので、真夏の暑い時期でも玄米大人気なのです。

とはいえ、それでも重たいと感じる人もいるかも?
と、白ご飯もえらべるようにしているのです。

話を元に戻しましょう!

玄米そのままの場合(発芽させない玄米)は、
口の中でペースト状に唾液と良く混ぜて食べなければ、
栄養の吸収は難しい・・・・・
そのためにまず、玄米菜食(マクロビオティック)では初めに、
良く噛んで食べることを教えることとなる。

この良く噛んで食べると言う事が出来ない場合は、先には進めないのだ!

良く噛んで食べれない状態である場合も、玄米クリームや玄米かゆを食べる時でも、
一口口の中に入れて、唾液と良く混ぜてから喉に運ぶのです。

それが有効な正式な玄米クリームや玄米のおかゆの食べ方なのです。

つまりは、玄米そのままの場合(発芽させない玄米)は、
どれだけ柔らかく炊いたとしても、唾液とこれでもかと言うぐらい、
混ぜ合わせる必要があると言う事です。

白ご飯を食べるようにあまり噛まないで食べたとすると、
玄米の中の白い部分だけが多く消化されて、
肝心の外側の部分が殆ど消化されないのです。

それでも、繊維は流れて行くので、便通の改善には良いかもしれませんが、
胃や腸に負担を与えている事を頭のどこかに置いておかないといけません。

おかゆなどの場合でも、噛まなくても流れて行くので、
そのまま、ゴクンゴクンと飲んでいる人が多いのですが、それでは意味が無いのです。

唾液と良く混ぜることにより消化が出来ると言う事を覚えておかないと、
せっかくの玄米クリームや玄米のお粥が無意味なものになってしまいます。

無意味とは行かないまでも、
最大限の恵みにはありつけません。

良く噛んで食べれない状態の人でも、
お口の中で「くちゅくちゅ・・唾液と混ぜる」は出来るはずです。

これでもかと言うぐらい、唾液と混ぜて食べてみてください。

理想的には意識的に喉に流し込むのではなく、自然と喉に流れて行く状態!

玄米ご飯そのまま(発芽させない玄米)を食べる時も、
口の中で玄米のお粥や玄米クリームを作る感覚で、
これでもかと噛んで食べるのです。

養生で食べている方の中には、一口、100回も200回も噛んで食べる人もいます。

これが玄米菜食(マクロビオテイック)の食べ方の最大の基本で、
玄米に限らず良く噛んで食べることが必要なのです。

つまりは、常識では考えられないくらい良く噛んで食べることが、
最大の基本であり、陰陽を重んじて食べる以前に、避けては通れない道であるのです。

そんなに噛んで食べれないよ・・・・
と言う人が殆どでしょう?

ではどうするか?

発芽玄米にするのです。

そうすることにより、玄米を栄養の吸収しやすい構造にしてくれるので、
これでもかと噛んで食べなくても、ある程度は消化されて行きます。

かと言って唾液と混ぜないで食べても良いと言う事ではありません。

発芽玄米も、発芽させない玄米ご飯のように、
「くちゅくちゅちゃぷちゃぷ」食べれば、それ以上に素晴らしい恵みに出会えることでしょう!

ですので、最近は、
発芽玄米クリームや発芽玄米のお粥や発芽玄米のおにぎりが販売されているのです。

我々のように、仕事に追われ勉学に追われ、食べる時間が限られている人にとって、
発芽玄米は、とても素晴らしいアイテムであるわけです。

でも、その発芽玄米のある食堂は限りなく少ない、

なぜか?

1、玄米を発芽させるのはとても難しいから。

2、市販の出来あいの発芽玄米はとても高額なので、
  コストの面から飲食店で使う事は難しいから。

3、良く噛んで食べればそれで良いし、玄米を良く噛んで頂くのは常識だから。

4、玄米であれば食べ方なんて関係ない
  玄米さえ食べればそれで健康でヘルシーとの思い込みから。

発芽させない玄米ご飯を出している時は、
食べ方を、お店や食品に掲示して食べる方に示してあげる方が良心的でしょう?
しかし、そのような表示をしている所は極めて少ないのです。

それを示すことにより、
こんなに煩わしいのならと玄米ご飯が、敬遠されてしまいかねませんし、
この記事の全般に書き込んだような玄米ご飯の食べ方を知らない方が
調理をしている場合もあるでしょうし、玄米の食べ方なんて基本中の基本だから、
別に食べ方を教える必要はないと言う考え方もあります。

うーんそれじゃ〜・・・・自宅で簡単に作れないかな〜と嘆いている方もいるかも知れません。

しかし、発芽玄米は、誰にでも簡単にできるのです。

只、用意しなければ行けないものはあります。

まず、生命力の強い玄米であること、
これが一番避けて通れない大切な事で、生命力の乏しい玄米では、
発芽する力も乏しいのです。

無農薬で作られたものの方が良いでしょうし、
発芽させるお水も、水道水そのままではなく、浄活水であることが肝心だと思います。

浄活水器を購入するのも良いでしょうし、ご自宅の近くに軟水で、
浸透率の素晴らしい天然水があればそれを利用すれば尚宜しいです。

ただ、清らかなピュアな天然水でも、硬水でなく軟水でなければだめなのです。

それと、お米は洗うときから給水が始っています。

お米を洗うときから良いお水を必ず使わなければいけないのです。

これが、つまずきの元で、
もったいないからと、お米をとぐ時に水道水をそのまま使っていては、だめなのです。

最初から最後までピュアなお水を使わなければだめです。

そして、発芽させるだけなら、お水につけて2昼夜
只、常温で置いておけば、勝手に発芽します。

ピュアなお水を最初から使っても発芽しない玄米は生命力の乏しいお米です。

ものすごく、簡単でしょう?

でも発芽させる時には、注意が必要です。

植物が発芽する時には、毒素が出やすいのです。

こまめにお水を換えることが必要なのです。

玄米は発芽する段階で、
黄色ブドウ球菌とパチルス菌を培養しやすい状態になり易いのです。

ですので、衛生面に気を配りながら、時に新しいお水にに換えるのです。

真夏は、菌が培養しやすいことから、
低温度発芽法と言う冷蔵庫の中で発芽させる場合もあります。

また、薄い塩水にて発芽させる方法もあります。

発芽玄米の方法は様々なやり方があり、
個人の生活環境に沿った発芽方法を自ら選択すれば良いでしょう?

そして、必ず発芽させた場合、
一度綺麗にゆすいでからピュアなお水で炊いてください。

栄養が逃げるからと、漬け置いたお水そのままで炊いてはいけません。

生命力のある無農薬の玄米で、ピュアな軟水を使う事、
それが発芽玄米を作ることの最大の基本であることは避けて通れないことだと思います。

後は、玄米そのままより、消化の良い発芽玄米でも良く噛んで食べれば食べるほど、
発芽させない玄米よりも多くの恵みを与えてくれることでしよう!

私は、10年前の開店以前から発芽玄米を作って炊いて、食べています。

もちろん、お店の玄米ご飯は、発芽玄米ご飯です。

ピュアなお水、浄活水器を使い玄米を発芽させて使っています。

 

食べ物・日常生活は水一つで変わる

どんなに良い食材やサプリメントを探してきても、
肝心のお水が良くなければ、その効果は半減するかも?

と思っている人はとても少ないのが現状のようです。

例えば水道水をそのまま使っている人が多いという点・・・・

浄水器を選ぶにしても、内容を吟味しないで、
只付いていれば良いと軽い気持ちの方が多いという点・・・・

我々の周囲を見てみればわかるように、
全てお水が大部分で構成されています。

我々のからだも大部分が水分で構成されています。

食品も大部分が水分です。

そして、調理するにしても大部分が水分なのです。

そのお水が良くなければと考えた場合、

どうですか?

お水のことを軽く考える事は出来ないでしょう?

そうです。

お水は我々にとってとても必要なものであり、
良いお水を選び使う事はとても大切な事なのです。

例えば玄米や白米でも、
お米を洗うときから、給水が始り、一旦給水された水分は外に出て行きません。

お水がもったいないからと、水道水でお米を洗っていませんか?

水道水でお米を洗ってからナチュラルミネラルウォーターで、お米を炊いていませんか?

お米を洗うときから、もうすでにお米に水分は吸収されているのですよ!

その吸収された水分は、ぬけることはないのですよ!

つまり、全ての生活全体のお水をナチュラルなお水にする事が
望ましいと思うのです。

我々の身の回りの殆どは水分で構成されているのですから・・・・

良いお水をからだが自然と追い求めているのですね。

 

最近のお盆を考えてみると

お盆と言えばお墓参りやご先祖様を敬う大切な時期、
おそらく、先祖伝来日本人は、お盆を大切にしていた。

盆と正月くらいは、生まれ故郷に帰り、ご先祖様に感謝申し上げると・・・

・・・家が益々栄えることを喜び願い、感謝する時でもある。

それは、我々日本人の心の奥深くに刻み込まれている
DNAの一部と言っても過言ではないだろう?

つまり、我々日本人にとってとても大切な日でもあるのだ、
最近では様々な考え方の方や、宗旨替えをされた方々もいることだろうが、
先祖伝来の長い歴史を考えてみると、
我々の心の奥底には、先祖を敬うDNAが確かに存在していることだろう。

お盆と正月は全ての日本人にとって、とても大切な特別な日であるのだ。

それは、先祖を敬い、子孫繁栄、未来永劫益々栄えることへの感謝の日でもある。

そのため、昔は、お盆やお正月はお店が休みの所が殆どであった。

デパートでさえ、お盆と正月はお休みだったし、八百屋や飲食店も休んでいたものだ。

お盆に店を開けていると・・・・えっお盆に店を?と逆に変わった店と思われてしまうほど、
お盆と正月は、どこに行ってもお休みと言うのが昔の人の常識でもあったし、
お盆と正月くらいは、従業員にお休みを与えなければと、
日ごろから休みなく働かせているお店でも、
遠方のお里に行けるだけの休みの日を設けていたものだ。

今でも、田舎に行くと、
お盆と正月何処のお店もお休みで、ガソリンスタンドまで・・・・・・
とても困ることになる方もいる。

今では、お盆を休まずに営業するお店が増えてきたし、
サービス業では殆どが休まずに営業している。

その感覚で、田舎に行くと失敗するのである。

と言う事は、田舎の方がお盆やお正月を大切にしているという事なのだろうか?

とにもかくにも、
お盆とお正月は、我々にとって特別な日であることには違いないのだ。

と・・・・物凄く前置きが長くなった。

私のこのお店だが、
昨年は、お盆は休まずに営業していた。

しかし、お盆の始めと終わりは混んでいたが、
お盆の真っただ中は、さすがお盆と言ったように、しーんと静まりかえった日々が続き、
お盆が終わった時から、猫の手も借りたいような忙しさであった。

そのことも踏まえ、今回のお盆は、
13日・14日・15日・16日とお休みを頂き、
先祖伝来のDNAに逆らわずに、行動することとなった次第である。

それと、誠に申し訳ございませんが、12日は、お料理が完売と同時に閉店します。

お盆のお話はここまで・・・・・

今までのお話の内容とは全く違いますが、試験的にではありますが、
携帯電話用のホームページを作ってみました。

http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/takanokanazawa/

 

・・・・臨時休業のお知らせ・・・・

8月12日(木)は、
金沢に台風通過につき
臨時休業とさせて頂きます。

お盆休みは、13日、14日、15日、16日の4日間です。

 

本日、8月17日(火)から普通どおり営業しています!

お盆休みも終わり、
本日から、平常営業です。

お待ちたしております!

 

セミナーのご案内!

※ 第1回 スピリチュアル心理学セミナー受付中!

心の束縛を解いてもっとハートで生きてみませんか?
自分が変わると世界が変わります

内容は特定の宗教や団体とは一切無関係ですので、
お気軽に、安心して受講いただけます。
マクロビオティックのヘルシー・ランチつきです。

おせち予約受付開始!

たかの おせち料理の写真を公開中!予約受付開始!

  お待たせいたしました。
  毎年好評のたかのオリジナル手作りおせち!
  おせちの予約受け付け開始いたします。

  おせちのページ

 

まだ早い?おせちの予約開始しました!

気の早いこと早いこと・・・・・
お盆が終わって・・もう? おせちの予約を開始したのです!

でも考えてみれば、今年も残りわずかなのですね。

後、3か月で師走を迎えるんです。

早いですね、時の流れは容赦なく速度を速めて行くようです。

さすがに、まだ予約をした人はいないだろうな〜と思う人もいるかも知れませんが、
数名の予約をもうすでに受け付けているのです。

師走になるにつれて予約は増えて行くのですが、
今年も心をこめてお作りいたします!

 

セミナーの再開!

マクロビオティックと様々な健康法から考えるセミナーの講師をされていた
菅波亮介先生(カリフォルニア州アーバイン市在住。)が、来月9月に、数週間
一時帰国されるのです。

それに伴い、セミナーをして頂ける事となりました。

今回して頂けるのは、スピリチュアル心理学セミナーです。

最近は何か・・・神がかったと言うか?占いみたいな?・・・や・・・霊媒師まがいの?・・
あやしい
スピリチュアルを元にした、セラピーが流行っていますが、
それとはまったくレベルが違うそうなんですよ。

今日本で流行っているあやしいスピリチュアルを
元にしたものではなく、ア
メリカの大学で、教えられている
最先端のスピリチュアル心理学を元にしているそうです。

なにせ、アメリカでは、大学でスピリチュアル心理学と言う学びの場が設けられているほど、
進んでいるのだとか?

つまり、心理学なのですね・・・それは学問なのだとか?

難しいので私はわかりませんが・・・・
宗教的な神がかったものとは一切関係ないとのことで・・・
私も一安心!

そう言えば、日本ではまだまだだけれど、
海外のドラマなんかを見ていたりすると・・・・・
気軽に、セラピーを受けているシーンが出てきますよね。

夫婦で行ってみたり・・・・一人で行ってみたり・・・・友達と行ってみたり・・・・

心のケアってのは大切なもので、病は気からとも言いますし、
心のきれいな人は、元気で美しいのは当たり前のようで・・・・・

興味のある方は、どうぞ!気軽に参加ください!

 

すこやかに!すこやかに!

店をオープンする前、10年前だったか?

国内外で活躍されていたマクロビオティックの先生と個人的に出会う事が出来て、
お話をお聞きしたことがあるのですが、
その時に、
海外のセレブは、日本のセレブよりも食はシンプルなのですとお聞きしたものです。

日本のセレブは、やれこの店のこれが美味しいと・・・
グルメに走る傾向にありますが、
海外のセレブの求めるものは、健康に良い食事スタイルなのです。

彼らは、地位もお金も既に手に入れています。

彼らにとって、すこやかに生活できると言う事が一番なのですよ。

それを聞いて、そうだなーと思いました。

お金も地位もある・・・おそらく手に入らないものはこの良いにないくらいの大物。

しかし、そんな人でも、病気になったりすれば、なにも出来なくなる。

苦しんで苦しんで、余生をすごさなければいけなくなるかもしれない。

だから・・・・健康にはすごく力を注いでいる。

日本のセレブ・・・・美味しい物いっぱい食べて、からだを痛めて、
多額の医療費を払い診てもらって・・・・それでもすこやかな生活には程遠い・・・・

それは、10年前のこと、
今では、日本のセレブでも、健康管理に力を入れる方も相当増えてきている。

シンプルなものに、お金をこれでもかとつぎ込んでいる方も多い・・・

グルメから素食への移行・・・その素食にお金をかけているのだ!

一昔のセレブと現在のセレブではお金の使い方が違う。

健康にすこやかに生活したいと願うセレブは、グルメには走らない傾向にある。

逆に、我々庶民はと言うと・・・・
お肉だお肉だ・・・・マグロだマグロだ・・・・グルメに走る。

病人はあふれ・・・医療費も大変な事に・・・

庶民よりもセレブの方が、シンプルな食事のスタイル・生活スタイルを好むようになっている。

からだは、食と水と心で形成されている。

良い食事を選び!

良い水を選ぶ!

そして、健康な心を持つ!

最後のこの心のケアが一番難しい、
病は気からと言うように、心の持ち方次第で、良い食事を選び良い水を選んでも、
それを最大限に生かすことは出来ない。

気持ち次第で大きく差が付いてしまう。

でも、心は、これは難しい・・・・

この心のケアがスムーズに出来るかできないかによって相当違うのだと思う。

その少しでものヒントにと、9月のセミナーを利用頂けたら良いと思う。

このストレスに溺れるほどの時代に、
心の自己管理は、常に大切であるとここに思う。

世の中には、何にも動じない心臓に毛の生えたような人もいる。

でも、殆どの人は、物凄くデリケートな優しい心を持っている人が多い。

心の癒しを必要としているのです。

只今、セミナーの予約受付中です!

 

久しぶりの書き込み

ここの落書帳に書き込むのも久しぶりです。

お盆が終わってから、セミナーの準備とかで、忙しかったんです。

以前からセミナーをして頂いている菅波先生。

菅波亮介(1級心理カウンセラー 植物食コンサルタント)

金沢市生まれ。
上智大学外国語学部英語学科卒。
マサチューセッツ大学音楽修士。
金沢大学教育学部元非常勤講師。
日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー。
クシ・インスティテュートにて
マクロビオティックのプロ養成講座レベルIIIを修了。
様々な菜食を実践研究し、文明病を作らない食文化を提唱。
ライフスタイル医療の第一人者マクドゥーガル医師やグレガー医師、
栄養生化学のキャンベル博士、栄養士のデーヴィス女史の講義を受ける。
バイロン・ケイティのスクール卒業。
苦しみを愛と智慧に変える様々な方法を実践して、人々に紹介している。
現在サンタモニカ大学スピリチュアル心理学修士課程に在籍。
カリフォルニア州アーバイン市在住。

数週間、帰国されることとなり、セミナー開催が急に決まったのです。

上記のプロフィールの通り、
菅波さんは、マクロビオティックを含む様々な健康法・実践法を研究されており、
指導出来る方です。

現在は、その研究を継続しつつ、
病気は気から、心理学の方面からも学ばれています。

どんなに素晴らしい、マクロビオテイックや様々な健康法の実践者や指導者でも、
様々なストレスから、病にならないとは言い切れません。

事実、病に倒れた指導者・先生の方々もいます。

では?なぜ そのような災いにあわれたのでしょう?

病気は気からと言うように、
様々なストレスから、からだに無理をされていたのでは、無いでしょうか?

心のケアは非常に大切なものであることを、
どなたでもわかっているのですが、どうそれを解消していくのか?

巷では、神秘的な宗教的なものばかりで、信憑性も無く、
これといったものがなかなかありません。

菅波先生は、
早くから、その気(心)のケアも、大切であると確信されていたのでした。

そこで、今、心理学の研究もされているのです。

完璧に近く、健康法を実践されていても、己の心を常に健康に保たれなければ、
その効果には、個人差がありすぎる事実を皆が知っています。

尊敬される健康指導者でも長期の実践者でも、
人は誰でも、完璧な心を宿してはいません。

時に悩み、時に羨み、時に怒り、時に妬み、・・・・完璧な紳士淑女は存在しません。

今回の菅波先生のセミナーに参加してみませんか?

マクロビオテイックを含む様々な健康法を実践している方々でも、
この心の問題はとても重要なものであると思うのです。

菅波先生は、マクロビオテイックを含む様々な健康法を教えられる方です。

セミナー

 

あつい・・・あつい

店の中は、冷やし過ぎず、熱すぎず、からだに負担にならない温度に設定しています。

しかし、一歩、部屋から出ると、あつい・・あつい。

蒸し風呂・・・サウナ?

お盆が終わり、9月になっても、まだ外は、30度以上!異常な気温です。

本来なら、大根の種をまく時期なのですが、
こんなに暑いと種もまけないし、まいたところで、だめなのはわかっているのです。

まくべき気温には、到底ならない・・・・時期をずらしても良いけれど、
北陸は、急に寒くなりかねないのです。

異常な暑さに、野菜も心配ですが・・・・
元気な野菜だから、この暑さに負けずに育ってくれることでしょう!

と言う事で、今年の夏はとても暑かったですね。

熱中症になった方も大勢いたようです。

私たち家族は、
普段から使っているお水に救われて、なんとかこの暑い時期を乗り越えています。

良いお水に救われているんですね。

普段、外に出る時も、お水を水筒に入れて持って行くんです。

良いお水は、違和感なく・・すーと、からだになじんで行くのがわかります。

浸透率がよいからでしょう?

まだ残暑、猛暑が続く中、このお水の恵みに力を頂いて、頑張るぞ!と・・・

 

水はイノチをつなぐもの

ここの落書帳を前から読まれている方はわかるともうけれど、
私は、水に関しては食にもまして、こだわりをもっているのです。

なぜなら、どんなに素晴らしい食材をかき集めてきても、
最高の水環境がそこに無ければ、全てが無になるからです。

例えば、
手作り豆腐を作るとしましょう。

これほど良い豆はないと言う幻の豆を手に入れ、
天然の良きにがりを手に入れて、
機械に頼らず、全て手作業で作るとしましょうか?

例えばの話です。(因みに私は、豆腐はプロの方にお願いしています。)

その時に使う水が、最高の物を使った場合と、
そこらへんの水を使った場合とでは、出来上がりがかなり違ってくるのです。

極端な言い方をすれば、
泥水を使った豆腐と天然水を使った豆腐では、
どちらが人にとって優しく美味しい豆腐か?と言う事です。

泥水とは言いすぎかもしれませんが、
水道水そのままでは、様々なケミカルが混ざって出てきます。

水道水は、我々を伝染病から守るために、塩素が添加されています。

また、長い水道管を流れて来るうちに様々な有害な不純物も混ざってきます。

本来の水の力も異質なものに変化していきます。

天然名水には、塩素も有害な不純物も含まれません。

お酒作りでも豆腐作りでも、水一つで物凄い差が生まれてしまうのは、常識です。

昔から、豆腐屋、酒屋は、良いお水が湧き出す地を求めるのです。

有名な美味しい、お豆腐屋さんや、
醸造所は、素晴らしいお水を持っている場合が多いのもわかります。

料理屋もそうです。

水一つで美味しさが物凄く変わることは、料理人はいつでも認識しています。

素晴らしい水を追い求めて、昔の人は、店を構えていました。

水は美味しさを左右する以外にも、私たちの命をつなぐものです。

水が無ければ、細胞の一つ一つに栄養を運ぶことは出来ません。

からだに必要のなくなった老廃物をからだの外に出してくれるのもお水の力です。

我々生き物は、からだの大部分が水でできていて、
水が歩いているような物なのです。

その水を最高のものにしてあげることは、常識であるとも思います。

それは、
この前にも豆腐の例をあげて書きましたが、極端な例をあげて言うならば、
泥水でできた身体と天然水でできた身体との違い。

素晴らしい遺伝子を持った人でも、
水の選択一つで、大きく差が開いてしまうと思うのです。

それは、
どんなに素晴らしい食材をかき集めてきても、
最高の水環境がそこに無ければ、全てが無になることと、どこか似ています。

無添加の物を求める人は多く、無農薬の野菜を選ぶ人も増えてきました。

しかし、肝心のお水が添加物にまみれ、水そのものの力が弱くなっていることに、
気がつかない方も多いのです。

身体の大部分はお水、調理するのもお水が多く必要です。

生物には、水のない生活なんて考えられません。

だから生き物は、本能的に良いお水を昔から追い求めているのだとも思うのです。

昨日、
一人のお客様にご来店頂いた時です。

その方は、私のお店のお水を一口飲んだ時に、
「この水は、まろやかで、美味しい!」と声をあげられたのです。

その客様は、お水の良し悪しがわかる方で、一口飲んだだけでも、わかるそうなのです。

「身体の中にすーと自然になじんで行く・・・すばらしいお水ですね!」

「この水は、水道水ではないでしょう?」

そこで、私はお水のこだわりをお話しいたしました。

私のお店に来る殆どのお客様は、私の使っているお水が美味しいと言ってくれます。

それは、思うに、
生き物は、本能的に良いお水を昔から追い求めているのだとも思うのです。

身体が無意識のうちに、良いお水を追い求める!

このナチュラライザーのお水に感謝して、毎日を生かされている今日この頃です。

 

9月18日と19日に企画している健康セミナー

まだ余裕で受講頂けます!予約受付中です!

このセミナーは、
「マクロビオティックと様々な健康法から考えるセミナー」シリーズです。

今回は、メンタル的な面が主体のセミナーになっています。

病気は気から・・・・内面からも外面からも美しくすこやかに日常をすごすには、
ストレスにどう対応していくかを学ばなければ難しい面もあります。

様々なストレスに我々は囲まれています。

講師の先生、菅波先生は、カリフォルニア州アーバイン市在住。

今回のセミナーが終了後、アメリカに帰られます。

このまたとない機会に、心と体をすこやかに保つ方法を学んでみませんか?

菅波亮介(1級心理カウンセラー 植物食コンサルタント)

金沢市生まれ。
上智大学外国語学部英語学科卒。
マサチューセッツ大学音楽修士。
金沢大学教育学部元非常勤講師。
日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー。
クシ・インスティテュートにて
マクロビオティックのプロ養成講座レベルIIIを修了。
様々な菜食を実践研究し、文明病を作らない食文化を提唱。
ライフスタイル医療の第一人者マクドゥーガル医師やグレガー医師、
栄養生化学のキャンベル博士、栄養士のデーヴィス女史の講義を受ける。
バイロン・ケイティのスクール卒業。
苦しみを愛と智慧に変える様々な方法を実践して、人々に紹介している。
現在サンタモニカ大学スピリチュアル心理学修士課程に在籍。
カリフォルニア州アーバイン市在住。

セミナー紹介ページ

 

浄水器の選び方

には様々な物が出ています。

皆さん迷われるのですが、良く聞かれるので、ここに書いてみましょう。

まず、浄水器と磁気活水器の違い・・・
それと私がお勧めしているナチュラライザー煌水(浄活水器)の違いとは?

ナチュラライザー煌水は、浄活水器から生み出されます。

浄水器だけでは、
水をろ過するだけで水本来の力を甦らすことは難しいのです。

磁気活水器だけでは、
磁気を発生させてその中を水を通すことにより、
水の分子(クラスター)を整え水がまろやかに
なりますが、トリハロメタンや塩素などは除去出来ず、
浄水能力はとても低く、悪い物はろ過されずにそのまま出てきます。

では、ナチュラライザーの浄活水器では、
浄水能力は優れ、活水能力も優れた水が出てきます。

大きな視野で全体を見て、かたよることなく、
天然名水に近いお水を追い求めて作られているのです。

ですので、
浄活水器をお求めになることをお勧めしているのです。

ナチュラライザー煌(浄活水器)を
           自信をもってお勧めいたします。

 

アレルギーの多様化

私のお店では、数年前まで、アレルギーの方にも食事を楽しんで頂きたいと言う事から、
出来る範囲内で事前に予約頂いた場合に除去食を提供してきました。

しかし、近年、アレルギーの多様化から、
アレルギーを引き起こす物が多岐にわたる事から、
除去食が難しい物もあり、店メニュー以外に独自に一から作らなければいけないことと、
食材等の取り寄せが必要なものもあることから、
アレルギーの種類によってはお断りすることも多くなってきました。

マクロビオテイックの食事法や様々な健康的な食事法は、
除去食を目的として形成されてきた物ではなく、
少しでもからだに良い物を大きな視野でバランス良く考えて食すと言う事が基本となり、
形成されてきたものであり、元々、除去食ではないのです。

しかし、厳格なマクロビオティックの場合は、
動物性の物(肉類全般・魚介類全般・ミルク類全般・玉子類全般、
及びそれらにより作られる発酵食品や加工品)は、だし汁やブイヨンに至るまで一切使わず、
お砂糖や科学的な合成された添加物いっぱいの食材も使いませんので、
それらに、アレルギーを持った方々にとっては、救いの食事法ともいえます。

近年、昔には信じられない物まで、アレルギーに苦しんでおられる方々がいます。

一般に健康に良く、健康を維持するのに欠かせない物まで、
食べれない方々が増えてきています。

酵母にアレルギー反応が出る方からお問い合わせを頂いた事があります。

天然醸造のお醤油やお酢やお味噌などの
自然の酵母にもアレルギーを出されるとのことで、
加熱処理されたものでも駄目であり、いかなる酵母でも避けるとのことであり、
その他にもアレルギーを出される食材が多岐にわたり、
当店では、天然醸造の調味料を使ったお料理が多く、
その旨お伝えいたしました。

酵母アレルギーは、初耳であり、そこまで深刻な状態になってきているのかと、
驚きと、そして、それに戦っている方々の苦痛に胸を撃たれました。

しかし、私のお店は、マクロビオテイック主体のお店であり、
そのお料理と並行して、酵母除去のお料理は時間帯的に難しく、
お断りしたのでした。

このように、一昔とは違い、
アレルギーが多様化しているようです。

おそらく、どのような食べ物でもアレルギーが無いものと言うものは無いほど、
苦しんでいる方々がいるのです。

そのことから、私のお店では、お客様のことを考えて、
除去に難しい物、手がかかるものについては、お断りしているのです。

アレルギーに悩まれている方には、
アレルギーの無い物なんてこの世の中にないのかもしれません。

でも、身体にやさしいお水だけは、大丈夫なのではないでしょうか?

今の所、身体にやさしいお水でアレルギーが出る人はいないでしょう?

少しでも良いお水やさしいお水と、
私の所には、ナチュラライザーのお問い合わせが多くあるのもうなずけます。

でも、この多様化しているアレルギーですので、
いつの日にか、身体にやさしいお水にもアレルギーを出される方も出てくるかもしれません。

お水が無ければ、生き物は生きてゆけません。

お水を身体に取り入れられないと言う事は、大変な事です。

そのような事にならないことを願って、
アレルギーの多様化がストップすることを願うばかりです。

特に、おなかに命を宿す前から、
生活習慣や食習慣を改善されて、
少しでもすこやかなる体内環境で命をはぐくんで頂きたいとも願います。

 

植物性100%ミルクを使わないアイス!

新たに、店で好評のたかのオリジナル、
ミルクを使わない植物性100%のアイスクリームの品数を増やしました。

◆ 梅のアイスクリーム
◆ かぼちゃのアイスクリーム
◆ ぶどうのアイスクリーム 
◆ アセロラのアイスクリーム
◆ ブルーベリーといちごのアイスクリーム
◆ ヨウサイ(季節の菜っ葉)のアイスクリーム

合計6種類の手作りアイスクリームです。

実際には、ミルクや動物性の物は一切使っていないため、
アイスクリームとは言えないかも知れませんが、
市販のアイスクリームと比べてもアイスそのものと言う食感と食味で、
植物性100%とと聞いてお客様も驚かれるほどの完成度です。

植物性100%とと言うと、シャーベットのようになったり、
コクが無かったりしますが、ミルクを使ったアイスクリームに、
負けないように、研究を重ねて、完成させたのです。

6番目にヨウサイと書いてありますが、巷では「クウシンサイ」とか「エンサイ」と
呼ばれている菜っ葉です。
「クウシンサイ」「エンサイ」の表記は、商標登録している企業がすでにあり、
その表記を許可なく公に使う事は禁止されているために、
もうひとつの呼び名「ヨウサイ」と表記しています。

最近では、スーパーマーケットなどで、
「クウシンサイ」「エンサイ」と表記されていたものが、
「ヨウサイ」やアジア諸国の発音に換えて表記されているのは、
「クウシンサイ」「エンサイ」が、商標登録されていたためです。

それも、10年前位に商標登録していた企業があったのが、
ごく最近、あることから急に知られるようになり、
世間一般に浸透している名前だったので、今、とても混乱している状態のようで、
突然、「クウシンサイ」「エンサイ」との名前から、
「ヨウサイ」やアジア諸国の発音に換えて表記される所が増えてきたのです。

当店では、その野菜を「ヨウサイ」と表記しています。

 

気を張らずにお家にいるように
ほんわかと食べれるお店であり続けたい・・・・

私の店には、アーテイストの方々やタレントの方々もお見えになります。

しかし、サインを求めたりは一切しない方針なのです。

アスリートの方々が来られても、騒いだりはしないんですね。

ごく普通に、接して、お料理をお出しいたします。

特別なサービスも一切しませんし、普段通りなんです。

それは、私のお店は住宅地の真ん中に位置し、
大通りや、繁華街にあるお店のように、お店があるから入ってみよう!なんて感じの
お客様は来られないのですね。

殆ど、私のお店に来たい方だけが来られるのです。

つまり、目的を持って、私のお店を選んで頂いたお客様が殆どです。

どんなお客様にご来店頂いても、みんな同じ料理で、
ゆっくりと落ち着いてお召し上がりいただきたいのです。

有名な方が来られても、サインを求めたり、騒いだりは一切しないのですね。

取材に来られたアナウンサーの方々には、
記念に色紙を書いて頂いてはいますが・・・・

良く、コンサートの会場まで、お弁当の配達も致しましたが、
お弁当の内容も普段通りなんです。

そうですね。

喉の健康を考えてか?とろろ芋をご要望の方とか、
ジャガイモが好きなので、ジャガイモ料理を入れてくださいと
マネージャーの方からご注文があるくらいで、殆どいつものお弁当の内容なのです。

気を張らずにお家にいるように
ほんわかと食べれるお店であり続けたいのですね。

そんな特別扱いしないお店なので、
お帰りなる時は、皆さん笑顔でお帰りになられるわけです。

それに、使っているお水が良いから、お料理を食べると、
皆さん心と体が安らぐんだと思います。

お水はとても大切なものであり、全ての基本なのですね。

どんなに良い食材を集めてきても、
良いお水が無いとそれが全て無意味なものになってしまうんです。

食に癒されて水に癒されて・・・・
お店に来られる全ての方に安らぎと平和とすこやかな日々がありますように・・・・

ほんわかと心がなごむお料理であり続けたいものです。

 

今日は、17日!明日はセミナー

今日、17日(金)の閉店時間まで、セミナーの予約は受け付けています。

明日は、土曜日で通常営業です。

セミナーを受講される方は、お店の2階で行います。

お食事に来られる方は、1階でご用意いたします。

つまり、普段と変わらない営業ですので、お気軽にお食事に来てくださいね。

 

セミナーが終了

土曜日、日曜日とお店の2階でセミナーが開催されました。

とても喜んで頂いたみたいで、嬉しく思います。

私は、マクロビオティックのランチを担当。

土日と、料理が重ならないように配慮しました。

セミナーで用意したランチは、ヘルシーセット(1000円)です。

内容は、一部基本食は重複していますが、

18日(土)のセミナーランチ(ヘルシーセット 1000円)

動物性食材一切使用しておりません。
(肉類・魚介類・玉子・乳製品・・・・)
白砂糖・化学調味料・保存料等一切使っておりません。

・ コールラビの卯の花寿司
・ きんぴらごぼう
・ ヒジキ煮
・ 切干大根煮
・ 雑穀南京煮
・ 冬瓜煮
・ 茄子寒天寄せ
・ つるむらさきの胡麻和え
・ ひえ南京
・ ゴーヤのチャンプル
・ 切干大根の豆腐マヨネーズ和え
・ 大豆グルテンの唐揚げ
・ サラダ
・ イセヒカリ発芽玄米ご飯 古代米入り
・ 味噌汁 自家製6年味噌
・ 漬物 冬瓜昆布〆すき昆布酢
三年番茶

19日(日)のセミナーランチ(ヘルシーセット 1000円)

動物性食材一切使用しておりません。
(肉類・魚介類・玉子・乳製品・・・・)
白砂糖・化学調味料・保存料等一切使っておりません。

・ くうしんさいの雑穀ペンネ炒め
・ コールラビの卯の花寿司
・ きんぴらごぼう
・ ヒジキ煮
・ 切干大根煮
・ 雑穀小豆かぼちゃ
・ 冬瓜豆腐
・ 胡麻豆腐
・ ブロッコリー佃煮寒天寄せ
・ かぼちゃと雑穀で作ったハムもどき
・ 金時草の酢の物
・ 切干大根の豆腐マヨネーズ和え
・ 豆腐雑穀ハンバーグ
・ サラダ
・ イセヒカリ発芽玄米ご飯 古代米入り
・ 味噌汁 自家製6年味噌
・ 漬物 冬瓜昆布〆すき昆布酢
三年番茶

このような内容で、ご用意しました。

今回セミナーをして頂いた講師の菅波さんは、
すぐに、アメリカに帰られます。

向こうに帰られても、電話やスカイプによる
カウンセリング(個人指導)をされています。

ご興味のある方は、
ここのホームページのセミナーのページのリンクをお開き下さい。

 


20日(月)敬老の日は、営業しています!

通常お店のお休みは、日曜日です。

普段、日曜日がお休みの方も、今週は祝日は全て営業していますので、
お気軽に、ご来店頂ければ、幸いです。

からだにやさしいお料理でお待ち致しております。

そして、23日(木)秋分の日も営業しているのです。

当店は、赤ちゃんからご年配の方まで、隔たりなくご利用が可能な
ほんわかとした家庭的な空間のお店です。

特別な正装は、必要ありません。

普段着でお気軽にご利用頂けます。

 

ようやく涼しくなってきました。

少し前まで、物凄い猛暑であった金沢も、
とても涼しくなってきました。

この暑さが続いたら、畑の野菜たちはどうなっていたことか?

一安心です。

そうそう・・・
普段から使いたかった京人参!

うちの畑で毎年、挑戦するのだけれど、
葉っぱばかりがでかくなって、だめなんですね。

京人参は、金沢には、正月前後位にしか流通しないのですね。

と言うか、金沢では、おせちで使う以外、食べる習慣が無いのです。

それを、無農薬の農家の方にお願いして、作ってくれることになったのです。

普通の人参よりも、私は京人参が使いたかったので、
とても満足しているのです。

独特の色と香り・・・・・

今からが楽しみです。

涼しき金沢・・・・

来月からは、ストーブがいるようになるだろうなー

もうすぐ、冬の金沢がやってきます。

 


ここのホームページのアドレスが変わりました。

今までのアドレス
http://mizu4yo9.hp.infoseek.co.jp/ (旧 URL)

新しいアドレス
http://mizu4yo9.web.infoseek.co.jp/
 (新 URL)

ホームページのファイルを置かせて頂いている
WEBスペースが廃止になるので、
新しいWEBスペースに移転しました。

現在は、旧のアドレスから自動的に、
新しいアドレスへ飛んでいる状態ですので、
「お気に入り」や「ブックマーク」に登録されている方は、
新アドレス(新URL)への再登録をお願いします。

新たにウエブスペースに乗り換える際に、
アカウント(mizu4yo9)を(takano)に換えようとも思いましたが、
そのままmizu4yo9を使う事にしました。

http://mizu4yo9.web.infoseek.co.jp/

(mizu4yo9)は、水食の意味。

十数年前に、ホームページを立ち上げた時に、
mizusiyokuでは、インパクトが無いので一部数字に置き換えたのです。

4と9の深い意味合いはありません。

別に縁起の良い数字でもありませんし、ただのごろ合わせなのです。

ですので、ここの今書き込んでいる「落書帳」のページの場合も、

今までの「落書帳トップページ」アドレス
http://mizu4yo9.hp.infoseek.co.jp/new_page_60.htm

新しい「落書帳トップページ」アドレス
http://kiramaki-takkano.com/new_page_60.htm

となります。

「お気に入り」や「ブックマーク」のアドレスの登録変更は簡単です。

今すでにこのページを読んでいる方は、
自動的に新しいアドレスへと飛んで表示されていますので、
この状態で、
「お気に入り」や「ブックマーク」して頂ければ良いのです。

新しいリンク(新しいアドレス:新URL)が「お気に入り」や「ブックマーク」に登録されます。

「お気に入り」や「ブックマーク」に前からある古いアドレスを開くと、
今の所、新しいアドレスへと飛ばしてくれますが、時期が来れば、
そのリンクでは開けなくなります。

このWEBスペースへの切り替えにより、
借りられるスペースが格段に大きくなりましたので、
かなり大きいファイルも置くことが出来るようになりました。

近いうちに、動画や大きな画像も置こうと思っています。

新たなメッセージをお届する事が出来そうです。

とりあえず今のこのページを
「お気に入り」や「ブックマーク」して頂ければ幸いです。

 

からだを冷やさない・・・急激に温めない・・・・
急激な変化に身を投じない・・・・

最近、早朝・・・
救急医療のサイレンが多い・・・

深夜も増えているように思う。

ちょうど季節の変わり目で、金沢もついこないだの熱帯夜とくらべても、
ごく普通の健康的な人にとっては、過ごしやすい気候になってきました。

しかし、冷え性の人なら、ストーブやこたつを出さないと過ごせないような涼しさでもあります。

この時期、体調を崩される方も多いのです。

健康であれば、すぐに順応するのですが、
この前からの熱帯夜や食習慣や生活習慣の不摂生によるエネルギーの衰弱から、
身体を正常に戻そうとする力が薄れているために、
様々な弊害が出てくる時期でもあるようです。

特に、デリケートな女性の方やお年を召した方にはとても辛い季節の変わり目であり、
倦怠感や肩こりや頭痛や冷え・・・・など様々な症状に悩まれる時期でもあるようです。

この時期には、
やはり、急激な温度変化は避けた方が良いと思います。

ゆっくりと身体を順応させて行くことが必要だと思うのです。

涼しくなってきたら、厚着をするとか・・・
暖房器具を使うとか、軽い運動をするとか、
今まで生活してきた身体に対する温度を急激に換えるのではなく、
ゆっくりと順応させていくことがリスクを少しでも軽減できる対策であると思います。

食であれば、体を温めてくれる根菜類を食べてみたり、
大根などは、生で食べても良く噛んで食べれば身体を温めてくれます。

冬に出来る野菜の殆どは身体を温めてくれるのです。

お水をからだにやさしい良いものに換えてみるのもよいでしょう!

このお水は、生命の源と呼ばれているように、
生命を宿すものにとって重要な役割を秘めているのです。

浄水器や活水器よりも、より自然に近い水を使う事の出来る
浄活水器を選ぶことも選択の一つです。

私の場合は、ナチュラライザー煌水を日常生活仕事全てに使っています。

それと、
日常生活においては、急激な変化に身を投じないと言う事が大切だと思います。

身体にストレスをなるべく与えずに、ゆっくりと変化を受け入れることが大切だと思うのです。

例をあげれば、
寒いからと言って、熱々のお風呂にドーッといきなり浸からない。

朝風呂が気持ちいいからと言って、身体がまだ十分機能していない朝の時間に、
暖かいお風呂に入らない。

消化器官の準備がまだなのに、いきなり身体に食べ物や飲み物を入れない。

もう体は休みたいと言っているのに、無理をさせない。

寒いからと言って、スープやシチューや味噌汁などの熱湯を
ふう〜ふう〜して飲んだりしない。

早朝でなくても急激な温度変化に身をと投じるのはとてもリスクが伴います。

寒い所から急に暖かい場所に入るとか、
暖かい所から、急に寒い場所に入るとか、

温度変化だけを例をあげましたが、
全てにおいて、急激な変化に身を投じるのは避けた方が無難なのです。

目に見えない精神面でもそうです。

時として、病んでしまう方も多く、
心身共に一度、病んでしまうと元に戻すのがとても困難を共ないます。

順応には多くのエネルギーを必要とし、時間を必要とします。
多くのリスクを伴うのです。

ここで言うエネルギーとは、カロリー消費の意味ではありません。

エネルギーとは、生きようとする力。

それに使われる要素を示します。

身体を元の正常な状態へと導いてくれるものを示しています。

精神力も免疫を高めてくれる素晴らしい要素ですが、
そのエネルギーは、物理的なものであり、精神的なものを意味していません。

それは、数多くの要素が連携しあい、相互作用して、
私たちの体を正常に機能させています。

無尽蔵にあるものではなく、大切に使わないと行けないものです。

特に、成人以後、
その大切なエネルギーは次第に薄れて行きます。

スムーズに順応できなければ、いろいろな障害に悩まされることとなります。

からだにやさしいもので、ゆっくりとなじませていくことがとても重要であると言う事は、
私たちの体が教えてくれています。

良いも悪いも、
いきなり突然に新しいものに移行することは、身体が追いついて行けないのです。

ゆっくりと・・・あせらずに・・・ほんわかと・・・あんしんして・・・すこやかに!

 

くうしんさいのアイスクリーム大人気!

なぜかこのアイスクリーム大人気です。

昨日は、名古屋からこのアイス目当てに来られた方もいたんです。

ひそかな口コミで・・・・・噂が広まっているようないないような?

では、いざ!

料理作りへ・・・・

 

ここのホームページのURLが新しく変わってから・・・

ここのホームページをリンク頂いている方に、
URLの新旧変更のお知らせを随時しています。

今現在は、旧URLのリンクからでも、新URLにリダイレクトされておりますが、
来年以降時期は未定ですが、リダイレクトのサービスが終了後、
旧のアドレス:URLのリンクからは、ページを開けなくなります。

そのために、リンク頂いている方にお知らせをしているのです。

しかし、
良く調べれば調べるほど、リンク頂いている方のホームページやブログは、
海外も合わせて、数万件にも及ぶようで、
全ての方へご連絡するのは不可能なのです。

そこで、ホームページの各ページの下の方に、
お知らせを書き込んで、新しいURLに変更頂くことを願っているのです。

2010年10月1日以降に、リンク頂いた方は、
もうすでに新しいURLになっていますので、変更は必要ありません。

 

今日は2010年10月16日(土)営業しています。

久しぶりに、書き込んでいます。

ホームページのURLが新しくなってから、
やはり、リンク頂いている方にお知らせをするのが良いと思い、
少しづつですがお知らせをしています。

今の所、旧URLから新URLに飛んで開いていますが、
そのサービスも終われば、転送されなくなりますので、
せっかくリンクを張ってくださっているのに、急にリンク切れになった場合、
ご迷惑をおかけする事となります。

検索エンジンにて調べたところ、国内外のサイト様が、無数に表示され、
一日に50サイト位お知らせして・・・・
今で、500サイトの方へ連絡致しました。

こんなにも沢山の方々に、弊店をリンク頂いていたとは、驚きと感謝に堪えません。

ご紹介頂いていたサイト様の中には、
本来なら有料にてご紹介して頂くタイプのサイト様にもリンク頂いている場合もあり、
お心遣いに心の底から感謝しております。

少しづつではありますが、仕事の合間にご連絡を進めて、
年内には、お知らせも完了する見込みです。

そうそう

お店のお料理もパワーアップさせています。

暖かい物を増やしているのです。

ぜひお立ち寄りください。

 

 

お店にも秋が到来しました。

  

これは何?
と思われる方もいることでしょう?

右側が、お店の畑で採れた大きな冬瓜で、
左側が、お店の中の珈琲の木の珈琲豆です!

案外珈琲の豆って可愛いのですよ。

もう秋ですね。

秋と言えば食欲の秋!

いろいろなものが食べたくなる季節です。

 

すこやかな生活スタイルを
始めるのに避けて通れないものとは?

食材?・・・・・

健康的な食材も必要かも知れませんが、
それよりも先に整えなければいけないものがあります。

それは?

そう、水環境です。

それも自然に近く良いお水で無ければ、良い効果は期待できません。

水が最大の基本なのだと実感しています。

極端な事を言うと、
水一つで大きく違いが生ずると言う事です。

どんなに良い食材を集めてきても、健康的な生活に力を入れていても、
水にこだわらなければ全てが無になると思うのです。

実際に普段生活していて、
店で料理を作っていて、これだけは確実に思います。

水の良し悪しで全てが変わることを・・・・・

日常の水環境を整えることがもっとも大切なのです。

水を整えてやっとスタートラインにつけます。

まず、良いお水を贅沢に使える環境を整えます。

でも、巷には様々な情報が飛び交い、
どうすれば良いのか皆さん悩まれるようです。

中には、お水を汲みに行かれる方もいます。

例えば湧水であったり、井戸水であったり、
あるいは、スーパーマーケットの只でもらえるお水であったり、
しかし、それが全て良い水とは限らないのです。

湧水?・・・・硬水ならば避けます。
我々日本人は先祖伝来、軟水で食生活を営んできました。

日本料理は軟水から生み出された食文化です。

我々日本人にとって、軟水が最も身体にやさしいと考えられます。

井戸水?最近井戸水の汚染が深刻です。

こまめに水質検査をしなければ安全とは言えません。

スパーマーケットなどで、ただでもらえるお水もありますが、
素晴らしいお水もあるかも知れませんが、
なかには、磁気活水だけのお水の場合もあり、
さらには、自宅で直接備え付ける浄水器よりも浄水能力に乏しい水もあるのです。

それに、もらってくるお水は、お料理の下ごしらえから全て使えるだけの水量がありません。

生活全てに使えるほどの水量が望めません。

お水の環境を整えると言う事は、日常生活全ての水環境を整えて、
その優れたお水だけで生活を継続していくと言う事です。

様々な装置を使ってお水を自然に近いお水に変えるわけですが、
それにもいくつかの問題があります。

例えば、活水器と浄水器の違いがわからない方や混同している方もいます。

磁気活水器は、ろ過能力が乏しい半面、カートリッジ内を洗浄しなくても、
強力な磁場を水にあたえることにより、水の分子は整い、
まろやかな水にする事が可能ですが、それを言いかえれば、
まったく悪い物はろ過されないでそのまま出てきますよ!と言う事なのです。

http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20080820_1.html

では、今考えられる推奨する方法は何でしょうか?

と考えた時に、台所に、浄活水器をつけることが得策だと思うのです。

つまり、

浄水器と活水器の両方の特性を兼ね備えたお水が理想的だと思います。

事実、私も日常生活全てに、レストランで、
水道水をそのまま使うのではなく、全て浄活水器でろ過して使っています。

優れた浄活水器は、浄水器よりもしっかりとした値段がしますが、
良い水環境を得るには、仕方のないことだと思っています。

良きお水を選ぶと言う事は、私は、日常の生活を営む上で、
マクロビオテイック・自然食の料理を作る上で、
避けては通れない選択でありました。

まず水を改善する事が一番なのです。

水を換えるだけでこんなに違うのかと身体が教えてくれる方々も多いでしょう?

水はまさしく生命の源なのですから・・・・

まず最初に、水環境を整えて、そして・・・スタートが出来るものと
実体験を通して強く思うのです。

 

日曜日

今日は日曜日、お店の定休日です。

朝、お弁当の予約があり、
日曜日でもスケジュールが空いていればお弁当やオードブルをお作りしているんです。

今日のお弁当は、私のお店で使わせて頂いている、
「イセヒカリ玄米」エコファームオクノさんの稲刈り体験のお弁当でした。

奥野さんは、毎年、田植え体験と稲刈り体験のイベントを
一般の方へ開放しているのです。

今日はその稲刈り体験をされる方のお弁当をお作りしたのでした。

農薬のお米よりも無農薬のお米の場合、稲刈りの時期はすこし後になるのです。

お店のお米も、新米に切り替わります。

 

金沢も冬支度

今日は、朝から非常に寒い!

今日2010年10月26日(火)店にストーブを出しました。

先程から、試運転中!

後・・・自宅では、こたつを出して、ストーブを出して、
パソコンを置いている3畳ほどの今座っている事務所兼、私の部屋にも
電気ストーブを・・・・

わたしの今ここでの作業空間は、3畳部屋。

四隅全て天井まで本棚で、本と資料がぎっしり、
そこにパソコンとプリンターなどが置いてあるので、
残り1畳ほどの空間に座っているのです。

唯一物が置いてないのは、窓と入り口くらい。

だから、手が全てに届くような感じで、
しかし、ゴミ屋敷のようなゴミの中に座っているような感じで無く、
狭いスペースながらも整理整頓が行き届いているそう言う部屋です。

つまり、宇宙船やロケットの中の操縦席のような感じの部屋になっているのです。

元々は、食材倉庫にでもしようと作ったのですが、
それには部屋が狭すぎる中途半端な面積、
事務が出来る部屋が無かったので、その狭いスペースを
使うことにしたのでした。

灯油のストーブでは狭いスペース危ないし、
一酸化炭素なんかも心配!そこで、電気ストーブを置いたのです。

まだ雪は降りませんが、(毎年本格的に降ってくるのは正月前後から)
少しづつ冬仕度の準備へと気忙しく雪国、北陸の時間は流れて行きます。

 

受験

私の店のお客様の中には、お子様が受験生の方も多いのです。

特に、お父様よりもお母様の方が、
気忙しく、そして、出来る限りの愛情をお子様にむけられています。

お正月も帰省せずに、お子様を見守られる方も多くいます。

しかし、
日本古来からの季節感や慣習はとても大切であり、
体内のカレンダーの乱れを整えてくれるようにも思います。

一日中、勉学に励む合間にも、遠出はで出来なくても、
花見の時期には、桜を見に行ったり、
紅葉の時期には、紅葉狩りに行ったり、することは大切だと思います。

ご近所に公園があれば、桜があるでしょうし、
紅葉になる木々もあることでしょう?

そのちょっとした季節感が脳を休め癒しの効果を発揮してくれることでしょう?

この季節感、風情を楽しむのは、
日本人の大昔からの文化の一つです。

外国人の殆どには、このような文化はありません。

最近、その癒しの効果に注目もされて、
一部の外国の方も、日本的な季節感を学ばれている方も増えてきているようです。

受験を控えて、帰省は出来なくても、
おせち料理やお雑煮を用意されることも、風情を上手に利用できる事だと思います。

ちょっとしたことで、我々日本人の古来からのDNA?

そのちょっとした季節感が脳を休め癒しの効果を発揮してくれる。

日本人は、とても良い文化を持っています。

でも、
おせちを作るにも物凄く手間がかかります。

そして、市販のおせちには、
お砂糖がいっぱい、その砂糖は一時は頭が冴えるのですが、
その後、急激に眠くなります。

良く、長距離を車で走る時に、頭に栄養と甘い砂糖いっぱいの飲み物を飲んでいる方もいますが、
糖分が急激に脳まで上がり、一時は頭が冴えるようですが、
その直後、物凄い睡魔に襲われて、危ない経験をされる方も多くいるのです。

お砂糖いっぱいの食べ物や飲み物は、集中力を妨げます。

それに、身体を酸性化するために、冷えやすくなり、
それを中和するために、身体の中のカルシウムを溶かしてそれに使うために、
ますます、身体が疲れてしまいかねません。

免疫も落ちてきて、風邪などにもかかり易くなってしまいます。

よく、甘い物を差し入れするお母様もいるのですが、
むしろ、お砂糖いっぱいのケーキやジュースやココアや珈琲よりも、
ゆっくりと糖が脳に上がっていく、
うどんなどの麺類・・・・お砂糖を使わないで、麹を発酵させた甘酒・・・
おにぎり・・・・雑炊・・・おじや・・・お粥・・・
日本特有の果物、ミカンやリンゴなどを差し入れされる方が良いように思います。

お正月の季節感を演出するもっとも代表的な食べ物は、おせち料理です。

でも、市販のおせちでは、
リスクが多いようにも思います。

添加物やお砂糖などが、信じられないくらい使われているのです。

でも、それらが使われていないおせちもあるのです。

それは、自然食、ビーガン・マクロビオティックのおせちです。

お近くにも必ずそれを作っているお店があるはずです。

お砂糖や黒砂糖やメープルシロップやてんさい糖も一切使わないおせちがあるはずなんです。

そこを利用できれば、とても安心できると思います。

私のお店にも、
毎年、受験生のいるお母様からご注文が多く寄せられます。

受験生に限らず、日本人特有のわびやさび、
季節感、風情と言うものは、われわれにとても大切なものであると思います。

 

 

心にのこる料理とは?

相当昔に、ラジオを聴いていたときに、
ものすごく有名な料理人の方が出ていて、
その方が言うには「どんなに手の込んだ料理よりも、母親の料理を超える事は出来ない」
と言われていたのを思い出します。

別に手の込んだ料理ではない、
サトイモの煮っ転がしやおひたしや漬物や野菜の炊いたもの・・・・

でも、それを超える料理はいまだ作れないと言われているのでした。

母親が子や家族に与える愛情と言うものは、
とても暖かくそれにかなうものは無いという事なのでしょう?

父親と母親では、子供側から感じる見えない温かみと言うものには、温度差があるそうです。

子に対する子が感じる父親が与える愛情と母親が与える愛情は質が違う。

海外には、それを研究している学者の方もいて、
幼少の頃から、母親の愛情に恵まれた子供とそうでない子供では、
大人になってから、精神的にも人間形成においてもかなりの開きがあるそうなんです。

最近では、母親に代わって、父親が子供を育てるケースも多く、
父親の中には、これでもかと言うように子に愛情を注いでいる方々もいる中でも、
どんなに愛情を注いでも母親にはかなわないそうです。

子にとって母親とは、とても重要な存在であり、
おそらく人類永劫変わらぬものだと言う事らしいのです。

そういえば、霊長類を見てみれば、
子供は母親から離れる事はありませんし、母親も特別な絆で結ばれているようです。

男女関係無く、母親の存在とは父親の存在とは別物で、
「おかあさん」を思う気持ちは、大人になっても変わらないものだそうです。

日本はまだ戦後から数十年しか経っていませんが、
残された戦地からの膨大な手紙からも、お母さんへの思いが感じられます。

いつ戦いの中で命を落とすかも知れないその中でも、
母親の存在はとても尊いものだったのでしょう?

母親の愛は、父親の愛よりも勝る。

子が求める思いは、父親よりも母親への思いが勝る。

どんなに素晴らしい腕前を持った料理人でも、母親の料理を超える事は出来ない。

でも、今は食卓の殆どが既製品であり、
デリバリーであり、母親の手料理と言うものに触れる機会が無いようです。

私の子供は、今は相当大きくなっていますが、
お弁当を持って行くと、友達がよって来るのだと言います。

私の奥さんは、既製品をお弁当に入れずにすべて手作りで、
料理を作って、持たせています。

それが、とてもうらやましく思われるそうなんです。

友達のお弁当はどんなの入っているの?聞くと・・・
自然に溶けて食べれるやつとか、殆ど冷凍食品なんかだそうです。

早朝、調理場で仕事していると、
なんかな〜い?

と、私の奥さんがお弁当に入れる料理を数品持って行く事があります。

私の作る料理は、自然食、玄米菜食の料理、
素朴な飾らない料理です。

私の理想とする料理とは、
大昔のおばあちゃんが作っていたであろう心癒される素朴な和食なのです。

それを形を変えて提供するのが理想なんです。

そんな素朴な料理でも、「おまえの弁当美味しそうだなー」と言われるそうなんです。

でも、お弁当に既製品を盛り込んでも、デリバリーのものを入れてみても、
親父の料理を拝借しても、やはり、最終的に母親が盛り付けたお弁当は、
子にとって、母親からの愛情と言う贈り物に変わりありません。

それならば、何か一つでもいいから、手作りの愛情をお弁当やお料理に
入れてあげていただけたら、素晴らしいのにな〜と思う今日この頃です。

ものすごく有名な料理人の方が出ていて、
その方が言うには「どんなに手の込んだ料理よりも、母親の料理を超える事は出来ない」
と言われていたのを思い出します。

 

おせち

おせちの予約を9月から受け付けているのですが、
11月になってから、常連様からの予約が少しずつではありますが入ってきています。

その多くの方が、「前回美味しかったからまた利用します。」といわれます。

前回美味しくなかったら、今回注文いただけないと思いますが、
毎年、殆どの方がリピーターになっていただいていて、とても嬉しく思っています。

多くの方が言われるのですが、ごく普通の食事をされているご主人や子供さんでも、
食べてくれると言われるのです。

金沢は、マクロビオティックや自然食を愛する人の人口は都会に比べてとても少ないのです。

その中で、生き残るにはごく普通にお肉やお魚を食べている方にも
愛されるお料理でなくてはいけないのです。

私が店を始めた10年前は、
マクロビオティックがまったく知られていませんでした。

特に金沢では、一部の方が数人のグループに分かれて、
玄米菜食をされていたぐらいで、殆どの方が精進料理?お肉ないの?お魚ないの?
と驚かれていた時期です。

まず、お店に来ていただくには、
マクロビオティックの説明をしなければいけない、と言う事で、
ホームページを立ち上げて、こんな料理ですよと説明書きを始めたのが、
このホームページの始まりなのです。

でも、10年前は、まだ一家に一台パソコンという時代には早い時期でありました。

今は、一人に一台と言う時代ですが、当時は、
パソコンを触った事が無い方の方が多かったのです。

そこで、フリーパーパーやタウン情報誌にどれだけ多くの宣伝を依頼した事か?

でも、その効果はまったくありませんでした。

でも、あそこで食べたら、
「便通が良くなった」「身体の調子が良い」と口コミで、噂が、広がっていきました。

でも、やはり、
もともと自然食系の料理が好きな方には良かったのですが、
殆どの方は、普段からお肉三昧のお客様であり、物足りないと思われた方も多かったのです。

たとえ、料理の色合いが綺麗でも、おしゃれに盛り付けていても、
雰囲気が良くても、料理そのものが受け付けられなければ意味が無いことは、
食べ歩いて実感していた時期でありました。

見栄えだけが良い料理よりも、物理的な判断を主とする、
男性にも満足いただける料理でなくては生き残れないと思ったのです。

そこで、
普通の方にも食べていただけて、こだわりを持った
玄米菜食の方にも食べていただける料理をと、
方向を変えたのです。

でも完全に植物性100%であり、マクロビオティックが基本であることに変わりありません。

試行錯誤の結果、今では普通の方にも喜んで頂ける料理を
提供できるようにもなってきました。

おせち料理も、少しずつですが口コミで広がっていきました。

お客様の中には、私のつくるおせち料理とは別に、
簡単な動物性のお惣菜を添えて、お正月楽しまれる方も多いのです。

私のおせちはには、お肉やお魚と同じような食感の料理も、
植物性100%で盛り込んでいますが、お肉がどうしてもないと満足できない方も、
お肉やお魚の料理だけ簡単にご用意されると言う事なのです。

私のおせちには、
お煮しめや黒豆や酢の物などおせちの定番のものが殆ど盛り込まれていますので、
動物性のものが欲しい場合は、ちょっとだけ用意すれば、それでまかなえるそうです。

自然食のおせちで、私が作る内容で、13,500円は、考えられないくらいお得な価格です。

それに、動物性のものを買い足してもおつりが来るくらいお得なのだそうです。

そのようなご利用を頂いている方もいれば、
普段からお肉を欠かせないお客様でも私のおせちとお雑煮で満足頂いている方も多く
ご利用いただいています。

前回ご予約頂いたお客様から先日、うれしいおせちの予約が入ってきました。

自然食に凝っておられて、様々な所から自然食系のおせちを毎年注文するけれど、
ことごとく家族が食べてくれなかったそうです。

でも、私のおせちは食べてくれたと言うことで、
今回も注文しますとの嬉しいご予約が入ってきたのです。

少しでも喜んでいただけることを願って、
来年もお店を開けることを感謝して、
今年も心を込めておせちをお作り致します。

 

暮れになるに連れて多い問い合わせ

今月に入り、私が取り扱っている、
ナチュラライザーの問い合わせが増えてきました。

特に、以前私のお店に食べに来ていただいていた方からのお問い合わせが多いのです。

その時に、お出しした、お水が美味しかったので、
また、お店にもお水に関してのチラシを置いていたので、
思い出していただいたのでしょう?

環境の急激な悪化から水道水を浄水される方が増えてきました。

どうせ付けるならば、良いお水が出るものを付けたい・・・・
多くの方からお問い合わせいただいています。

少しでも、良いお水を使えますように、このご縁に感謝しております。

浄水機の選び方のヒント

 

「たかの」の畑は大根が大豊作!

店の畑は、大根と白菜が大豊作なのです。

料理にも朝採りたての大根や白菜が大活躍です。

朝どりはやはり、パワーが違います。

これから寒くなるにつれて、
甘味もだんだん増してきて、ふろふきにしても蒸してみても、
そのおいしさがじゅわーと広がります。

 

もう今年も残り少なく一月ちょっと

早いもので、もうすぐ師走あっという間の一年です。

師走は気忙しい時期、
大掃除、おせちの準備、今年一年でやり残したものの集大成・・・・・

私は、12月に入るのと同時に、大掃除にとりかかります。

毎日少しづつパーツに分けて掃除していくのです。

理想的には、ほとんどおせちを作る前に終わらせたいのです。

そして、31日の大みそかに、
お客様におせちをお渡し終えてから、仕上げの大掃除に取り掛かり、
年越しまでには掃除を終り、年越しそばを食べて、正月飾りをつけて、
鏡餅を各部屋において、
仏壇と神棚に感謝を申し上げて、家の近くの産土の神社へ初参り・・・・

金沢では、鏡餅は紅白なのです。

最近まで全国共通と思っていたのですが、
金沢特有のものだったのでした。

ですので、市販されている鏡餅も多くの場合紅白なんです。

それと、お仏壇と神棚を置いてある家が殆どなのも、古くからの金沢の特徴です。

今ではさまざまな信仰を持つ方が増えてきていますので、
一概ではありませんが、北陸のこの地では、先祖伝来そうゆう流れが多いのです。

だから、お寺さんも多いし、神社も多い。

初参りなんかものすごく混むのです。

白山の神社に行く道は、毎年、大渋滞になります。

早いもので、もうすぐ師走ですね。

 

なぜ?市販の一般的なおせちは飽きるのか?

ものすごくこだわりを持って作られているおせちでも、
何万円もする高額なおせちでも、飽きてしまう・・・なぜか?

疑問に思う人も多いと思います。

それで、今年こそはと、
違うお店の高額なおせちにチャレンジするわけですが、
結果はいつも同じ・・・やはり飽きてしまうものです。

それはなぜか?

それは、
一般のおせちの内容のほとんどが動物性の素材で出来ているということだと思います。

動物性の食材は、冷めるとほとんどが美味しさを損ないます。

加熱処理された、冷めたお肉や魚介類を食べて気持ちが悪くなる方もいると思います。

それを、美味しくいただくには、
甘い味付け濃い味付けでそれをカバーしなければいけないのです。

それプラス、旨み成分をこれでもかと入れていきます。

作りたてのものをアツアツで食べるのならば良いのですが、
どうしても冷めたものでも美味しく感じられるには、
味にそうとうなインパクトをつけなければいけません。

では、そのようなインパクトをつけたものを、温めなおしたらより美味しくなるのか?

美味しくないのです。

なぜか?冷えて食べれる味付けにしてあるためです。

つまり、素材の味がわからないほど他の調味料に頼る傾向にあるために、
飽きやすいのだとおもいます。

冷えて食べれる佃煮かそぼろのお肉のようなものです。

動物性を美味しくいただくには、
魚介類・肉類に至るまで、温かい料理で食べることが求められます。

動物性の脂分は、冷めるとかたまり、とても美味しいとは言えないのです。

消化にも負担がかかりすぎます。

おせちに飽きるとは、体からの悲鳴なのかもしれません。

植物性100%のおせちがアキが少ないのは、そのような要素もあると思います。

 


たかの手作りの無添加のおせち大好評です!

今年も残りわずかです。

早いもので師走!

気忙しい時期に入ってきました。

早いものです。

通りでは、各家々が冬支度を始めています。

時がより加速度を増して、流れていきます。

こんな大切な時を有効にすごしませんか?

市販のおせちは、保存料や防腐剤や漂白剤や科学的なケミカルがいっぱいです。

そして、動物性の食材が殆どを占めているために、
からだに負担を与えかねません。

縁起物の細工により、最も有効に働く部分も削り落としてしまいますし、
色あい良くと、黄色や緑や赤色の色粉を多用することもあります。

手作りと表示されていても、中に入っている伊達巻やかまぼこや黒豆に至るまで、
既製品惣菜で埋められていることもあるのです。

老舗と称するおせちでも、既製品惣菜が一切ないものを探すのは大変なことです。

ではと、
それを自分で作ったらどうでしょうか?

ものすごい時間と労力が必要になります。

調味料一つでもものすごく高額となり、散財となります。

出汁一つ作るのにも、
化学調味料を一切使わないために、高額な昆布を山のように使わなければ、
良い出汁は出来ません。

それを思えば、
自然食レストランや食堂の手作りおせちを利用することも得策です。

でも、その内容も様々です。

晴れの日の料理として、
動物性のものが多かったり、中には、既製品惣菜を入れている所もあるからです。

私のところでは、動物性のものは一切使いませんし、
既製品惣菜も一切使いません。

詳しくは、このリンクをお開きください。

たかのおせちの予約

 

 

セミナー再開のお知らせと近況報告です!

当店では、講師の先生を招いてのマクロビオティック関連、
代替医療関連のセミナーは、オープン以来お休みにしていましたが、
お店のお客様で、金沢在住で、アメリカのクシ・インスティテュートと
マクロビオティックの世界的指導者・久司道夫氏宅に長期間
滞在し、氏から直接、健康指導者として知識を学び、
広い視野で各国のマクロビオティック以外の健康関連、
代替医療関係の知識も学ぶべく定期的に日本以外の国にも行かれている学者であり、
同時通訳もこなされる方で、ピアニストであり、セラピストでもある金沢大学の講師もされていた
先生をお招きしてのセミナーを4年間にわたり開催致しました。

セミナーも講師の目の届く範囲、20人を定員としています。

講師の先生も、癖のあるカリスマ的な近寄り辛い方ではなく、
明るくほんわかとした気の張らない方ですので、緊張することなく 楽しくセミナーを受けられます。

菅波先生は、「たかの」にとって、お店のオープンからの大切な常連様でもあります。

お店においてある、マクロビオティック料理の英文のメニューも、ご厚意で翻訳いただきました。

講師の菅波先生は、最近までカリフォルニア州アーパイン市に住まわれて、
最新の心理学について学ばれていました。

活動拠点を日本に移されて、現在多くの方の指導にあたられています。

菅波先生は、癖のあるカリスマ的な近寄り辛い方ではありません。

紳士的であり、誰にでも優しく明るく、相談者の立場になって、健康へと導い頂ける方です。

先生と現在、2011年1月開催のセミナーの準備を始めております。

詳細が決まりましたら、このページにてお知らせいたします。

12月に入り、当店の無添加自然食のマクロビオテイックおせちの予約が増えてきました。

例年、この時期はおせち食材の仕入れの目安に悩む時期です。

食材費も一般のおせちよりも高額であり、おせちの予約数が少なければ、原価を割ってしまいます。

先を読んで、大体の目安をつけるのですが、とても難しい選択です。

もうすでに、乾物や調味料などの手配は終わっています。

例年をちょっと超えるぐらいの仕入れに、はらはらドキドキの毎日です。

私のおせちを食べたら、ほかのおせちは食べれないと言う、
お客様の温かいお心遣いで、毎年救われています。

今、おせち、予約継続中です! 心を込めてお作りします!

お店で使い続けているおいしいお水の浄水器ナチュラライザー煌、
県内県外からのご注文もわずかですが増えてきました。

良いお水を日常生活に使えるということは素晴らしいこと、このご縁に感謝!

水を整えて、健やかなる日々に役立てて頂ければと心から願っています。

お店のお料理も、
新たな常連様がすこしづつですが、増えてきています。

毎日に感謝して、日々精進して進みます。

 

 

「たかの」が大絶賛するお水をつくる浄水器に
興味のある方は今がチャンス!

この素晴らしいお水があることを
このお水に出会えたことは素晴らしいチャンスです。

今この記事を読んでいただいていることも
素晴らしいご縁であると思います。

それは、浄活水器!「ナチュラライザー煌水」

浄水器の能力と活水器の能力が備わった水!

私が、日々の生活に、10年以上!使い続けて、
私が経営するマクロビオティック自然食レストランで使い続けているお水、
ナチュラライザー煌と言う、浄活水器、この浄水器は、
通常 定価18,8000円(税込197,400円)のみで販売、流通されています。

マクロビ・・関係の料理教室でも使われているお水、
一流の料理人の方も使われているお水、
自然食のカフェやレストランやペンションなどでも使われているお水、
すこやかなる生活をを愛する多くの方々にご利用いただいているお水、
さまざまな健康法のある中で、垣根がなく多くの方に愛され続けているお水、

量販店などでは販売されていない、素晴らしいお水が使える浄活水で、
マクロビや自然食などの料理教室やレストランやカフェ、病院でも使われているんです。

私は、このナチュラライザーの製造元とご縁があり、
10年以上にわたり、販売してきました。

また、このお水を使い続けて、日々助けられてきました。

このお水の良さが実体験からわかっています。

店を始めて10周年!

この今のマクロビオティックの店を始める以前、
マクロビオティックにカチカチにはまっていた時期に、捜し求めた水、
ナチュラライザーの水 「たかの」に無くてはならない水!

ナチュラライザー煌 (蛇口取り付け型:家庭型)

それを心を込めて販売させていただいています。

この素晴らしいお水にご縁がありますことを心より願っています。

今、この時が、出会いがチャンスです!

詳しくは、下記の別枠「ナチュラライザー煌」のリンクをお開きください。

そのページから素晴らしいお水のお問い合わせ頂けます。

 

無添加自然食のおせちをお作りして10年目を迎えました。

私は、おせち作りにアルバイトやお手伝いさんは雇いません。

全ての工程、盛り付けまで全て心を込めて一人で仕上げます。

後は、自前の手の速さと段取りの良さでカバーするのです。

それは、作り手の心が料理に反映するからです。

おせち作りの際は、おせちを食べて頂くお客様のことだけを思い、
澄んだ心で作ることを心がけます。

まず、おせちを作り始める前、私は、厨房の大掃除に取り掛かります。

一年間の隠れた汚れを払い落とし、浄化された清い空間で作業するためです。

そして、作り始める前に、
白山の神社(白山比盗_社)に毎年、感謝を申し上げに行きます。

白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)は、加賀一の宮、
初詣に毎年県内外から参拝者が多く訪れるとても有名な神社です。

金沢市民で知らない人はいないほどの有名な神社なのです。

おせちとはとても神聖なものであると私は理解しています。

そのおせちを作らせていただくのですから、
お客様が、新年初めに、お口にする大切なお料理を任せて頂く、大役を無事こなせるようにと、
お客様に良いお料理とすこやかな時を提供できますようにと参拝するのです。

それと、毎日、店の神棚に感謝を申し上げて調理に臨みます。

金沢は、前にも書き込みましたが、先祖伝来、お仏壇と神棚がある家が殆どなのです。

勿論、昔ながらの飲食店などお店のほとんどには、お店の神棚があります。

話が飛びましたが、

おせちを作っている間、暖房は一切使いません。

しーんと静まった厨房の中で私一人、無心で作業にとりかかるのです。

私のおせちは、自然食でありながら、
普段からお肉などが大好きなお客様からのご注文も多いのです。

自然食に、あまりなじめない、子供やお父さんにも「たかの」のおせちは食べて頂けると、
毎年リピータの方も多いのです。

それは、作り手の私が、元々板前であったこと、
作り手が男であることも関係しているのかも知れません。

私の料理は、普段からお肉やお魚がないと物足りないと言う、
お父さんでも食べてくれたとのうれしい感想を頂くことも多く、
これだけ盛り込んで採算が取れるのかと心配いただくことも多いのです。

それは、この一年営業できたことへの感謝のしるし、
来年も営業させていただくことへの感謝のしるしとしてお作りしているのです。

とは言え、数が出なければ、原価を割ってしまいます。

でも、毎年ギリギリのところで、原価を割ることなくお渡しすることができています。

お客様に感謝して、料理を作れることに感謝申し上げて・・・・

 

昨日に続いておせちにつきまして

今月に入り、県外の方からのおせちのお問い合わせが多く入ってきています。

しかし、私のおせちは、大晦日に取りに来ていただける方、
近郊で配達可能な方のみに限定してお渡ししています。

例年、能登、隣県の富山県や福井県、遠くは岡山県から大みそかに、
TAKANOまでおせちを取りに来ていただいているお客様もおられます。

全国発送は致しておりませんので、申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

おせちは、心を込めてお作り致します。

まだ、「たかの」のおせちは、
間に合いますので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いでございます。

 

おせちの食材にやっと目途がつきました。

今の時期、毎年おせちの食材探しに走り回るのですが、やっと目途がついたのです。

仕入れは半端な量ではありませんので、
ちょこっと良いものを仕入れるなら、普段通りにその時に手に入るものを使えば良いのですが、
まとまった量で、こだわった食材で、それも形などを揃えてとなると難しいのです。

おせちの食材に関しては、もうすでに今年の春先から準備に入っているのです。

私の店にお米を年間頂いている無農薬農家の「おくの」さんに、
春先から、京人参とサトイモの栽培をお願いして作っていただき、
自家栽培で、蕪と大根などを栽培して、どうにかこうにか、野菜に目途がついたのですが、
後、国内産原木シイタケと柚子・・黒豆などの手配が最近まで思案していました。

国内産原木シイタケですが、
取引しているマクロビオティックの問屋さんからも仕入れることができるのですが
粒がものすごく小さいのですね。

それに、いつも使っている国内産原木シイタケは、
形が不揃いなのでおせちには向かないのですね。

それで、今回の異常気象でしょう?

でも、やっとつてをたどって、シイタケを栽培している方とつながり、
今、干していただいているんです。

柚子も、作られている方を見つけて、ギリギリで入ってくるようになりました。

黒豆も、こだわりのものを探し求めてどうにか間に合うようになったのです。

そして、出汁の決め手の昆布・昆布巻に使う昆布も入荷済みです。

普段から使っている油や粉は、オーサワジャパンの安心できるものをそのまま使えば良いので、
困りませんが、探し求めてやっと食材が揃うんですね。

後はおせちの数が今後伸びるかどうかによって、大量の在庫を残さないように願うばかりです。

それと、忘れてはいけません。

お店の水、業務用浄活水器のメンテナンスも終わりました。
・・・・私の扱っている家庭用の浄活水器は、10年間メンテナンスは必要ないのですが、
その業務用の浄活水器は、一年ごとに高額なメンテナンス費用を投じないといけないのです。

私の店のような小さな店では、それがものすごく負担になるのですね。

それも、どうにかこうにか終わって、より素晴らしいお水で仕事ができるようになったのです。

これで、全てが整いました。

後は・・・・・そうそう年賀状がありました・・・・

とにもかくにもおせちの予約受付中です!

 

おせちのお問い合わせにつきまして

「たかの」手作りのおせちは、まだ間に合いますので、お気軽にご予約いただければ幸いです。

全国から送ってほしいとのお問い合わせが毎日のように入ってきております。

とてもありがたく感謝しており、とても申し訳ないのですが、
全国発送は致しておりません。

大晦日、たかのまで取りに来ていただける方、
近郊で配達可能な方のみに限定させて頂いております。

中には、運送途中で崩れてしまっても欲しいとか、
少しぐらい遅れても構わないとか言って頂いた方もおられますが、
申し訳ございません。

金沢に来られました時には、ぜひTAKANOをご利用頂ければ幸いでございます。

心を込めて調理いたします。

大晦日、たかのまで取りに来ていただけるお客様、
近郊で配達可能なお客様、

「たかの」手作りのおせちは、
まだ間に合いますので、お気軽にご予約いただければ幸いです。

 

 

白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)に行きました。

毎年、おせちを作る時期に、白山の神社(白山比盗_社)に参拝に行きます。

白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)は、加賀一の宮、
初詣に毎年県内外から参拝者が多く訪れるとても有名な神社です。

今年一年の感謝と、からだにやさしい食をお客様にお出しできることへの感謝と願いを・・・
からだにやさしいおせちを無事に作れるように・・・
お客様が少しでもわたしの作ったお料理で癒されますように・・・

日曜日はとても天気が良く、気持ちの良い日でありました。

去年も、今の時期に、白山比盗_社に参拝に来たのですが、
その時は大雪で、雪が積もっていたのですが、今年は雪は心持程度に木陰にあるのみで、
ポカポカとしたぬくもりのある日でありました。

来週からおせちの仕込みが始まります。

まだおせちは間に合いますので、
「たかの」のおせちをご希望の方はお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 

おせちの予約が前年と並びました!

先日、クリスマス前に、
どうにか、おせちの予約が前年の数に並んだのです。

一安心!

これでどうにか在庫を来年に残さずに済みそうです。

明日、土曜日12月25日の営業が終了と同時に、
一応、お店はクローズして、大晦日までおせちの準備と仕込みに入ります。

そのため、26日から翌年5日まで、事実上、お店の営業はお休みとなります。

12月31日は、おせちのお引渡し日です。

しかし、その期間、大晦日まで私は調理場に缶詰となりますので、
お店が無人になるのではないので、お問い合わせ等がございましたら、
お気軽にお電話いただければ幸いです。

お店を閉めている期間、おせちの仕込み中でも、
おせちの予約受け付けは出来る限り受けますので、
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

おせちの仕込み期間中は、たまたま厨房を出ていることもあり、
電話がつながらないこともあるかと思いますが、
おせちの仕込み中は、早朝から深夜まで必ず店にはいますので、ご連絡ください。

明日25日は、発芽玄米ご飯が完売すると同時に、お店をクローズいたします。

余裕をもって発芽玄米は炊いておりますので、大丈夫かと思いますが、
夕方以降、ご来店を計画しているお客様は、お電話いただけますと幸いでございます。

おせちの仕込み期間中でもおせちのご予約は受け付けています。

私が、作れるのはこれまでが限界と判断した時が、予約の締切日となりますが、
今まで限界とお断りしたことはありません。

お気軽に、ご利用頂けましたら幸いでございます。

今、厨房の大掃除を行っています。

部分的に進めて、おせちの準備を始めるころには完全に、
浄化された空間で、作業に取りかかります。

今回、お作りするおせちの画像等は、
大晦日の深夜、ここのホームページのおせちのページで公開します。

まずは、限界までおせちの予約はお断りしないということ、
お店を閉めておせち作りに専念している期間内でも、おせちの予約はしていますと言うことを
お知らせして・・・・・・ひとまず、ここの落書帳から筆を置きます。

 

おせちの予約の受付を終了致しました。

おせちの予約数が、後半伸びて、前年を大幅に超えるご利用を頂きました。

お作りするのは、この数で限界と判断し、
今回のおせちの予約受け付けは終了させていただきます。

おせちの画像は、大晦日におせちのページに載せますので、
ご興味のあります方は、見て頂ければ幸いでございます。

尚、今回おせちをご予約頂いたお客様は、
31日正午過ぎから午後8時ごろまで、店内でおせちをお引渡ししております。

午後8時を過ぎる場合はご連絡頂ければ、深夜でもお引渡し可能です。

年内は、おせちの仕込みのため、お店の営業はお休みにしております。

お店をご利用のお客様、
年始は、5日から営業致しますので、ご利用頂けましたら幸いでございます。

では、おせちの仕込みに戻ります。

 

謹賀新年

今年もよろしくお願い申し上げます。

今日、1月5日から新年の営業です。

2011年も、たくさんのご縁を頂いて、
お料理を作らせていただければ幸いでございます。

尚、今月は日曜日のみがお休みです。

 

左義長も終わり早 月半ば・・・

もう、年が明けて半月になります。

初参りは、毎年、年が明けてすぐに近所の産土の神社に参拝して、
少し間を置いて左義長前に、白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)に行っています。

白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)は、加賀一の宮であり、
年が明けてすぐは、とても混むのです。

お正月の3が日はものすごく混んで、
道路も規制されていて、大渋滞!ってことになるかも知れないのですね。

それだけパワーがある神社・・・地元の方に親しまれている神社ということだと思います。

それで、私たち家族は、
年が明けての初詣は、住まいするところの近所の神社に参拝、
落ち着いて参拝できる、左義長前くらいに白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)に参拝に行くわけで、先週の9日の日曜日に比盗_社行ってきました。

先週の9日の日曜日は、何かと雑用をこなして終わるころには、
もう午後6時過ぎになってしまい、その日は、ものすごく雪が吹雪いていて、
白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)は、山間部なので道路が凍結したら危ないだろうと
次の日曜日(先日の16日)に行こうと言っていたのですが、
初参りが早くしたいとの家族の希望もあり、
(本当は産土の神社に参拝を済ましているので初参りではないのですね。)
こんな猛吹雪で夜に参拝に行く人はうちの家族くらいななーと車を走らせたのですが、
夜で猛吹雪の中でも、駐車場に車が10台近く、
私たち家族の他にも参拝に来ていた人がいて、とても驚きました。

やはり、白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)!パワーが違うのですね。

でも、それでよかったのです。

先日の16日の日曜日に行っていたらものすごく大変だったんですね。

なんと先日の日曜日は・・・道路の至るところが凍り付いてアイスバーン状態だったんです。

本来なら、道路の真ん中の融雪装置、水がスプリンクラーのように出る装置が作動していて、
道路が凍結するのを防ぐのですが、なぜかそれが止まっている道路が多くて、
もうアイススケート場の中を走っている状態のところもあったのです。

こんな状態の時に、山に行くのは危険?

なにせスタッドレスタイヤでも万能ではありませんから、滑る時は滑るんです。

というか、スリップして立ち往生している車もあったりして、
あの浅ノ川が凍るほど冷え込んでいたのですから・・・・・こんなことは近年無いことなのですね。

とにもかくにも、先日は大変な日でありました。

只、そのような時でも、私の店「穀菜食堂 健康食工房たかの」は、恵まれています。

町中のベットタウンの真ん中に位置している関係上、とても道路状態が良いのですね。

店の前の道は、車が2台通れるくらい広いですし、
近所の方々も豆に雪かきをされているので、大雪の時でも、
お客様が驚くくらい「たかのさんのお店の道は除雪車が来るのですか?」って、
だから、坂の多い所にあるお店や郊外にあるお店と比べても、
私の店はとても恵まれているんです。

真冬に、道路の状態が良いということはとても恵まれているのです!

だから安心してご来店いただければ幸いです!

でも、こんなに冷え込むことは最近珍しく、めったに無いことなのですね。

今日は、氷点下ではなく、
金沢市内の道路の氷は溶けていますのでスムーズに、車が流れていました。

私のお店の場合は、大雪でも車が通れないと言ったことは今まで一度もないので、
ぜひ!ご来店を!・・・・・お待ち致しております!

 

数日前が夢のように、小春日和の今日

数日前は、雪が降り積もり、真冬さながらの雪景色が、
今日は、お日様も出ていて、小春日和。

ぽっんぽっん・・・たたたた・・・と、屋根からの雪解けの音が至る所で聞こえています。

天気予報を見れば、
数日前とは違い、気温も少しだけ上がってきて、
雪かきをされていない所の小道の雪も溶けて、路面が見えています。

私の店の前の路面には雪がありません。

私も含めて、ご近所の皆さんが、雪かきをされているので、
すぐに、溶けてしまうのですね。

だから、うちのお店までは、お車でも徒歩でも安心してご来店いただけるのです。

でも、金沢市内でもお年寄りが多く住まいされている所では、
なかなか雪かきも重労働ですので、雪かきが十分出来ない所もあります。

特に城下町の小さな路地では、まだ雪が溶けずに歩きにくい状況の所もあるのです。

お弁当などの出前の時でも、車がやっと通れるような小道の場合、
雪で袋小路のようなところもあったりして、
小道に入らずに手前で車を止めてから徒歩で配達をする場合もあります。

金沢は城下町なので、お城の周辺は迷路のようなやっと車がすれすれに、
通れるような道がたくさんあるのです。

そのような江戸時代前後、
昔からの小路も風情があって観光の方が好んで散策されるのですが、
私の店のある住宅地は、それに比べれば新しく、道も車が2台通れるような比較的広い道路で、
迷路のようなこともないので、風情はありませんが、安心して通れるのです。

とにもかくにも、雪が溶けてくれるのはとてもありがたく、
小春日和は大歓迎です!

 

/////////////////////////////////////////////////////////////

3月にセミナーを企画いたしました。

「マクロビオティックと様々な健康法から学ぶセミナー」

今回のセミナーは「心」がテーマ!

マクロビオテイックや様々な健康的な生活法を実践していても、
肝心の心が病んでいたなら、その効果は半減すると思われます。

病は気からと昔から言われるように、すこやかなる生活を追い求め、
食習慣や生活習慣を悔い改めてみても、
ごく普通の日常生活においても大きく心が影響することは、皆が知っています。

ストレスが蔓延しているこの世の中に、誰もが持っているストレス・・・
ストレスを感じないと思っている人でも、必ず内面にストレスは存在しています。

それがいつの日にか表に現れて、
あるいは、すこやかなる生活に影を落とすことになるかもしれません。

食に限らず、心のケアは、大切な要素です。

心の束縛を解いてもっとハートで生きてみませんか?

自分を理解し、愛し、解き放つために!

より美しく、すこやかなる生活を実現するために!

「第2回 スピリチュアル心理学セミナー  受講者募集中!
 2011年3月19日(土)20日(日)開講。

「たかの」の穀菜食ランチ付きのセミナーです。

講師: 菅波亮介先生 

アメリカの大学で教えられている「スピリチュアル心理学」
をもとにしていますので、
特定の宗教とは一切関係なく、
安心頂いて受講いただけます。

先生は、久司道夫先生宅に長期滞在し師事され、
クシ・インスティテュートにてマクロビオティックのプロ養成講座レベルIIIを修了されています。
さらに、「ライフスタイル医療」を推進している
米国の穀菜食主義の医師や科学者からも学ばれています。
心理学も学ばれ、食と心を通して、
「マクロビオティックと様々な健康法」をアドバイス頂ける方でもあります。

セミナー紹介ページ 

/////////////////////////////////////////////////////////////

 

一日中雪を除雪・・
2月に入り気温が上がり雪が溶けて、
店までの路面には雪がなく、スムーズに・・・・・
あの大雪は今は夢のよう、小春日和の今日この頃です。

一月の末は、ものすごい大雪で、雪を取り除いても降り積もり、
只々ものすごい状態でした。

金沢弁で、路面に雪が降り積もり押し固めれれて路面凍結することを、
昔から「きんかんなまなま」というのですが、
まさしく、金沢中の道という道が「きんかんなまなま」の状態でした。

そんな危ない状態だったので、
町中はとても静か・・・あちこちで、救急車両のサイレンは鳴りやまず、
普段ものすごく流行っているショッピング店でも、人は少なく・・・・
定員さん総出で除雪をしている光景があちらこちらで見られました。

まず、大型店では、駐車場の雪を除雪しないとお客様が入れないでしょう?

女性の方も総出で除雪されていました。

私のお店も、大雪の最中はお客様はほとんど来られなかったのです。

って言うことで、一日中除雪作業をしていました。

もう・・・・筋肉痛で大変大変。

でも、2月に入って、急に気温が比較的高くなって、雪も解けて・・・・
普通の状態に戻りました。

大雪の最中は、高速道道路は途中で通行止めになるし、
電車や飛行機も止まってしまうし・・・・
大変でした。

こんなことはとても珍しいことで、10年ぶりの大雪だそうです。

でも、今は小春日和の毎日、雪もどうにか無くなりつつあり、
路面には雪がなく、快適な日常に戻っています。

今日は土曜日、たくさんのお客様をお迎えいたします。

 

金沢は、とても心地よい天気になっています。

早朝は、やはりまだ寒いのですが、
数日より、青空が広がり、心地よい天気に恵まれています。

通りにはもう雪が無く、
春の訪れを感じている今日この頃です。

 

マヨネーズ

私の店「たかの」では、マヨネーズは既製品を使いません。

最近は、マクロビオティック仕様の既製品マヨネーズが、
各企業から出てきていますし、営業の方からもサンプルや資料を頂くのですが、
やはり、自家製の物が美味しく感じるのです。

それと、いろいろと内容や配分を替え得られるので、
使い勝手もとても良いのです。

皆さんもご自分で、マクロビオティック仕様のマヨネーズを作ってみませんか?

簡単にできますし、内容も好みに応じて作れます。

油が入っていても大丈夫ならば、お好みの油を入れて作れますし、
油がだめならば、油無しでもできるのです。

中に入れる酸味も、米の酢、梅の酢、ワインビネガー、レモンなどの柑橘類からの絞酢など、
お好きなものから選んで作れます。

甘味料も、米あめ、麦あめ、甜菜糖、メープルシロップ、甘酒、野菜からの甘味のみ、と
お好きなものを選べるのです。

つまり、オーダーメードが可能なのです。

それに、とてもお得にできます。

ではレシピは?

レシピに頼っていては美味しいものは絶対にできません。

美味しいものにはレシピは無いのです。

ご自分の舌の感覚と食材の組み合わせ方で考えて行くと良いのです。

とても簡単で、誰にでもできますのでチャレンジしてみては如何でしょうか?

必ず良き発見がそこにはあるはずです。

陰陽にこだわる方は、それで組み合わせ方を考えて見るのも良いかもしれませんし、
別に陰陽にこだわらなくても感覚的に組み合わせてみても美味しいマヨネーズが出来上がります。

既製品のマヨネーズを買わなくても良いのです。

 

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+   google.com/+Kiramekitakanojp

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


 

このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文