日々の出来事、思うこと//きまぐれ日記のラクガキ帳

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

過去の日記 12

 下に下がるほど新しい日記 ★★

 

超高性能 自然系浄活水器    『ナチュラライザー煌』

「たかの」は、もうすぐ開業10周年!なんです。
お客様の笑顔と元気を応援して、この浄活水器をお勧めして10年がたちます。

販売する私自身、日常の生活と自然食レストランにと
使い続けて10年以上この水の良さを実体験し、
自信を持ってお勧めしています。

今まで様々なお客様とご縁があり、
この素晴らしいお水をお渡ししてまいりました。

このお水無くては健康的な食事や生活はありえませんでした。

今、巷には様々な浄水器が溢れていて、出来ては消えと入れ替わりが激しく、
10年以上継続している浄水器は珍しいともいえます。

ナチュラライザーは、改良されグレードが上がって行くのはもちろん、
10年以上、長く続いている安定した浄水器(浄活水器)ともいえます。

コンセプトは、人に優しい水であること・・・
自然に近く天然名水に近い品質である事・・・・

自然界に存在しない水は作り上げない・・・・
巷では、マイナス還元電位(酸化還元電位)
の事ばかり気にする人がいるけれど、
それって自然に近いものなのでしょうか?

遺伝子組換えの自然界に存在しない作物を敬遠する人は多いのに、
自然的でない数値までに変化させた水をなぜ追い求めるのですか?

科学的な食材や調味料や添加物を敬遠するに、
自然的でない水をなぜ追い求めるのですか?

何千年と昔から先祖伝来住まいする自然水に癒されて我々は生活し、
身体を作り上げてきた・・・・体が無意識のうちに求める水。

我々は知らず知らずのうちに、自然に近い清らかな水を追い求めてきている。

水は全ての基本となるもの・・・・大切な水だから、妥協はしない・・・・

日々の生活を清らかなナチュラルなお水でお過ごしください。
やさしい良いお水は潤いと安らぎを与えてくれることでしょう。

当店では、出来るだけお得に! 送料と代引き手数料も無料でお届けしています。

自然で素晴らしいお水と料理の鉄人から病院の先生・お茶の先生・お花の先生
美容師の先生・敏感肌のお客様・・・・・・
美味しいお水を思いっきり使いたい健康を追い求める多くの方に喜んで頂いています。

沢山の笑顔に包まれて・・沢山の笑顔を届けたいそれを「たかの」は願っています。

 

ここのラクガキ日記

ここの日記を書き出してから早数年、
日記だけでもかなりのページを要しています。

ホームページも、見やすいように書き直す必要があり、
僅かな時間で少しづつではありますが、更新を心がけていますが、
まだまだ時間がかかりそうです。

頻繁に更新しているページは、トップページから二番目のページと
(ENTERをクリックして最初に出てくるページ)

お店の紹介ページと浄活水器のページです。

おせち料理のページは、おせちの予約時期と元日の2回更新しています。

その他は、ぼちぼち気が向いた時に、更新しています。

このホームページのコンセプトは、「体に優しい食と水」です。

その要素だけは、全てのページに反映しているつもりです。

やはり、水と食はとても大切な物、
健康をも左右しかねない重要な要素だと思います。

特に、身体が喜ぶ水との出会いはとても素晴らしい事です。

生物は、殆どが水分で出来ています。

人もそうです・・・・だから良い水と出会うと身体がとても喜ぶのだと思います。

 

長期熟成手作り味噌

先日、味噌置き場(倉庫)を片付けていた所、
奥の方から、5年物の味噌桶が出てきました。

通常は、2年位熟成させたものを、随時使ってきましたが、
見落としていたのか、5年間そのままの状態で大樽で寝かしていたようです。

蓋を開けてみると、味噌は熟成され黒っぽくなっているものの、
なめてみるととても甘い・・・・それに濃厚なこくもあり、柔らかな食味が感じられ、
早速、店で使うことにしました。

味噌は、熟成させるほど体に優しく、まさに、宝の味噌!

マクロビオティックや食養などでは、
長期熟成のもの、味噌なら3年以上熟成させた物を推奨されています。

今、スーパーや
自然食品店などでも、見かける味噌は、短期熟成のものが殆どです。

長期熟成とは言うものの、一年以上の熟成程度なのです。

5年物の味噌なんてのは、なかなか出回らない!

味噌汁にして、お店で出します。

でも、通常の味噌とは違い、味噌汁は濃い色となってしまいます。

味噌も濃厚なので、初めて飲む感覚を味わってもらえると思います。

好き嫌いはあるかと思いますが、
5年味噌・・・宝の味噌・・・貴重なみそです。

来年また2月頃に、味噌を仕込みます。

一年たつのも早い早い、もう数ヶ月で、新しい年を迎えようとしています。

 

ウォーキング

以前お話したように、私は日々、運動不足?なのです。

店からほとんど出ないので、歩くと言えば、狭い厨房の中のみで、
一日中の立ち仕事で、手は絶えず動かしていますが、
試作品の試食・・・味見・・・おなかが空になる事はありません。

かろうじて、ヘルシーな料理とナチュラルな水によって、
健康は保たれていますが、極端な運動不足では、
いくらナチュラルな食と水を身体に入れても、
ダイエットにはならないのです。

つまり、健康食をしていても、
常におなかに入っていたり、
運動不足の場合は、健康体の場合、
着実に癒し系の体系へと変化させます。

そこで、またまたウォーキングを始める事に致しました。

毎回毎回チャレンジするのですが、
雨が降ったり雪が降ったりすると、中途半端で中断して、
毎回、三日坊主となっているのです。

今回は、雨にも負けず、風邪にも負けず、雪にもまけず、
三日坊主にならないように・・・・
今日の朝から開始しました。

朝の5時から起きて、犀川の河川敷を歩いて帰ってくるのです。

今日は、朝が早いと言うのに沢山の方が歩いていたり、
ランニングや競歩などをされていました。

犬の散歩の方も多くいましたね。

それと、犀川の河川敷に公園があり大きな木が無数にあるのですが、
それに抱きついているご老人もいました。

木には癒しの効果があるようで、
お隣の中国では、太極拳や大木に抱きついて癒しの効果を得る
体操のような物があるそうです。

あーそうか・・・あれをしているんだなと。

三日坊主にならずに明日も早朝から歩きに行きます。

運動不足を解消しなくては!

 

ウォーキング二日目

今日は日曜日、ウォーキング二日目、
早朝5時に起床、6時前に出発!

先日は、犀川大通のパレット前の坂を下り、雪見橋を渡って、
左に曲がり、犀川の土手を歩いて、左折、大桑橋を渡って直ぐ、左折、対岸の
土手に近い道を歩いて、城南中学を過ぎ、右折して坂を上り、帰宅すると言う
約40分のコースを早歩きでウォーキング。

今日は、犀川大通を末町の方向に歩いて、山側環状道路のトンネルを
杜の里に抜けて、ホームセンターの所で、折り返し帰宅するという、
約1時間半のコースで、ウォーキングしました。

土地勘のない人がこれを読むと解らないと思いますが、
かなりきついコースです。

日曜日の早朝ということもあり、
普段交通量の多い、山側環状道路も行き交う車は少なく、
トンネルの中の排気ガスも心配要らないほどでした。

しかし、道路側の白色の手すりは、排気ガスで黒ずみ、
物理的に目にする事で、知らない間に、これだけのケミカルを吸い込んでいるのだと思うと、
交通量の多い地域の方や、都会の方の日常のストレスはかなりのものと思います。

以前、東京に行った時に、
金沢とは違う、べとーっとした空気に、気持ちが悪くなった事があり、
それを思い出し、金沢の早朝の澄み切った空気に癒されていると、
田舎暮らしでよかったと心の底から思うのでした。

この日も、ナチュラルな水「ナチュラライザー煌」の水を水筒に入れて、
持って言ったのですが、ハードなコースではありましたが、
涼しく、水分補給の必要もなく、次はナチュラルな水を使い、
暖かい三年番茶かタンポポコーヒーを水筒に入れて持って行こうと思います。

明日は、平日、予約も入っていますので、近所をひとまわりするぐらいにするつもりです。

次の日曜日は、午前7時までに大口のお弁当の配達があり、
早朝のウォーキングは出来ないので、昼ごろから兼六園にでも行こうと思っています。

兼六園周辺は、ウォーキングにはとても最適な場所なのです。

緑もきれいで最高です。

ナチュラルな水を水筒に入れて・・・・

 

10月6日(月)午前9:50分

今は、午前9時50分、仕込みとお弁当の盛り付けが一息ついたので、
お茶にしています。

今日も早朝から起きて、ウォーキングに出発!

大口のお弁当の予約が入っているので、
近所の周辺をウォーキング・・・・30分ぐらい歩きました。

いつもは、車で通り過ぎる町並みも、歩けば新しい発見が色々あり、
歩く事の大切さを思い出す良い機会に巡り会えました。

小鳥のさえずりや小さな野草の小花が咲いていたり、
早朝の清んだ空気の流れ、どれをとっても新鮮で癒しの空間に包まれる。

昔はカラスが多かったのですが、最近は少ない?・・
生ゴミに、ネットを張ったりとした事が良かったのか、新しい場所を見つけたのか
カラスが少ないことにきずきました。

それと、昔あったお店が数件無くなっている・・・・・
特にガソリンスタンド、お店の前に閉店の張り紙が、
ガソリンは少しは安くなったけれど、見えない所でご苦労が多いのだろう。

町並みから店が無くなる事は、とてもさびしく思う。

そして、こんな所に新しく店が出来ていると、新たな発見もある。

これも、歩いていなければ見過ごす・・・・
歩くと言う事はとても大切な事、健康のためだけではない・・・・・

ナチュラルな水を水筒に入れて・・・・・

 

三日坊主

三日坊主、
いままで、何回となくウォーキングに挑戦してきたが、
雨に負け、風に負け、雪に負け・・・・三日坊主で終わっていた。

しかし、ウォーキング4日目! 三日坊主をかろうじて免れた。

後は、習慣となるように、身体と脳に覚えさせる。

パブロフの条件反射の法則とは行かないまでも、
朝になると、自然と身体がウォーキングの体制になるように・・・

なぜ、早朝ウォーキングがお勧めなのか?

地方に住む者にとって、車は必需品で、
車が無ければ、行動範囲が非常に限定され、移動そのものに時間をとられ
生活そのものが成り立たない・・・・・
車無しでは、生活は考えられないと言うように、
ここ金沢でも、家族全員が車を一台ずつ所有すると言うように、
車は身体の一部のような物。

そうなると、ちょっと近くのスーパーに買い物に行くということにも、
車を出す事となる。

歩くと言う事を極力しなくなる。

田舎の人は、都会と比べてまだ自然が残っていて、
健康的だと思っている人は多い、
しかし、ウォーキング:歩くと言う原始的な基本的なことが非常におろそかになっている。

おそらく、地方の人よりも、都会の人の方が、歩く距離は長いだろう。

では、先に戻って、なぜ、早朝ウォーキングがお勧めなのか?

都会の人は、通勤通学と、地方の人よりも歩いている。

では、早朝のウォーキングは必要ではないのでは?と思う人も多いだろう。

つまり、日常の通勤通学がウォーキングと考えた場合の事・・・

歩き方により、体脂肪は、それにより多少は落ちるとは思うが、
心の持ち方や、空気の流れが違う。

早朝の空気は澄み渡り、マイナスイオンが満ち満ちて、
健康的な、空間がそこにある。

今から出勤・通学と言うように、ある意味ストレスを持ったウォーキングとは違い、
それは、癒しのウォーキングとなる。

通勤通学のウォーキングと早朝の癒しを求めるウォーキングとは
似ているようでまったく異質な物だと思う。

私の住んでいる住宅地周辺でも、朝の6時くらいから空気が汚れ始めるのがわかる。

排気ガスのにおいが少しづつ濃く感じられる。

それが都会なら大変なストレスだと思う。

また、人ごみの中でのウォーキングは、
他人の毒素を吸いこむことにもなりえるのではないか?

私は、数年前に東京に行った事があり、
朝の通勤時を経験させてもらった、よどんだ空気、人から排出される
気持ちの悪い臭気やべとべとし油に近い、見えない水蒸気・・・・
金沢の郊外では考えられないくらい粗悪な空気環境。

とても健康的とはいえない・・・・
田舎育ちで、田舎暮らしだから良くわかる・・・・

都会よりはまだ自然に近いけれど、
金沢の繁華街や通勤ラッシュ時の道路・公共機関の交通にも、
それは、いえること・・・・

通勤通学のウォーキングと早朝の癒しを求めるウォーキングとはまったく違う。

地方の人は普段から歩くのが少ない場合があるので、
意識して歩くようにしたほうが良い・・・それも、澄んだ空気の早朝の方がより良い。

都会の人は、早朝の澄んでいる空気の中で、人ごみを避けて、
歩くことが健康的なウォーキング。

しかし、最近は物騒な世の中、女の一人歩きはとても危険。

場合により、男の一人歩きも?

犬の散歩やウォーキングをされている方が多い所、治安の保たれている所を選ぶか、
パートナーやお友達とされる方が良いかもしれない。

だれも通らない寂しい場所は避けた方が良いし、
早朝は歩けないと、深夜歩くのもお勧めできない。

また、明日もナチュラルな水を水筒に入れて・・・・ウォーキング・・・・

 

安物買いの大損買い

わたしは、過去に安物買いの大損買いをする事があった。

ネットショップなどで、安いな・・とつい買ってしまったことがある。

例えば枕がそうだ。

テンピュールの枕が一時期はやったことがあり、
ネットで、それに良く似た枕を目にした・・・・説明を読んでいくとさほど変わらないらしい、
しかし、メーカの物は数万円出さなければ買えないのに、3000円位で売っていたのだ、
メーカーは違うけれど、一応は低反発の素材を使っているらしい、
それで、買ってしまったのだ、
でも、寝心地が悪い・・・・少し硬く感じるのだ・・・・・それに高さも今一、
安い物は安いだけの価値しかない、
メーカーがテンピュールであり、
定価が数万円する物がそれだけの値引き額で買えるのなら値があるが、
定価も安く、さらに安い物は、それだけの値しかないのだ。

安物買いの大損とはこの事を言う。

それが枕などの消耗品ならば、
買い換えるなりすれば良いだろうが、

電化製品や調理器具や
浄水器など長く置いておくものは、性能が悪いと思っても、
そう度々、換える事は出来ない。

不本意ながらも、その製品が壊れるまで使うこととなる。

それが、健康に左右される機器類ならとんでもない事だろう。

長く使うもの、健康のために買う物は、
安物買いの大損は避けなければいけない・・・・・

買うのならば、納得して買う事。

低反発の枕なら安く買っても本物は一つ税込みで1万円以上はする。

浄水が出来、活水もされる
水本来の力、ご飯は柔らかく、スーと違和感無く身体に染み渡る
そのような、ナチュラルな水に出来る浄活水器なら、
税込みで20万円前後ぐらいするのは当たり前。

塩素を取るだけの浄水器では、最低でも税込みで4から5万円以上くらいからだろう。

薄型液晶テレビで基本的な性能のものなら、37型なら15万円位から以上で、
グレードの高い物はそれ以上の値段だ。

つまり、どんなに安く買っても、納得して、性能に妥協しない事が、
安物買いの大損にならないコツだと思う。

今までの反省から、後から後悔しないように、
わたしは、本物を選ぶようにしている。

それは人に物を紹介する場合も同様・・・・・

安物買いの大損買いをしないためにも。

 

5年・・6年味噌のパワー

このラクガキ日記の前の方で、5年味噌が、味噌置き場の奥で見つかり、
使い始めたと書き込みました。

数えでは、6年味噌! そのパワーは、すごい!

今日で、ウォーキングを開始してから5日目、
以前お話した雪見橋をわたり、今日は下菊橋を渡り戻り、
1時間半のウォーキング・・・・
さすがに、坂が多く、足が疲れましたが、
帰ってから、5年味噌を食すと不思議と疲れが取れていくのが解る。

ナチュラルな水を水筒に入れて、一息つきながら、
身体を癒しながら、ウォーキングをしているので、殆ど疲れないのですが、
今日は、ハードだった・・・・その疲れがうそうのようにすーと消えて行き、
心地よい感覚だけが残る。

この味噌にはパワーがあるようだ!
そして、このナチュラルな水にも癒しの効果があるようだ!

雪見橋というだけあって、そこからの景色は絶景なのです。

晴れているときは、遠くの山々が、見えて、川には合鴨や野鳥が泳いでいて、
釣り人が川魚を釣り・・・・・小鳥が空を飛び交い・・・・・
自然の恵み、マイナスイオンやフィトンチッドを多く含む
山からの吹きおろしの風がとても心地よい。

さあ、ウォーキングももう直ぐ一週間・・・・・続けよう!

ナチュラルな水を水筒に入れて!

 

知っているようで知らない事

今日も早朝5時に起きてウォーキングへ、
毎回、雪見橋を中心に、ウォーキングのコースを変えている・・・
その方が、新鮮味があって長続きするのです。

早朝5時近くは、まだ暗く夜に等しい・・・
それが数分歩いていくうちに薄く光がさしてくる。

これから一日が始まるのだと、当たり前なですが・・・・
運がよければ、日の出を見る事も出来、得した気分にもひたる。

まさに、すがすがしい・・・・

例のごとく、ナチュラルな水を水筒に入れて・・・今回は、お湯を・・
持参してのウォーキング・・・ウォーキングにナチュラルな水が、かかせない・・・・

ウォーキングをしていると、
ふと何かを思い出すことがある・・・・

外食などをすると、自然食でも一般食でも、パセリが色合いについてくる事がある。

しかし、それを食べる人は少ない。

パセリは、知っているようで知らない人が多いけれど、
体内の重金属を排出してくれる優れものの野菜なのだ!

そのパワーは想像以上!

厳密に言えば、中国パセリの方がその効果はあるようで、
サプリメントなども、中国パセリで作られている物が多い。

ここで、勘違いする人も多いが、中国パセリとは、パセリの品種の事で、
なにも、中国製のパセリを意味する物ではない。

日本で作られていても中国パセリなのだ・・・・

それの重金属の排出パワーは、素晴らしい物だと言う。

マクロビオティックで、良く使われる言葉で、排毒とも言えるかもしれない。

ちなみに、ごく普通のパセリでもその効果は期待できると言う。

それを、食べずに捨ててしまうのは、誠にもったいない事なのだ。

パセリは只の色合いのため・・・料理と料理の穴を隠すためのもの・・・
と考えてしまう事は、まったく損だとおもう。

そのパセリの季節ももう終わろうとしている。

皆さん!パセリ食べていましたか!

知っているようで知らない事は、多い・・・

お刺身についている大葉などにもきちんとした意味があります。

なぜ大根の千切りがついているの?
田舎の方では大根の線きりの変わりにきゃべつの線きりが、ついている所もある?
なぜ・・・・・それにはきちんとした意味もあるのです。

薬味と言われる物は、毒消しの意味があります。

大根やきゃべつは、消化を助けてくれるのです。

それも、酵素が破壊されない、生でなくてはいけません。

きちんとした意味合いがあるのです。

パセリは・・・別に意味合いはありませんが、
重金属を排出してくれるかも知れないものを、きちんと頂きましょう!

医食同源!

ウォーキングにナチュラルな水で作った飲み物を持参するのも・・・
とてもよいことだと思います。

ナチュラルな水を水筒に入れて・・・・

 

落とし穴

今日も、早朝からウォーキングに!
これでもう、習慣となり
朝、歯磨きをするように、身体自体が、自然と動くようになり・・・・・

さて、
前回、お刺身についている大根の線切り(けん・つま)や揚げ物についている
キャベツは、消化を助けてくれると書いた。

いわゆる、動物性の脂や植物性の油にたいして、
キャベツや大根を生を食べることで、消化を助けてくれる。

それに含まれている酵素やミネラルが助けてくれるのでした。

だから、酵素が壊れてしまう加熱処理したキャベツや大根を、
横に添えてもあまり意味を持たないのです。

また、薬味は毒消しの役目をはたしているのです。

添えられている野菜や薬味を食べると、脂っこい物とか癖のあるものでも
うそのように、楽に食べれるのもそのためです。

そこで、落とし穴!

大量に、大根の線切りや線切りキャベツなどが必要なお店で、
健康にあまりこだわっていないお店では、
前もって大量にそれを切り置いているのですね。

でも、大量に作り置きするという事は、
場合により、ものすごいロスを生み出すかもしれないし、
時間が経過するとしんなりしてよれよれに・・・・
それを毎回捨てていたのでは大変と言う事で、
ミョウバン水に切った物を漬け込んでいる事があるのです。

ミョウバン水につけると、長時間、シャッキとした食感を保つ事が出来、
ある程度、鮮度保持?も可能??

ミョウバンですが、これと言って健康被害なんかは無いように思いますが、
添加物の一種で、過度に使うのは避けたいものです。

それに、それを使ったものは美味しくないし、
普段から私達のように、健康的なものを日常食べている人にとっては、
異質な物として感じられ、これちょっとおかしいな〜とすぐわかるのです。

それに、切り置きして水に長時間浸す事で、せっかくの栄養素も飛んでしまっています。

その見分け方は、キャベツの線切りは、食べてみないとわからない場合がありますが、
大根の線切りは、解りやすい。

良い大根の線きりの見分け方、
まず、切り口を光に当てると、きらきらと光りつややかであること。

それは、切ってからあまり時間が経っていないことと、
良く切れる包丁で、手作業で作業していて
水にも長時間浸していない事が解る。

使う分だけ線切りとして、さっと水に通してから、水切りして、使っている場合が多い。

栄養を損ねる美味しくない大根の線きりの見分け方、
まず、切り口を光に当てると、乱反射して鈍く白く見え、つややかでない。

それは、切ってから時間が経っている場合や手作業ではなく、
機械で線きりにしている場合に多く、大根の繊維がつぶれたようになっている。

大根の繊維がつぶれている場合、しゃきしゃき感が長持ちしない、
そのため、ミョウバン水に漬け込みしゃきしゃき感だけを維持させるばあいがある。

また、調理経験が無く、切れない包丁で押し切りにして、
繊維を押しつぶしてしまう切り方をしている場合がある。

その場合も栄養が損なわれていく。

こだわった野菜で新鮮な物であっても、カミソリの刃までは行かなくても、
それに近い切れ味の包丁で、押し切りでなく、包丁の刃先から滑らすように、
刃全体を使い、スライドさせて切る事が肝心であり、基本。

切っている時のまな板の音は、
「とんとん」では無く、「しゅーしゅー」とまな板の表面を、滑らす感覚で切る事。

そうすれば、繊維を崩すことなくきれいに切れ、栄養も損なわない。

例を挙げれば、切れない包丁で柔らかいトマトを押し切りにすると、
トマトからエキスが大量に出てくるが、かみそりの刃に近く研いだ包丁で、
滑らすように刃全体を使って切ると、エキスが殆ど外に流れ出ないし、
切り口が、きれいでつややかで光沢がある。

簡単に言えば、スーパーで売られている刺身のつけ合わせの大根の線きりと
少人数で、切り盛りしている割烹店の大根の線きりとを比較して
考えてみればわかりやすい。

機械切りや時間が経過した物、ミョウバン水に漬け込まれたものや
切り方が未熟な場合や切れない包丁での調理の場合、
そのしゃきしゃき感には、自然でない異質的な感覚がある。
(本物を食べた事のある人なら誰でもわかる食感覚、「しゃきしゃき」でなく、「ざくざく」)

それは、キャベツの線きりにも同様に言える事、

鮮度保持のための添加物は、なるべく避けたいし、食べたくないし、
切れる包丁で、食材を傷めることなく調理して頂きたい。

空気に長時間にさらす場合も、
栄養が着実に損なわれ、鮮度が悪くなり酸化が始り、雑菌の増殖も始まっている。

鮮度を保つ保存温度にも注意したい。

保存温度が上がるほど雑菌の繁殖が早まり、それとともに鮮度も下降する。

それは加熱した料理でも同じ、
空気にさらされた時から、酸化し、栄養が失われ、雑菌が繁殖していく。

それは、無農薬でこだわった食材でも同様の事。

理想的なことを言えば、時間がかかっても、その都度作る方が良い。

今、バイキングスタイル・ビュッフェスタイルが一部はやっているが、
作り置きされているのは勿論の事、
外部からの雑菌がつねに進入してくる空間において、
室温であり、空気にさらされている環境で、料理が並べられている場合が多い。

また、料理を取る時に、
袖口、頭髪やそこから落ちる、雑菌などに二次感染していく場合もあり、
衛生面からよほどの注意が必要である。

出来れば作り置きされている物より、
その都度、新しく作られている物を食べた方が身体や栄養的にも良い。

ある意味弁当類でもそれが言える。

つくり置きされた物をただ詰め込むだけではなく、
時間がかかっても、
出来るだけ、オーダーを聞いてから作って入れてくれる所を利用したい。

知っているけれど見落としている落とし穴・・・・・

 

今日は雨・・・大雨?

きょうは、早朝ものすごい雨でした。

でも、雨に負けずにウォーキング!
さすがに雪見橋には行きませんでしたが・・・・
川の近くは、風が横に吹くので、雨もまともに身体にかかるのです。

今日は、近所をぐるりと一周・・・・20分くらいで、雨足が強くなり断念。

帰ってから、ずぶ濡れの服を脱ぎ、
シャワー・・・・・
朝、シャワーは、気持ちが良い・・・・

あしたは、早朝、イセヒカリ玄米のおにぎりの配達があるのです。

それなので、早朝のウォーキングは、お預け・・で、昼からウォーキングを致します。

そうそう、金沢は今・・・全国的か?

各大学で大学祭が、行なわれています。

高校でも・・・・金沢の高校で有名な学園祭は、「金商デパート」です。

金沢の商業高校が、金沢の企業に協賛してもらい、
高校内で、デパートを開いています。

その規模は大きく、遠くからも出かける方がいるほどです。

それと・・・・美大祭や金大祭や工大祭・・・・など・・・・・

そして、中学校などでは、父兄の方を招待しての文化祭が開催されます。

秋は、文化祭ですね。

 

ローフード

さて、今一部の健康嗜好の特に若い女性を中心として、
ローフードが、注目されつつあるが、まだマイナーな粋に留まっている。

ローフードとは、簡単に言うと生食のことを意味する。

しかし、生は生でも、動物性のものやミルクなどは一切使わない。

つまり、完全菜食(ビーガン ピュアベジタリアン)において、
野菜の酵素を壊さない非加熱処理をした食べ物の事をさす。

生の野菜や生の果物や生の穀物・・・・ナッツ類などでも非加熱の物。

つまり、煮炊きした物や炒めた物、焼いた物、蒸した物、
約45度以上の熱を加える全ての加熱処理を施した物を食べない食事であり、
パンやご飯も加熱処理であるため、一切食べないし、
食材でも加熱処理されたものは一切食べない。

只、例外として、パンやご飯や加熱処理された食材でも、
微生物を加え再度発酵させ、
醤油などの天然醸造の調味料や一部の発酵食品など
のように、微生物やそれから生み出されるエンザイム(酵素)
が生きている物は食べても良いとされる。

ローフードと言う言葉は、最近出来たが、
それ自体は、一部の人達の間で、
中世ヨーロッパ以前から存在する生食文化に似ているところもある。

では、なぜ今になって、若い女性の間で、注目されてきたのだろうか?

それは、酵素が我々の身体の中で重要な役目を果している事、
それを、外からも摂取する事が望ましいと主張するドクターや学者たちの中で、
生食以外食べなくても良いと主張する学者の方も存在し、
その方向での健康指導やその研究結果?に基づき、
自然界の酵素を身体に取り入れる一つの方法として、
アメリカのベジタリアン嗜好の芸能関係の人達が少しづつ取り入れ始めた事にもよる。

アメリカのセレブ層の美容関係の流れに少なからずとも影響を与えているとされる
ベジタリアン嗜好の一部のハリウッドのスターやモデルなどが、
実践している場合もあり、アメリカでもまだ一部のマイナーな食事法であり、
本家、アメリカでも極めて少ない実践者やショップではあるが、
それにあこがれる日本の若い女性たちの間で、水面下で密かなブームになりつつある。

その情報をいち早く収集した日本の女性誌や女性が好むメディアが、
日本でのブームに火をつける起爆剤となるかは、
今後の展開を見てみなければわからないが、
人口の多い、東京では、
ローフード関係のレストランなども出来始めていることは事実である。

話を戻すが、
人の身体の中では、常に酵素が作られ、それが健康維持のために
使われ絶えず消費されているが、それにも限界があり、
それを補ってやるため、身体で作られる酵素の無駄使いを低減させるために、
外部から、植物の中の酵素も身体に取り入れて、
体調維持を助けてやろうと言う食事法がローフード食の考え方にもあり、
酵素は、熱に非常に弱く、ローフードでは、酵素が壊れるのを防ぐために
40度前後、高くても48度以下までの温度で調理される。

しかし、酵素の多くは、40度以上になると不安定となり、
また、それを大幅に下回る温度でも最適な温度とは言えず、
身体が利用しやすい最適な温度として、人肌より、少し高めの温度、ぬるめの温度が、
酵素を利用するもっとも理想的な温度とされるようだ。

つまり、冷えすぎず、熱すぎずの人肌ぐらいの温度での調理、飲食が理想とされる。

しかし、一人一人に体質があり、先祖伝来住まいする環境や食生活にも
さまざまであり、それに応じて現在の我々の身体の構造なり機能なりがあり、
その個人にあった方法をマクロ的(広い視野で)に判断して行く事が理想と思う。

西洋人と日本人、同じ日本人の間でも、身体の構造や消化能力等も僅かに違い、
アメリカ人のあの人には良かったからとか、
芸能人のスーパーモデルのあの人が食べているからとか、
同じ日本人でも、まったく同じ人は一人もいない、百人百様、
流行っているからといってそれをそのまま取り入れたのでは、
逆にマイナスになる事も考えられることから、慎重に判断する事をお勧めしたい。

ローフードを100%取り入れ、それだけで生活しようとする人はいないと思うが、
ヨーロッパやアメリカなどの野菜と比べて、火山地層の日本の野菜では、
栄養価なども異なり、有機野菜であっても場合により、
外国の物より大幅に栄養が下回る事もあるようだ。

日本にも先祖伝来、生食や発酵食品など有効な酵素を取り入れる食文化がある。

発酵食品に至っては、
世界中さがしてもこんなに発酵食品を持っている国も珍しいと聞く。

また、酵素を利用した様々な自然系サプリメント及び、
同じく、自然界のファイトケミカルを利用したサプリメントまで多種存在していることから
そのような栄養補助的なものを利用する選択もありえる。

生食もとても必要な物だが、しかし、それだけで生活しようとする事は、
大きな視野で考えなおすことも必要があると思う。

物事には裏表があり陰陽があり、全ての法則がアンバランスな存在であり、
微妙なバランスにより成り立っている。

この世界にパーフェクトな物は一切存在しない。

ローフードも健康を維持する一つの選択であり、
料理の一部として、取り入れる位の感覚で接する事が望ましいと思う。

 

いざ!夜のウォーキングへ

さてさて、この所、
早朝のウォーキングが出来ていないのです。

早朝のお弁当の配達やおにぎりの配達が重なり、
店のお休みの日でも、配達の方は場合によりしているので、
雪見橋周辺での早朝ウォーキングは出来ないでいます。

その代わり、夜ウォーキングをしているのですが、
早朝とは少し違いがあります。

それは、殆どの方が、一人でのウォーキングをしていないと言う点です。

それと、人がいて車が通っている明るい道を選んでウォーキングしている方が殆どです。

それは、暗がりと言う事で、治安的に考えての事だと思います。

夜の雪見橋周辺は、暗く・・・・少し不気味な様相があります。

何かが、どこから飛び出てきてもおかしくない雰囲気なのです。

夜のウォーキングは、車が多い道で、自然が少なく、人気(ひとけ)のある道を使う分、
健康的な面は半減しますが、しないより、する方が良いのです。

でも、夜のウォーキングもまた、楽しい物ですね。

昼間とは違い、照明に照らされた町並みは、それでいて装いがあり、
街中でも、風情があります。

また、暗がりで視野が狭まると言う事で、
案外、長距離を歩いてもそんなに歩いたなーとは思わず、気分的なものでしょうか?
苦に無く歩けるのです。

実は、今日も早朝のウォーキングに入っていません。
と言うのは・・休み明けは、仕込が多く行けないのです。

ですので、今日も、「いざ!夜のウォーキングへ」と言う事になります。

話がかわって・・・・
ウォーキングの最中は、色々な事を考えているのですが・・・・
料理の事や健康方法の事・・・・

今、色々な健康関連の食事方法とか生活方法とかが、新しく出てきていますが、
それを考えた時に、垣根が無く共通な物とは何か?

と考えますと、やはり水なのですね。

例えば、マクロビオティック・・・西式健康法・・・ローフード・・・ビーガン・・・
ピュアベジタリアン・・・未来食・・・ナチュラルハイジーン・・・まだ他にも、
色々な食事法や健康法がありますが、垣根が無く共通で大切な基本的なもの
それは、ナチュラルで自然に近く違和感なくすーと身体になじむ水なのですね。

良い水を使わなければいけないと言う点が全てに共通なのです。

生命は水の無い所に存在しませんし、水が無ければ身体自体も形成されません。

生き物の身体の大部分は水によって構成され、
水は、外部から取り入れなければ行けないのです。

その水・・・・良い物を選んで身体に入れる・・使用すると言う事が、
どの健康方法でも共通している事だと思います。

つまり、良い水に出会えるという事は、素晴らしい事なのです。

水ってとても身近な物・・・・空気のように身近な物・・・・
でも身近な物だからとても大切な物なのです。

 

近況

・ ウォーキングを始めて、一週間以上がたち、三日坊主を通り過ぎ、習慣化!
ウォーキングはとても身体によいことを、実体験しています。

・ 最近、私が推奨する浄活水器のお問い合わせが多く、
水環境の改善が大切であるとのメッセージがお客様へ少しづつですが、
伝わりつつあるように思えて嬉しく思っています。

・ 最近、お弁当やオードブルの配達が急激に伸びてきて、
これだけこだわっている店も珍しいため、口コミで広がっているように思います。

・ 県外からのおせち料理のお問い合わせが多く、
申し訳ないのですが、店の近郊なら配達は可能なのですが、
宅配業者を使っての発送はしていないので、お断りしています。
マクロビオティックのおせちとしては、低価格なので、問い合わせが多いのでしょうか?
値段をもう少し高く取っても良いからとか、崩れても良いからとか、
多少痛んでも良いからと頼まれるのですが、お断りしているのです。

特に、多少痛んでも??・・・・は?

おせち料理のご予約が今月に入り、常連様を中心に入ってきています。

・ 最近、ホームページを持っている企業や個人の方から、
私のホームページを紹介しても良いかどうかのお問い合わせが多く来ています。

このホームページはリンクフリーですので、
ご自由にリンクを張って紹介して頂いてもかまいません。

でも、そのままコピーしての引用は、ご遠慮頂ければ幸いです。

以上 とりあえずの近況。

 

雪見橋

私は、雪見橋を中心として、大桑橋と下菊橋の周辺をウォーキングしています。

雪見橋周辺は、ウォーキングしやすいように、遊歩道が整備されていて、
とても歩きやすく、広場やベンチや、公園などが一体となり、
金沢最大級ともいえるほど、ウォーキングに適したスポットとなっています。

また、それ専用の大型駐車場やトイレなども大桑橋に近い所につくられています。

遊歩道は人口的な装いもありますが、
小鳥はさえずり、川には、水鳥が泳ぎ、自然に包まれた癒しの空間を演出しています。

旧の児童会館(今は、名前が変わっていますが、子供が学べる施設)
もその遊歩道の中ほどにあり、休みの日なんかには、ファミリーでにぎわっていますし、
川の両脇には、広い芝生広場が延々と続き、
ピクニックや軽いボール遊び、鬼ごっこ・・・など十分に遊べる空間となっています。

雪見橋周辺は、絶好のアウトドア感覚のウォーキングを気軽に楽しめるスポットです。

おにぎりとナチュラルな水やお茶を水筒に入れて
・・・・・休みに出かけて見ませんか?

追記!

数年前、雪見橋の下、犀川緑地(芝生広場)で、おにぎりを持って、
ピクニックをしていた所、おにぎりを上にあげたとたん・・・
タッ・・とおにぎりが大空へ羽ばたいていきました。

なんぞやと驚き、頭上を見上げた所、
トンビが、おにぎりをわしづかみ・・・・はるかかなたへと飛んでいくのが見えました。

まさに、「トンビにあぶらあげさらわれた」とことわざにあるけれど・・・
「トンビに お に ぎ り 取られた」

金沢の街中でもそんな自然が残っている・・・・・
いいですね・・・金沢

 

稲刈り

先日の日曜日、
私のお店で使わせて頂いている「イセヒカリ」の稲刈りの弁当の配達に、
鳥越まで、お弁当を届けました。

「イセヒカリ」を日頃から食べている方々への感謝の印として、
農園のオクノさんが、企画している「体験稲刈り」が日曜日に開催されたのでした。

オクノさんでは、イセヒカリを愛している方々を対象に、
田植え体験と稲刈り体験の年二回のイベントを企画しているのです。

天気も良く、稲刈りには絶好の日、
イセヒカリの発芽玄米おにぎりと七分つきおにぎりを中心としたお弁当を、
配達したのです。

その時に、お店で飾る「イセヒカリ」一株と、
「イセヒカリ」のわらをたくさん頂きいたのです。

早速、そのわらを使い、しめなわ作りをしようと、ネットで検索しながら奮闘しています。

来週から「イセヒカリ」の新米がお店でも食べれます。

ご期待下さい・・・・・・ナチュラルな水で発芽させて炊いているので、
白米と同じ感覚でお召し上がりいただけます。

消化も、玄米そのままよりも数倍よくなっているので、
お子様からお年をお召しの方までやさしくお召し上がりいただけます。

発芽に使っているお水については、このページの下のナチュラライザーを開いてください。

安心して頂けると思います。

そうそう・・・・・毎日のウォーキングも続けて出来ています。

三日坊主にならないで!

 

2009年おせち料理ご予約受付開始致しました。

お引渡し:2008年12月31日正午〜。

一律一盛 税込み 13,500円(4〜5人前)

おせち料理詳細 ←クリック

 

↑おせち料理

さてさて、いきなりこの「ラクガキ日記」におせち料理の宣伝?

なんぞや?と思われた人もいるのではないだろうか?

先日、ご来店のお客様の中で、
当店のおせち料理のお話となり、
「もう・・・たかのさんのおせち、予約で、いっぱいだそう・・・・残念!」
「えっ・・もう予約でいっぱいなの・・・・予約できないの」とお話されていた
お客様がいまして、「おせちの予約受付中ですので、よろしければどうぞ」と
お帰りの際に、おせちのパンフレットをお渡しいたしました。

予約できるということで、とてもお喜びいただいて、
皆さんパンフレットをお持ちになられました。

私の作るおせちは、地元で、健康食に興味のある方の中では、
かなり有名のようで、直ぐに予約が一杯になり締め切りになるとの噂が広がっている
ようなのです。

でも、今まで予約が一杯でと、お断りしたことは一度もないのです。

体力が続く限り、予約があれば作り続けます。(年末は、数日徹夜状態で作っています・・・)

 

都会で、マクロビオティックのおせちを注文したならば、
3万円以上でないと買えないと思います。

ではでは、なぜ?
お肉やお魚やイセエビが、入っていないのに・・・お野菜中心なのに、
都会やネットで販売されている物は高いの?
との疑問がでてくるだろう。

それは、作り方が違うと言う点とオリジナリティーが濃いという点、
健康的な食材は、調味料一つを取っても数倍の値がするという点、
アルバイトや料理人を助っ人で、雇う場合、
特殊な作り方のため、その作り方を理解している人が極めて少なく、
人件費が高騰するかも知れないという点、
いろいろと見えないところで、手間とお金がかかっているのです。

だから・・・都会などでは野菜中心でも、
お肉やお魚やイセエビがはいっているおせちと同様に、
場合により、一般のおせちより、
ものすごく少ない内容でも、3万円以上するものが少なくないのだと思います。

では、なぜ・・・「たかのでは安いの?」疑問でしょう?

・ 自家栽培の野菜が中心!
   (これはかなり助かっています。)
・ アルバイトは、一切使わず、全ての工程を私一人で行なう。
  (飲食店で、一番費用がかかるのは人件費と言われています。)
・ お金もうけ優先で考えない!
  (これが一番の理由でしょうか? 一年の感謝の印として!)
この3番目の要素が一番大きいと思います。

都会でも、私の示している価格に近づけることは可能とは思いますが、
そうすると粗利益が非常に少なくなりますし、
光熱費や人件費などをさらに差し引くと・・・・
「苦しい思いをして少ない利益なら・・・作るのはちょっと・・・」
とさじを投げてしまう所も多いと思います。

だからでしょうか?

県外から、おせちのお問い合わせのお電話が、かなり多くあるのでしょうか?
都会でも、ネットからでもおせちは買えるのですが、
まったく動物性のものは入ってないもの!
(肉・魚・魚介類・爬虫類・両生類・鳥類・ミルク・乳製品加工品・卵・
等 出し汁やブイヨンに至るまで、一切使わない)
甘みは、水飴と野菜や穀物からの甘みのみを使い、メープルシロップや
テンサイ糖や純正みりんなども一切使わない・・・
など・・・・そのようなものはなかなかお目にかかれないのかも知れません。

おせちは、晴れの日の料理、この時だけはと、
マクロビオティックの料理でもお魚や鶏肉などを入れている所もあるようですし・・・
私の所のように、一切使わない所は珍しいのかも・・・・

ビーガン食やピュアベジタリアン食にも完全対応していますので、
こんなのは珍しいのでしょうか?

でも、都会から発送してほしいとのお問い合わせはありますが、
衛生面の点や、特別な梱包をしなければいけないと言う手間がかかりすぎるという点、
私一人で全て行なうので、そこまで手が回らないと言う点、
毎回おつくりする数量に限界があると言う点など・・・・・
宅配便を使っての発送は一切していないのです。

12月31日正午から終日(最大延長午後9時までに)
お店に取りに来て頂ける客様や、お店の近郊で配達可能なお客様のみを対象に
ご予約を受け付けているのです。

ご予約受付は、12月の中ほど過ぎまで受け付けています。
いままで、地元の方でお断りした方は一人もいませんが、
私一人で作りますので、お早めにご予約を頂けると予約も確実ですし、助かります。

おせちの作業では、全てナチュラルな素晴らしいお水を使っています。

このページの下の「ナチュラライザー」をクリックしていただければ、
素晴らしいお水だとご理解頂けると思います。

このお水を使っているからと、ご注文頂いている方もいるほど、
お水は貴重な物だと思っています。

さてさて、もう実は、おせちの準備が始まっているのです!
器の発注など見えないところでの準備・・・・今年は何を作ろうかな?

ナチュラルな水を水筒に入れて(暖かいお茶)
ウォーキングしながら構想を・・・・・・

 

おせち料理とお弁当とオードブル 

お弁当・オードブル・おせち料理などは、こだわって作るのには、
時間と労力が必要・・・・心を込めてせっかく作っても食べてもらえなかったらいけないと、
ついつい、ジャンクなものへと、シフトして行き、
不本意ながらも、食べなければいけないと言う、経験の方は多いようです。

胃がもたれ・・・・おなかに脂が・・・・食べたくない物を食べるストレス・・・・

また、普段からジャンクなものを好んで食べている方でも、
お肉やお魚の料理は案外簡単に出来ても、
野菜系の料理は、難しく手間と時間がかかるものです。

でも市販の物は、
砂糖や科学調味料や色粉や防腐剤でいっぱい・・甘くどい!(金沢弁)
老舗のおせちでも、既製品惣菜が使われている場合も・・・

お煮しめや黒豆や酢の物やきんとんや金平・・・
など殆どのおせち野菜系は、たかのにお任せ頂く事で、
気忙しい大晦日の時間を有意義に活用頂けます。

植物性の物でお肉のような食感の物も珍しいという事で大好評だとか・・・

でもやはり、肉系・魚系が欲しい方はそれだけ別に用意すれば簡単に新年を迎えられます。

私のおせちをお求めの方の多くは、ベジタリアンではありません。

金沢のベジタリアン・マクロビアン・自然食嗜好の方の人口は極めて少ないのです。

「たかの」でおせちを注文して、
お肉系とお魚系は、別にちょっと用意すればと・・・お買い上げの方が殆どなのです。

そうすれば、
お肉やお魚がないと満足できない方も満足!
そして、自然派のお客様も満足!

喜び満点 笑顔満点 で良い年をお迎え頂ける?かもしれません。

 

久しぶりに

この所、お店のお休も、オードブルやお弁当の大口の注文が続き、
今月は、丸一日のお休みがなく、久しぶりに忙しい日々をすごしています。

また、早朝のお弁当(午前7時から8時にお届け)のご予約も引き続き複数あり、
それにあわせての仕込み盛り付けなので、早朝ウォーキングには、
数週間行けなくて、かわりに、夜のウォーキングに行っています。

大口のご注文や、休日に予定が入っていないときは、
なるべく、複数のお弁当やオードブルなどの配達は、受けるようにしているのです。

でも、やはり休日は必要な物ですね。

でも、久しぶりに今度の週末は、丸一日のお休みとなりそうです。

予定では、お弁当とナチュラルなお水で作った暖かい三年番茶を水筒に入れて、
紅葉とかけながし温泉の日帰りドライブ・・・

金沢

白山スーパー林道(紅葉がとてもキレイなドライブルート(有料))

白川郷(清らかな山の空気に包まれてのウォーキング)

平瀬温泉(銭湯を利用)
(塩素入りや循環式でなく、かけ流し温泉のやわらかいお湯)
(源泉かけ流しではめずらしい、銭湯で、安い・・建物も新しく露天風呂もある)    

東海北陸自動車道(北陸から名古屋方面へ全面開通した高速道路)

金沢

のドライブルートで、自然を満喫してこようと思っています。

山々の木々や自然から生み出される癒し成分(フィトンチッド)
や清流や清らかな滝から生み出される癒しの成分(マイナスイオン)
に包まれて、それに、家からもって行くナチュラルな水との相乗効果により、
身も心もリフレッシュ・・・・・・

癒しの日帰りドライブへいざ!

 

先日の連休

先日の連休は、↑のように、紅葉狩りに出かける所が、
急遽中止、店の大掃除に切り替わりました。

あいにくの雨模様だったのです。

私は一人で店の大掃除!
その他、買い物に出かける者もいれば、図書館に行く者も・・・・

しかし、ナチュラルな水は、良く汚れがとれる・・・おちる・・・
通信販売で衝動的に購入したスチームが雑巾に出るやつで、店の大掃除、
これがすごい、しゅわーとものすごい蒸気が雑巾から噴出し、
汚れを溶かして雑巾に吸収させる。

そうだ・・・と水道水そのままセットした場合と、
浄活水をセットした場合の違いを見比べてみると・・・
違いが歴然?・・・・ナチュラルな浄活水の方が良く汚れがおちたのです。

私の場合はそうだったのかもしれませんが、
水の良し悪しで洗浄効果もこれほど違う物かと思い知らされました。

そこで・・・またまた、
数年前、衝動的に購入した水蒸気を圧力をかけて一気に吹き付けるタイプの
洗浄器も在ったのを思い出し、倉庫にとりに行き、
浄活水を注入、しゅー・・と調理場の棚やシンクに吹き付けて、
ふき取る事、数時間、調理場の一部がピカピカに!

これはすごい、浄活水蒸気パワー!

ナチュラルな洗浄パワーに助けられ、
大掃除?が終了したのでした。

夕方から晴れ間が出て、
夕食を食べてから、家族全員でウォーキング・・・今回は長距離ウォーキングへ出発!

まず、店から、小立野盆地に上がり、旧金沢大学工学部前に出て、
天徳院方向に歩き、それを過ぎて、広場大通りを右に曲がり、金沢商業高等学校前を
通り、小立野小学校前を通って、坂を下り、山側環状道路に沿って、山側に向って歩いて、
トンネルを抜けて、ヤマダデンキ前を通り、大桑橋を渡り、涌波のゴルフ場(打ちぱなし)
の前を通って、雪見橋の所で、右に曲がって帰るという、3時間ウォーキングコース、
さすがに疲れて・・・・・・

ウォーキングは、程ほどに・・・・

 

師走

師走になり、
年内に終わらせなければいけない仕事を、カレンダーに書き込み、
計画的にこなして行かなければいけないのです。

まず、年賀状の作成、
これは半端な枚数で無いので、印刷するのにかなりの時間を使うこととなります。

まず、文面の作成、
私的な物とお店の物を両方作成しなければいけないのです。

お店のお客様に出す年賀はがきは、
今週いっぱいで印刷完了するように、作業を進めています。

私的な物は、その後に取り掛かり、
自宅の大掃除と店の大掃除も少しづつですが、計画的に進めていかないと、
暮れにとんでもない事になりそうです。

今日はこことここと言うように、カレンダーに掃除の場所を書き込み、
掃除し終わった所をチェックして行きます。

それに、おせち料理の準備!

お店の冷蔵庫の前は、今年中にしなければいけない事柄のメモが、
山のように貼ってあります。

暮れになるにしたがって、そのメモ紙が少なくなっていくのですが、
師走は、時間の流れがとても速く感じられます。

毎年、師走は、
お弁当のご予約が多く入って来る時期でもあります。

それだけ、皆さん気忙しい日々を送っているのでしょう。

健康に配慮したお食事を作るのは手間と根気と時間が必要な物です。

その時間を他のことに使えたならば、合理的な時間の過ごし方が出来ます。

私のお弁当は、たっぷりと盛り込んでいますので、
後から小腹が空いて、間食を食べる必要も無く、腹持ちも良いお弁当です。

暮れになるほど、お弁当のご注文は増えてきます。

それに単品類のお持ち帰りも徐々に増えてきています。

から揚げ、フライ、グラタン、チャーハン、おにぎり、揚げ出し豆腐、
パスタ、タルト、ケーキ、植物性ハンバーグ、てんぷら、煮物・・・・・・・・

 

パンデミック(世界的大流行)

金沢は、真昼はまだ暖かい時もあるけれど、
日が暮れるあたりから、冷え込み、早朝は特に寒い、
暖房器具がないと、冷え性の方はとてもじゃないけれど生活できないぐらいの冷え込みです。

体が冷えるという事は、免疫系等も弱くなるという事らしいのです。
冷え性の方にデリケートな方が多いのもその事が関係しているように思います。

健康雑誌をかいつまんで読んでいくと、
体の中の健康をつかさどる所のエンザイム(酵素)も体温の高い方の方が、
安定して活動してくれるようで、体温の低い方の場合は、それが弱いようなのです。

東洋医学のほうでは、昔から「冷えは万病の元」と言われていまして、
多くの場合、共通して身体を暖めて冷えに注意しなさいと言われ、
まず、「身体を暖めること、冷やさない事」を指導されるようです。

若い方の中で、(最近は熟年層でも)寒くてもミニスカートや生足・・
露出の多い装いをしている方もいますが、
それは、健康的ではありませんし、万病を患うかもしれない危険な行為のようです。

また、ジャンクな食べ物や飲み物も、身体を冷やす要素を持っていますし、
普通は、真夏に食べたり飲んだりする物や、
暖かい気候風土で、先祖伝来住まいする人達が、口にするような飲み物や食べ物でも、
身体を冷やす要素があるようなのです。

肉食オンリーな生活も身体を冷やしかねません。
それは、それを飲んだから、食べたからと言う単純なことではなく、
それらの物が体の中に入った時に、どのように変化していくか、吸収されるのか、
どのように我々の血や肉やメンテナンスに利用されていくのか、
全ての物は鎖のように繋がって、良しも悪しも、影響しあっている、
とても神秘的であり、科学的なものであり、現実的であり、健康のメカニズムでもあり、
水と食の改善は、我々の日常生活を健康的に営む一つの重要な鍵でもあるようです。

日常を健やかに生活するには、生活習慣・食習慣も含む、健康的な改善が望まれています。

ところで、
この寒い季節、風邪やインフルエンザが流行る季節になってきました。

私は先日、インフルエンザの予防接種に行って来た所です。

インフルエンザを自然治癒力で治すにはとても時間がかかり、
体力も消耗し、仕事的にもリスクを伴いますので、
毎年、予防接種に行くようにしています。

医者嫌いの方や西洋医学に傾倒していない方々の中には、
予防接種を嫌う方もいますが、色々なリスクを鑑みて、
私は受けるようにしているのです。

しかし、そのインフルエンザの予防接種も、
従来型のインフルエンザ対策としては、一部有効であっても、
今 深刻なパンデミックを危惧されている新型鳥インフルエンザ等には、
効果がないと言われています。


鳥インフルエンザウイルスは、今こうしている間にも、
少しずつ新型のインフルエンザウイルスへと変異しているらしいのです。

パンデミックという言葉を最近良く耳にすると思います。
パンデミックとは、「世界的大流行」を意味する言葉です。
そのカウントダウンがすでに始まっていると言われていますし、
その対策等が各国で、この私たちの住まいする日本でもシミュレートされています。

新型鳥インフルエンザのパンデミック(大流行)が始まると、
感染者は、最悪の場合200万人以上に、
死亡者は最悪の場合、70万人以上・・殆どの方が助からないとも 言われているようです。

交通機関の目覚しい発達に比例し、過去のパンデミック以上に、
短期間で地球全体に、甚大な被害をもたらすことが予測されているのです。

今現在の所、新型インフルエンザに最も有効なワクチンとして、
プレパンデミックワクチンと言う物があります。

プレパンデミックワクチンは、
今まで発見されたH5N1型鳥インフルエンザウイルスをもとに作成されていますが、
それは、我々一般にまでには、まわって来ないと言われているようです。

政治家や警察関係や医療関係の方達など、治安等を維持するのに
最低限必要な人達に優先され、一般にまわすほどには至らないようです。

我々一般人用には、「タミフル」を合計2000万人強位備蓄しているようですが、
プレパンデミックワクチンと比べ効果があるという保証はないようです。

今の時点で、H5N1型鳥インフルエンザウイルスには、
プレパンデミックワクチンのみ効果が期待できるのだそうです。

新型の鳥インフルエンザがいつ出来てもおかしくない状態なのですが、
現時点では、人に感染するH5N1型鳥インフルエンザウイルスのみが存在していますので、
H5N1型鳥インフルエンザウイルスのパンデミックが発生した場合、
プレパンデミックワクチンを打てるかどうかによって、生死が左右されかねないのです。

感染からかなりの期間、絶えがたき苦しみとなる、
H5N1型鳥インフルエンザウイルス、最後には、肺をやられ、窒息死に至る場合が
多いのだそうです。

先進国、各国では、もうすでにプレパンデミックワクチンが全国民にいきわたるように、
備蓄している国もあり、最重要な問題とし、
それに向け急遽増産している国もあるようです。

只、わが国では、今の時点では、選ばれた人しかもらえないのが現状のようで、
選ばれし者だけではなく、早急に全員に行き渡るようにして頂きたいと
心より願っています。

また、そのプレパンデミックワクチンも、H5N1型鳥インフルエンザウイルスには、
効果が期待できても、新型鳥インフルエンザが出てきた場合には、
今の段階では、効果があるという保証はないのが実情のようです。

なぜなら、新型ウイルスが出来てから、
新たなワクチンが出来るのには、相当の月数が必要なのです。

では、現時点での最大の予防策は?

プレパンデミックワクチンが一般に接種出来ない現時点では、
H5N1型鳥インフルエンザウイルスや、新型インフルエンザウイルス
を体内に絶対に侵入させないことが最大の防衛策です。

パンデミック(大流行)の前に、
細菌を通さない高機能マスクや高密度手袋・細菌を通さないゴーグル
などを個人レベルで備蓄して、
個人レベルで情報のアンテナを張り巡らし、その兆候があると判断した時に、
公から注意が発動される前に、それらの物で予防する事です。

日常、うがいや手洗いを神経質だと言われるほど頻繁にすることも肝心です。

インフルエンザが流行りそうな時期全般は、
日頃から、パンデミック(大流行)以前であっても、
人混みや繁華街(人がたくさんあつまる所)への外出を控え、
食習慣も含む生活習慣の改善を心がけて、
身体をいたわり、気力や体力や抵抗力を高めること。 

身体を暖め、冷やさない事、ジャンクな食を避けてバランスの良い栄養を摂り、
常に体調を最高のポジションに保つ事、乾燥した空間や場は避けること、
日常の生活空間(自宅等)では、乾燥時には、
湯沸しなどや加湿器などを利用して、最低でも湿度60%位に保つことが理想のようです。

特にこれからの時期、注意しなければいけない場合は?

忘年会や新年会で、人混みの多い空間に行く場合。

映画館やコンサートなどに行く場合。

学校や職場など、狭い空間に缶詰となる場合。

病院などに行く場合。

飛行機・バス・電車・エレベーター等、狭い空間に缶詰となる場合。

家庭での食卓ではなく、外食や食品を購入する時など、
外気にさらされて、一つの料理などを環境の違う複数の人達で
取りあいながら飲食・選別するスタイルなど、汚染しやすい環境の場合。

それらは、

狭く隔離された缶詰のような空間では、感染者がいる場合、
高い確率で感染する事が考えられます。

肉眼では判断しにくい状態でも、
複数の人が、手に取り行き交い、外気にさらされて、
いる場合、感染するリスクが高い事が考えられます。

買い物や飲食をする場合、なるべく人が混んでいない所を選ぶのも
選択の一つです。

デリバリーなどでは、自分で好きな物を取れるようなスタイルよりも、
その都度、作ってくれる所や、ガラスケースなどで密封されたケースから
販売員の人が取り出してくれる所の方がリスクは少ないと思いますし、
外気などにさらされない密封された容器に入った物の方が良いでしょう。

外食も、沢山の人が集まり、行き交う所よりも、
少人数で切り盛りしていて、その都度注文を聞いてから作ってくれるような
小さな店の方が、リスクは少ないでしょうし、作り手やお運びさんに至るまで、
健康である事が重要です。

その時々で、我慢できる事は、我慢する。

どうしても避けられない時は、その場その場で、
周りの雰囲気や一時だけの格好を恥じないで、
最大限での出来る限りの予防手段を実行する。

これが、自分の命や家族の命を守る最大の防御策だと思います。

一旦、パンデミック「世界的大流行」となってしまってからでは、
ある意味、運を天に任す術しかなくなるからです。

そして、パンデミック「世界的大流行」は、
今の時点で、どこから起ってもおかしくないのです。

その証拠に、世界の国々の政府機関、医療機関、このわが国、日本でも、
深刻な問題として、シミュレートが行なわれ、
様々な対策や予防策が急務されているのは現実の事なのです。

いざとなれば、誰かが助けてくれる?・・・・

パンデミック「世界的大流行」になれば、そんな甘い考えは、飛んで行ってしまいます。

我が身は我が身で守るしかないのです。

この私でも、家族のために、すでに細菌を比較的通さないタイプの
マスクと手袋とゴーグル等を少しづつ備蓄しているのです。

それでも、僅かな期間分しかありません。

パンデミックから終息まで、少なくとも2ヶ月以上は、かかると予測されている方も
いるからです。

一旦、パンデミックになると、食料品や医薬品も手に入りにくくなり、
急激に高騰することも予測できます。

しかし、対策を怠る事は、高リスクを伴う事にも繋がります。

プレパンデミックワクチンが、早急に全ての人に行き渡るように願うばかりです。

 

おせちの予約など・・・

・ 先日から、おせちの予約が常連様を中心に、入ってくるようになりました。

・ クリスマスのオードブルのご注文もいくつか入ってきています。

・ バウンドケーキやタルトなどのお問い合わせも増えてきました。

・ マクロビオティク食のレトルトなどのまとめ買いについての
  問い合わせも複数あります。

・ お弁当のお問い合わせも増えてきました。

・ 自然系浄活水器のお問い合わせも、今月に入り増えてきています。

年末に入り、時間が早く流れるのを感じます。

 

テレビ取材

今日、地元でも有名な放送局から、取材依頼のお電話を頂きました。

でも、お断りするしかなかったのです。

取材の内容は、おせち料理、
「たかのさんのおせち料理をぜひ朝の枠で、紹介したいのですが」
とのお声をかけていただきました。

取材日は、近日中との事でした。

しかし、私の作るおせちは、かなりの時間がかかりますし、
食材等もまだ手元にはありません。

時間が無いのと、手間がかかりすぎると言う事で、
取材用におせちをお作りすることは困難な状況です。

おせちの予約の状況ですが、
昨年の予約を超えて、現在増えに増え続けています。

隣県の富山県や福井県の方も取りに来られますし、
もっと遠くから取りに来て頂く方もいます。

これ以上、メディアを使ってのおせちの宣伝は、必要ないといいますか、
出来れば、お店のお料理に関する取材なら喜んで受けるのですが、
今回の取材は、おせちがメインのようです。

また、健康的な食に関しての特集やマクロビオティックや自然食関係の
取材なら喜んでお受けいたしま
ので、その時はよろしくお願い致します。
とお断りしたのです。

地元のテレビ局の取材は、今まで数件あり、
お声をかけていただいた放送局には、まだ出たことはありませんでした。

というより、数年前に一度、お声をかけていただいた事があります。

その時は、生中継したいので、お願いしますと言う事でありましたので、
録画でなく生と言うのはちょっと、おそれおおいとお断りしたのでした。

お店の陳列台の上には、今まで取材に来られたアナウンサーの方の色紙と
その時に一緒に撮って頂いた写真を並べています。

地元の放送局でまだ取材に来られない所は、2局(I局とN局)で、
今回の取材を受けたとしたら、残り、N局だけとなっていました。

まことに、残念であり、またお断りして申し訳なく思っています。

おせちの内容等は、大晦日に、ここのホームページに、
アップいたしますので、ご興味のあります方は見て頂ければ幸いです。

それと、まだおせちの予約は受け付けています。

いままで、当店まで取りに来ていただける方、
店の近郊で配達可能な方の場合、予約をお断りした事はありません。

ぎりぎりまで出来る限り予約は受け付けていますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

食べ物の ミ ダ レ と健康寿命?

先日、テレビを見ていた所、信じられないお話が出ていました。

なんと、今の若い世代では、家族での食卓でも、
お互い好きな物を食べるそうなのです。

私は、40代ですが、その世代ですと、
家族での食卓と言いますと、できるだけ同じ時間に食宅を囲み
皆同じ物を食べる方もまだ多いと思います。

でも、それよりも若い世代の家族では、
食卓で、食べるものが一人一人違う方も多いのだそうです。

それに、食べる時間も違う
その時間に同じ家にいても・・・・食べたい時に食べるのだそうです。

その食事の内容も、
お子さんは、スナック菓子とか菓子パンとか即席ラーメンとか、
好きな物を食べる。

大人は、デリバリーや野菜が心持ちょっとだけついている肉だけの料理。

中には、ハンバーガーやコンビニ弁当や冷凍食品やラーメンや
ファーストフードが通常の食卓の方も多いのだそうです。

今日はどうしても、作れないから簡単な物で済ませましょうと、
年に数回、ジャンクなものを食べるのならいいのですが、
毎食のように、ジャンクな食を、好んで食べているかたもいるようです。

健康的な食をしている方も多くいるとは思いますが、
そうでない方が、着実に増え続けています。

ではそうなると、今後どのような事がおこって来るのでしょう?

今、長寿の方が多い日本です、100歳に近い方が沢山います。

しかし、80代前後の方を見ますと、
多くの方がディケアを利用されているように思います。

骨がもろくなっていたり、血管が弱くなっていたり、
痴呆になってしまったり・・・・・

なぜ、だろう・・・周りを見ても、
デイケアや施設をなどを利用していたり、介護におわれる日々を過ごしている方が多い。

病気の方がものすごく多いなぜ?

今の80代70代の方の幼少期は戦時中で、十分な栄養に恵まれていなかったようです。

身体を構成する大切な時期に、
十分な栄養に恵まれなかったために、血管が弱い方も多いのではないでしょうか?

また、その他にも身体を構成する上で、相当なリスクがあったようにも思います。

若い時は、何とか元気に過ごしても、
ある年齢を過ぎてからは、ある意味、貯金・・・・
健康維持に必要な身体を構成する貯金が少ないと、
それが、切れ掛かったときに一気に老いてしまうのではないでしょうか?

まるで、浦島太郎のように?

健康寿命と言う言葉があるようです。

それは、健康な状態で過ごせるまでの期間を意味しているようです。

寝たきりや痴呆や様々な状態において、
介護が、必要になった人は、健康寿命から卒業したかたちになるようです。

つまり、日常生活を助けを借りずに、普通に営む事が出来るまでの
時間が長ければ、健康寿命が長いとなります。

でも、戦時中など、栄養が不足しているのは仕方が無い事、
なにも望んで、そうなったのではない、

しかし、今の働き盛りの人達にものすごく病人が多い、
ガン・糖尿病・高血圧・・・・・
それは、幼少期の食生活から現在まで、
きちんとした食がなされていなかったためではないでしょうか?

そして、
今の子供たちの食のあり方、
近い将来その子供たちが大きくなり家庭を持つ事になる時期、
今まで以上に、病人が増えるのではないかと懸念します。

健康的な食卓を!

健康的な水と食を!

次世代の子供たちのために!

 

・・・私の近況

今日は、とても天気が良い日です。
昨日は、風が強く雨が横にたたきつけるように、吹荒れていたのに、快晴!

久しぶりに、ウォーキングに出かけられたのです。

ここ数週間は、雪が降っていたり、
雨が吹荒れていたりと、ウォーキングに行けないので、
室内での運動をしていたのでした。

室内の運動?

たいしたことではありません、階段を上ったり降りたり、
それを何往復もすると、ウォーキングよりもきつい運動になりまして、
これは良いと、階段ウォーキングをしていたのでした。

でも、やはり外を歩くのと、
一人で階段を行き来するのでは、雰囲気も風情も違います。

外でのウォーキングは気持ちが良い物です。

そうそう、年賀はがきですが、
今月の15日から出しても良いそうです。

お店のお客様あての年賀はがきは、やっと昨日作る事が出来て、
あとは、私的な年賀状を作っている最中です。

クリスマスまでに出さないと、
元旦には、つかないかもしれませんし、
その時分は、おせちの準備がありますので、気忙しく年賀はがきを作成する暇もありません。

おせち料理ですが、
まだまだ予約を受け付けていますので、よろしければ予約をどうぞ!

詳しくは、この下のリンクをクリックしてみてください。

たかのオリジナルおせち予約ページ

料理を作るのにも生活する上でも、
一番大切なものは、やはり水ですね。

水の良し悪しって、ものすごく重要な要素ですね。

とくに、体調が優れない時や、料理を作っているときなどは、
それが痛いほど良くわかるのです。

素晴らしいお水で、「おせちを」つくりますよ!

お楽しみに!

 

冬支度

ここ北陸の平均的な冬支度とは?

網戸を洗い物置にかたずける。

庭に木がある家では、紐を枝に結び雪吊りをして、
雪の重みで枝が折れないように補強する。

雪が敷地内に舞い込まないように、雪囲いをする。

除雪用具の点検と補充をする。
(ママさんダンプ・スコップ・軍手・・・・)

暖房器具を物置から出して、ほこりをはらい試運転。
(灯油が必要な場合は、ポリタンクを持って、ガソリンスタンドへ)
(最近では、寒くなると、灯油売りのタンクローリーが、家まで来てくれるサービスもある)

車のタイヤを冬用タイヤ(スタッドレス)に替える。
(約3年〜4年ほどでゴムが硬くなり使えなくなるので、買い替えを検討する)

防寒具の点検と補充をする。
(雪のあまり降らない地域の人が見ると信じられないぐらいの
多種多様のおしゃれな防寒具が、モールなどに出揃う)

みかんや柿・・・など、こたつで、食べれる物を買いに行く。
(大雪や吹雪いている時など、外に出るのが少なくなるので・・・・)
(最近は、地球温暖化で、雪が沢山降り積もる事も少ないのですが・・・一応)

おせちの材料の買出し・・・・・
(最近は、家で作る人は少ない・・・出来合いのものを注文する人が多い)
(手作り、無添加、・・・・究極にこだわるのならば、「たかの」で作っています!)

まだまだ冬支度は、あるけれど・・・・気忙しい時が北陸の師走。

そうそう・・・・年賀状!も・・・

 

おせちの予約が・・・・

師走も中ほどになり、
初春まで秒読みのカウントダウンが始まっています。

時間がこんなに大切で、貴重なな物なのかと、
今の時期、強く感じられるのは私だけでしょうか?

数日前から、おせち料理のご予約が増えてきています。

毎年の常連様も、「まだ間に合いますか?」と一斉にご予約を頂いています。

まだ〆てはいませんので、
お気軽にご予約いただければ幸いです。

金沢のお隣の福井県や富山県や能登から取りに来られるお客様もいます。

お里帰りで金沢に帰省されるとのことで、
私のおせちを大晦日に取りに来られる方や、帰省の方のためにと、
ご親戚の方のご予約も多く入ってきています。

おせちの予約も、増えてきました・・・・
師走は、師も走るほど気忙しい時、
私のおせちが、少しでもお役に立てればとても嬉しく思います。

 

初詣 (はつもうで:初参り)

私の住まいする土地で、初詣と言えば、「白山さん」が特に有名なのです。

大晦日、まだ明るい時間帯から、
交通制限がされていまして、警察の方など多くの方が交通の整理や
取り締まりなどがされていまして、その周辺の道路は大渋滞するのです。

白山さんの駐車場は非常に広いのですが、それでも止めるのに非常に苦労もされます。

そこで、白山さんの近くに、北陸鉄道の電車の駅がありまして、
その電車に乗って、参拝に来られる方も多く、
その場合は、古式ゆかしい
坂になっている昔からの参道を歩いての参拝となります。

わたしは、初詣は時期をずらして、するようにしています。

毎年、ものすごく混みますので、
特に、今年は色々と問題がある時期ですので、参拝の方は、非常に多いとおもいます。
その代わり、
毎年の事ですが、今の師走の時期に数回、正月に数回参拝に行きます。

そうそう、地元では「白山さん」と親しまれていますが、
正式には、「白山比盗_社」(しらやまひめじんじゃ)と呼ばれています。
http://www.shirayama.or.jp/

由緒ある神社ですので、
宗教に関係なく様々な外国からのお客様も参拝に来られるのです。

何をお願いするか?

家族が身健やかに一年をすごせます様に・・・・
たくさんのお客様の喜びと笑顔と元気のお手伝いができますように・・・・

定番ですね・・・・

 

掃除

今年も、残りわずかとなり、
気忙しい日々をすごされている方も多いと思います。

私は、やっとお客様用と私的な年賀状を書き終えて、
先週、ポストに投函し、年賀状は、どうにか間に合いました。

後は、大掃除とおせち作りが残っています。

特に大掃除は、すぐにでも取り掛からないとスケジュールが、
後半詰まっていますので大変なのです。

大晦日前の数日は、睡眠時間も惜しむほどおせち作りに忙しく、
掃除をする暇もありません。

クリスマスの前後に、掃除のほとんどを終わらなければいけないのです。

今日は、ガス台とガスバーナー、オーブンの掃除、
明日は、冷蔵庫、棚などを掃除します。

前までは、かなりきつめの掃除洗剤を使っていましたが、
去年から重曹を使い始めました。

重曹を使って掃除をするとぴかぴかになりまして、
とても重宝し、助かっています。

特に、油汚れは驚くほど綺麗になります。

重曹を水で溶いてそれを掃除スポンジやたわしにつけて、
ごしごしこするだけで、簡単に汚れが落ちるのです。

そして、最後の締めくくり・・・・・
おせち作りが待っています。

今週の12月26日で、おせちの予約は締め切るのですが、
予約したい方は、お早めに予約いただければ幸いです。

 

お餅

お正月といえばお餅!

「あけましておめでとうございます。」と挨拶をして、
初めて口にするのは、おせち料理とお雑煮の方も多いと思います。

この初めてと言うのは、
日本人にとってとても神聖な事なのですね。

例えば初詣とか・・・・「初」がつくものは殆どが神聖なものが多いのです。

初夢とか?

それで、新年初めてのお食事も、とても神聖なものなのです。

だから、新年初めてのお食事が、
初カップラーメンとか?
初コンビに弁当とか?
初ハンバーガーとか?
初お菓子とか?
ではなく、出来れば手作りのもの
例えばお雑煮なんかが良いと思いますがいかがでしょう?

お雑煮は誰にでも簡単に作れますし、お餅もかなり安く買うことが出来ます。

とても経済的な神聖な食べ物なのですね。

お雑煮は地方により、作り方や具が違ってきます。

ここ金沢では、いたってシンプル!

あまりいろいろな物を入れないのです。

金沢の一般家庭のお雑煮は、
味付けは、お吸い物よりも少しだけ濃い目のお味で、
お餅と葱、入っていても、白菜や飾りににんじんや柚子皮が心持入っているだけ、
ものすごくシンプルなのです。

つまり、吸汁にお餅だけが入っているだけみたいな・・・・

とても経済的でしょう?

でも、毎年、
お餅をのどに詰まらせて大変なことになる方もいるようです。

特に、お年寄りや子供、早食いの方は、お口の中でよく噛んで食べましょう!

お餅は腹持ちが良いので、食べ過ぎに注意しましょう!

もう、
「あけましておめでとう」のカウントダウンが始まっています。

師走の気忙しい時でありますが、
健康には特に注意して新年を迎えたいものですね。

 

正月のお飾り

以前、この落書帳に書いたことがありますが、
お店で使わせていただいているお米(イセヒカリ)のわらを貰ってきまして、
しめなわを作ったのでした。

今日は朝から、しめなわを完成させるべく、
それにつけるお飾りを買いに行ったのです。

なかなか素材をばら売りしているところは無く、
松葉だけパーツとして買ってきました。

そこで気がついたのですが、
金沢市内、いたる所で工事があり、車が渋滞していたのです。

それに、病院の近くは、超大渋滞!

薬をもらいに行く方で混むのでしょうか?

病院に近い道路では、中々車が先に行きません。

後ろからクラクションを鳴らす人やら、
強行突破、いきなりユーターン・・ものすごくきわどいタイミングで、
事故すれすれのスタントを演じている方もいまして、
その度に、ブーブークラクションが炸裂していました。

師走残り少ない今日、
気忙しい時の流れが、人々の心をあせらせているように思います。

と・・・言う私も、
気忙しい時の流れに流されているのですが・・・・・

ひとまず今日は、何とかパーツを探して来て、お飾りだけでも完成させよう!

 

明日から正月

今年一年ありがとうございました。

おせちを作り終えて、皆さんに手渡し、
やっと、一息ついているところでです。

と言っても、
まだ、大掃除が残っています。

今年のことは今年のうちにと、休憩後、掃除にかかります。

年越しそばを食べる前に完了するべく、頑張ります。

そうそう、今年の年越しそばは、
100%のそば粉で作られた、十割そば!

おせちの仕込みで残った、濃厚な昆布ときのこの出汁で、
そばつゆを作って、あつあつで、いただきます!

今日盛り付けましたおせちの画像は、おせちのページにアップしておきました
ので、興味のあります方はどうぞ!

おせちのページ

では、みなさん! 良いお年を!

 

あけましておめでとうございます。

年頭にあたり謹んでご祝辞を申し上げます
昨年はひとかたならぬご厚情にあずかり、
心から感謝いたしております。
本年は一層ご期待に添えますよう、
精進、努力いたしますので、
何卒ご指導、ご鞭撻のほど、
よろしくお願い申し上げます。

尚、年始は、6日(火)より、
限定メニューにて、営業致しております。

     平成二十一年元旦

今日は、まず、家の神棚におまいりしてから、仏壇におまいりして、
金沢は、家に神棚と仏壇がある家が多いのです。

近所の産土の神社にお参りに行き、
しらやまさん、地元では「白山さん」と親しまれていますが、
正式には、「白山比盗_社」(しらやまひめじんじゃ)と呼ばれています。
http://www.shirayama.or.jp/

に参拝に行きます。

この産土の神社ですが、
殆どの神社はとても、小さい物でありますが、
その住まいする土地や周辺をお参りしていただいている神社ですので、
初参りは、産土の神社にまず参拝するようにしています。

皆さんお住まいする土地にも、必ず産土の神社はあると思います。

そうそう・・・・町内会などでお祭りをする神社?です。

初参りは、とても清らかなものでありまして、
宗派や宗教の違いにかかわらず、多くの方が参拝されています。

今年一年こう・・・過ごしたい!
今年一年ああ・・・ありたい!
目標に向かって精進したい・・・!
進学進級就職の成就などのお願いや良縁のお願いなど・・・・
商売繁盛や災いを跳ね除けて頂く祈願など・・・・
さまざまなお願いや決意や感謝を全国いっせいにする
神聖な場所であります。

さあ・・・・初詣に!

 

今回も、おせちのご注文いただきありがとうございました。

多くの常連様から、この内容でこんなに安くて大丈夫ですか?
との労いのお言葉を頂き、感謝しております。

私の作るおせちは、
当店を支えて頂いたお客様への感謝の印として、
毎年、企画させて頂いております。

この難しい時代だからこそ、気軽に来て頂きたく、
より多くのお客様の健やかな日々の少しでものお役に立ちますように、
当店通常のメニューも、利用しやすい大衆的な価格にて、今年も頑張ります。

どうぞ、新年もご愛顧頂きます様に、よろしくお願い申し上げます。

 

お久しぶりの書き込みです。

元旦から、今月も中ほどの今日まで、ここのラクガキ帳に書き込むことができず、
気忙しい日々を送ってきました。

PCを年に3回ほどリカバリーをかけているのですが、
ウインドウズは、長く使い続けると、動作が悪くなったりするものですから、
たまに、初期の状態までに戻す作業をしているのですが、
今回は大変なことになってしまったのです。

こまめにバックアップを取っていないのが災いしたのか、、
半分寝ぼけて作業していたのでしょうね、
このホームページのデーターの殆どを削除していたのでした。

それも、削除した状態で、WEBにアップしていたようで、
オリジナルのデータそのものが無くなってしまい、
またそれに同じくして、WEBに公開しているものも同様に無くなってしまったのです。

それから、他にもリンク切れがないか消えている箇所がないか、
一度全部のページを見てみようと思い、見てみたところ、画像が出てこないものや、
かなりのリンク切れもあり、こうなると大変!
元に戻すのが一仕事なのです。

このホームページはフロッピー全盛の頃から作っていますので、
何十枚もあるフロッピーの中から、
昔の画像や素材をいちいち開いて探して、戻す作業は、ものすごく時間がかかり、
やっと、元の状態に近く出来たのは、昨日、
こうして、このラクガキ帳にやっと書き込みが出来るまでに再生出来たのでした。

そこで、
考えさせられたのですが、なんと、継ぎ接ぎだらけのホームページでしょう?
もっと見やすくしなければと・・・・・今年の夏ぐらいまでには、
デザイン的な統一をはかりたいとも思います。

 

生まれて初めて

私のお店には、生まれて初めて外食が出来たとお喜びいただいた
お客様も数多くいました。

動物性のものは一切使っていないので、
卵や乳製品や乳発酵食品や魚や肉関係も使っていないので、
卵にアレルギーのある方や乳製品や魚や肉にアレルギーのある方でも、
お召し上がり頂けるのです。

子供さんが、生まれて初めて、グラタンを食べれた!
子供さんが、生まれて初めて、アイスクリームが食べれた!
お肉のようなトンカツもどきや、鳥のから揚げにそっくりな植物性のから揚げなど、
お喜びいただいてお帰りになられた方が数多くいました。

また、それがご縁で、常連様になっていただいたお客様も数多く、
年に数回のお里帰りの際には、必ずお立ち寄りのお客様や、
帰省の際のおせち料理を毎年楽しみにされているお客様も多いのです。

この生まれて始めての食感は、忘れられない思い出となるようです。

お子様から「たかの」に行こうと言われるそうなのです。

私のお店に来られるお子様の多くは、お水を沢山おのみになる方が多いです。

お父さんお母さんが、もういい加減、お水のむのは止めなさいと注意するほどです。

子供はとても正直、
身体にすーと違和感無くなじんでいくお水は直ぐにわかるのだと思います。

ただ、良いお水には違いはありませんが、おねしょには注意くださいね。

良い水との出会いも、お子様には始めての体験だったのだと思います。

お水をジュースを飲むように、飲まれるのですから、
子供は正直であり、素直なのです。

その点、
私も含めて大人となった者は、色々となにかと純粋ではなくなっていくのですね。

子供の心の目は、曇りが無く澄んでいますが、
大人になるにつれ、社会にもまれるうちに、少なからずとも濁ってくるものです。

学生時代、哲学に詳しい老先生が良く言っていました・・・・
年をとると、神社参りや寺参り・・・人生経験も多いから
悟りを開いて、心も清らかな人が多いと思うかもしれないが、
人は年を追うごとに心が汚れていくものだと・・・
それは、偉い宗教家の先生やお坊さんでも同じ事、

心が本当に澄んでいるのは、赤ちゃんか
まだ何も出来ない小さな小さな子供たちだと・・・・

生まれて初めて外食が出来る子供たちがいる、
それは、最高のプレゼント。

 

大根葉と蕪葉

この時期、大根の葉とかぶらの葉が、山ほど出て来るのです。

畑には、数百本大根を植えていますし、
蕪も、70本近く植えています。

そこで、その葉っぱも沢山取れるのです。

蕪は、身よりも葉っぱの方が栄養があるのです。

それを、捨てている人がいますが勿体無いのです。

油揚げと煮ても美味しいですし、おひたしにしても美味しい・・・
漬物にすれば野沢菜漬けのようにもする事も出来ます。

今の時期、お鍋に入れても美味しいです。

結構、重宝しますので、色々な用途で使ってみるのも面白い物です。

それに、大根の葉っぱこれもすごい・・・・
カルシウムがいっぱい!
大根葉は、細かく刻んで鍋で炒ってふりかけみたいな物にも出来ますし、
佃煮のような物にも出来ます。

大根の葉を干して、大根干し葉にすれば、かなり日持ちがしますし、
色々な用途にも使えます。

お風呂に入れたり・・・・
(お湯が柔らかく優しくなります。)・・・ちなみに私はお風呂には入れませんが・・

大根葉も蕪葉も、保存する場合は、漬物にしたり、
細かく刻んでさっと火を通してから、一度に使う分を小分けにして、
袋に詰めて冷凍すれば、かなり長く使うことが出来ます。

そこで大切なのは、やはり水なのですね。

ナチュラルな水ほど美味しくできるのです。

それと、忘れていました・・・
私が大根葉と蕪葉で一番美味しいと思う物!

それは、ぬか漬の葉っぱ!
これは、良く洗ってから、細かく切って食べるととてもおいしいものです。

ご飯のあてには、最高です。
特に古漬けは、最高なのです。

 

おせち

もう、今年も残り僅かとなりました。

雑誌や新聞やタウン情報誌でも、おせちの広告が目立つようになり、
気忙しい師走を迎えようとしています。

広告のおせちの大部分は、動物性のものでいっぱいです。

車えびイセエビ・・・ぶりの照り焼き・・・牛肉巻き・・・
鴨や玉子焼き・・・・かまぼこ・・・・肉団子のような物・・・

植物性の物は、お煮しめぐらいで、それも僅か・・・
動物性のもののほうが多いのです。

中には、全て動物性のもので、盛り込んでいる物さえあります。

そして、年に一度の晴れの日のおせちと言う様に、
マクロビオテイックと表示していても、動物性のものを使っているものもあり、
また、マクロビオティックや自然食のお店でも、
無添加で、安全としながらでも、動物性のものがいっぱい入ったおせち料理を
販売している所も少なくありません。

また、ここぞとばかり、
外食に行き、思いっきり身体に試練を与えてしまう方も数多くいます。

正月だから良いだろうと、
普段健康志向の方でも、ジャンクな食を食べてしまうのです。

お正月に食べ過ぎて、体調を壊したり、
おせちを食べて、胸焼けをするとか、
胃がもたれるとか・・・調子が悪くなるとか・・・そんな方もいるようです。

それは、おもちの食べすぎとか、食っては寝るの生活で、生活のリズムが狂うから、
そのように思っている方も多いと思いますが、
動物性のものは、植物性のものよりも消化が悪く、
胃や腸にも負担を与えやすいのだと思います。

それに、市販のおせちや外食はとにかく甘い・・・
お砂糖が山のように入っていたりするし、添加物だっていっぱい・・・

植物性物を選んで食べるから、
おせちも、お煮しめや黒豆やきんとんだけ食べているから大丈夫?
と言う人もいるかもしれませんが、
お砂糖いっぱい、色粉もいっぱい、出汁も濃厚な動物性の出し汁がしみているし、
100%植物性ではなく、ノンシュガーでもないものが殆どです。

やはり身体にやさしい食は、
100%植物性で、ノンシュガーだとおもいます。

それならば、おせちや外食などで食べても、胸焼けをするとか、
胃がもたれるとか・・・調子が悪くなるとか・・・そんな方は少ないはずです。

風邪や冷えなどになりやすい時期に、
食生活に注意して、新年を迎えたい物です。

そして、日々の生活やお料理には、良質の水も欠かせません。

水の良し悪しで、全てが変る事だってあるのですから・・・・

 

かぶらずし

冬といえば、かぶらずし、
ここ金沢では、真冬かぶらずしが食卓にお目見えする!

かぶらずしは、冬定番の料理の一つであって、
スーパーや市場・・・各漬物店などでは必ず売られているのです。

また、ご自分で作る方も多く、
米麹・大かぶらなど、かぶらずけの材料も、沢山売られているのです。

通常は、かぶらずしの中には、鰤(ブリ)を入れるのですが、
魚が嫌いな人は、入れないで作る人もいます。

市販のものには、殆どの場合、鰤(ブリ)が挟んでありますので、
マクロビオティックの方、ベジタリアンの方は、ご注意下さい。

さて、この私も、
かぶらずしを漬け込むことがあります。

勿論、鰤(ブリ)抜きの物を漬け込むのですが、
鰤(ブリ)無しですと、蕪のべったら漬のような物になったりします。

そうそう、
だいこんずしと言う物も、平行して良く食べるのですが、
これは、蕪が大根に変り、中にニシンや鰤(ブリ)を入れて作る場合が多いです。

話を戻し、かぶらずしですが、
気温が高いと、発酵が早すぎてかぶらずし作りには向かないのです。

近年、金沢の冬も気温が高く、
私も、ここニ〜三年は、かぶらずしを作らないできました。

気温が高いと、冷蔵庫に保存しなければいけないので、
スペースを相当取られてしまうからです。

作り方は至って簡単!

まず、材料ですが、

1、大樽と重石 

2、葉っぱ付きの大かぶら
 
3、白米麹と白ご飯とナチュラルなお湯 [固めの甘酒の材料]
  (玄米麹や玄米を使うと色合いが汚くなり、また美味しくない)

4、柚子と赤唐辛子(鷹の爪とも言う)と人参 [色合&トッピング&風味]

7、鰤(ブリ)入れる人は、養殖もので無く、天然物を使う。(味がまったく違う)

8、塩(海水から作られた塩) 9、昆布

まず、作る四〜1週間前位に、かぶらを洗い、
葉を切り、かぶらを4センチ位の厚さに横にスライスします。

それにさらに、切込みを入れておきます。
(カスタネットのような形状になります。)

それを、かぶらの葉っぱと共に塩漬にして、重石を乗せておきます。
昆布を入れて漬ける人もいます。
(水分は入れません、自然とかぶらから水が出てきます。)

漬け込む一日前に、
まず、米麹にご飯を混ぜて、電子ジャーの保温の温度くらいの温度、
に一晩寝かします。

簡単に言えば、米麹とご飯とナチュラルなお湯をまぜて、
電子ジャーに入れて保温にしておけば良いのです。

一晩空けて、中を見ると甘酒の元が出来ていまして、とても甘くなっているのです。

要するに、べったらずけの周りについている
甘いご飯粒と考えてみればわかりやすいと思います。
(只、ペースト状では無く、かなり固めの状態です。)

鰤(ブリ)を入れる人は、鰤(ブリ)をかなり大目の塩で、
しめさばを作るように、しめて鰤の生臭さを取っておき、
塩を洗い落とし、場合によりある程度の塩抜きをして、
スライスして、挟みやすい大きさにしておきます。
(塩を洗い落としてから、酢にさっと浸す人も中にはいます。)

鰤(ブリ)ですが、大きな物を丸ごと一本、棒塩にするのではなく、
三枚におろして、適当な大きさに切り塩をします。

人参は、花に剥いてスライス、あるいは少し幅の広い線きり、
これは、かなり多く必要です。
(これは、塩には漬けませんそのまま)

ゆずの皮を線きりにしておきます。
(これもかなり必要です。)

鷹の爪(赤唐辛子)のうすいスライスも用意します。
(あまり沢山入れると辛くなりすぎますので注意)

漬け込んだ残りの昆布もあれば、
線きりにしておきます。

ではでは、
樽を用意しまして、
まず、底に蕪の葉っぱを並べます。

そこに、甘酒の固めのやつを乗せて、
かぶらの切り込みに、甘酒とぶりを入れてサンドに、
(鰤を入れたくない人は入れないで)
それを、樽の中に敷き詰めていきます。

敷き詰めたら、甘酒を少し蕪の上に乗せて、
(軽くかぶるくらい)
線きりの野菜や昆布などをぱらぱらとうえに降っておきます。
とうがらしもぱらぱらと・・・

その上に甘酒を少し乗せて、
後は繰り返し、最後に蕪の葉っぱを上に乗せて、
重石をおきます。

5日から6日位で、食べられます。

と・・・・・・
私、自己流の作り方なのですが、その家その家で作り方は異なります。

興味があり、われこそはと思う方は、
かなり多くの方が、かぶらずしの作り方を、
ネットで公開していますので、検索して作ってみてください。

だいこんずしも似た様に作る事が可能です。

では、今日はこれまで!

 

サプリメント(栄養補助食品) 手当素材

世間一般に健康食品といえば、サプリメントとイメージする人は多い、
しかし、実際の所、サプリメントとは、多くの場合、栄養補助食品を意味する。

サプリメントは、
栄養補助食品であって、健康食品と呼ぶのは紛らわしい、
健康食品=健康になれる食品と勘違いし、
身体に負担がかからない夢のようなお薬的な思い込みから、
健康食品マニアなる人達も数多く存在している。

お年寄りとか、デリケートな女性の方や、
疑う事を知らない善良な人達をターゲットに、催眠商法や押し売りなど、
色々な売り込みの手法により、被害をこうむる方も少なくは無く、健康食品には注意せよ!
との悪いイメージが少なからずともある。

そして、これはお薬ではなく、食品だから、
好きなだけ食べたい時に飲みたい時に大量に身体に入れても
大丈夫と思い込んでいる人もかなりいる。

身体に良い物は、沢山食べればそれで良いとの発想はとても危険であり、
それが、薬ではなく、栄養補助食品であってもそのような考えは、
改めなければいけない。

なかには、様々なサプリメントを複数、飲んでいる人もいて、
その組み合わせ方や飲み方食べ方によっては、マイナスの要素になる場合も
考えられるからだ。

それは、自然系サプリメントでも同様であり、
出来れば、サプリメントを活用するのならば、漢方や代替医療を熟知した
医師などにアドバイスを求めた方が良い。

それを使う人によって、同じ体質の方がいないように、
その使い方や選び方は、百人百様であり、個人レベルでそれを判断するのは、
非常に困難であり、間違えばとても無駄な出費とリスクを抱えることにもなりかねないからだ。

だから、押し売りや催眠商法などには、ある意味注意が必要だと思う。

高い物を売りつけて、利益だけを追求し、それを使用する方たちの
事を考えていない場合も考えられる・・・・・

まず、何が足りないのか?何が不足しているのか?
女性か?男性か?年齢は?日常生活はどのように過ごしているのか?
食の傾向は?住んでいる土地は?(暖かい気候風土?寒い気候風土?)
陽性体質?陰性体質?暑い時期に生まれた方?寒い時期に生まれた方?
やせてる?太っている?冷え症?アレルギーは無いのか?
親戚に病気を患った方はいるのか?嫌いな物は?好きな物は?
消化を受け付けない物は無いのか?
年齢より老けて見えるか?若く見えるか?
常用している薬はあるのか?他に使っているサプリメントはあるのか?
最近の精密検査の結果は?数え上げるときりがない様々な観点から判断して、
最も身体に必要な物を選んでいただく事が大切だと思う。

サプリメントを活用するのならば、漢方や代替医療を熟知した
医師などにアドバイスを求めた方が良い。

それを判断し、アドバイス出来るのは、きちんと資格を持った人だけができる事!

また、使う本人が良く調べる事が大切、本当にそれが必要なのか?

催眠商法や押し売りには、特に注意が必要なのです。

私のお店の店名は、「健康食工房 たかの」と言います。

今まで私のお店の近くでも、催眠商法類のお店が出来ては消え、
出来ては消えとしていた事がありました。

そういうお店では、無料で健康食品や食品を配るので来てくださいと呼び込みをして、
仮設店舗にお年寄りなどを勧誘していたのですね。

無料でもらえるのだと、お年寄りが沢山集まるらしいのです。

お年寄りのそういう心理をうまく利用するのですね。

でもその仮設店舗ですが、すぐに無くなります。

売るだけ売ればどこかに行ってしまうのですね。

そこで、わたしのお店の名前が「健康食工房 たかの」って名前なので良く
ご年配の方に勘違いされた事があります。

「健康食品の店か?あんたの所で買った物だけど・・・」と、なんか怒っているのです。

私も身に覚えの無いサプリメントか何かの名前であり、
こんなものを販売した記憶もありません。

そこで、思い出しました。

少し前に、近所に健康食品を売る仮設店舗のような物があって、
お年寄りが沢山出入りしていたなと・・・・

「私のお店は、健康食品の販売店ではなく、健康的な食のレストランです。」と
説明してあげると、とても気を落とされたようでした。

私のお店の近くにあったという事、店名に健康食という文字があるので、
住所と名前を電話帳で調べて、勘違いされてのお電話だったようです。

多分、その方はその場の雰囲気で高い買い物をされたのでしょう?

まさしく、催眠商法!

数ヶ月後、新聞を開くと、
催眠商法の店が能登に出没して、気の良いご老人の方方が高額な
サプリメントを買わされて、困っているとの記事が出ていました。
「最近、耳にしないと思ったら、能登方面に行っていたのか?」
「能登のおじいちゃんおばあちゃんは、気の優しい人達が多いし、
人を疑ったりする人も少ない・・・・」
「ある意味、ギリギリ、合法的な商売の形式のようなので、買ってしまった者が悪いと
言う事になるのかも?それを公に取締まる事も難しいらしい・・・・・かわいそうに」
今後その商法の店が能登に増えるかもしれないとの注意を呼びかけているのでした。

健康食って言葉はある意味勘違いされやすいですね。

今、振り返ると「健康食工房 たかの」では無く、
もっと洒落た名前でも良かったかな?とも思いますが、
「金沢ではマクロビオティック系の専門レストランは長く続ける事は難しい」の
常識を破り、10年近く営業しているので、この名前で良かったのかも知れません。

ここ金沢では、資本を沢山持っている大手のベジタリアン系のお店でさえ、
数年で撤退してしまうほど、とても厳しい土地柄であるのです。

私が開業してから、今までどれだけ多くのお店が、撤退・廃業して行った事でしょう?

それにもまして、「マクロビオティック・ビーガン専門のレストラン」で、
10年近く営業できる事は、奇跡に近い事なのだそうです。

この土地柄で、長く営業できているという事で、
今まで様々な方たちが、県内外を問わずアドバイスを求めてきました。

脱サラをして、お店をしたいと思っているとか、
複数の自然食のお料理教室を卒業して、お店をやろうと思っているとか、
都会の名の知れたマクロビ系レストランで働いていて、
レストランを営みたいと思っているとか、
退職させられるので、退職金でお店をやりたいとか、
この業種に参入したいと思っているが、都会と比べて地方ではニーズはあるのかとか、
パートをしているのだけど、子供にお金がかかる、
お店を始めてもっと、生活に潤いを持たせたいとか、
ベジタリアン系のお料理のブログを運営していて、
実際にお店を営みたいとの願望が強くなってきました・・・この業種は難しいですかとか、
でも、私は簡単ではありませんよとアドバイスいたします。

この北陸の土地柄で、お店を軌道に乗せるのは、とても難しいことなのです。

それは、人口の多い、都会でも同様に思います。

まして、短期間だけでなく、末永く続けて行くということは、奇跡に近い事です。

それは、宝くじに当選する位、困難な道でもあります。

最初の数年は、お友達やお知り合いや、勤めていた会社や、
お料理学校が地元にあれば、そのお仲間が来てくれるでしょうし、
大きな会社なら取引先関係の方たちが来られるかもしれませんし、
お客様を集めてくれるかも知れません。

しかし、それは一時だけの事、長くは続かないものなのです。

だから、「それは良い事です。どうぞ開業してください・・・楽しみですね。」

と、軽はずみなアドバイスは致しません。

全てのお店が、私のお店のように行くとは限らないのですから・・・・

私も、店を開業する前に、関東にある有名なお店のオーナーに相談に行きました。

その方のアドバイスは、「レストラン?・・・この系統のレストランは儲かりませんよ」
「東京でも難しいのに・・・地方ではもっと難しいでしょう」
「まず・・・3年位でつぶれます。 難しい業種です。 お勧めは出来ない。 止めなさい。」
「無理して、お金を借りて開業すると借金を背負う事になりますよ」
「世間はとても冷たいものです。 タンポポのように踏まれても踏まれても元気に
生きて行く心構えと、行動力が無ければ難しいし、それだけ頑張ってもこの業界では花開く事は無い・・・今の生活を変えずに過ごされたら如何ですか?」
「趣味でする人もいるけどお金のかかる趣味ですよ」
「主婦の方がお店を始めるケースを耳にするけれど
旦那様が稼いでくるから最悪の場合でも大丈夫てのは甘い、
お子様にお金がかかるようになるとまず、廃業しますね」
との熱いアドバイスを頂いたものです。

それから色々な所に行き、アドバイスを頂いたのですが、
お話の内容は違うのですが、みなさん同じ意見でした。

「この手の業界のレストランは、儲からないし、流行っているようでもコストがかかりすぎる」
「レストランでの開業よりも、自然食材などの販売店の方が、脈があるといってもトップセールスマンでなければ成功は難しい」

話が、かなりずれてしまいましたが、数年前、景気が低迷していた頃、
私の所にアドバイスを求めに来られた人が多かったのを思い出します。

今、その時よりもさらに景気が低迷している時期だからでしょうか?
一か八か商売を始めるしかないと思ってしまう方が、
増えている兆候にあるようです。

サプリメントを買うのと同じ、それが本当に必要なのか? その道しか無いのか?
ご自分の目で考えて、判断される事が肝心だと思います。

 

おせち料理 (続)

おせち料理の予約を受け付けているのですが、
もうすでに、去年(今年?)予約いただいた数に並びそうです。

例年、おせちの予約は増え続け、
めったな事では、断りませんので、増えに増えているのですが、
このまま行くと、去年の予約を大きく上回る勢いです。

一年の締めくくり、
お客様の健康と繁栄を祈りつつ心を込めて作り上げるのです。

そのためには、体調をベストに持って行かなければ行けません。

おせちのお引渡し数日前から、睡眠時間は殆ど無くなります。

今回は、さらに削らなければいけないでしょう。

おめでたいお料理・・・予約をお断りするのは避けたいからです。

体調をベストに保つには、

・ 身体を冷やさない。

・ 早起き早寝。

・ 十分過ぎる睡眠時間の確保。

・ 腹7文目。

・ 良質な生水を飲み、水分の補給を怠らない。

・ 良く噛んで食べる。

・ 電磁波の多い場所は避ける。

・ 目をいたわる。

・ ビーガンに近い食事の形態にシフトする。

・ おおらかな気持ちで、気持ちを大きく明るく持つ。

あげるときりがないけれど・・・・体調管理はとても大切な物。

 

切干大根 大根干葉

私のお店では、じか栽培で僅かですが、野菜を栽培しています。

虫が葉っぱを食べて穴だらけになっても、農薬は一切使わず、
モグラが、穴を掘って野菜に被害を与えても、薬はまきません。

今、畑に多くあるのは、大根です。

大根は、どれだけあっても良いし、土に埋めておけば、
かなり長い間日持ちします。

特に金沢は、雪国であり、
雪の降り積もる間は、野菜を栽培する事はできません。

保存の利く、冬瓜や人参や根菜類や葱や牛蒡や白菜やキャベツ類・・・などは、
保存が出来、野菜の無いときは、重宝します。

後は、県外から取り寄せるしかないのです。

でも、取り寄せとなるとコストがかかりすぎます。

私の店のコンセプトは、気軽に食べに来ていただきたいということから、
この店を始めました。

当初は、繁華街で資本をかけて、
こ洒落たカフェのようなものをと計画もしていたのですが、
それでは、費用がかかりすぎて、
気軽に食べに来ていただく価格帯での提供は難しくなります。

なるべくお金をかけないで店を始めようと今のお店が出来たのです。

マクロビオティック・・ビーガンのお店で、
大衆価格のお店は少なく、お手ごろな価格帯のメニューのお店でも、
出てくる料理は、ものすごく少ない・・・
おしゃれに女性が好みそうなかわいい盛り付けをしているけれど、
男性や食べ盛りのお子様には、向かないようです。

また、日本の国土では、こだわって野菜を育ててもその多くは、
アメリカや欧米などの有機野菜よりも、栄養価は非常に少なく、
その少ない栄養の野菜を、少なく盛り付けて食べても、
栄養の補給には乏しく、一時のダイエットには繋がりますが、
それで健康的とはいえないようです。

ある程度の量を良く噛んで、しっかりと食べなければいけません。

それに、野菜だけではいけないのです。

白米よりも玄米(ペースト状に唾液と混ぜて食べれない方は、発芽玄米)
それに、豆類と海藻類と様々な種類の雑穀を食べなければいけません。

それらを食べ合わせる事で、
初めて、必要な栄養を得る事が出来るのです。

普段から暴飲暴食で、ジャンクな食べ物を日常食べている方にとっては、
半断食に近い、食事をたまに入れることにより、リフレッシュする事は可能ですが、
普段から食の細い方、
若い女性の方に多いのですが、普段からダイエットに関心があったり、
腹八文目から七文目位も、食べれない食の細い人が、
この日本で、少量の野菜しか食べない食事をするのならば、
場合により、栄養不足、ミネラル不足、酵素不足になるかもしれません。

その結果、生理が止まったり、
貧血気味になったり、体が冷え込んだり、
風邪を引きやすくなり、治りが遅くなったり、
体が黒ずんできたり、がりがりになってしまったり、
どんなに沢山食べても、太れなくなってしまったり、
する人もいると聞きます。

もう一度書き込みますが、
ある程度の量を良く噛んで、しっかりと食べなければいけません。
それに、野菜だけではいけないのです。

白米よりも玄米(ペースト状に唾液と混ぜて食べれない方は、発芽玄米)
それに、豆類と海藻類と様々な種類の雑穀を食べなければいけません。

それらを食べ合わせる事で、
初めて、必要な栄養を得る事が出来るのです。

そこで、話を元に戻しますが、
気軽に食べに来ていただきたいということと、
しっかりと食べていただきたい、玄米をおいしく食べられる大衆的なお値段で、
ということから、この店を始めたのでした。

そうそう、切干大根と大根干葉のおはなしでした。

私のお店の借りている畑には、大根を数百本近く植えています。

すが入るので、ある程度大きくなると、葉を切り落としてしまうのですが、
大量の大根葉が出てきます。

その殆どは、たい肥にするのですが、
それではもったいないので、大根干葉にしています。

大根干葉は、切干大根と並び、とても栄養価がある保存食となります。

水の戻して、色々な物に使えたり、
お風呂入れたりすると、身体を暖めてくれたり、
民間療法的なものに、昔から使われていたりと、とても重宝するものです。

洒落た薬局や、自然食品店にも、大根干葉は、売っていますが、とても高額な物です。

でも自分で作れば、安く簡単に作れます。

凍りつくような寒い時期に、風通しのよいところに、カビが生えないように注意して
只、干すだけでよいのです。

水で戻せば、いつでも使えますが、
色が悪くなりますので、お店で出すのは不向きかもしれませんが、
栄養は、切干大根にも負けないようです。

葉っぱつきの大根を買われた方は、大根干葉に挑戦してみては如何でしょう?

私は、簡単に作り方を書き込みましたが、
ネットでは、より詳しい作り方や使い方を書き込んでいる方も多くいますので、
検索してみるのも良いかもしれません。

 

冬大根

これからの時期、
寒くなれば寒くなるほど、大根が美味くなる。

夏大根と違い、冬大根は、品種にもよるけれどとても甘く、
水分も多く含んでいてとても美味しい。

大根のおいしい食べ方といえば、風呂吹き大根だろう!

作り方は至ってシンプルで、
只、厚めに輪切りした物を、昆布を入れた鍋にいれて、煮るだけ、
後は、あわせ味噌を作りそれに乗せて食べるだけ・・・とてもシンプルな料理です。

マクロビオティックの場合は、大根の皮は、剥かないで使います。
(皮には信じられないくらいの栄養があるのです。それに剥かなくても柔らかくなるのです。)

味噌は、お好みでいろいろ試してみてください。

柚子味噌 胡麻味噌 葱味噌 田楽味噌・・・・・

変った所で、野菜たっぷりの濃い目のあんかけも面白いです。

その他には、
おでんのように煮てみるとか、大根サラダ、ナメコおろし、漬物、
大根ステーキ、大根のてんぷら、大根のフライ・・・・・
色々と工夫すれば無限に用途は広がります。

また、その葉っぱも捨てがたいものです。

細かく刻んで炒めて甘辛く味付けてふりかけ風にしたり、
胡麻と和えてみたり、ぬかずけにして、細かく刻んで食べたり・・・

調理には、ナチュラルな水を使えば最高に美味しくまた優しく頂けます。

大根は、身体を暖めてくれる良い野菜です。

 

金沢の天気

金沢の最近の天気だけれど、
この前ここのラクガキ帳に書き込んだのと同じ、暖かい!雪が無い!お日様が見える!

今の時期は、
本来なら、大雪・鉛色の空・寒い・氷点下の日が多い・深夜は道路が凍結・
朝大渋滞・融雪装置の噴水で、道路がプール・車が通り泥水が跳ねてびしょびしょ・・・・
・・雪掻きで、筋肉痛・寒いので家に引きこもりがち・・・・それが金沢の冬。

しかし、なんと金沢市内に雪が無く・・・・雪があるのは、山奥位なのです。

そして、いつもなら、湿度の多い金沢の冬も乾燥していて、
外に洗濯物を干しても充分乾くのです。

昨日なんか、関東よりも金沢の方が気温が高く、今日も真冬とは思えない天気なのです。

この前の日曜日、
車で畑の横を通ったけれど、なんと もう畑仕事をしていた人が?

兼六園にも雪が無く、名物の雪つりにも、綿菓子のような雪が無くて、
がっかりした観光の方もいるだろう。

それほど、地球温暖化を肌で感じるのです。

桜の咲く時期も早まるのでは?
と思えるぐらい今年の金沢の冬は良い天気に恵まれています。

この前、テレビだったか?ラジオだったか?忘れましたが、
北陸など日照条件の悪い地域では、うつの方が多いと言っていました。

その反対で沖縄や日照条件の良い所では、うつの人が少ないと・・・

でも、考えてみればそれも納得できるように思います。

北陸の冬は鉛色の空が多く、お日様が隠れている日が多いし、
道路状況や気温が寒いと、外に出る回数も少なくなるし、
出ても車から車で、まともにお日様にあたることも夏場に比べてとても少なくなるものです。

健康的にも、日向ぼっこはとても大切なこと、
お日様にあたることで、足らない栄養素を体の中で構成することも出来る。

しかし、今年の冬は充分、日向ぼっこが出来るし、ウォーキングだって出来る!

地球温暖化が問題になっているけれど、
せっかくなのだから、逆にその恩恵を健康に利用したいものです。

お日様にあたること、動くこと・・・・
とても経済的で、簡単で、健康的、誰にでも出来る健康方法!

それに、自然に近く癒されるお水と体に良い食があれば・・・鬼に金棒!

・ 注釈:鬼に金棒とは、強い鬼に金棒を持たせれば向かう所敵なしと言う意味(ことわざ)。
  (強い見方・強い力・強い安心・・・・などを意味)

 

 

 

最新の日記へ戻る

最新の日記 (A/B/C/D/E・・・)

過去の日記 (数字が大きいほど新しい日記)

過去の日記 19 過去の日記 18 過去の日記 17 過去の日記 16

過去の日記 15 過去の日記 14 過去の日記 13 過去の日記 12 過去の日記 11

過去の日記 10 過去の日記 9 過去の日記 8 過去の日記 7 過去の日記 6         

過去の日記 5 過去の日記 4 過去の日記 3 過去の日記 2 過去の日記 1 

Facebook http://www.facebook.com/kiramekitakano

Google+  google.com/+Kiramekitakanojp

 

 

 
携帯用
(たかの)モバイルサイト
  (たかの)モバイルサイト
スマートホン対応サイト

 

HOME PAGE  
セミナーの紹介 マクロビオティックや様々な健康法から学ぶ勉強会。

講師の先生を招いてのとてもわかりやすい勉強会です。

レストランの紹介 TAKANOってどんな所?(やさしい美味しいお料理)
よろしければ、予約してください。

無添加のやさしいお食事、自然食マクロビオティック
お食事・オードブル・お弁当など・・・・・

新メニュー誕生!

料理を作るにあたって 料理を作るにあたって気を使っていること。 
パウンドケーキ通信販売 喜びの声増大中!マクロビオティックパウンドケーキ
浄水器の選び方 浄水器を選ぶにあたっての注意点とアドバイス。
名水の話 美味しい水とは何かをわかりやすく解説。
マクロビオティックとは? 簡単に説明してあります。
マクロビオティック   Macrobiotique (フランス語)
マクロバイオティクス  Macrobiotics (英語)
マクロバイオティック   Macrobiotic (英語)
当店までの地図 当店、「たかの」までの詳しい地図です。
マクロビオティックのお弁当屋さん マクロビオテイックランチボックス(弁当)オードブル・・・
MENU(料理)     お料理は、つねに替えているので、参考までに!
MENU(料理)English 主な料理を、英訳しました。
料理方法&レシピ 体にやさしい料理って? 簡単にやさしく・・健康料理の方法です! 
柔らかーく玄米を炊く方法。 浄水器の問題点と選び方など・・・
体にやさしいお話です 体にとって、たいせつなお話を載せて行きたいです。 
(水についての健康も・・)
やさしく買える マクロビオテイックのおすすめの本 マクロビオティックや体にやさしい本の紹介です。

数年前までは、専門書しかありませんでしたが、
現在では、様々な書籍を手に取り気軽にお勉強が出来る
ようになりました。

この機会に、数冊手に入れて日々の生活に料理にと
心強いアイテムとして役立てませんか?

簡単に手軽に購入いただけます。 

リンク 相互リンク頂いているサイト様です。
たかの」おせちの写真と紹介 2003年から現在までの
自然食マクロビオティック的おせち料理オードブルの写真と紹介です。

おせちのご注文方法もわかりやすく紹介しています。

「 日記」 近・況・報・告 最近の「たかの」の近況・思うこと・・・・・

日々の日記 「らくがき帳」

穀菜食 スイーツ たかの マクロビ スイーツ
常に替えていますので参考までに・・・・
メールフォーム 「健康食工房 たかの」へのメールフォームです。

浄水器のお問合せと兼用になっていますが、
たかのへメッセージを送信頂けます。

浄水器ご注文のお問合せは、メールフォームで承っておりますが、
時差の関係で、メールでのお食事のご予約は承っておりません。

 


自然食 穀菜食 こだわりの手作りおせち料理

マクロビオティック ベジタリアン  ビーガン 玄米菜食 穀物菜食 ロハス 自然食

おせちの画像を公開中! オードブルも好評です!

県外、隣県の富山県、福井県、遠くは東京、岡山県から
取りに来られる人気のおせちです。
毎年おせちをお渡しして13年間多くのお客様に喜んで頂いています。

たかの手作り自然食無添加のおせちのページ


このサイトを運営している「たかの」は、
環境活動に協力しています。

 

このホームページ内の全てのページは、リンクフリーです。

自由にリンクを張って、ご紹介して頂いても結構です。

(コピー転載の場合は、テキスト末尾に当ホームページのリンクを必ず張ってください)

宜しければ、このバーナーをお使いください。

 

※ ブログなどで、当店を紹介して頂く方も多く、 店の内外装画像と料理、
   簡単な紹介文をテキスト形式で作ってみました。
   ご来店頂いた時に、写真を撮れなかった方など、お気軽にご利用頂ければ幸いです。

   当店紹介文